上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
結果にコミットした設計がされているランディングページ

ランディングページにおいて重要なのは、商品購入を目的とするのであれば、どれだけ商品が売れたのかということが重要になります。

また、無料登録を促すランディングページの場合は何件の無料登録があったのかが重要になります。

つまり、外観ではなく、どのような結果が出たかがLPを評価するための基準になります。

このようにランディングページにおいては結果が最も大切なポイントになります。

では、結果を出すためにはどうしたら良いのでしょうか?

そのためには、結果を出すための設計がなされていなければいけません。

購入や登録などのアクションへと至る一連の流れを設計に組み込んで制作しなければいけないということです。

設計に組み込まれる要素はデザインもそうですし、キャッチコピーもそうです。

もちろん、内部のコンテンツの配置もそうですし、記事の一文、一文もそうです。

これらは個々バラバラのものではなく、それらを総合してアクションへと導いていくわけですから、制作する際にはこれらの要素を統合させることが不可欠です。

そうやって、ランディングページの目的を実現するためには結果にコミットして考える設計が重要と言うことになるのです。

しかし、本当に良いLPと言うのは、意外に少ないものです。

それはLPの制作者がデザイン系の人もいれば、コピーライター系の人もいるということで、得意分野が違うことが多いからです。

そのため、LP全体から見ると、どこかにウィークポイントが出やすくなります。

それを防ぐためにWEBデザイナー、コピーライター等々の人たちがチームを作ってランディングページを作成するケースもあります。

これは上手くいくと、非常に優れたものが作られることもあります。

ただ、それぞれの要素を統合するバランスは微妙なものであり、非常に難しいものです。

この統合に失敗しているものもあり、個々の要素は素晴らしくても、全体としてみればちぐはぐになったりして、その結果、思っているよりも成果が出ないと言う場合もあります。

ですから、チームを組んでランディングページを作成する場合には、そのチームを統括するWEBディレクターの立場にいる人がキーマンとなります。

こうした核となる人の統合力がLPの良し悪しを左右します。

一人でLPを作成する場合でも、この全体を統合する能力は重要です。

これが欠けている場合は成果の出るランディングページを作成することが難しいと思います。
タイトル
ランディングページ(LP)を制作するのはどのような目的か

ランディングページ(LP)は、ウエブを制作する現場においては作るチャンスが多くあるものです。

では、基本的にランディングページ(LP)を制作するのはどのような目的なのでしょうか?

ランディングページの効果的なものを制作するためには、広告の受け皿であると単純に考えるのではなく、明確にページの目的をする必要があります。

適切にランディングページを制作し直したことによって、何倍にも売り上げがアップしたというようなケースもあります。

ここでは、改めてランディングページについて見ていきましょう。

ランディングページというのは、着地ページになります。

テキストリンクや広告バナーなどから訪れたユーザーが、最初に見るページで、リンク先のページがランディングページです。

一般的には、縦長のデザインで、サービスや商品の申し込み・購入・資料請求のためのページのことを言います。

コンバージョンである商品やサービスの購入や問い合わせなどが目的のページであるため、明確に商品やサービスのイメージがユーザーに伝わるようなイメージ画像を多くデザインしたり、繰り返して申し込み・問い合わせボタンが設けられたりしているというような特徴があります。

では、高いコンバージョン率のランディングページにするにはどうすればいいのでしょうか?

基本的にコンバージョンというのは、意味が変換ということで、訪問者が従来は普通のユーザーであったものが、購入客、あるいは見込み顧客に転換することを言います。

コンバージョン率をランディングページにおいて高くすることを、ランディングページ最適化と言います。

バナー広告などから来た訪問者は、興味をその商品やサービスに持っており、申し込みしたいというようなお客様の候補です。

しかしながら、その商品やサービスが自分が本当に希望しているものであるか、まだ疑っているような状況です。

コンバージョン率を高くするためには、このようなお客様の候補の疑いに対して回答し、不安を取り去ることが必要です。

そのため、1つのリンク先に絞ることが大切です。

ランディングページの目的は、できるだけ多くの申し込み・問い合わせをしてもらうことです。

商品やサービスを紹介している途中でリンクを別のサイトへ貼れば、訪問者がランディングページから離れてしまう恐れがあります。

そのため、一般的には1つにリンク先は絞って、ボタン画像の大き目のものでよく分かるようにユーザーを誘導します。

ランディングページ内の説明によって疑いが無くなった訪問者が、申し込みがすぐにできるように、説明の区切りごとにボタンを繰り返し設けます。
タイトル
特徴を最初の段階で説明することで認識してもらう

ランディングページの最初には、必ず特徴をわかってもらえるようなページを作っておかなければなりません。特徴がわからないことによって、このページが何を説明したいのかわからないので、結局LPから出て行かれてしまうことになります。本当にいいページと言うのは、しっかり特徴の説明を行っており、それによってかなり多くの人を引き付ける要素を持っているのです。これができていない場合、利用しても効果がないと判断されて、結局見てもらえない状態になります。

本来はそうしたことが起こらないように、デザインの際に特徴をしっかり記載して、それから制作に入るようにしているケースが多いのです。しかし適当に作っているページと言うのは、そうした問題が起きていることが多く、全くランディングページとしての役割を持っていないことになります。特徴を理解してもらうためにこのページを作っているのですから、特徴をいきなり出していかないことには全く効果の無いページが作られることになります。

