上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページはファーストビューの画像でアピールを

ランディングページを作成するときにはファーストビュー、ページを訪れた人がスクロールをしないで最初に表示される画面の部分こそが大切になります。ここで、そのページを訪れた人は全体の印象を無意識のうちに決めてしまうことになるからです。その印象がイマイチだと、あまり期待できそうにないとか、見る止めようかな?と思ってしまうかもしれないので、気をつけてください。このファーストビューは本当に、1番デザイン面で工夫していくべきポイントです。特に画像が重要なんです。何を販売しているか?にもよるのですが、よくあるのはダイエット食品とかになると思います。ダイエット食品は何のために買うのか?というと、もちろん痩せるためじゃないですか?ということは、その商品を買って痩せられそうだという期待が持てないといけません。その期待はどこか生まれるか?というと、そのランディングページに載っている文章とか、キャッチコピーとかでもそうなのですが、意外とそこに載っている女性などの画像が有効なのです。もちろん、そこに載っている女性の画像は、そのダイエット食品を使用した人か?というと、違うケースも多いはずですが、これはイメージ画像として重要なのです。化粧品とかも綺麗な芸能人がCMで宣伝していたりすると、買いたくなるのではないでしょうか?その綺麗な人がCMに出ていたからといって、自分がそうなれるわけではないのに、購買意欲をそそるのです。したがって、ダイエット食品などでも、スタイルの綺麗な女性をイメージ画像として大々的に目立つように、ファーストビューに配置しておくと、第一印象として、自分もこうなれるのか?と無意識のうちに思ってしまう、錯覚してしまうといったことが起きやすくなります。そこで一気に購買意欲を高めておいて、それに説得力を持たせるために、スクロールしていくと同時に文章などを使って、商品の魅力をどんどん紹介していき、最後に購入ボタンを用意しておくと、そのままの流れで注文してくれるお客さんが増えてくる可能性があります。ランディングページの制作においてはこういう画像を使ったデザインは当たり前になりつつあるので、取り入れていないとマズイくらいのことかもしれません。ダイエット食品のランディングページでオススメしたいのはある程度露出が多い服装の女性の画像です。服の上からではなく、如実にスタイルが分かるような、おへそが出ていて、くびれが見えているような画像だと、より良い印象を与えます。LPを今後制作していくときには意識していきましょう。画像は本当にLPの基本ですから、ファーストビューに購買意欲が増すようなものを選んでみてください。
タイトル
作りたいイメージにそって、デザインを考える。

ランディングページとは、商品を注文してもらうためのページであり、お客となるユーザーに、商品やサービスに興味を持ってもらうための手段とも言えます。そのため、ターゲット指定・訴える商品やサービスを掘り下げ、そこからページを構築していくことが前提となります。題提示、あおり、問題解決策提案、行動の流れを作ることも、もちろん大切ですが、全体的のデザインが商品やサービスにあっていなければ、魅力あるランディングページとは言えません。作り手がしっかりイメージを掴むことが重要です。 ランディングページを制作する時、作り手となるデザイナーには「大まかなイメージ」があっても、まだランディングページを 作り慣れていなければ、一体どうしたら考えにあるイメージをデザインとして表現できるか迷うこともあるかと思います。 何も考えずに作成を始めてしまうと、都度都度に迷い、スピードダウンにも繋がるので、初めにある程度の方針を立てると効率的です。 作り始める前に作り手のイメージに合うサイトを参考にするのもイメージを固めるのには、非常に有効です。 例えば、かわいらしい印象を与えるランディングページを作りたいなら、色合いは濃度を抑えた色味を使うと柔らかさが出ますし、 フォントはメイリオやゴシック系など丸みのあるものを使用するとほんわかした雰囲気のランディングページを表現できます。 知的な印象のデザインにするには、メインカラーの彩度を落とし、アクセントカラーを色合いの異なる彩度の高い色を使えば、スタイリッシュな印象を与えるデザインが可能です。知的な印象によく用いられるのは明朝系が多いですが、メリハリや文字の強調を出すためにゴシック体にしてみるのもいいかもしれません。 信頼感のある印象のデザインのランディングページなら、背景を白ベースとし、紺色や緑、水色など自然を連想させる色を使うと 効果的です。強調したい場所には、深みのある赤を使用することで効果的に見せることができます。 フォントはクセのないオーソドックスなゴシックなどが好ましいとされています。文字なども派手な装飾は控えて、並行に整列に配置し、シンプルに整理整頓されているページにすると雰囲気が出ます。 イメージにあったフォントを探す際に注意して欲しいことは、イメージに合うから!とフォントを多様すると、ページ内がごちゃごちゃになりやすく、見にくさの原因となってしまうので、ページ内で使うフォントは3つ程度に絞っておくのが好ましいです。
タイトル
写真を活かしたデザインにランディングページ

