上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページのクオリティを上げる作り方

商品などを紹介するときは、現在ではインターネットを利用して紹介する方法が多くなっています。実際の店舗で紹介して販売しようとすると、場所も必要になりますし人件費もかかってしまいます。インターネットで紹介することによって、最低限の宣伝費だけで商品を紹介することができます。インターネットで商品を紹介するときに重要なのが、ランディングページを考えるようにすることです。このランディングページは、略称してLPと表示されることもあります。LPとも略称されるランディングページとは、大まかに説明すると商品を紹介するwebのページです。ランディングページを改善することによって、商品の売り上げが数倍になった例もあるくらいの非常に大切なものです。ランディングページを作成するときに、クオリティを上げるためにはまずはキャッチコピーが必要です。ランディングページを制作する際のデザインとしては、webは上から下へと移動して閲覧することになりますので、キャッチコピーを見せるところは一番上部にしましょう。ランディングページを制作するときに、注目度を上げることができるキャッチコピーを上部にデザインすることで、商品への関心を高めることができます。キャッチコピーの下の部分には、共感することができる理由を載せましょう。共感することができる理由を載せることで、ランディングページを見るお客様は自分のことに置き換えて考えてくれるので、一気に注目度が上がります。そして、続いて載せるのが商品についてです。商品の説明ですが、冗長的になると逆効果になってしまいがちです。商品のどの部分が良いのか分かりやすく説明して、簡潔にできれば3つから5つくらいのポイントにまとめましょう。ランディングページには、お客様の声を載せるのも重要です。インターネットで商品を探しているお客様は、口コミへの関心が高い傾向があります。良い口コミを載せることによって、商品を購入してもらうための後押しができます。また、類似している商品がたくさんある場合は、他の商品とはどこが違うかの説明も載せる必要があります。同じような商品だと、関心が低くなってしまいます。最後には購入してもらうための方法を載せましょう。購入してもらう方法は、サイトを利用しているなら商品をカートに入れるためのフォームを載せるようにして、自社でサイトを作っているときは申込みをするためのフォームや連絡先を載せます。
タイトル
流入元とゴールを考慮したランディングページ

ランディングページを制作する場合、その中身のみに囚われてしまうことが多いのですが、本当に良いLPとは流入元、及びそのLPから次にどのようなアクションをさせるのかを考慮したものを言います。以下でどのような点を気をつけて作りこんでいけば良いかを紹介します。



・流入元を考慮する

今、貴方が作ろうとしているページはどこからユーザーを流入させてくる予定でしょうか。最も多いのはリスティング等の広告からの流入、自然検索結果からの流入、自社サイトや提携サイトからの流入といったところでしょう。この時に考えるのはユーザーのインサイトです。リスティングやSEOからの流入であれば購入した、あるいはターゲットとするキーワードを検索したユーザーが流入してくるわけですから、比較をしたいのか、悩みを解決したいのか、安いものが欲しいのか、高くてもいいから良質なものが欲しいのか、等ユーザーの気持ちを考えたランディングページを用意することが効果的です。またテクニックとして重要なのが、流入させたワードと同じワードをLPのファ―ストビューに目立つようにデザインし制作するということです。これによりユーザーは自分の探している内容がこのLPにあるのだと認識し、LPを深く読み込んでくれます。自社サイトや提携サイトから誘導する場合のランディングページであれば、そのユーザーはある程度自社を知ってくれている、利用してくれているということなので、あまり丁寧な情報提供は必要でなくなってきます。会員特典や期間限定の割引キャンペーンなど、よりユーザーにメリットとなる情報を記載できるようなデザインにするべきです。



・ゴールを考慮する

ランディングページに誘導したユーザーに期待することはなんでしょうか。多くは購入や資料請求などのLPから発生するアクションを期待するのだと思います。但しこれは短期的なゴールであり、中長期的なゴールではありません。購入の場合はリピート購入や他の商品の併売などを狙っていく必要があるでしょうし、資料請求の場合は実際の問い合わせ等につなげなければなりません。短期的なゴールばかりに目を奪われそればかりを促すランディングページを制作してしまうと、結果として無駄なコンバージョンばかり集めることになるリスクがあります。



ランディングページを作りたいと思い立った時、制作会社や代理店と相談した時、その中身にばかり話が行きがちですが、ユーザーはどこからやってくるのか、そして中長期的にそのユーザーに何を期待するのかを整理すると作るべき内容も明確化します。
タイトル
絶対に成果が出るランディングページのポイント3つ

ランディングページとは、リスティング広告をクリックしたときに着地(ランディング)するサイトのことで、略称ではLPと呼ばれてもいます。これがいわば、ユーザーを商品の購入やサービスの予約などに導く、「販売員」のような役目を果たしますので、商売をしていくうえでは非常に重要な位置づけを閉めています。このランディングページをどのようにデザインするかのの良しあしで、何倍も売り上げが変わってくる例は枚挙にいとまがありません。