とにかく特徴を見てもらって、それからこの商品はいいものとして考えてもらえるようにします。考えられないようなページになってしまうと、余計に効果が薄れてしまい、下のページまで行ってくれません。他のページへの誘導を考えているのに、全く効果の無い状態を作るのは避けたいところです。避けるために必要なこととして、特徴を最初に見てもらって、それからこのページがいいと感じてもらえば、自然と最後まで見てもらえるようになります。

ランディングページのデザインを考えるとき、とにかく特徴のわかるような文章、そして写真が必要となってきます。制作をしているとわかるようになりますが、本当に写真と短文で説明していかないと、いい特徴を理解してもらうことが難しくなっているのです。こうした特徴がわからないままページを作ってしまうと、LPのよさが出ないままに完成してしまうので、これでは全く使えなくなってしまいます。

本来作っているページと言うのは、特徴を説明して多くの人に理解してもらうことが大事なのです。ランディングページは、更なる顧客獲得のために、特徴をしっかり説明できるようなページになっていなければなりません。特徴が説明できないようなページになっていることは、機会損失を繰り返すようなことになり、出しても意味の無いページが作られることになります。必ず最初の段階で、商品のよさを実感できるようにしておきます。
タイトル
煽り型でないコンテンツ勝負のランディングページ

ランディングページの評価としては、どうしても成果主義になりがちです。

これは数字で表される評価が最もわかりやすいという点があるからだと思います。

数字と言うと、例えばコンバージョン率などがそうです。

あるいは販売となると、売上高で示されるかもしれません。

しかし、このように良いランディングページは成約率が高いホームページという面のみが協調されてしまうと、とにかく成果に結びつけようと言う、言わば成果至上主義的なランディングページが制作されることになります。

インターネット業界にはそうしたLPがたくさん制作され、乱立している印象を受けます。

特にネットビジネス業界がその典型だと言えそうです。

その成果至上主義的なLPの特徴の一つは煽り型のコピーでとにかく挑発しまくるということです。

実際、多くの方がそうした煽り型のランディングページを今までたくさん見て来たと思います。

そうしたLPに対して、正直、多くの人がもううんざりだと思っているのではないでしょうか?

デザイン的にも、刺激的な色使い、画像で、煽りまくる感じです。

ただ、そろそろこうしたものにユーザーは飽き飽きしてきているわけですから、今後はランディングページも変わっていくのではないかと思います。

これは私の予想ですが、今後はデザイン的にも落ち着いた感じのものが主流になり、煽りまくるのではなく、むしろ静かに語りかけるような、そんなランディングページが増えるように思います。

それもイメージ広告のような感じのものではなく、コンテンツはしっかりとしているものが受けるように思います。

時代の流れは本物を求める方向に動いていると思います。

ですから、ランディングページも不必要に人を煽るようなものは嫌われ、コンテンツで真っ向勝負するようなものが受け入れられるのではないかと思います。

ということで、今後、良いランディングページを作ろうと思ったら、いかにコンテンツをしっかり作り込むかと言う点を重視していくべきです。

もう、コピーライティングで人を煽るような、そんな時代ではないと思います。

インターネットユーザーはネット時代の中で、どんどん知識を身につけ、急速に賢くなっているという一面があります。

そんな中でいつまでも、昔ながらの煽り型のランディングページを作り続けていてはダメLPという烙印を押されてしまうかもしれません。

そうなる前に早めにコンテンツ重視のLPを作る方向に変わりましょう。
タイトル
ランディングページを制作する場合のメリット

ランディングページ(LP)は、1枚のページで、ネット広告などによって訪問したユーザーを納得させて、問い合わせなどのアクションをしてもらうなどに特化したものです。

そのため、上手く訪問したユーザーに対して、サービスや商品のメリットを伝えて、会員登録や問い合わせなどを行ってもらうことによって、売上のアップに直結することができます。

ランディングページ(LP)を制作して最適化することは、ウエブマーケティングにおいて非常に大切な一つの要素です。

ここでは、ランディングページを制作する場合のメリットについてご紹介しましょう。

ランディングページを制作するのは、最大にコンバージョンをすることが目的です。

コンバージョンというのは、問い合わせや会員登録、購入等、サイトにおけるアクションでビジネスの成果に繋がってくるものです。

コンバージョンは一般的なウエブサイトでも得ることはできます。

しかしながら、ランディングページをあえて制作するのはメリットがあるためです。

ランディングページを制作するメリットとしては、特定のユーザーにアピールを特化することができることです。

ランディングページの場合は、集客する施策の広告などとセットになります。

ウエブサイトの場合は、いろいろな要求や課題を持っているユーザーに対応するものですが、ランディングページの場合は、特定の要求を持っているユーザーにアピールする広告などに対応するもので、この要求を満足するような内容を記載することができます。

ランディングページを制作するメリットとしては、ステップをコンバージョンまで少なくできることです。

コンバージョンをウエブサイトで得る場合には、離脱率が大きな課題になります。

一般的に、ウエブサイトにおいては、1割~3割くらいのページ遷移率であると言われています。

つまり、100人のユーザーがページに訪問した場合には、70人~90人くらいはページから離脱します。

一方、ランディングページの場合には、基本的に1ページでサイトに訪問してからコンバージョンまでを完結することが可能であるため、コンバージョン率が必然的に高くなります。

ランディングページを制作するメリットとしては、比較的安く制作できることです。

サイトをコンバージョンを増やすために改善しようと考えても、導線の変更やデザインの変更は大きく影響する範囲があり、費用も時間もかかります。

しかしながら、ランディングページの場合には、ページも多くなく、影響も他にほとんどないので、安く速くデザインすることができます。
タイトル
良いランディングページはターゲット選定がしっかりしています

良いランディングページを制作するために重要なことはターゲット選定がしっかりしているかどうかという点がポイントです。

確かにデザイン等の要素も重要だと思いますが、それもターゲット選定がしっかりと出来ていると言うのが大前提です。

デザイン面で良いランディングページはターゲットに即したデザインになっているものです。

だから、その基準となるターゲット選定にブレがあると、良いランディングページにはならないわけです。

結局のところ、LPはターゲットの琴線に触れることで、購入や申し込みなどのアクションに結び付きます。

ですから、設定されているターゲットをどれだけ理解できるかがカギとなります。

一般にマーケティングにおいては如何に見込み客の事を理解できるかが重要だと指摘されます。

これはそのままランディングページ制作においても同様だと言うことです。

では、ターゲット層の琴線に触れるには、具体的にはどのようなLPにすれば良いのでしょうか?