写真をメインに構成したランディングページを作りたい。 昨今では商品を売り出す方法として、イメージを強く押すデザインが見られます。 イメージや雰囲気を活かす際に使用するものの1つに写真があると思います。 ここでは写真を活かしたデザインにはどのようなレイアウトが効果的なのかに触れてみようと思います。 まず多く見られるパターンとして、写真を断ち落としで大きく見せて、その上に文字を載せる手法があります。 断ち落としされた写真の外側をユーザーに想像させることで、ランディングページの広がりや力強さを印象づけることができます。 写真によっては1方向だけ断ち落としする方が効果的な場合もあります。 断ち落としでないと写真は目立たないのか、というと写真を目立たせるのは何も大きくするだけが方法ではありません。 例えば、写真の周囲にスペースをたっぷり取ることで、背景とそのうえに配置した写真が明確に区別されるので、自然と目線を中央に集めることでがき、中央においた写真に集中させることができます。インパクトは断ち落としほどないかもしれませんが、スマートな印象で写真を強調することができます。 目立つインパクトのある画像を配置するには、上記の他にも写真の一部を切り取って大胆にみせるのも手段の1つです。 元々ある写真よりも強いイメージに変える効果があり、情報が少なくなる分、伝えたいことだけが強調されます。 例えば時計のページで雰囲気に重点をおいたデザインにするなら、時計がより強調されるように、時計の付近だけトリミングした 画像を配置する、という方法がこれに当たります。 さらに写真を複数使うランディングページを作成する際に気をつけたいのは、すべての画像の大きさを統一してしまうこと。 これにより統一感は出ますが、ページに変化が生まれないのでのっぺりとした印象を与えてしまいがちで、イメージを押したランディングページにはそぐわない。写真のサイズを大・中・小の三段階に分けてみるのもメリハリをつける手段の1つです。 写真のサイズを整理することで、リズムを作ることができ、空白とうまく使うことにより、シンプルながらも雰囲気のあるデザインを表現することができます。 クライアントから届いた写真では綺麗な加工ができなかった・・・なんて場合もあるかもしれませんが、そんな場合の対処法の1つとしてデザインでカバーする方法があります。うまく処理できなかった画像だけ色調をかえてみるのも有効ですし、ハサミなどで切り抜いた加工にするだけで、ラフなデザインでキレイにまとめることができます。それでも雑に見える場合は、ページのテイストを切り絵風にして統一感を出したり、影などの立体感でメリハリをつけてみるとデザイン性がグッとあがります。 イメージ押しの雰囲気のあるランディングページ作りには、写真はとても有効です。 色んな見せ方を研究することで、より良いランディングページデザインに近づけると思います。
タイトル
ランディングページの色使い

ランディングページを作成するに当たり、ページ内で使う色も大切なポイントになります。 一言で色と言っても、様々な視点から考えることが大切です。 例えば、レディースものの商品で、その商品が可愛らしいイメージがあるなら女性らしさを象徴するピンクをベースに 明度が高いソフトなトーンを選ぶことで、よりかわいらしい雰囲気が強調されます。 ピンクを基調に白や、淡い黄色や水色を使えば、ガーリーな世界観を表現することができます。 ピンクは子供っぽいイメージになりやすい!と思われるかもしれませんが、白を多く取ることで、大人の女性がターゲットの ランディングページでも品のあるイメージを作り出すことでできます。 では逆に、男性が好みそうな高級感を求められるランディングページをデザインするなら、どんな色合いが効果的なのか。 明るい色合いを使うのではなく、重厚で安定感のある配色、寒色系のダークカラー、類似色調でまとめて 調和させるなどがあります。 ダークトーンやストロングトーンの類似色調で統一した配色は、堂々たる重厚感や安心感を表現することができます。 寒色をメインに使うと、エレガントの中にも凛としたイメージができ、高級感を演出することができます。 だからといって、寒色ばかりだと重くなってしまうので、白やグレーなど明色を差し色として効かせると重苦しさを緩和し 軽やかな雰囲気にみせることができます。 ターゲットだけではなく、商品自体のイメージから色合いを考えることも大事で、例えば、ラーメンなどの食品のページを 作成するのに、色合いを寒色系の青などにしてしまうより、赤色やオレンジなど暖色系の色合いを使ったほうが 「温かそう」「美味しそう」というイメージを効果的に増幅してくれます。 さらに、春なら明るいトーンの多色配色や、新緑のフレッシュな色合い、夏ならば、清涼感を与える寒色や 熱気をイメージさせる暖色など、ターゲットや商品のイメージの他に、季節によってもイメージカラーを 取り入れるのも一つのアイデアです。 このようにターゲットや商品イメージ・季節感などで、ランディングページの色合いを考えることで よりインパクトのあるデザインに仕上げることができます。
タイトル
ランディングページのファーストビューについて

ファーストビューとは、Webページを開いた時、スクロールせずに見えるブラウザの画面範囲のことを指し、 ランディングページの一番てっぺんにある部分を指します。 ここにユーザーに興味を持ってもらえるような、キャッチコピー、値段や商品・サービスのポイント、画像の配置などを デザインすることが大事です。なぜなら、先程も触れた通り、スクロールせずに一番始めに目につく場所に興味をそそる 要素がなければ、莫大なホームページがあるため、スクロールしてページを見てもらえず、ユーザーがページを閉じて 他を探してしまう可能性が高くなってしまいます。それでは、良いランディングページも作っても意味がなくなってしまいます。 では、ランディングページのファーストビューをデザインする際、何をポイントに制作していけばいいか。 商品をイメージしやすい写真、例えば、食べ物なら美味しそうに見えるアングルや大きさ、湯気などの効果を加工などを使い 「美味しそう!」と目が止まるような画像を配置するといいでしょう。 またキャッチコピーも単調なものだけではなく、大きさを変えたり、目立たしたい文字の色を変えたりとメリハリをつけると キャッチコピーもデザインの一部として、映えてきます。 値段に関しても、安さを売りとする商品をランディングページなら、フォントは太文字、カラーは赤などにし ページの一番上に配置したり、ファーストビューの一番下に配置したりと配置場所も大切になってきます。 ここで気をつけて欲しいのは、キャッチコピー、値段、商品の簡潔な特徴など、伝えたいことの配置や文字の大きさです。 すべてに動きのある装飾をしたり、文字の大きさが似たようなものばかりだと、主張が強くなりすぎて、どれも目立たなく なってしまい、とても見にくいファーストビューになってしまいます。 「これを一番に伝えたい」その次は「これを伝える」と情報の優先順位をつけることがポイントです。 文字部分を文字だけにするのではなく、四角の囲みの中に配置したり、吹き出しを使用するなどして デザインを見やすくまとめることを心がけましょう。 またファーストビューには、上記の情報に合わせて、すぐにでも買い物へと先導出来るようにリンクボタンをつけると より効果的なランディングページになります。この際、デザインに埋もれてしまわないように、立体的にして 目立たせるなどの工夫をするとより、わかりやすいファーストビューを作ることができます。
タイトル
ランディングページの制作における注意点について