そういう、成果につながるランディングページ(LP)を制作するためには、ポイントがいくつかありますが、ここではその最も重要な部分を3つだけご紹介します。



ファーストビューにユーザーのニーズにこたえる情報を入れ込む

リスティング広告はある検索ワードによって表示される広告です。ですので、その広告をクリックするユーザーは明確なニーズを検索ワードという形で持っています。したがって、その広告をクリックして到達したランディングページをパッと見て、一瞬で「このページは自分のニーズに合っている」と思わなければ、すぐに離脱してしまいます(これを直帰といいます)。

ですので、そうならないように、ランディングページが開いたその最初の画面(ファーストビュー)の中に、ユーザーのニーズにこたえられる内容を短い文言で入れ込んでおくことが重要です。



ランディングページのロジックを守る

ランディングページを制作するうえでは、起承転結のようなロジックがあります。このロジックに従って、内容を構成することが、ユーザーがうんうんと納得しながら、最後のゴール(購買や注文や予約)に行きつかせるために重要です。

そのロジックとは、

・共感(ユーザーの持っているニーズや悩みに共感して、ランディングページへの信頼感を醸成する)

・恐怖(そのニーズや悩みを放っておくと大変なことになるとあおって、ニーズをさらに強化する)

・希望(その恐怖が実はある方法によって解決することができる、と述べて解決策への期待を盛り上げる)

・提案(商品やサービスを提案してニーズや悩みが解決する方法を示す)

という流れです。

基本的にランディングページを制作するときには、以上のロジックに沿ってデザインしましょう。



ページのデザインは1本道にする

ランディングページを制作する側はいろいろな情報を伝えたいと思うので、どうしても内容が多くなってしまいます。そうなると、タブを作ったりして、ユーザーの道筋を何通りにもしてしまいがちです。しかしそうしてしまうと、ユーザーは寄り道をしてしまい、その結果脱落につながる危険性があります(これを離脱と言います)。そうならないように、ファーストビューからゴールの購入ボタンまで、1本道でほかに寄り道ができないように作るのがポイントです。



以上の点に気を付けて、成果の上がるランディングページを作ってください。
タイトル
自然な動線を意識したページ作りと探求が必須

ネットでサイトを見て商品の良し悪しや購入する動機につながることが増えている昨今では、そのサイトの出来が人気や売り上げに直結してきています。

なのでそのためのランディングページは、ただテキストや画像を適当に貼り付けるだけではなくて、よりアクセスした人の関心が高まるようなものを目指していかないといけません。

まず、いいランディングページ制作するためには、サイトのページの構成をよく練ることが大切です。

なぜかというと、リンク先のページを辿っていってもらえるように、いわゆる動線を自然に配置することが欠かせません。

多くの日本人の場合、横書きの場合左上から右下へと斜めに視線を送る傾向にあるため、LPもその自然な目の動きに逆らわないようにテキストや画像、そしてリンク先を貼り付けることがポイントです。

簡単にいうと、あまりごちゃごちゃになっていないシンプルな構成が極力理想的であるといえて、またサイト作りを凝ろうという気持ちが逆効果になることもあります。

ですから、サイトのデザインを考えるときはカラーを使いすぎないで、最低限の色の配色をすることがベストでしょう。

また、人間はきれいな色のブルーやイエローなどに目を引かれやすい傾向にあるため、ランディングページの中でもここは注目してほしいというところにそういうカラーを使うのが適切です。

くれぐれも色の使いすぎは目の動きを混乱させて、自然な動線を妨げることになるので注意です。

またよくありがちなのはサイトの最初のページにはアクセス数が集まっても、思うように他のページへのLPが構成されていないということです。

そういう時はページの構成を工夫することを繰り返していくことで、アクセス数の各ページへの動線の変化を探っていくことが必要です。

もしそこで問題点が見えてきたようならそれを修正することが大切で、最終的にアクセスしたユーザーがたどり着いてほしいページにアクセスしてもらえるようなサイトの制作をしないとなりません。

もちろんそのためには動線を意識した作り方プラス、サイトデザイン、テキストや画像のクオリティも必要ですが、例えばそれらが整えてあっても、動線をうまくできていないと成果につながりにくいということもいえます。

ですからサイトは作るだけで終わらずにどんどん作り替えてユーザーの動きや興味を探るのが、いいランディングページを作り、そして一時的だけではなく維持し続けるためにも大切で有益なことでしょう。
タイトル
ランディングページのパターンを制作する場合のポイント