これはターゲット層が求めている情報がしっかりと載っていることが第一の条件となります。

もし、そこに自分の求めている情報が無いと判断した場合、そのターゲットはアクションを起こすことなく、そこから離脱してしまうでしょう。

また、求めている情報と同じくらいか、それ以上に重要なのはターゲットの持つ不安を取り除くということです。

ターゲットがそのアクションを取ることで、何らかの問題が起こるのではないかと不安に思っているとしたら、それをランディングページ内において取り除くことが先決です。

例えば、メルマガ登録が最終的な目標であるランディングページの場合、ターゲットは一度登録したメルマガは何があってもずっと送りつづけられるのではないかと不安に思うかもしれません。

そんなときに、「ご登録いただいたメルマガが不要になりましたら、1クリックで解除することが可能です」という一文があれば安心して登録をするでしょう。

また、商品購入が目標であるランディングページにおいて、ひょっとして、自分には合わない商品かもしれないという不安があるときに、「購入から2週間以内であれば、理由の如何を問わず、返品及び全額返金します」と書いていれば、安心して購入できると思います。

このように、不安感の払拭はランディングページの成約率を高めるために重要な要素となります。

これらのターゲット層が求める情報の充実、不安感の除去のためにも、ターゲット選定にブレがあってはならないわけです。
タイトル
写真を大きく配置して商品がわかりやすくなる

あまり利用されていない方法とされていますが、写真を大きく配置することによって、商品の説明を行う方法があります。別にランディングページで行う必要は内容に思われますが、ここで説明をしておけば、より詳細な情報を見てくれるのではないかと思ってもらえるので、比較的最近は利用されていることでもあります。LPで行う場合は、デザインを妨げないように、写真を利用して説明をすることが一般的となっています。制作の際にも楽にできることも要因となっています。

写真を利用することができれば、ある程度の範囲までなら見てもらえるようになりますので、当然見られる範囲が広がって楽になります。さらに文章で説明すると面倒に思われてしまうようなことでも、それ以外の要素を色々と扱っていることが説明できて、手軽に知ってもらえる要素を増やすことができるようになります。あまり知られないような要素まで説明できるので、文章では使えないこともできるのです。

特に商品が高額であればあるほど、説明をするときには写真を使いたくなります。これをランディングページで行うことによって、これはいいのかもしれないと感じてくれることが増えてきます。さらに説明の手間が省けることにより、ページ自体があまり大きなものにならないメリットが出てきます。長いページは嫌だと思われてしまうことが多いので、そうした問題を避けるためにも、画像をうまく利用していくことが大事になります。

デザインの制作をするときには、少しでも画像を大きく配置するようにしつつ、説明をする部分をしっかり作るようにします。説明をすることができないようなページになっていると、それはLPの意味がなくなってしまい、ただのサイトの1つとなってしまいます。本当に効果的なページにしたいと考えているなら、まずは説明をする部分と、それに該当する画像を用意して、説明自体は単純なものにしておきます。詳細なものはランディングページから誘導してしまえば楽になるので、これによって引き立たせるような方法をとるようにします。

うまく利用できれば、ランディングページから商品へ誘導することができて、さらに説明を見てもらえる可能性が生まれることになります。あまり豪華な商品については、見てもらえない可能性も多くありますが、小さなことでも知ってもらうことで誘導できるチャンスはあります。近年は画像をうまく使って、説明のページを減らしているところも多く、これがうまいページになっています。
タイトル
成果を出すことができるランディングページを制作するためのコツ

成果をランディングページ(LP)で出すにはどうすればいいのでしょうか?

ランディングページ(LP)は、単純に制作するといいということではありません。

ランディングページを制作する場合には、どのようにユーザーに興味を示させて、ユーザーを納得させて、ユーザーに行動してもらうか、というような流れを考えて、申し込みにスムーズにつなげることが大切です。

ここでは、成果を出すことができるランディングページを制作するためのコツについてご紹介しましょう。

無駄なリンクをランディングページには設けないようにしましょう。

ランディングページでせっかく申し込み・購入への流れを作っても、ページをリンク先から離脱されると、申し込み・購入へつながりません。

リンク先は、可能な限り申し込みボタンだけにしましょう。

申し込みボタンは、こまめにランディングページの中に入れましょう。

ランディングページを見ている途中で、申し込み・購入したい気になったが、どこから申し込み・購入するといいか分からない、というようなことからの離脱を防止するためにも、ランディングページの切りのいい箇所で、申し込みボタンをこまめに入れましょう。

ランディングページをデザインする場合には、伝えたいことを絞って、訴求を簡潔に行いましょう。

情報をいろいろ詰め込みすぎれば、全く伝わりません。

ユーザーの要求はどのようなものか、ということを考慮してランディングページをデザインして、簡潔に訴求を絞って伝えましょう。

ランディングページのストーリーを、申し込み・購入へつなげるために考えましょう。

バナー広告やリスティング広告の場合は、いかにユーザーが興味を示して訪問してもらうかということですが、ランディングページの場合は、いかにユーザーに欲しいと考えさせるかということになります。