いまでは、さまざまな商品やサービスをインターネット経由で手に入れるというのが、当たり前になっています。インターネットショップなどて扱われるものが、とてもバリエーション豊かになっているため、ほとんど手に入らないものはないと言ってよいかもしれません。これはつまり、それだけインターネットでサービス展開する事業者が多いという事でもあり、集客のためのさまざまな取り組みがなされています。

そこでここでは、ランディングページやランペ、LPと呼ばれる特別なインターネットページ作成による集客の注意点について、ご紹介してみたいと思います。まず、そもそもLPとは何かについて簡単に書きますと、インターネット検索などで表示された結果のリンクをたどって、最初に見てもらうためのページとなります。このため、商品やサービスの初めのイメージを決定づける、重要な役割を担うことになるページでもあります。ランディングページの制作で気をつけたいのは、デザインです。細かい文字で商品やサービスを紹介するのではなく、見た人が一目でわかる様に、テキストよりもビジュアルを中心として構成するとよいでしょう。これは、文字で読んでもらうよりも、写真やイラストといったイメージで伝える方が短時間で確実に伝わるからです。テキストとしては、短く商品の特徴を伝えられるキャッチコピーを、大きめで目立つ様に表現するとよいでしょう。この制作のポイントを押さえることで、商品やサービスのイメージを膨らませてもらえるとともに、商品にどのようなメリットがあるのか、他の物と何が違うのかといった点を短時間のうちに訴求する事が出来るのです。これ以外にも、ページのデザインには、基本的に縦長の構成を取り入れて、上から下に向けて流れる様に読んでいけると、更に見やすくなります。ランディングページによって商品やサービスに興味を持ってもらったら、ページ内のリンクによって次のアクションに移ってもらいます。具体的には、資料請求や問い合わせ、購入申し込みといったアクションです。このためには、ランディングページ内に大きめのリンクボタンをわかりやすく配置するとよいでしょう。更に、ユーザーの声や評価といった客観的な情報を盛り込むと、説得力が出ます。

以上、ランディングページの制作上の注意点について書いてきました。これらに従ってランディングページを制作され、集客効果を高められましたら幸いです。
タイトル
ランディングページで集客力を高める方法について

いまはインターネットであらゆるものを購入するのが、当たり前の時代になっています。このため、物品の販売であれサービスの提供であれ、インターネットでの事業展開をされる事業者の方は確実に増えてきています。このため、インターネットでの事業の競争が激化しており、集客のための取り組みが欠かせなくなっています。そこで、ここではランディングページやランペ、LPと呼ばれるホームページの作成によって、集客効果を高める方法について、簡単にご説明してみたいと思います。まず、ランディングページ、LPについてですが、これはインターネットで検索した結果から辿ってもらうための、最初のページの事を指します。最近では、グーグルなどの検索サイトで欲しい商品やサービスを検索して、その結果のリンクをたどって購入アクションに移る顧客が増えています。そこで、検索サイトでの検索結果からランディングページに誘導し、商品やサービスの一覧を見てもらって、興味を持ってもらう、という流れが効果的だと言われるようになっています。つまり、ランディングページの制作にあたっては、そのデザインがとても重要な意味を持つのです。

ランディングページのデザイン制作においては、テキストよりもビジュアルに重点を置いたデザインとして、一目でわかりやすくするのが最も重要になります。商品やサービスをイメージしやすい写真やイラストによって、ランディングページを訪れた顧客に、よいイメージを膨らませてもらう事で、集客効果が高まります。こうする事で、ランディングページから、問い合わせや資料請求、購入といった次のアクションに移りやすくなるのです。これまで、特定のキーワードで検索の上位にくるよう、サーチエンジン・オプティマイズという取り組みがありました。これはもちろん今後も重要となりますが、今後はこれに加えてランディングページ・オプティマイズという新しい流れが生まれてきています。

以上、ランディングページとは何か、そしてランディングページの集客効果について、ご説明してきました。ランディングページは、顧客に商品やサービスの魅力を効果的に伝えて、集客力を高めるツールとして極めて有効なものです。今後は、ランディングページの重要性はますます高まるものと考えられます。魅力的なランディングページの制作により、インターネットでの事業がこれまで以上に成功されることを祈っております。
タイトル
いいランディングページを制作する場合に大切な要素

いいランディングページを制作する場合に大切な要素について見ていきましょう。

ランディングページの目的がはっきりすれば、ページの中に入れ込む大切な要素をリストアップしていきます。

どのような要素を、期待する行動をユーザーにとってもらうには、ランディングページに入れ込んでいくといいのかについて検討していきます。

いいランディングページを制作するためには、LPの基本になる情報を、まず、メインのキャッチコピー、つなぎのメインのキャッチコピーに続く文章であるリード文、サービス・商品の写真、具体的な深堀と問題提起、解決する方策の提案、サービス・商品の情報、メディア掲載やユーザーの声などのサービス・商品がいい根拠、保証、期間限定などのオファー、購入ボタン、問い合わせなどのコンバージョン要素の項目ごとに収集しましょう。