効果がアップするランディングページを制作するためには、ランディングページ最適化という、テストを何度も行って、よりいいものにしていくことが必要になります。

テストを何度も行う場合には、コンバージョンをいくつか制作したランディングページのパターンで比べるようになります。

しかしながら、このいくつかのランディングページのパターンを制作する場合、どこをオリジナルのランディングページから変えるといいのか迷うのではないでしょうか。

ここでは、ランディングページのいくつかのパターンを制作する場合に確認すべきポイントと、よりいいランディングページにする方法についてご紹介しましょう。

ランディングページのいくつかのパターンを制作する場合は、キャッチコピーがポイントになります。

まず、最もランディングページの中においてユーザーが目に付くところのキャッチコピーを、魅力がよりあるものに変更することができないか、検討してみましょう。

キャッチコピーの場合の基本は、ファーストビューに置くことです。

キャッチコピーの目的は、LPをユーザーがスクロールして読み進んでくれることにあります。

そのため、ユーザーの立場に立って、ベネフィットを具体的に感じることができるようなものにすることがポイントになります。

キャッチコピーとしては、どのようなメリットがサービスや商品を使用するとあるのか、ということをよくユーザーが分かるように表現することができるようなものを検討してみましょう。

ランディングページのいくつかのパターンを制作する場合は、アクションボタンがポイントになります。

アクションボタンというのは、申込み、商品購入、資料請求など、意図した行動をユーザーに起こさせるためのものです。

特にLPの中においても、ユーザーの目に付くようにする必要があります。

一般的に、アクションボタンの色としては、暖色系のオレンジや赤などの色がよく使用されます。

しかしながら、最適なアクションボタンの色は、ランディングページ全体のデザインによって違ってきます。

古いデータですが、ユーザーの反応がアクションボタンの色が違うことによってどのような変化するかを発表したものがあります。

パターンとしては、緑、黄、紫、青などで検証をしたところ、効果が最も大きかったのは緑であったそうです。

ランディングページのいくつかのパターンを制作する場合は、より意識するデザインはどれか、ということでいくつかのパターンを用意して検証しましょう。
タイトル
広告との連動性をしっかり持たせるようにする

ランディングページがそもそも必要となっているのは、広告からクリックしてもらう人に、その情報をしっかり理解してもらうためです。最終的に一番下にあるサイトのリンクを踏んでもらうことが重要になっているので、それができないとあまり効果はありません。連動させることが何よりも大事なこととして考えなければならず、制作するときは広告と一緒に考えていくことが重要になっています。広告とサイトのページが合わないような感じになっていると、LPを作るメリットはあまり無いと感じられます。

まずは広告で何を伝えたいのかをしっかり考えるようにして、クリックした後に変なページだと思われないようにしておくことが重要となります。広告との連動性を考えておくことによって、デザインなどもしっかり決まるようになりますし、一番最初に表示させるためのページというのも大体決まってくることとなります。失敗を避けることができる点でも、ランディングページを広告と一緒に考えていくことは何よりも重要になってくることです。

LPを考えていくとき、広告で表示するコメントを含めて考えていくとわかりやすいです。広告で表示されているコメントについては、色々な人が読んでくれる部分となります。これがおかしいと別のページと勘違いされてしまい、すぐに出て行かれる要因になってしまいます。大事なことは、そうしたことを思われないようなページに仕上げることです。コメントと連動をしっかり行っていれば、デザインもしっかり決まりますし、サイトを訪問している人が変だと感じません。

制作をするときには、とりあえず広告のコメントを決めておいて、それに対して色々なサイトの構築をしていきます。これがしっかりしていれば大丈夫だろうということをしっかり考えておくことで、コメントの状況なども含めて検討していけるようになります。間違ったページにしないためには、どうしてもコメントとの連動を取らなければならないので、表記されているコメントをそのまま使う方法もあります。

ランディングページについては、本当にいいとされているページはコメントが連動していると考えても良いです。これができていないことは、どうしても失敗する要因が生まれてしまうことになりますし、連動していないとサイトの信頼性という部分に繋がってしまいます。ランディングページを作るときには、広告のページと含めて考えることが重要になります。
タイトル
魅力的なランディングページの制作について

パソコンやスマートフォンの普及によって、今まででは考えられないようなサービスも、簡単にインターネットで扱われるようになっています。インターネットショッピングでは、ほとんど買えないものが無いのではないかというくらい、さまざまなモノが販売されています。また、場合によっては送料を含めても、実店舗よりも安かったりしますので、メリットが大きいのが魅力です。しかし、一方ではインターネットサービスの事業者にとっては、同業他社との競争が激化してきているとも言えるでしょう。このため、インターネットサービスの事業者は、ランディングページなどを制作して集客を図る事になります。ランディングページとは、LPとも呼ばれる特別なサービス紹介のためのページで、文字通り顧客の着地ページとなりますので、魅力的なLPの制作は、極めて重要になってきています。