興味を喚起させたり、不安を取り去ったり、商品の概要を紹介したり、権威付けをしたりするなど、どのようにコンバージョンまでのストーリーを組み立てるかということがポイントです。

メリットをユーザーが感じることができるように、ランディングページでは伝えましょう。

そのまま言いたいことを伝えるのは、よくありがちなことです。

「自分は高学歴です」と言われるよりは、「自分は何不自由なくあなたを養うことができます」と言われる方が惹かれるのではないでしょうか。

つまり、伝える場合に相手に対する良さにまで落とし込むことによって、良さがより伝わるようになります。

これ以外にもコツが多くありますが、ここでは最低限把握しておくことについてご紹介しました。
タイトル
人気があることをしっかり伝えることも大事に

せっかくランディングページを作るのですから、うそでもいいから人気であることを証明するように、これくらいの人が購入していることを示しておくといいです。こうした情報を見てもらうことによって、このLPはかなり人気のある商品を紹介していると判断してもらえるようになります。人気の無い商品を紹介しても、それは全く利益になりませんから、意味の無い状態になってしまいます。人気があるように見せかけることも大事で、これが多くの人につながりを持たせてくれます。

まずはこの商品をどれくらいの人が購入しているかチェックしてください。購入している人数があまり多くなかった場合、いいランディングページにすることができない可能性も高くなるので、購入している人の数を数えておくことも大事になっています。さらに、この数字を示したことによって、効果を得ることができるのかを検討します。数字があまりにも小さすぎて、正直効果を得ることができないようなパターンもあるのです。

本当に効果を示したいと考えているなら、できる限り効果のあるようなページにするためにも、LPのデザインを考える前に数字について確認をしておきます。制作をするときに、数字を一番上の部分に掲載しておけば、それなりに大きな効果を得ることができるのです。さらに効果を得続けたいと思っているなら、大きな数字を無理して出ても記載して、本当に高い人気と持っていることを証明しておくことになります。人気が高くなっていることがわかって、ようやく一番下まで見てもらえる可能性もあります。

本当に高い効果を持っているランディングページにしたいなら、デザインを綺麗にすることは勿論ですが、数字にもこだわって制作をすることになります。この数字にこだわらないまま作成してしまうと、あまりいいページにならないので苦労することが多くなります。さらに数字が小さいと思われると、支持している人が足りなくなってしまい、本当に必要な効果を生み出せないままとなります。

数字はあまり関係ないと思われているかもしれませんが、ランディングページには数字こそかなり重要なポイントとなっています。今までに存在しているサイトの中でも、数字をしっかり記載したことで評価を上げているところも多数あります。数字が書かれていないことは、それだけ信頼性を失っている可能性があるので、より信頼できるサイトにするためにも数字の掲載は重要になります。
タイトル
どうしてランディングページは縦長になるか

大きなランディングページの特徴は、縦長のページに制作して、読み進めるために縦スクロールのデザインが必要であることです。

では、どうしてランディングページは縦長のデザインになるのでしょうか?

ランディングページが縦長になる理由は、ユーザーにいろいろな情報を伝えなければ行動してくれないためです。

資料請求・問合せ・注文というコンバージョンを得ることが、LPの役目です。

単にユーザーに伝えるのみでなく、行動をユーザーに要求することがLPの役目です。

ここで注意すべきことは、単にユーザーに伝えることと行動をユーザーに要求することは、記載する内容が全く違っているということです。

単にユーザーに伝えるのみであれば、分かりやすく商品の特徴を伝えると終わりです。

しかしながら、行動をユーザーに要求する場合には、伝える場合にユーザー心理を考慮する必要があります。

もう少し具体的に、食材の宅配サービスの場合についてご紹介しましょう。

ランディングページのキャッチコピーが、「あなたの食卓へ、美味しい栄養が豊富な野菜を!」というもので始まるとしましょう。

伝えるのみであれば、商品の素晴らしさをユーザーに伝えるといいだけです。

例えば、伝える内容としては、野菜は有機農法のもののみです、スーパーでは購入することができない野菜も届きます、お届けは毎日ですが、簡単に一時停止もできます、というような感じでしょう。

しかしながら、ユーザーとしては、素晴らしい商品と聞くほど、「本当だろうか?販売するページであるため、いいことしか言わないだろう」というように必ず思うでしょう。

これは、素晴らしいということをアピールするほど、この注意しようということは大きくなります。

このことを打ち消すためには、客観的な「間違いない」という証が必要になります。

具体的には、「野菜は有機農法のもののみです」の証としては、契約している農家の人の写真、プロフィール、生産地、野菜作りに対する農家の人の思いなどです。

「スーパーでは購入することができない野菜」の証としては、スーパーではどうして購入することができないか、どうして仕入れることが自分のところではできるか、品質についてどのように管理しているかなどです。

「簡単に一時停止もできます」の証としては、手続きの流れ、電話のみでもOK、メール・FAXのみでもOK、停止する期間は自由に設定などです。

行動レベルにユーザーを引上げるためには、やはり詳しいこのような内容のランディングページに制作して、ユーザーに伝えることが必要です。

そのため、ランディングページの情報量は多くなります。
タイトル
ランディングページは最初にユーザーが訪れるウエブページ

ランディングページとはどのようなものでしょうか?