ここでは、いいランディングページをデザインするために、メインのキャッチコピーについて詳しく見ていきましょう。

メインのキャッチコピーというのは、短くてしかも分かりやすくサービス・商品についての説明を、インパクがある表現で行うための文章です。

LPを見た場合に、最も初めにユーザーが目にするところに表示されるものです。

ここでは、メインのキャッチコピーと言われるものは、どのような文章なのか見ていきましょう。

化粧品を販売しているサイトの例としては、本当の潤いを手に入れましょう、まだ50代であれば間に合います、というようなものです。

また、保険業者のサイトの例としては、200万円も生命保険の見直しによって節約できました、ママさんのための求人サイトの例としては、自宅での仕事OK、残業なし、仕事をするママ向けの求人サイト、リフォーム業者のサイトの例としては、リフォームを中古マンションで行うという選択肢、などというようなものです。

細かなキャッチコピーをデザインするためのテクニックは、ネットなどで紹介されているため参考にしましょう。

まず、キャッチコピーをデザインするためには、ユーザーの視点を徹底しましょう。

先にご紹介したキャッチコピーの例を見てみると分かりますが、具体的なそれぞれのユーザーの悩みに対応したものになっているでしょう。

メインのキャッチコピーのランディングページにおける役目は、ユーザーにメリットがある情報が記載されているので見なければ損します、ということを訪問するユーザーに対してアピールすることです。
タイトル
いいランディングページを制作するためのチェック項目

いいランディングページを制作するためのチェック項目について見ていきましょう。

読み込み時間は、非常に離脱率、直帰率に影響します。

長い待ち時間の場合には、他のサイトへ流出するため、3秒以内を常に目指しましょう。

ヘッドラインと広告内容が一致していることが必要です。

内容が一致していなければ、ユーザーを騙すようになり、コンバージョンへ進む人が非常に少なくなるため注意しましょう

どのような会社で、どのようなものをサービスしているのかが、ランディングページですぐに分かることが必要です

怪しいような業者から、ユーザーは商品を購入したいとは考えません。

ユーザーの信頼を、情報をランディングページで開示することによって獲得しましょう。

アクションボタンは、遠くからでも見える程度に大きくなっていることが必要です。

大きなランディングページの目的は、行動をユーザーに起こさせることです。

そのためには、どのようなことをして欲しいかということを、LPでデザインして、しっかりアピールすることが大切です。

安っぽいようなLPのデザインの場合には、商品もやはり見劣りします。

更新を3年以上行っていないようなサイトやライバルのサイトに対して見劣りするようなサイトは注意が必要です。

詳しく商品の情報等が掲載されていることが必要です。

どのようなメリットがサービスや商品にあり、どのようにユーザーの悩みなどを解決するかを簡潔にアピールしましょう。

連絡先の電話番号、住所などが掲載されていることが必要です。

連絡先がいざという場合にないということが分かれば、この業者は問題ないのかなとユーザーは不信感を持ちます。

きちんと規約等が掲示されていることが必要です。

普通のサービスの場合には、きちんと利用規約を掲示しましょう。

利用規約は、会社の利益を保護するためにも必要です。

弁護士等に相談をして、利用規約は作成しましょう。

アクションボタンなどをクリックすることで、どのようなことが獲得できるのかはっきりさせることが必要です。

ユーザーには、バナーやアクションボタンをクリックすると、どのようなことを獲得することができるかを示しましょう。

クリックを何となく面白そうであるからしてみよう、というようなユーザーはほとんどいないでしょう。

フォームには不必要な入力項目を止めましょう。

一度に全ての個人情報を聞くのは止めましょう。

ユーザーの本音としては、フォームの入力は面倒でしょう。

まずは、ランディングページを制作する場合のフォームの情報は、必要最低限のもののみを入力してもらうようにしましょう。
タイトル
ランディングページは必要な情報を1枚のページでサービス

ランディングページというのは、略してLPとも言われています。

検索エンジンなどで検索した結果、別のウェブサイトからのリンク、広告などからのリンクになる最初のページが、ランディングページです。

一般的なウェブサイトの場合には、あまり大切ではありません。

しかしながら、サービスや商品を売るというような場合には、最初にユーザーがランディングページを目にするため、このランディングページの仕上がりがいいかどうかということが大切になってきます。

このため、ほとんどのランディングページは、必要な情報を1枚のページでサービスしています。

また、理論にもとづいて実際にユーザーがアクションを起こしてくれるように制作されています。

ランディングページは、全ての伝えたいことを1枚のページでまとめるということが基本になります。

つまり、全てのそのサービスや商品が、ランディングページを見ると分かるというものです。

また、利用者にとってサービスや商品のメリットなどの有利な情報があり、最後にリンクがサービスや商品を利用するためのページへされているものです。

どのようなLPの場合でも、このような仕組みは一般的に採用されているスタイルです。

しかしながら、ランディングページには、いろいろな工夫が実際に利用してもらうために行われています。

基本的なランディングページの構成は、ページの最初にサービスや商品のキャッチコピーや写真があり、次にサービスや商品の共感、商品の掲示、利用することで獲得できるもの、実際に使った人の声、同じようなサービスや商品との違いなどがあり、最後にリンクをこのようなものを使うためのアクションページにするようになります。