ここで、ランディングページについて簡単にご説明しておきますと、インターネットでの検索などでたどり着く事で、自社の製品やサービスを知ってもらうための窓口ページと捉えればわかりやすいでしょう。このため、ランディングページのデザイン如何によって、集客効果が大きく変わってくるという事になります。そこで、ランディングページのデザインにおいては、ドキュメントよりも写真などのビジュアルに訴える構成とするのが、より効果的です。しかし、ビジュアルに偏るのも好ましくなく、自社の製品やサービスをわかってもらうためのコピーライディングも必要となります。ビジュアルとコピーライティングのバランスで、ランディングページにたどり着いた潜在顧客の興味を惹くデザイン制作が最も重要なポイントとなります。このほかにも、クリックアイコンは大きめにデザインし、ランディングページの次のアクションである、詳細なサービス紹介や問合せ、資料請求、購入に遷移しやすくする工夫も効果的でしょう。ここで、ランディングページに購入ボタンなどを盛り込むのは、あまりお勧め出来ません。なぜなら、ランディングページを訪れる潜在顧客のほとんどは、一般的な名詞で検索しているので、ランディングページの段階で商品やサービスを絞り込んでしまうと、自分の求める検索結果と合わないと判断され、自社サイトから離れられてしまう可能性が高いからです。

このため、魅力的なランディングページの制作のためには、商品やサービスを網羅的に紹介し、資料請求や購入は遷移先のページに作りこむのが効果的なのです。
タイトル
ランディングページのデザインの効果について

さまざまな分野の事業をされている方にとって、いまやインターネットでの事業活動は、なくてはらならないものとなっているでしょう。パソコンやスマートフォンの普及によって、非常に多くのものがインターネットで買えるようになっています。モノだけではなく、チケットやサービスの予約も、インターネットでするのが当たり前になっています。そこで、事業者の方にとっては、ホームページの作成などインターネットでの展開の重要性が高まっているのです。中でも、ランディングページやランペ、LPと呼ばれるページのデザインの重要性はますます高まっています。ここでは、LPを制作するにあたって気をつけたいことについて、簡単にご紹介してみたいと思います。

まず、ランディングページとは、インターネットでの検索などで、初めて見てもらうページとなりますから、ここで関心を惹きつける事が最も重要です。このため、ランディングページのデザインは、見やすいビジュアルを中心とした構成で制作するのが効果的です。商品やサービスをイメージしやすい写真や、イラストを中心として構成し、そこに短めのキャッチコピーを添えるとよいでしょう。ランディングページでは、商品を絞り込まずに多数掲載する方が結果的に興味を持ってもらうことが出来ます。これは、ピンポイントのキーワードではなく、ある程度曖昧なキーワードで検索される方が多いことから、商品やサービスを幅広く掲載することで、ランディングページの先に進んでもらいやすくなるためです。ランディングページで興味を持ってもらったら、その次のアクションとして、問い合わせや資料請求、申し込みや購入に移ってもらうのです。ランディングページは、そのための紹介ページだと考えるとわかりやすいでしょう。このため、ランディングページには、紹介した商品やサービスの具体的な内容や、資料請求の画面に遷移するためのリンクを設けます。リンクボタンは大きめで目立つようにデザインし、わかりやすくする事も忘れてはいけません。ランディングページのデザイン全体に言える事ですが、少し派手で目立つようにした方が効果が高まります。オシャレで小綺麗にまとめようとするよりも、少し派手なイメージであっても、初めて見る方の興味を惹くということの方が重要になるのです。

以上、ランディングページのデザインについて、制作上のポイントについて書いてきました。魅力的なページによって、業績向上に寄与できれば幸いです。
タイトル
他の商品と違うことを明確に記載することが重要

ランディングページでは、商品の特徴を示すだけでなく、実際に使っている人の声なども記載することが多いです。しかしこうした情報だけで把握できるほど甘いものではなく、何が他と違っているのかを実際に見せておくことが重要になっています。制作を考えているときに、類似している商品を確認する機会もそれなりに多いかもしれません。こうした商品をしっかり見ていけばわかりますが、自分の商品はこうした違いがあり、他とは違ったメリットをあることを知らせないことには、購入してくれる人が生まれないのです。

そのためLPにも、ここが違うという部分を1つは作っておかなければなりません。何が違うのかを明確にしておくことによって、今まで利用しているものと何が異なっていて、それによって得られるメリットというのも大分変わってくることとなります。商品なら効果が異なっているとか、入っている量が違うといったことが確認できるかもしれませんが、レポートなどのものについては確認することが難しいです。そのため何が違うのかを示すことによって、ユーザー側の共感を得ておくことが重要になってきます。

デザイン的な観点では、口コミなどをしっかり説明した後に、それ以外の情報を掲載する上で違いの部分をページとして用意することとなります。何が違っているのかは、他に使われているものと比較できるように工夫しなければなりません。制作の際には、違いについて明確に記載できるようにしておくほか、グラフなどで違いが表せることが望ましいです。何が違うのかがわかっていれば、購入する人がわかりやすくなります。

