上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
動く材料を入れることも大事になっているので考える

近年はランディングページも進化し続けており、デザインをさらによくすることが求められています。ただ制作をするだけでは、サイトのよさを理解してもらえなかったり、商品の特徴を知ってもらえないという問題があるからです。本当にいい商品を知ってもらいたいと思っているなら、動きのあるLPを作成するようにして、さらにイメージを膨らませるようなサイトに仕上げておきます。イメージがよくなっていけば、さらに利用してくれる方が多くなる可能性もあるからです。

商品のイメージにあわせることが何よりも大事なことになっていて、イメージに合わないような変化を付けても全く意味の無いことになってしまいます。本当に効果的なイメージを持たせるために、何を変化させればいいのかをしっかり検討して、さらにいい情報を多く付け加えるようにします。商品の特徴をわかってもらえないようなランディングページにしてしまうと、誘導目的で利用することができないので、何のために作っているのかがわからなくなってしまいます。

制作の時には、より高度な技術を求められることになります。フラッシュなどを入れることになりますし、さらに動画を配置するようになれば、さらに多くのシステムを入れなければなりません。凝ったデザインに仕上がることはいいのですが、これが確実に宣伝に繋がって、サイトを利用してくれる人が増えなければなりません。そのため自分で見たときに、あまり効果がないと思えるようなサイトにならないように気をつけるようにしてください。

LPの進化と言う部分では、こうしたサイトが登場したことによって、さらに競争は過熱していることは事実です。しかし余計な宣伝が加わったことで、あまり宣伝と言う部分で使えなくなっているようなサイトも多数生み出されています。本当に宣伝で使いたいのかがわからなくなり、結局誘導目的で利用できなくなってしまうのです。ランディングページは、正しい宣伝のために利用するものであり、それを忘れてはいけません。

宣伝をしっかり行いたいのは間違いないことで、それによって様々な機能を搭載することも大事になっています。近年のランディングページについては、本当に多くなっている変化と言う部分が重要視されていて、これによって興味を持ってもらえるようにしていることは事実です。しかし変化が余計な方向に行ってしまい、宣伝に繋がらないようなページにならないように気をつけることになります。
タイトル
ランディングページのいくつかの特徴についてご紹介しましょう

いくつかのランディングページの特徴についてご紹介しましょう。

イメージ画像をテキストより多用することが、ランディングページの特徴です。

では、どうしてランディングページはイメージ画像を多用するのでしょうか?

ランディングページでイメージ画像を多用するのは、ページをユーザーが見やすくするためです。

ランディングページの場合は、多くの情報をユーザーに伝えることが必要です。

テキストのみでこれを行う場合には、文章の量が多くなるため、ユーザーが内容を理解するのが大変であるためです。

これを回避するためには、イメージ画像を使用して、ユーザーが理解しやすく伝えることが必要です。

しかしながら、現在のLPの場合は、イメージ画像を使用し過ぎているかもしれません。

LPのイメージ画像は、瞬時に内容を伝えることが可能です。

このことは非常にメリットがありますが、同時にデメリットとして伝えることが十分にできないということもあります。

というのは、瞬時に内容を伝えることができるということは、すぐに忘れるということになります。

そのため、概要を伝えたいところは、瞬時にイメージ画像で伝えて、十分に読んで欲しいところは、テキストを使用してユーザーに読んでもらう、というような使い分けを意識しなければ、本来の力をランディングページは発揮しません。