しかしながら、このようなものは構成の基本的なものであり、アクションページへいくつかリンクが準備されていることもあり、内容が一部省かれて場合もあります。

ユーザーにとって魅力のあるページであることが、基本的には要求されます。

ランディングページを制作するコツとしては、ユーザーが利用してみたいようなデザインにすることです。

このため、動画や画像のデザインを多く使うことも一つのコツです。

また、ランディングページの内容は、ユーザーのメリットをアピールする必要があります。

また、メリットをアピールするのみの場合もあれば、同じようなサービスや商品との比較をアピールすることもあります。

ランディングページでは、ページを紹介するサービスや商品に応じて制作する必要があります。
タイトル
ランディングページのデザインで気をつけたい事

さまざまなものがインターネットで買えたり予約できたりするようになって、我々の生活はとても便利になりました。インターネットショッピングで手に入らないものはないと言っても過言ではないでしょう。そして、今でもインターネットショップに参入する企業は日々増えています。そこで、インターネットショッピングで何か買おうとする時には、まず欲しいものをキーワードとして検索するという方が多いのではないでしょうか。そして、このインターネットでの検索結果のクリックによって、最初にたどり着くページの事を、特にランディングページやランペ、LPなどと呼んでいます。LPがどのような役割を担っているのかと言うと、検索のキーワードに合わせてショップの提供する商品やサービスを、一覧するというのがその答えとなります。つまり、商品やサービスを一目でわからせるもので、本に例えると目次のような役割とイメージすればわかりやすいでしょう。ショップ側としては、ランディングページで興味を抱かせたうえで、問い合わせや申し込みといった次のアクションに誘導するのが目的となります。

ここでは、そんなランディングページを制作する際のデザイン上のポイントについて、簡単にご紹介してみたいと思います。まず、検索結果のリンクから遷移してきた時に、一目でサービスを一覧できて、かつ興味を掻き立てるものでなくてはなりませんから、テキストよりはビジュアルに訴えるのがよいでしょう。また、イメージしやすい写真やイラストとともに、わかりやすいキャッチコピーを添えるとよいでしょう。こうすることで、ランディングページを見た方が、興味を惹かれて更に詳しい情報を求めたり、ランディングページにあるリンクをたどって、資料請求などのアクションを起こしやすくなります。さらに、リンクボタンは大きめにデザインする事で、さらにこの効果は高まります。曖昧なキーワードで検索される方も少なくないため、紹介する商品やサービスは、絞り込まずに多数掲載するとよいでしょう。

以上、ランディングページとは何か、そしてデザイン制作におけるポイントについてご紹介してきました。最後にまとめますと、ランディングページとはインターネット検索結果から辿られるもので、顧客ににとっては初めて目にするページとなります。このため、商品やサービスをビジュアルを中心としてわかりやすく一覧表示する事で、その効果が一層高まるものなのです。
タイトル
異なるブラウザにも対応できるサイトデザインがポイント

>多くの人がHTMLやCSSのスキルを簡単にネットや本などで知ることができる時代だからこそ、ランディングページを自分で作ってサイトを盛り上げようと考える人は多いはずです。

しかしサイトの多くはデザインばかりに凝りすぎて、結局のところランディングページという仕組みを理解していないで制作しているケースも珍しくないでしょう。

LPを意識して作ることができるかどうかが、サイトの作成のプロとの一番の違いになりますが意外に気づいていない人も多いのが、その作成したサイトがきちんと正しく表示がされているかです。

あまり知らない人もいますが、同じパソコンを使用していてもブラウザの種類によりサイトは表示が異なってくるのです。

そのため自分が見ている普段のブラウザで、どんなに完璧にLPが制作できたとしても、ブラウザが変われば表示結果も異なり、その効果が変わってくるともいえます。

また、ブラウザだけでなく、最近ではパソコン、スマートフォン、タブレットで表示は異なりますしOSにもより表示が崩れることがあります。

本当にランディングページを作り込もうとするのなら、最低限自分のパソコンに異なるブラウザを3種類はインストールしておいたほうがいいでしょう。

なぜなら、ブラウザが一番サイトの表示を変えてくる原因になってくるので、リンクが変な位置になっていないか、画像がずれて表示されていないかというチェックをするためにも役に立ちます。

またそういったことからサイトのデザインは重視するのは素人の場合は難しいといえます。

なぜならサイトの表示結果も異なりますからそれを調べることができないのなら、なるべくそういった表示崩れが起きないようなものにするのが効果の大きいサイトを安定的に作るためにも大切なことです。

また最近では、パソコン用だけでなくスマートフォン向けのランディングページの充実もとても大切で、そのためスマートフォン用に簡単にアレンジできるためにも、もともとのHTMLやCSSの枠組みは極力抑え気味でやったほうがパソコン用スマートフォン用のサイトに差異が少なくていいでしょう。

もちろんパソコン用のサイトはページ数も含めて、よりこだわりたいという場合も多く、リンクが多くなるのは当然ですが、最近ではスマートフォン用サイトからのアクセスも多くなっているので、パソコン用以外をターゲットにして作成を考えるのがクオリティが高く表示結果も正確なサイト作りには必須なのです。
タイトル
ランディングページの制作で気をつけたいこと

20年前には考えられなかったことですが、今ではあらゆるモノをインターネットで購入するのが当たり前になっています。モノだけではありません、さまざまなチケットやサービスの予約といったものまで、インターネットでできないものはないと言っても過言ではないでしょう。そしてこの裏側では、インターネットのサービス提供会社間で、顧客獲得の熾烈な戦いが繰り広げられているのをご存知でしょうか。そこで、ここではランディングページという顧客獲得のためのサイトについて、ご紹介したいと思います。ランディングページは、LPと呼ばれることもあり、一言で言ってしまえば、インターネットの検索などで顧客にたどり着いてもらうためのサイトです。そのため、LPのデザイン制作においては、他のサイトにない幾つかの特徴があります。まず、デザイン的に縦長のページ構成になっていることが多く、外部へのリンクが少ないのも特徴です。ここでは、その会社がインターネットで提供しているサービスについて詳しく紹介するとともに、顧客登録などのページに誘導するのが制作の目的となっているからです。このため、ページコンテンツとしては、テキストよりもビジュアルが多くなっています。今は世の中にさまざまなホームページが溢れていますから、自社の商品やサービスについて、直感的に理解してもらわなければならないからです。