ランディングページでは、違いを示すものを図で表記することによって、わかりやすくすることができます。逆に言えば、図で示さないとわかってもらえないことが多いので、グラフなどによって違いを出したり、値段などと比較してもかなりこの商品が有効であることをわかってもらわなければなりません。ランディングページのデザインをしっかりしたものにする以前に、違いを示しやすい場所を用意することが大事なのです。

LPは情報をしっかり把握してもらうために必要なものとなっているので、そのための情報を手に入れやすくするためには様々な情報を掲載することが大事です。ランディングページに商品の特徴がここまで違っていること、この商品を利用すれば失敗は無く、さらに恩恵が受けられることなどを記載するとわかってもらえます。
タイトル
売り上げがUPするランディングページが作れるわけとは

どうせランディングページを作るのなら売り上げが上がるものを作りたいと思うのは当然の事です。しかし、知識がない素人がランディングページを作ると売り上げが上がるものは難しいです。はやり、売り上げが上がるランディングページにはそれなりの理由があります。では、どうやったら、良いランディングページが作れるのか紹介します。

まず、一番最初に大事な事は、キャッチコピーをどのように制作するかです。キャッチコピーはまず、ランディングページの最初に目に飛び込んで来る部分でこの部分が見る側にとって魅力的内容または、興味が引かれる内容ですと記事を読もうと思うのです。ここで自分の探しているものと違うと、戻るで違うページへ行ってしまいます。もし、コピーテクニックに自信がなければ、検索ワードをキャッチコピーに含んでください。これが一番簡単な方法です。ポイントは難しい言葉を使ったり、テクニックは一切必要ありません。お客様の関心を見抜き、その言葉をズバリと言い当てる事が大切です。ここは、絶対に抑えておきましょう。

次に大事なのが共感部分です。商品のすばらしい機能や情報を書くのももちろん大事です。それがなければ、お客さまは商品を買おうとは思いません。しかしそれに、お客様がその商品を欲しいと共感できるような内容が含まれていれば、説得力が上がり、販売へつながっていきます。商品を買いたいと思うには、商品のすばらしさを効率よく伝えるための準備が必要なのです。

また、LPは1枚ページをずっとスクロールしていきます。ですので、だらだらと長くて読みにくいものは途中でいやになるので好まれません。イメージしやすくて次を読みたくなるような文章、画像が必要です。ですので、どんなLPにしたいのかデザインも考えておくと良いです。読んでいくとワクワクしたり、興味を惹かれるような内容を常に考えてデザインする必要があります。

何故ランディングページを作るのかと言うと、どの人も目的は同じです。商品を買っていただきたい、注文していただきたいので広告を制作するのです。ですので、ゴール前に「いますぐクリックを」という言葉を必ずいれてください。それも、出来るだけ目立つようにする事がポイントです。これだけでも制約率が上がります。

このように、よくインターネットで見かけるランディングページは様々な工夫をされています。どの人も商品を注文していただきたい一新で工夫を凝らしています。ですので、売れているランディングページを参考にして研究するのもポイントです。是非、考えて売り上げの上がるLPにすると良いです。
タイトル
いいランディングページを作るコツは目的をはっきりさせること

いいランディングページを作るコツは、目的をはっきりさせることです。

ランディングページを制作する目的は、ユーザーにページ内で行動を意図して行なってもらうことです。

ランディングページを制作する目的としては、一般的に、問合せ、メルマガ登録、資料請求、見積もり依頼、お試し利用、会員登録、商品購入、SNSボタンなどが

あります。

コンバージョンポイントとも、ランディングページのこのような目的は一般的に言われています。

いいランディングページをデザインするためには、まずこのようなコンバージョンポイントをはっきりさせる必要があります。

基本的にはっきり目的がしていないと、ランディングページはどのようなものをデザインするといいか分からないためです。

また、コンバージョンポイントのランディングページに設定する種類によっては、次にご紹介するような戦略が非常に大切になってきます。

例えば、コンバージョンポイントにメルマガ登録が設定されているような場合、メールアドレスをいかに収集しても、フォローメールのその後の流れを検討していかないと、売上アップに最終的に繋げるのは困難でしょう。

このような詳しいデザインの内容については、ランディングページなどの全体的な戦略に関係するため、ネットなどで確認してみましょう。

いずれにしても、どのような行動をランディングページに訪問してきたユーザーに対してとって欲しいのかということをはっきりさせることが必要であるということです。

また、いいランディングページを作るコツは、一つにコンバージョンポイントを絞り込むことです。

成果が期待できないようなランディングページの場合は、いくつものコンバージョンポイントがあるというパターンが多くあります。

例えば、コンバージョンポイントとして、お問合せ、見積もり依頼、資料請求、商品購入、SNSボタンなどがある場合です。

LPを実際にデザインした人であれば分かるでしょうが、どうしても欲張って、さまざまなコンバージョンポイントを設置するようになってきます。

しかしながら、いくつものコンバージョンポイントがあれば、ユーザーがどのような行動をとればいいのか迷ってしまいます。

ユーザーは行動に迷うと、今はとりあえずいいかな、というようになってしまって、コンバージョンに結果的に繋がらなくなります。

いいランディングページを作るのであれば、一つのLPに対して、ユーザーにとって欲しい行動を一つにすることが大切です。
タイトル
ランディングページは画面が表示するスピードが最も大切