ランディングページというのは、最初にユーザーが訪れるウエブページのことを言います。

この意味で言うと、どのようなサイトにもいくつものの最初にユーザーが訪れるウエブページがあり、ユーザーごとにこれは違うようになります。

これがランディングページの広義のものです。

一般的に、日本においては着地ページと呼んでおり、ランディングページの場合は狭義のものを呼びます。

狭義のランディングページというのは、独立したページで、リンク元をネット広告に設けて、資料請求・問合せ・購入を1ページで促すものです。

LPの最適化の場合も、この狭義のものを言います。

LPの最適化というのは、ページのデザイン・テキスト・レイアウトを、ランディングページの効果をアップするためにコントロールすることを言います。

一般的にランディングページと言えば、狭義のランディングページを指します。

そのため、ここでは狭義のランディングページについてご紹介しましょう。

まず、ランディングページとはどのようなものかということについて、特徴をご紹介しましょう。

ランディングページがどのようなものか知りたい場合には、多くのランディングページを集めているリンク集がおすすめです。

このランディングページのリンク集でいくつかのケースを見てみれば、おそらくほとんどの人は、なんとなくチラシのようなデザインで制作されている、と感じるのではないでしょうか。

一般的なウエブページに比較すると、制作方法が非常に違っていることが分かるでしょう。

ランディングページの特徴は、リンクがない、縦スクロールが縦長になっているため必要、イメージ画像をテキストより多用している、派手なデザインである、非常にボタンサイズが大きい、というポイントに集約されます。

では、ランディングページはこのような特徴にどうしてなるのでしょうか?

ランディングページの役目について、このことを理解するためには把握する必要があります。

ランディングページの役目は、1つのみで、コンバージョンを獲得することです。

コンバージョンというのは、資料請求・問合せ・注文のことです。

つまり、ユーザーの不特定多数に、連絡先や名前を書いてもらって、個人を特定することができるような状態に転換することです。

できるだけ多くのユーザーから多くの問合せを獲得することが、ランディングページの役目なのです。
タイトル
ランディングページ(LP)を制作する際のポイント

ランディングページ(LP)を制作する際のポイントは、そのサービスや商品を使いたいと考えており、購入したいというようなユーザーを確実に捕まえることです。

はっきりした成果目標を、要求が顕在化しているユーザーに対して設定して、ランディングページ(LP)

で連動性を広告文やキーワードと高くしたものを制作することによって、コンバージョン率をアップしていくことができます。

はっきりしたアピールポイントが備わったコンテンツに、ランディングページの構成要素を分けて、ページを必要な要素ごとに構成して、コンバージョンへユーザーを導きます。

デザインについては、ユーザーが興味を示すような美しさがあるだけでなく、ユーザーはいろいろなネット環境に接続していることを考えて、ストレスがページを読む場合にかからないように、できるだけ画像容量を小さくするようにしましょう。

キャッチコピーについては、ユーザーがランディングページを訪問した場合に、一瞬でそのページに要求している情報が紹介されていることを見極めすることができるようにする必要があります。

そのため、設定したユーザーに応じたキャッチコピーを作って、目立つサイト上部に配置します。

ランディングページの制作業者では、サービスや商品を把握した上で、コンバージョンにターゲットを導くために、訴求要素の適切なものが備わっているランディングページを提案しています。

また、ランディングページのキャッチコピー、専用の入力フォーム、ビジュアルデザイン、アクセス解析での効果検証、などをサービスしています。

効果がリスティング広告で無いような場合には、上手く広告の運用はいっているが、コンバージョンを最終的に得るために、大切なランディングページや入力フォームが悪い場合が多くあります。

ランディングページを制作することによって、最大に費用対効果をしていくには、アクセス解析とリスティング広告のデータを分析して、検証をより高いレベルにおいて行うことが必要です。

コンバージョンにユーザーが至るためには、検索をキーワードで行って、興味を喚起する広告文によるランディングページへの誘導、ランディングページをアピール力のあるものにして入力フォームへ行って、ストレスなく、上手に終わりの送信が完了するページまで導いていく必要があります。

最大に費用対効果をするには、しっかりとコンバージョンまでの道筋を整備しておくことが大事です。
タイトル
使ったときのいい効果を大々的に見せ付ける

よく利用されている手法の1つとなっていますが、本当に購入してよかったと感じられるようにするため、利用している人の声を記載することが多いです。LPについては、実際に使っている人が、本当によかったと感じてもらえないと駄目なので、そうした人のコメントが大事になってきます。しかしちょっとだけ記載しているだけでは、信用してもらえないことが多くなるので、思っていたほどの効果を見せ付けることができなくなってしまうのです。

本当にいいと思ってもらうためには、声のページをかなり多くするようにして、ランディングページの中でも多めに配置することになります。仮に利用している人のように見せかけている場合でも、利用している人が多いことを知られないのであれば、利用しくれる可能性が低くなってしまいます。少しでも多くの部分を割くようにして、見てくれる人がいい効果を期待できるんだなと感じてもらえるようにすることも、必要な要素となっています。デザインを決めるときは、なるべくページの中でも多めにコンテンツを作ることになります。

制作については、とにかく顔写真が必要となり、さらに本当に記載した紙などを画像で掲載しておくと効果的です。これによって信頼感を増すことができて、これは本当に利用して効果のあった方法なのかなと感じてもらえるようになります。逆にありきたりなコメントだけでは、ランディングページが嘘の情報を発信していると考えられてしまいます。制作をするときには、そうした情報もしっかり考えて、なるべく信用されるように作っておきます。