派手なデザインであることも、ランディングページの特徴です。

一般的なウエブページに比較して、ランディングページの場合は派手なデザインになっています。

率直に言うと、非常に派手で、派手過ぎるようなランディングページもあります。

ランディングページが派手なデザインになるのは、ページの最初の着地力をアップするためです。

ランディングページは、一気に多くの情報をユーザーに伝えるように制作することが必要です。

ランディングページの最初で、しっかりとユーザーの興味を掴まなければページの終わりまで読んでくれません。

そのため、ランディングページの最初は派手なデザインになり、強烈なコピー文になるような傾向があります。

しかしながら、強烈なコピーやデザインに制作したということでも、ランディングページはそれほど効果は期待できません。

また、強烈にした場合、効果が逆に低下することもあります。

コピーは、本文をユーザーが読んでくれる気になるかどうかです。

本文を読んでみて、興味があると、普通のユーザーは続けて読んでくれます。

興味がないと読まない、興味があると読む、というのみの簡単なことなのです。
タイトル
送料無料や全額返金などの情報はファーストビューの位置に

ランディングページでは、特にファーストビューが大切なんだということは言われますが、このファーストビューにはどういう情報を詰めていけば良いのか?というと、お得に感じる情報をいくつか掲載して、まずそれがお客さんの目に届くようにしてあげることが重要です。ランディングページのファーストビューに絶対に載せておきたい情報というのは、「送料無料」といった情報です。最近は、送料を会社側が負担するようなケースも増えてきましたが、どうしてこの情報をランディングページのファーストビューに入れておいたほうが良いのか?というと、誰にとってもお得に感じるからです。つまり、商品の魅力や特徴ももちろん、ファーストビューに入れて良いのですが、それを見ただけでは、本当にそれが実現するのか?その効果は本当にあるのか?と、興味は示しつつも、まだ疑っている段階だと思います。つまり、これを本当に買っても良いのかな?と思っている状態になりますが、そこに「送料無料」みたいな文字が飛び込んできたら、あれ?ここで買ったらお得じゃない?と思えてくるでしょう。送料無料っていうのは、疑いようのない、誰にとってもお得に感じるポイントです。そして、本当に効果があるのか?と疑っている人が、送料無料ならばもし効果がなくても損は少ないと思ってくれるかもしれませんし、それによってちょっとでも購買意欲が生まれる可能性があるのです。送料無料だけじゃなくて、最近は使った後でも返品可能で、全額返金といったサービスをしている商品、会社もありますから、そういうサービスもやっているのであれば、これについても同時にファーストビューに入れて。ランディングページをデザイン、制作していけると良いです。こちらはお客さんからしたらリスク0ですから、送料無料以上に効果がなくても損が少ないという意味で、購買意欲が増します。それをページを開いた瞬間目に飛び込むように、ファーストビューに載せるデザインにすると良いでしょう。ランディングページは、いかにお客さんの購買意欲をそそるように制作するか?がポイントになりますから、こういった送料無料や全額返金といったリスクを軽減させる文言は購買意欲を増幅させるので、LPを今後作っていくときには、できるだけ目立つように、ファーストビューの位置に見えるように入れていきましょう。こういったポイントを考えていくと、より良いLPになるのではないか?と思います。
タイトル
ランディングページのデザイン部分を制作する場合のポイント

ランディングページ(LP)を制作する場合にはどのようなポイントがあるのでしょうか?

ここでは、ランディングページ(LP)のデザイン部分を制作する場合のポイントをご紹介しましょう。

配色はメリハリの効いたものにしましょう。

要素のひとつひとつが目立つようにするために、配色はメリハリが全体として効かせたものを使用する場合が多くあります。

具体的な手法としては、高いコントラストにする、同系色は使用しないで補色などを使用するなどが挙げられます。

大きくメインイメージを扱いましょう。

ランディングページを見た瞬間に感じるイメージをアップするために、ランディングページの多くの場合、ファーストビューに大きなメインイメージを設けています。

メインイメージの場合には、写真をイラストよりも使用しているものが多いイメージがありますが、これは制作期間や制作費によるものが多いためでしょう。

キャッチコピーを工夫しましょう。

キャッチコピーについては、いろいろな仕掛けをインパクトをユーザーに与えるために行います。

例えば、余白をキャッチコピーの周りに多く設ける、色を背景に置いて、背景と文字のコントラストを高くする、境界線やグラデーションなどの加工を文字にプラスする、というようなことが挙げられます。