全体的な流れとして、ランディングページに顧客を誘導し、そこから登録などの次のアクションに移ってもらうという事からも、外部へのリンクは少なく、ページ内のクリックによって登録や更に詳しい情報のサイトに移行するようになっています。

ランディングページの制作上の注意点としては、単にビジュアルを多用すればよいという訳ではなく、キャッチーなコピーライティングで、訪問した顧客に興味を持ってもらわなければ意味がありません。そこで、短くてわかりやすいテキストと、詳しく知りたくなる情報を盛り込む事が必要となります。また、見た目を少し派手めにして、直感的に見たくなる工夫も必要となってきます。さらに、ランディングページ内のリンクボタンは大きめにデザイして、顧客がクリックしやすくするという工夫も欠かせません。

以上、ランディングページの制作に関して、デザイン上の注意点についてご紹介してきました。素敵なランディングページの制作によって、顧客獲得の効果から業績向上につながれば幸いです。
タイトル
締めの一言で商品のよさを引き立たせること

ランディングページには、様々な画像を掲載したり、これがいいとされているような情報をしっかり掲載することにより、多くの信頼を得て購入することが可能となります。しかしこうした商品の色々なメリットを記載しても、納得してくれない人はそれなりに多くいます。そうした人のために、もっと参考にできる、そして後押しのできる締めの一言が重要になっています。制作の際には、購入ページの上にしっかり一言を記載できるページを用意することが重要になっていて、これによって確実に購入されるようなページに仕上げていくことが重要となります。

本来LPというのは、基本的にデザインの方を重視して考えてしまいがちなので、文章については当たり障りの無いものばかりを採用することになります。しかしそうした文章だけでは、本当にいいランディングページを作ることができません。文章で後押しをするような、力強い言葉というのをしっかり記載しなければならないので、そうした言葉を最後にでもいいので付け加えておくことになります。この言葉があれば、本当に購入していいのかなという疑問を外して、購入してくれる方が増えてくれるかもしれません。

購入したときのメリットを中心に書いていくことが大事ですが、こうした文章がデザインの影響を出してしまわないように気をつけておかなければなりません。しっかり画像を配置して、こうした形にしておきたいと考えているのであれば、その配置は変えないようにして、他の部分に空白を用意してその一言をしっかり記載することになります。一言をしっかり書くようにしていれば、とりあえず文章による後押しもしっかりできるようになるので、より購入者の気持ちを考えていくことができます。

LPの制作については、画像などのデータによってしっかり宣伝できるようにして、それ以外の部分でさらによさを引き立たせるような感じにしておきます。さらに一番下には、これを買わないと損をするというような文章を1つ書いておき、これを大々的に見てもらうことによって更なる購入意欲を出させることが重要になります。そうしたことができないと、失敗する可能性は大きく高まることになります。

ランディングページを造りたいと思っている人は、とにかく文章の配置に気をつけるようにしてください。配置されている文章によっては、購入意欲を捨ててしまう人も出てしまうので、そうしたことが起こらないようにランディングページを作り上げるのです。
タイトル
質の高いランディングページを作るには必要なこと

ランディングページの質を高めようとしたなら、確かにデザインの制作にもこだわりが必要になってきます。

LPのテクニックや質の高いLP制作法というものも、よくインターネットで目にすることが多くなってきました。

それだけランディングページには、大きな役目が期待されているのですが、ページの作り方にはついては、基本的なテクニックがあります。

まずは、一般的なサイトの様にリンクされている箇所がないことです。

もともと、このページの、目的は資料請求希望等で相手の個人的な情報をインプットしてもらうことです。

リンクが存在すると、そちらに見る視点が流れて行くリスクが在ると予想されることから、リンクを張らないようにします。

次に意識することは、文字よりもイメージや写真を多用し、派手目でカラフルなデザインのサイト作りにすることです。

読み手に理解されやすいサイトやページは、文字と画像がバランスよく散りばめられています。

文字オンリーのページ構成だと、読む人も途中で飽きてしまい、データインプットまでの辿り着かなくなるのです。

また、ここでも大事なことは、ページ分割をさせたり手間のかかるスクロール画面にはしないことです。

スクロールとは、パソコンのWEBサイト画面のような作りになるとスマートフォンでの閲覧は横にもスライドさせて見る必要があり、ここでも見てもらうための意識が分断されてしまうことがあります。

このような事から、スマートフォンを念頭に置いた縦スクロールのみのページ作りが基本的なページ構成だとされています。

後は、このランディングページにいかに多くの人が集まり注目するかです。

せっかく作ったページでも、アクセスがが少なければ意味がありません。

よって、ここで大事なことは検索エンジンでヒットするようなキーワードを適度に散りばめることです。

そのためには、このページで何を訴えたいのか、どのようなテーマを中心としたページ作りにするのかを、ページ作成前からキチンと決めておく事が必要になってくるのです。

ランディングページの製作方法については、サイトやホームページを制作されている企業やデザイナーの方であれば、基本的な制作テクニックは熟知されているかと思われますが、いかに多くの人注目を集めてサイトのアクセスアップを実現させるためには、ここでのページテーマに沿ったキーワードの選択が命になるのかもしれません。