LPを作ったことによって、信頼される商品としての期待が出てくるようになります。見てくれる人も多くなり、信用して購入してみようかなと感じて、利益に繋がることだって多くあります。デザインでも利用者の声というのは、絶対に必要な部分です。これがなければランディングページとは言えないくらいですから、販売系のものについては沢山声をもらっておくことも大事なことです。

利用してくれる人が、本当にこれがいいのかなと感じているとき、ランディングページで解決しているような状態だとメリットは大きなものになります。逆に書かれていないと、より不信感を与えることになってしまい、そのまま出て行ってしまうこともあります。なるべく信頼されるようなページを作ることが第一であり、そのためには利用者の声をしっかり配分することも大事です。
タイトル
ランディングページ(LP)の効果的な制作方法

ランディングページ(LP)の効果的な制作方法について見ていきましょう。

ランディングページ(LP)で集客する場合は、構成・フォント・レイアウトなど集客するための効率的な制作方法があります。

今からネットを利用した集客や広告に取り組みたいという場合でもよく分かる、集客するためのランディングページの効果的なポイントについてご紹介しましょう。

まず、ランディングページというのは、ネットの広告をクリックした場合に初めにユーザーが訪問するようになる一つのページです。

公式サイトにユーザーが訪問するページをした場合には、商品やサービスのメリットや魅力を把握してもらうためにクリックを何回もしてもらうことが必要になります。

そのため、ランディングページを設けて、ユーザーがクリックを何回も必要ないようにしているのです。

ランディングページは最近注目されており、通販の健康食品や化粧品などでも良く目にするようになってきました。

ランディングページをデザインするコストもリーズナブルであるため、ネット広告を導入するのと同時に集客をランディングページによって行う方法も注目されるようになってきています。

ランディングページの場合は、クリックにユーザーがかける手間を省略することができます。

しかしながら、スクロールをユーザーがする必要があります。

つまり、ネット広告を多くの人がクリックしたとしても、ランディングページの最下部まで見ていかなければそのサービスや商品の魅力やメリットを把握することができないようなデザインの場合は、効果がネット広告として少なくなる可能性が大きくなります。

興味がないようなランディングページの場合には、すぐにユーザーは離れてしまったり、途中は読み飛ばしをしたりするようになります。

そのため、ランディングページの構成は、ユーザーの特徴を考慮したものが必要になります。

集客をランディングページで成功させるための構成は、「読まない・すぐにアクションしない・信じない」というようなユーザーの特徴である消極的な要素を、1つずつ無くしていくことがポイントになります。

そのため、ファーストビューにおいてランディングページの中の要点について、フォントを考えたり、強調したりするなど、細かなところまでこだわって制作することが大切になります。

また、次のステップにつながってくるような資料請求・問い合わせ・試供品請求というようなアクションを、ランディングページの中のどの箇所にいる場合でもすぐに可能なようにすることも大切です。
タイトル
勘違いしていませんか?成功するランディングページのポイント

ランディングページとはリスティング広告(YahooやGoogleで検索すると、検索結果とは別の場所に、一覧で出てくる、その検索ワードに関連したテキスト広告のことです)をクリックしたときに、着地するページのことで、着地をランディングというので、そう呼ばれて言ます。略してLPと呼んだりもします。

これをホームページ制作会社に制作を依頼したりすると、ランディングページを理解していない会社だった場合、見た目のデザインは格好良くても、ランディングページとしては全く機能しないものを納品されたりします。

ランディングページのゴールは、商品の注文、サービスの予約など、明快です。ですので、そのゴールに向かって、いかにユーザーを導けるかが、正しく、かつ有効なランディングページの条件になります。そこには普通のホームページとは、何が優れているかの見方が異なったポイントがいくつかります。

そのいくつかを以下にご紹介します。



共通することはやはり「デザイン」ですが、と言っても「きれいなデザイン」がいい、ということは全くありません。すぐれたLPで、見た目がきれい出とは決して言えないものもたくさんあります。しかし、それらはすべて以下の条件を満たしています。



1つは、ファーストビュー(ページを開いて最初に画面に現れる情報)に、ユーザーの求めているものがしっかりと語られていることです。ランディングページは先に書いたようにリスティング広告で、あるワードを入れて検索した結果、着地するページですから、ユーザーには明確なニーズがあります。たとえば「美白 効果」という検索をしたユーザーは、美白についての効果のある商品やサービスを探しています。ですので、ファーストビューでは、以下の情報に美白に効果のある商品のことが載っている、ということを明示しなければなりません。これがないと、ユーザーはこのページには自分の求める情報がないと判断し、すぐに離脱してしまいます(これを直帰といいます)

2つめは、ランディングページには余計な情報を載せないで、最後のゴールまで1本道になっていることです。制作側はどうしても言いたいことが山ほどあるのと、情報が多いほどユーザーが喜ぶと勘違いして、様々な情報を載せがちですが、これは間違いです。それをすると、ユーザーが、ランディングページの中であちこちと遷移してしまい、結局それで満足するか、自分がどこにいるかわからなくなって、そこで離脱してしまいます。ランディングページは起承転結を明確にして、1本道でゴールにたどり着けるように制作すべきです。

3つめは、ページの分析を常にして、ユーザーの導線を分析することです。どこでユーザーが離脱しているのかをしっかりと分析すれば、改善ポイントもおのずから見えてきて、それを繰り返すことで、効果の高いランディングページにすることができるのです。



以上のポイントに気を付けて、本当に効果のあるランディングページを制作しましょう。
タイトル
どうしてランディングページを制作するのか

飛ばすのは、サイトではなくてどうしてランディングページ(LP)なのでしょうか?