特に、メインイメージとの相関性を考慮する上において、余白は大切です。

ユーザー目線でファーストビューを見た場合に、視線がどのような順で移るかを考慮しながら制作することが大事です。

リンクは、エンボスやグラデーション加工を使用して、ボタン化しましょう。

リンクは、アクションをユーザーへ要求するためのものです。

ボタン化することが、よりアクションを喚起させるためにはいいでしょう。

しかしながら、コンバージョンにつながってこないプライバシーポリシーなどのリンクでは、一般的にテキストリンクにして目につかないようにします。

ボタンのデザインは、フラットなものを意図的に使用したくなる場合がよくありますが、止めた方がいいでしょう。

上の方が特に明るい配色のグラデーション、エンボス・ベベル加工などを利用すれば、立体感をボタンに出すことが可能で、コンバージョンをより期待することができるでしょう。

ホバーの動作は、多様にスマホなどアクセス元がなっているため、動作が意図したようにならないことがあります。

特別な動作がなくても、ユーザーのアクションを喚起するように制作することが大事です。
タイトル
どのような特徴がランディングページ(LP)にはあるか

どのような特徴がランディングページ(LP)にはあるのでしょうか?

リンクがないことがランディングページ(LP)の特徴です。

一般的なウエブサイトの場合には、多くの選択肢をユーザーに対して与えるので、リンクが別のサービスや商品のページへ貼られています。

しかしながら、ランディングページを制作する場合には、リンクを別のページへは貼りません。

というのは、別のページに移って欲しくないためです。

コンバージョンを得ることが、ランディングページを制作する役目です。

コンバージョンを得るには、問い合わせフォームにユーザーに入力してもらうことが必要であり、ゴールになります。

そのため、リンクは必要がないページへは貼らないで、デザインは縦長の1枚のページになっています。

選択肢をユーザーには与えないで、問い合わせフォームユーザーが入力するのか、それともそのまま離れるかの選択をさせるのです。

テキストが多くなく、多く画像を使用しているのが、ランディングページのデザインの特徴です。

というのは、読みやすくページをするためです。

ランディングページの役目は、コンバージョンを得ることがですが、テキストのみでこれを行おうとすると多くの文章量になり、大変に読むのがなります。

ユーザーに対して分かりやすく多くの情報を伝えるために、多く画像を使用するのです。

画像を使い過ぎないことが、ここでは大切になります。

瞬間的に画像を概要のところは使用して伝え、テキストを十分に読ませたい箇所は使用して読ませます。

派手なデザインがランディングページの特徴です。

情報を多く伝えるため、しっかりとユーザーの関心を掴むように工夫されており、大きなコピーになり、強烈な内容になります。

しかしながら、コンバージョンを得ることは、コピーやデザインを強烈にしてもできません。

コピーやデザインを強烈にしても、魅力的なテキスト内容でなければ離れてしまいます。

そのため、テキスト内容も関心を引くものにすることが必要です。

縦長のページであることがランディングページの特徴です。

ランディングページの場合は、分かりやすく多くの情報を伝えるために縦長の1枚のページになっています。

コンバージョンを得ることがランディングページを制作する目的であるため、情報を単に伝えるのみでは効果が期待できません。

コンバージョンを得るには、入力を問い合わせフォームにしたり、電話をしたりするというようなアクションを求めることが必要です。

このため、多くの情報量になり、最終的に縦長のページになります。

タイトル
ランディングページの場合には明確にターゲットをする

ランディングページ(LP)の売れるものというのは、商品やサービスをユーザーが購入したくなるようなものです。

ランディングページ(LP)を制作する場合には、どうすればユーザーが購入したくなるのかということを十分に考えてデザインすることが最も大切です。

ユーザーとしてイメージするターゲット、つまり人物像が明確になっているほど、そのユーザーになりきって、どのような気持ちであるのか、イメージを描くことができます。

そのため、明確にターゲットをまずはすることからスタートしましょう。