ランディングページというのは、ユーザーが検索

エンジンやインターネット広告から最初に訪問してくるページです。

目的に応じてユーザーはランディングページの見出しのみを一通り読んで、もし画面が3秒経過しても表示されないような場合にはすぐに離れて行ってしまいます。

ランディングページにおいて、目的について記載されていない場合や、動画が表示されてくる場合もすぐに離れて行ってしまいます。

ランディングページの最後まで、スクロールして読んでくれるようなユーザーはほとんどいません。

ユーザーがサービスや商品を買う場合、サイトをインターネットを利用して比べることが当然のようになってきつつあります。

ユーザーはわずか1ページのランディングページの画面において、わずか数秒間見ることによって、サービスや商品がいいかどうかを見極めます。

ランディングページを制作することは、厳しいものですが、やりがいもその分あるものです。

ランディングページを制作する場合には、ページに訪問してくるユーザーの人物のイメージを掴む必要があります。

普通の社会においても、説明をその道のプロにする場合と説明を幼稚園児にする場合では、当然ですが説明する方法に違いがあるでしょう。

ユーザーの人物のイメージを分析することは、インターネット上にあるツールやサービスを利用するとできるような時代になってきました。

それは3C分析と呼ばれるもので、Webマーケティングにおいては、ユーザーであるCustomer、自分の会社であるCompany、ライバルであるCompetitorを分析することが基本になっています。

ユーザーの志向や階層、知識レベルを掴むことによって、違いがランディングページの表現についても出ます。

いいランディングページをデザインする場合には、画面が表示するスピードが最も大切になります。

ほとんどのユーザーは、画面の表示が3秒以内にされない場合には、ランディングページからは離れて行ってしまうと言われています。

画面が表示するスピードは、LPの重さと関係します。

そのため、画像の画素数を低下したり、データ量を少なくしたりすることによって画面を表示して、ランディングページは図形とテキストをメインにデザインすることによって、LPを軽くすることが可能でます。

ランディングページでは、動画をユーザーに説明するために使っている場合があります。しかしながら、ユーザーの大切な時間を使うようになるため逆効果になります。

表示するスピードは、1秒くらいを目指しましょう。
タイトル
効果のあるランディングページを制作するコツ

効果のあるランディングページを制作するコツについて見ていきましょう。

効果のあるランディングページを制作するためには、リード文章が大切です。

リード文章というのは、メインのキャッチコピーの次に書かれるものです。

期待を次のLPの内容に持たせることと、メインのキャッチコピーの内容を補うことが、リード文章の役目です。

つまり、LPの本文とメインのキャッチコピーをつなぐ文章です。

そのため、あまり文章量は多く無く、目安としては150字~200字くらいになります。

効果のあるランディングページを制作するためには、サービス・商品の写真が大切です。

サービスや商品を伝えるデザインや写真になります。

文章と比較して、デザインや写真の方が、ユーザーにアピールすることができます。

写真を撮るのは素人でも問題ありません。

最近では、安く入手することができる高性能のデジタルカメラもあります。

ホームページ上に載せる写真としては、十分に満足することができるでしょう。

写真の撮り方が大切なります。

例えば、泡立ちがセールスポイントの石けんを、売る場合について考えてみましょう。

ユーザーにアピールするためには、正面から商品の箱を撮ったのみの写真よりも、手に実際にとって泡が立っている写真の方がいいでしょう。

特別なテクニックが、このような写真を撮影するために必要ということではありません。

実際にサービスや商品を、ユーザーが使用している場合の目線で撮ることを意識すると、いい写真を必ず撮ることができるようになります。

効果のあるランディングページを制作するためには、問題提起と具体的に深堀することが大切です。

ユーザーがコンバージョンの資料請求や商品購入などに至る場合には、問題意識が何かしらあります。

ユーザーが持っている問題を再度認識させて、具体的にさらに深堀するような内容がランディングページの中には必要です。

例えば、ダイエット商品の場合には、憧れているくびれを入手したいとは思いませんか、というような問題提起から、昨年の服を着ることができない、体重を測るのが恐ろしい、無理な運動はしたくない、などというような、具体的なダイエットの場合の問題に関して深堀するような言葉を使用していきます。