ネットショップ・実際のお店に関係なく、売り上げをアップするためには、特定の要求を持っているユーザーに対して最も適した対応を行うことが大切になります。

この場合に、ネット上でユーザーに対して最も適した対応をカバーするのがランディングページ(LP)なのです。

では、どうしてランディングページを制作するのでしょうか?

ランディングページを制作する理由についてご紹介しましょう。

広告などから訪問するユーザーを制限することができるため、最適化をこのような特定のユーザーに対してしやすくなります。

さまざまユーザーがサイトへは訪問するので、サイトの場合はデザインが浅く広くのものになりがちです。

しかしながら、ランディングページであれば、1ページに特定のユーザーが要求している情報を集約することができ、リンク先も多くないので、ページが移る時に離脱することが少なくなります。

ランディングページを制作する方が、サイトを特定のユーザーに対して最適化するよりも安くなります。

目的によって、ランディングページはデザインが変わってきます。

特定のユーザーが持っている要求に対応するランディングページを制作するためには、目的やサービス・商品の特性に応じてランディングページのデザインを変える必要があります。

例えば、目的が一般的な商品を販売したい場合には、ランディングページは写真や情報を多めにする、結婚式やエステなどのサービスを販売したい場合には、写真のイメージが大切になるため写真を多くする、などが挙げられます。

このように、目的によっていろいろなランディングページがあります。

しかしながら、実際にネット上のサービス・商品は確認することができないというデメリットがあります。

このことをカバーするために、いろいろな情報をランディングページには記載しています。

そのため、ウエブサイトの1ページに比較して、一般的には長くなる傾向があります。

ランディングページを制作するコストは、依頼する制作業者によって非常に開きがあります。

このような開きは、デザインの品質や分析サービスの有無などから生じます。

もちろん、自分で制作するとコストはかかりません。

しかしながら、ランディングページで成果を期待するためには、やはりプロに依頼する方がいいでしょう。

ランディングページを軽く考えて適当に制作してしまえば、リンク先のランディングページが良くないため、コストを広告にかけたが売り上げがアップしないというようになります。
タイトル
ランディングページと集客の整合性を取り、簡潔な訴求を!

良いランディングページを制作するにはは大きく分けて2つの視点があります。

一つ目は、LPのコンテンツの内容に依存するものであり、訴求したいサービスの「売り」、商品の「特性」等が簡潔に纏められていることです。訴求するポイントに関して、あまり訴求ポイントが多くなりすぎないこと、訴求ポイントがミーシーになっている必要があります。しばしば、見かけるランディングページでは、同じような訴求を繰り返している場合や、訴求ポイントが多すぎて頭に入ってこないことがあります。訴求したいポイントを選定するにあたって、自社のサービスや商品が競合他社と比べてどういった点で優れているかをLPの制作する前に整理し、より訴求したい内容を上部に配置したり、フォントサイズやデザイン面等で強調出来るように工夫するといいです。また、デザインに関しては、サイトやサービス・商品自体の信頼性に影響しますので、そこまで画期的なデザインではなくとも最低限の品質を担保する必要があります。また、LP自体には次のアクションとして、「資料請求」「商品の購入」「サービスの申込」等、ビジネスモデルによって異なりますが、必ずLPのゴールにつながる「コンバージョンのボタン」がLP内のどこにいても見えると成果は上がりやすい傾向にあります。

二つ目は、ランディングページへの集客(来訪者の属性)との関連性です。LPに到達する前段階として、多くの場合「検索経由」「広告バナー経由」「広告検索経由」からランディングページに来訪します。特に広告経由に関しては、予め「検索KW」や「広告のバナー」を踏まえたユーザーの属性が想定されますので、そうしたユーザーとLPの整合性を担保することはとても重要です。つまり、そうしたユーザーの整合性を担保する為に、汎用的に一枚のランディングページを使いまわすのではなく、ユーザーのモチベーションによって作り分けること成果は上がりやすいです。たとえば、飲食店のサイトにおいて、「恵比寿 グルメ」と検索しているユーザーに対しては「全国一覧に飲食店のLP」を見せるのではなく、「恵比寿やその周辺に特化したLP」を対応させる方がよっぽど成果は上がりますし、より整合性が取れるものとなります。

以上、踏まえてランディングページを制作する為には、集客する(結果的に来訪する)ターゲットユーザーに合わせて、訴求ポイントを簡潔にして設計することをおすすめします。
タイトル
ランディングページを制作する前に認識しておくべきこと

ランディングページ(LP)を制作する前に、認識しておく必要があることについてご紹介しましょう。

ターゲットを選ぶことと、目的を設けることを、ランディングページ(LP)を制作する前に認識しておく必要があります。

ターゲットを選ぶことについては、キーワードの選定と訴求ポイントの決定があります。

キーワードの選定については、どのようなキーワードでユーザーが検索してサイトに流入したのか、行動をチェックします。

この場合に意識する必要があるのは、「月間のキーワードの検索数」と「多く流入があるキーワード」です。

一般的に、多い検索数のキーワードは、ユーザーの高い要求があるキーワードであり、この中でも多く流入があるキーワードは、ユーザーの要求の中心を示しています。

訴求ポイントの決定については、例えば、「A/Bテストツール コスト」のキーワードが、ランニングページへ多く流入があったものであったとしましょう。

この場合には、まずターゲットとしては、A/Bテストを導入する場合に、コストを抑制したいと思っているユーザーをすべきであると考えて、コストの安さを訴求ポイントにするのがいいでしょう。