ターゲットが商品やサービスの開発・企画段階において正しく絞り込まれていると、それをランディングページをデザインする前にチェックするのみになります。

しかしながら、ターゲットが絞り込まれていなく、とにかく販売できればいいというようなケースもあります。

このようなケースの場合は、ターゲットを決めることができない、あるいはターゲットが必要ない、と言うのは間違っています。

商品やサービスの特性から検討しめ直すことからスタートし、もっと販売できるのはどの層かということをきちんと調査すると、ターゲットは自然と絞り込まれてきます。

ターゲットを必ず決めてからランディングページの制作をスタートしましょう。

繰り返しになりますが、人物像のターゲットになるものが決まっていなければ、気持ちをユーザーになりきって考えることができません。

このようなことでは、ランディングページの売れるようなものを制作することはできません。

また、ユーザーの気持ちをよりイメージするために、事前にユーザーがランディングページに訪問した場合のテンションについてもイメージしておきましょう。

テンションが、状況によって、あるいはユーザーによって、いろいろであることは当然のことです。

しかしながら、照準を「興味が少しはあるが、期待をほとんどしていない、訪問を軽いノリでした」くらいのテンションのユーザーに合わせましょう。

ランディングページとしては、このくらいのテンションで訪問してきたユーザーに、商品やサービスを購入してもらうと成功であると言えます。

最後に繰り返しになりますが、ユーザーの気持ちになってランディングページを制作することです。

ユーザーの気持ちをイメージしないで、素晴らしい見栄えのいいランディングページをいかに制作したとしても、商品やサービスを購入してもらうことはできません。

できる限り、ターゲットを明確にしましょう。
タイトル
ランディングページを自分で制作する場合の方法

ランディングページ(LP)を制作する場合には、ランディングページ(LP)を制作する業者に依頼する方法があります。

しかしながら、ランディングページを制作する場合には、自分で制作する方法もあります。

ここでは、自分でランディングページを制作する場合の方法についてご紹介しましょう。

ランディングページを制作するための最もおすすめの方法は、ランディングページをデザインするツールを利用する方法です。

ここでは、便利なランディングページをデザインするために特化しているおすすめのツールについてご紹介しましょう。

おすすめのランディングページをデザインするためのツールは、無料で試すことができることがメリットです。

使い勝手などをとりあえず試してみてから、本格的に利用するかどうかを決定することができるため安心です。

また、実際にツールを見てみるとよく分かりますが、ブラウザ上においてレイアウトや文字入力の変更が直感的にできることも、ランディングページを手軽に制作したい場合には非常に嬉しいものです。

テンプレートがさらに準備されており、文字をこの構成に従って入力することによってランディングページを制作することができます。

そのため、文章の構成を自分で考える必要がないこともいいでしょう。

ランディングページをデザインするための方法としては、ランディングページのテンプレートを買うというものもあります。

先にご紹介したようなランディングページをデザインするために特化しているツールを利用する以外には、ランディングページの縦長のテンプレートを買うという方法があります。

「テンプレート ランディングページ」などのキーワードで検索してみると、関連した多くのサービスが見つかるでしょう。

このようなサービスを一つ一つ確認してみると、機能が多くあり、便利そうに一見すると見えます。

しかしながら、自分でこれを行うのはおそらく非常に大変でしょう。

自分でいろいろな機能やパーツを、組み合わせることができることはメリットがあります。

しかしながら、逆に自分で細かなパーツを配置する必要があるため、結構時間と頭を使います。

ランディングページを自分で制作したい人の要求は、費用を抑制したいというのは当然ですが、ランディングページを手軽に制作したいということでしょう。

そのためには、自分でテンプレートを加工するよりも、ランディングページを最初から制作することに最適化したツールを利用する方が楽でしょう。
タイトル
ランディングページについての基本的な情報