よって、ランディングページを活用したい人の想いや願いをページ作成者は深く理解して作ることが大事なことだと思います。
タイトル
集客効果の高いランディングページについて

最近では、パソコンやスマートフォンの普及によって、あらゆるものがインターネットで買えるようになってきています。有名なところでは、アマゾンや楽天などの小売サービスはもちろんのこと、電車や飛行機のチケットについても、インターネットで購入するケースが当たり前になってきています。この場合、まずインターネットで検索して、欲しいサービスを提供している企業を探す事が一般的ですが、この時に一番初めにたどり着くページをランディングページ、またはLPと呼んでいます。つまり、検索して訪れてくれた顧客に最初に目にしてもらうのが、LPなのです。これは、サービスを提供する企業にとっては、自社のサービスを購入してもらえるかどうかを決める、とても大切なページという事になります。

そこでここでは、ランディングページを制作するにあたっての、デザイン上のポイントについて、ご紹介してみたいと思います。ランディングページを制作する時に、まず念頭に置かなければならないのは、自社の提供するサービスに興味を持ってもらうということです。ランディングページで興味を持ってもらえないと、すぐに他のページに移られてしまいます。こうなる事だけは、絶対避けなければなりません。そこで、ランディングページには、自社の提供するサービスをわかりやすくまとめて、ビジュアルとキャッチコピーで誰でも興味をそそられるようなものとするのが好ましいでしょう。サービスをイメージしやすいように、写真やイラストをメインとして構成し、興味を惹くキーワードを大きめの文字でレイアウトするとわかりやすくなります。また、ランディングページの目的は、訪れた方に興味を持ってもらうとともに、次のステップである資料請求や申し込み・予約・購入というアクションにつなげてもらう事ですから、リンクボタンは大きめに制作し、ページの先へと進んでもらいやすくする工夫も効果的でしょう。さらに、ランディングページで紹介するサービスは、幅広くする事方が、さまざまな顧客にアピールする事が出来るというのもポイントとなりますので、制作の上では気をつけたいものです。

以上、魅力的なランディングページのデザイン制作の上でのポイントについてご紹介してきました。さまざまなものがインターネットで購入できる時代ですが、参入する企業もまた増えているのも事実です。自社のサービスに興味を持ってもらうために、ランディングページの重要性は、これからますます高まってくるでしょう。
タイトル
ランディングページをデザインする時のコツについて

さまざまな商品やサービスが、インターネットで購入出来るようになったため、この分野に参入してくる企業も増えています。このため、インターネットでビジネスを展開する事業者の間で、いま熾烈な顧客獲得競争が繰り広げられているのです。顧客獲得には、さまざまなテクニックがあり、例えばサーチエンジン・オプティマイズというのは比較的古くからある手法です。これは、グーグルなどの検索サイトで、特定のキーワードで検索した際に、如何に上位に表示されるかに取り組むものです。これ以外にも手法がありますが、ここではランディングページやランペ、LPと呼ばれる手法についてご紹介してみたいと思います。LPとは、簡単に言うと検索サイトで結果表示されるリンクをたどって、最初に見てもらうためのページとなります。このため、デザイン制作においては、商品やサービスを一目でわかりやすく、ビジュアルを中心として構成するのがポイントとなります。ランディングページの構成としては、基本的に縦長のページとして、冒頭に商品をイメージしやすい写真やイラストをビジュアル的に配置します。続いて、商品の魅力についてのキャッチコピーを大きめに表現するのが効果的でしょう。この後は、商品の詳細な説明となりますが、出来ればセールス色を抑えて、顧客メリットを訴求するのが好ましいでしょう。セールス色を前面に出さないためには、利用者の声や評価などを盛り込むとよいでしょう。客観性が出て、ランディングページを訪れた方の興味を惹く効果が高まります。また、これとともに忘れてならないのが、リンクボタンのデザイン制作です。リンクボタンは、出来るだけ大きくわかりやすく配置するとよいでしょう。これは、ランディングページで興味を持ってもらった後は、資料請求や問い合わせといった、次のアクションに移ってもらうために、行動を促しやすく工夫が必要だからなのです。流れとしては、インターネット検索→ランディングページ→興味を惹く→次のアクション、というものになります。ランディングページから次のアクションに移ってもらえれば、顧客となる可能性はかなり高まったと言ってよいでしょう。このため、ランディングページでは何と言っても興味を惹きつけて、他のページに遷移されないようにするのが最大のポイントとなり、そのためにデザインが果たす役割は決して少なくないのです。

これらの点に注意して、魅力的なランディングページを制作される事を願っております。
タイトル
見る人を引き付けるライディングページを書くこと

インターネットが生活をする上で欠かすことのできない情報インフラとなって久しいのですが、それだけネットを検索すると多くの情報が氾濫しているとも言えるかもしれません。

その中で、情報を正しく正に伝えることも大事なことです。

最近はLPのデザイン制作がについての書籍やネットでのノウハウが多く掲載されています。

LPとはランディングページの略ですが、色々な情報やWEBがリンクされているページのことです。

人なWEBで何かも調べたい特に、これらのランディングページを見ることになります。

インターネットが当たりのように使われる現代においては、このランディングページを新たなビジネスチャンスとして活用される機会が増えてきています。

このランディングページをいかに魅力的にデザイン制作することが、多くの新たなビジネスを創造し拡大するかということなってきます。

なるべく多くの人の関心を集めて、多くの人のアクセスを増やしていくことこそが成功のポイントとなります。

そのためには、ライティングのコツも考えていく必要があります。

読む人を理解や共感を呼ぶライティング。

何度、読み返しても納得が行く内容や感動さえ巻き起こすかもしれない文章。

そのようなライティングは一朝一夕でマスターできるものではないかもしれません。

しかし、ランディングページでも、このように人の心に何かを訴えるがないと、大きな変化は生み出されないです。

有名なライターでも文章の書き方のコツやWEBデザイナー、人気ブログライターのテクニックというものはあります。

例えば、バナー広告でも、文章の最後に添付するより、文章途中でインサートする方が、アクセスする確率が高いと言われています。

しかし、あくまでテキニック論にとどまり、爆発的なアクセスアップには至らないのが実情のようです。

多くのライターが経験し言っていますが、あるテーマでライティングしたりランディングページを作成する場合、自分の目で見て、自分の耳で聞きながら確認し理解したことを自分の気持ちや乾燥を交えて書くことです。