これ以外にも、サービスの内容、競合しているところとの違い、充実したサポートなどを考えた上で、訴求ポイントとターゲットを決定していきます。

ランディングページの目的を設けることについては、明確にターゲットであるユーザーにアクションして欲しいことをします。

例えば、商品を買って欲しいのか、資料を請求して欲しいのかなどです。

というのは、目的によって、ランディングページで強調してデザインするポイントや伝える内容が違ってくるためです。

例えば、目的が「資料請求」の場合は、ハードルはユーザーにとって低いので、情報の量を少な目にして、説明を簡潔に行って、興味を喚起させることがポイントになります。

しかしながら、目的が「商品の購入」の場合は、クレジットカードの内容の入力があったり、お金を支払ったりするなど、ユーザーにとってハードルが資料請求よりも高くなります。

そのため、多めの情報量にして説明を十分に記載したり、実物を見ることができないデメリットを動画や写真を入れるデザインでカバーしたり、商品を入手した場合のメリットを伝えることが大切になります。

また、お客様の声や事例を記載して信憑性を高くすることも大切になります。

このように、ランディングページによって、強調するポイントや含めるべき内容が違うので、明確に制作する前にしておくことが必要です。
タイトル
カラーの配置に気をつけてページを作成する

ランディングページを見てもらうとき、やはりカラーが足りないようなイメージをもたれてしまうのは大きな問題となります。また派手すぎたことによって、内容がよくわからないようなデザインになっているのもマイナス材料となっているので、そうしたことが起こらないように気をつけてください。本当に必要なことがしっかりわかるようにしておかないと、ページを見た人が何を伝えたいのかわからないままとなってしまうので、あまりよくない状態になってしまいます。

制作をするときに、カラーをどのような色にしていくか十分に考えて、あまりにもはで過ぎないように気をつけたほうがいいです。明らかに見づらくなってしまう派手な色ではなく、シンプルで内容を理解することができるようなページにしていかないと、LPというのはあまり利用されなくなってしまいます。ランディングページを綺麗に世帯のはわかりますが、それによってカラーが派手になりすぎて、背景の方が目立つようになるのはよくないことです。

デザインの中でも色は十分に考える要素となっていますが、このカラーがしっかりしていないことで、あまりにも変なイメージをもたれてしまうのはよくないことです。本当にいいとされているサイトについては、カラーの配置もしっかりしていますし、背景が内容を邪魔しないように作っているので、デザインがとても綺麗に見えるようになります。カラーが派手なものにならないように、なるべく抑え気味のサイトを作ることが大事になります。

LPを作るときにもう1つ考えることは、カラーを背景だけでなく文字でも活用することで、制作の時には文字を強調するかどうかも考えていくことになります。強調することによって、その部分を理解してもらえる可能性は持っていますが、逆に他の部分が入っていかないこともあります。誘導するために作るのがランディングページなので、その誘導に繋がらないような色の使い方はよくありません。見てもらえるように作っておくことが大事です。

カラーと言うのは、ページを左右する部分とも考えていいくらいで、ランディングページは特に重要なものになります。あまりにも派手にしすぎると、サイトの情報を理解してもらえなくなってしまい、利用する方が減ってしまうなどの問題があります。サイトに応じてしっかりと色を決めるようにして、この色だけは外せないと言うものがあれば、それは取り入れてもいいです。後は見やすく作ることも大事です。
タイトル
具体的なランディングページの構造についてご紹介しましょう

SNSのページを運営したり、自分の会社のホームページを制作したりするというようなことは、どのようなビジネスの場合でも大切な一つのマーケティング戦略です。

ウエブの存在感を示すことは、中小の会社にとって非常に大切です。

しかしながら、きちんとウェブにあるチャンスを活かしているような会社は、それほど多くはありません。

ホームページを制作することは、ウエブの存在感を示す第一歩になります。

しかしながら、自分の会社のサイト以外に注目して、マーケティング戦略にこれらを採用することによって、従来以上にリーチするチャンスを多くのユーザーに対して増やすことが可能です。

そして、このプロセスにおいて、ランディングページ(LP)を制作することは必要なものです。

一見すると、ランディングページジ(LP)は、一般的なホームページと同じように感じます。

しかしながら、ランディングページの目的や機能は少し違っています。

オンラインのマーケティング業界においては、ランディングページが、例えば、ニュースレターの購読、ソフトウェアのダウンロード、商品の購入などの特定のアクションを、ユーザーに対して促すために利用されます。

自分の会社のホームページのように、情報の全てが記載されているものと違って、ランディングページの場合は、特定の行動を訪問したユーザーに促すことを目的にデザインした1ページのものです。

具体的なランディングページの構造についてご紹介しましょう。

ランディングページの場合は、コンテンツについては、一つに最も伝えたいことを絞って記載します。

訪問したユーザーに特定の行動を促して、この行動によってユーザーが獲得することができるメリットを紹介してユーザーを納得させます。

ランディングページのデザインとしては、訪問したユーザーに行動を起こしてもらうことができるようにデザインする必要があります。

デザインがごちゃごちゃしたものは、訪問したユーザーの注意が散漫するため止めましょう。

最終的なランディングページの目的は、クリックをユーザーにしてもらうことです。

この目的にしたがって、ランディングページのキャッチコピーとデザインの両方を検討しましょう。

ランディングページというのは、まず訪問したユーザーが最初に見るページです。

ページがいくつもあるようなランディングページは止めましょう。

長すぎるランディングページの場合も、途中でユーザーの集中力が切れるためおすすめではありません。

タイトル、ボタン、サブタイトル、イメージ画像は、説得力がある、ランディングページの内容をサポートするものにしましょう。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.