単純に痩せたいでしょうと言うのみより、具体的な関連する問題を並べる方が、より関心、興味が高くなってくるでしょう。

ランディングページには、問題意識が高くなるこのような要素を入れ込むことが必要です。
タイトル
ランディングページのパターンの制作のチェックポイント

ランディングページのパターンを制作する場合にチェックするポイントについてご紹介しましょう。

ランディングページのパターンを制作する場合には、ページレイアウトがポイントになります。

視線を誘導することを、ランディングページのページレイアウトを制作する場合は考えましょう。

コンバージョンにストレスをユーザーが感じることなく辿り着くことができるようなレイアウトを制作するためには、いくつかのパターンをテストしてみましょう。

ネットなどでは、LPの理想的なものとして掲載されているような要素とレイアウトについて紹介されているようなものもあります。

このような理想的なLPの場合には、ファーストビューで必要な要素が盛り込まれていることが分かります。

もちろん、このようなデザインのレイアウトが完全であるということではありません。

しかしながら、最初からレイアウトをデザインするのは手間と時間がかかります。

そのため、まずは、見本となるようなランディングページのこのようなレイアウトのパターンをトライしてみて、要素をだんだん変更していくのがいいでしょう。

ランディングページのパターンを制作する場合には、信頼性を演出するメディア掲載やユーザーの体験談などの要素がポイントになります。

メディアに過去に掲載された実績や、サービス・商品を実際に使ってみたユーザーの体験談、運営している会社の様子や人の顔など、安心感、信頼性が感じられるようないくつかの要素を考えてみましょう。

メディアに過去に掲載されたということは、権威がある第三者から保証されたということになります。

運営している人の顔が分からない場合が多いネット上においては、運営している人やユーザーなど実際に関係している人がいるかどうかということが大きく情報の信頼性に影響を与えます。

ランディングページのパターンを制作する場合には、オファーがポイントになります。

コンバージョンに対してサービスされる、初期無料、返品保証、送料無料などをオファーと言います。

オファーは、アクションボタンの付近に設けるものです。

サービス・商品の購入を考えているユーザーに対して、後押ししたり、心配な要素を取り去ったりする効果があります。

ユーザーが行動することを促進するような魅力があるオファーにするだけでなく、どのようなことをするとそのオファーを得ることができるかをはっきりしておきましょう。

このような説明がよく分からなければ、クレームがユーザーから来る恐れがあります。
タイトル
一番上に記載する文章が何よりも大事になる

ランディングページを作りたいと考えているとき、デザインを凝ったものにしたいと感じるかもしれません。しかしデザインよりも重要になっているのが、冒頭に記載する文章となります。基本的に配置分で掲載することとなり、キャッチコピーのような感じになります。この文章1つで大きな違いが出てしまうので、基本的にいいページは文章だけでも商品の特徴がわかり、これは良いなと感じてもらえるようになります。逆に言えば、大していい文章じゃないと特徴を伝えられません。

LPを作成するとき、読み手の気持ちになって考えると、長々と紹介ページを見ていくことは基本的にありません。こんなに長いページを見ていると、何がいいのかわからないままとなってしまうので、結局冒頭部分と最後の部分くらいで判断することが多いのです。それ以外の部分については、おまけとして気づいたところだけ見ている人が多くなり、あまり参考にされていません。冒頭のキャッチコピーについては、制作の部分でも重要になっていて、全ての特徴をしっかり伝えることとなります。

商品の特徴を1文で表すことがかなり難しくなっていますが、それができないとランディングページから購入してくれることはありませんので、しっかりやらなければなりません。何が特徴として現れているか、利用することで変わる部分は無いのかをしっかりチェックしていくと、いい文章を作ることができるかもしれません。それにプラスして画像をしっかり配置するようにして、この商品はこうした特徴があることを全面に伝えられるような制作にします。

この冒頭の内容で、ある程度の情報がわかっているのであれば、LPを通じて商品を購入してくれる人が増えてきます。逆に全く情報がわからないようになっている場合、サイトの情報がしっかり書かれていても、冒頭の文章がわからないので購入してくれません。ランディングページというのは、一番上に掲載されている情報が全てであり、これによってサイトの閲覧をしっかりしてくれるのか、それとも大して見られないまま終わってしまうのかが分かれています。

作る場合は、冒頭のページに注目するようにして、配置についてもしっかり考えてください。配置する場所によっては、ランディングページの雰囲気もかなりよくなりますし、すっきりした印象を与えられることがあります。その上で商品の特徴を1文で示すことができるキャッチコピーにより、さらによさを引き出します。
タイトル
訪問してきたユーザーに行って欲しいゴールを決める