自分が経験したテーマや徳地分野のテーマについては、知識やノウハウも含めて自分の言葉で表現することができるはずです。

これが、、注目を集め成功に導くランデュングページ制作の秘訣と言えるでしょう、

大変、地味でオーソドックス的なことですが、人の心を動かすことは、やはり自分の体感した感動をページを思いを込める意味で、書くことこそが成功の近道だと思われるのです。
タイトル
ランディングページの効果的な活用について

現代社会においては、ほとんどの方がパソコンやスマートフォンを持っており、インターネットショップなどで商品を購入された経験があるのではないでしょうか。商品の購入はなくても、飛行機や電車のチケットのもうしこみや予約、ホテルなどの宿泊施設の予約をした事がある、という方もいらっしゃるかも知れません。インターネットショップは便利な反面で、さまざまな情報が溢れ過ぎていて、どうやって商品やサービスを選んだらよいかわからないという声も耳にします。

そこで、ここではランディングページの紹介と、その効果についてご説明してみたいと思います。まず、ランディングページとは、ランペやLPとも呼ばれていて、商品などを紹介する特別なホームページのことを言います。ほとんどの方は、インターネット検索を使われた事があると思いますが、この検索結果のリンクをたどって、最初に見てもらうためのページとなります。このため、LPの制作では、そのデザインが効果を左右すると言われています。ランディングページのデザイン制作においては、とくに決まったルールがある訳ではありませんが、その効果を最大化するためには、以下のポイントに注意するとよいでしょう。

まず、ページの構成としては、上から下に流れる様に見ていける様に、縦長の構成とします。ランディングページの先頭には、商品やサービスをイメージしやすいビジュアルを中心にデザインします。次に、わかりやすいキャッチコピーや商品やサービスを使う事によるメリットの紹介、更にユーザーの声や評価などがあると客観性が出てよいでしょう。ランディングページとは、商品に興味を持ってもらう事が最大の目的ですから、ここではあまり細かな商品の紹介は書かない方がよいでしょう。商品の細かい点については、リンクボタンをクリックして遷移する次の画面で紹介する様にします。流れとして、インターネット検索でランディングページを見てもらい、興味を持ってもらったら次のアクションとして、問い合わせや資料請求してもらい、最後に購入というアクションに至るのです。

また、ランディングページの制作においては、全体的にやや派手な印象でデザインするとよいでしょう。ページを見ても興味を持ってもらえないという事態は避けなければなりませんから、とにかく見た人の気を惹く工夫が重要となるのです。

魅力的に制作されたランディングページはまた、購入する側にとっても短時間で商品の事が分かるというメリットがあるのです。
タイトル
いいランディングページのためにはメインのキャッチ画像が大切

メインのキャッチ画像が、いいランディングページを制作するためにはポイントになります。

メインのキャッチ画像は、場合によってはいろいろな要素を補うことが可能な強力なものになります。

ファーストビューにキャッチコピーと同じように配置するのが、メインのキャッチ画像の基本になります。

きれいな高いクオリティの画像という以外に、イメージで商品の特徴やベネフィットが伝わることが大切です。

メインのキャッチ画像としては、石鹸のネットショップで有名な業者のランディングページに掲載されているものがあります。

このメインのキャッチ画像は、泡立ちがいいという石鹸の特徴を、石鹸の箱の画像以外に、石鹸を実際に手に取って泡立たせている画像で上手にアピールしています。

また、メインのキャッチ画像は、ベネフィットを獲得して目標を達成した少し先の成功した人を表現するようなものを選択することも大切です。

憧れの存在に、サービスや商品を購入することによって、近づくことができるとイメージさせることが可能になるためです。

この場合に大切なのは、少し先の成功した人ということです。

イメージさせるのは、自分とは非常に離れた成功した人ではなく、少し頑張ると同じように自分もなれるかもしれないと考えられるようなものが大切です。

いいLPをデザインするためには、先にご紹介したメインのキャッチ画像の改善などが必要になります。

しかしながら、いいLPをデザインするためには、このようなことを行うことと同時に、流入を的確なキーワードから獲得することが大切です。

流入は結構あるがコンバージョンになかなか繋がらないような場合には、流入はどのようなキーワードであるかということを、ランディングページの内容を改善するのみでなく、分析してみましょう。

キーワードとしては、コンバージョンに比較的繋がりやすいものと、そうではないものがあります。

このキーワードのコンバージョンに比較的繋がりやすいものを使用するユーザーを把握して、サービスや商品の魅力がこのようなユーザーにアピールできるようなランディングページを制作していきましょう。

また、キーワードでコンバージョンに繋がらないようなものを使用しているユーザーに対しては、ランディングページを別に制作して、誘導をそちらにすることによってアプローチが適切にできるでしょう。

このようにランディングページを制作することによって、コンバージョンをアップすることができるでしょう。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.