ランディングページには、ユーザーが訪問してきます。

この訪問してきたユーザーに対しては、ゴールは一つであることを認識させる必要があります。

ゴールが一つでなければ、ページに訪問してきたユーザーは迷ってしまいます。

ランディングページを制作する場合には、しっかりとページに訪問してきたユーザーに行って欲しいゴールを決めましょう。

例えば、注文して欲しい、予約して欲しい、問合わせをして欲しい、登録をして欲しい、などというように、ゴールというのは業種によってそれぞれ違っています。

しかしながら、ユーザーがゴールする前に、クロージングを必ず今すぐに予約して下さいなどというようなメッセージを入れてから行うようにすることも忘れないようにしましょう。

また、ゴールに飛ばすことができるアクションボタンなどを、中間地点やヘッダーなどにも付けておくようにしましょう。

このようにデザインすることによって、ランディングページのコンバージョン率もアップするでしょう。
タイトル
表示が素早くできるかということをチェックしましょう

表示が素早くできるかということを、ランディングページを制作する場合にはチェックしましょう。

ダイレクトに商品のメリットを紹介するランディングページですが、すぐに表示することができるでしょうか?

イメージを良くするために、一般的には多くの画像を使うようになります。

しかしながら、クリックをせっかくしてくれたにも関わらず、ページを表示するスピードが遅いと、すぐにユーザーは離れて行ってしまいます。

リスティング広告が入口の場合であれば、クリックされると課金されるようになるため、サイトを管理する側にとってこれはダメージになります。

画像を圧縮して、画像のスタイルを最適化することによって、画像の表示のスピードを速くすることが可能です。

また、ランディングページを作る場合は、画像にあまり頼りすぎないようにデザインすることも心掛けましょう。

SEOの点においても、非常にテキストの役目は大きいと言えるでしょう。

そのため、テキストと画像をいいバランスで構成することが必要です。
タイトル
登録フォームをランディングページでデザインする場合のポイント

登録フォームをランディングページでデザインする場合のポイントについて見ていきましょう。

必要な情報をランディングページのフォームに入力して、依頼や購買を行うような場合には、ついつい、アンケートを購買頻度などについて取ってみたくなることもあるのではないでしょうか。

しかし、ランディングページのフォームを制作する場合に多くの項目があると、入力するのが大変であるため離脱するようなユーザーもいます。

このような場合にはあきらかにチャンスを失うようになります。

そのため、フォームに入力するのは、必要最小限の項目にしておくのがいいでしょう。

リードの情報が十分に得られていると、リードをその分見極めやすくなります。買うのを決める立場で、検討を1ヶ月以内にしている場合には営業にすぐに行くべきでしょう。

このような情報は、フォームが必要最小限の項目のみの場合には得ることができません。

フォームの項目が多くなければ得ることができるリード数は多くなりますが、リードに関係する購買情報などの情報は少なくなります。
タイトル
すぐにSNSボタンを設けるのは少し待つようにしましょう

SNSを利用していいランディングページを制作する場合に、注意することについてご紹介しましょう。

ランディングページで、すぐにSNSボタンを設けるのは少し待つようにしましょう。シェア数をSNSで表示する場合に効果が期待できるのは、シェア数がそれなりに多くある場合です。全くシェア数がないような場合であれば、話題に誰もしていないということを表示するのみになります。

ビジネスの立ち上げた直後のページや、公開した直後のランディングページの場合は、時間を少し置くといいでしょう。ある程度シェア数が多くなるまでは、ボタンのデザインは設けないようにしましょう。

売上がSNSボタンを設けないことによってアップした、というようなケースもあるそうです。商品のページにシェア数が多くないボタンを設けないことによって、購入する率がアップしたそうです。

また、SNSボタンを設ける数にも注意しましょう。SNSボタンの数は、5つの場合より3つの方がクリック率がアップしたというデータもあるそうです。
タイトル
良いランディングページを作る3つのコツとは

ランディングページとは、一般的にはリスティング広告をクリックしてたどり着く、販促用のサイトのことです。ですので、それを制作するうえでは、「販促として効果があるランディングページするにはどうすればよいのか」ということを第1に考える必要があります。

どうしても制作するときには、美しいデザインにしたくなりますが、ことランディングページについては、そういうことは最優先の事項ではありません。

最優先の事項、よいランディングページするためのコツは以下の3つです。

1つは、クリックしたときの最初の画面(ファーストビュー)にユーザーが読みたい情報をすべて入れておくことです。どうしても制作側は「そもそも」の話とか、挨拶とかを入れたくなりますが、それらは直帰を増やすだけです。

2つめは、余計な情報を入れない、ということです。制作側はどうしてもあれもこれも伝えたいと、いろいろな情報を詰め込みますが、それらは訪問したユーザーをかえって迷わせたり、寄り道をとらせたりして、成約率を下げてしまうことになります。とにかく成約までの1本道にすることが重要なコツです。

3つめは、効果検証をしっかり行うことです。ネットマーケティングの良いところは、効果検証が詳細にできることなので、これを必ず行って、問題点はすぐに改善するようにしましょう。

以上の3つを守れば、ランディングページを使って、それなりの効果を得ることができます。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.