ランディングページというのは、クリックをいろいろなリンクやネット広告で行った場合に表示する、サイトなどの全般のウエブページのことを言います。

ランぺ、LPなどとも、ランディングページは言われる場合があります。

しかしながら、ランディングページやランぺ、LPが一般的に示すものは、一つのサービスや商品を販売するための、長い一枚のウエブページです。

ランディングページを制作することは、まさに売り上げをネットでアップするための最も大切な要素です。

ネット上において獲得した顧客数が、ランディングページのデザインを改善することによって、何倍にもなったようなケースもあります。

ランディングページを制作することは、このような成功の可能性を十分に持っているものです。

しかしながら、会社の目的やポジションによって種類が多くあり、使用方法が適切でなければ成果の満足できるようなものは期待できません。

ここでは、成功をネットで収めるために把握しておくべき最低限のランディングページについての基本的な情報についてご紹介しましょう。

ランディングページを制作する場合には、ネットで売り上げをアップするために参考にしましょう。

なお、ランディングページのデザインを改善するために大切な要素を、ファーストビュー、導線、ライティング、その他に分けて、訴求ポイントの確認をそれぞれの項目において行うことができるような、無料のチェックシートを公開しているようなサイトもあるため確認してみましょう。

ランディングページを改善することによって、非常に獲得数がアップします。

ランディングページはいろいろな広告の受け口になりますが、このランディングページを改善すると、大きな影響を獲得率や獲得数に与えます。

例えば、ユーザーの不安を取り去ることによって6倍の獲得数になった、ユーザーが要求しているような情報をサービスすることによって2.6倍の獲得数になった、キーワードを広告を配信しているもの合わせることによって1.5倍の獲得数になった、等のケースが挙げられます。

成果が期待できるランディングページを制作するためには、十分に基本を把握しておきましょう。

ランディングページというのは、リスティング広告などのいろいろなリンクや広告から飛ぶところのページです。

一般的に、ランディングページへ広告からの場合は飛ばして、公式サイトへ自然検索からの場合は飛ばしている場合が多くなっています。

そのため、広告を見たユーザーが訪問するため非常に大切なページなのです。
タイトル
ランディングページはどうして問合せが多くなるか

ランディングページは、どうして問合せが多くなるのでしょうか?

問い合わせがランディングページにおいて多くなる最大の要因は、検索キーワードです。

まず、検索キーワードとして、「データ復旧」というもので検索してみましょう。

そして、ユーザーがこのキーワードで検索する場合に、心理状態がどのようなものであるかということを考えてみましょう。

ある日、自分のパソコンが急に動作しなくなって、どうすればいいか悩んでいる、というような状況が思い浮かぶでしょう。

ユーザーとしては、今すぐに必要な大事なデータを取り出すことができないが、自分で下手にいじると、データが駄目になるかも知れない、というような緊急の心理状態になっているでしょう。

ユーザーがこのような緊急の状況になった場合には、どのようなことを希望するのでしょうか?

当然ですが、ユーザーとしてはアドバイスを今すぐに希望するでしょう。

緊急事態の場合に、リンクがいろいろ続いて、最終的に「メールでまずはお問合せ下さい、返信は2日以内にします」と記載してあればどうでしょうか?

当然、いい加減にして欲しいというようになります。

このように、ユーザーに自由に選択させることが、ユーザーの全てにとっていいということではありません。

ユーザーにとっては、自由に選択させない方がいいケースもあります。

LPというのは、基本的にユーザーが急いでいる場合に適したものです。

そのため、直接PPC広告からユーザーをLPに着地させて、問い合わせを1ページで獲得するという、非常に短い集客方法に制作するのです。

問い合わせが、どのような検索キーワードの場合でも多くなると考えるのは、ランディングページに期待し過ぎています。

ランディングページというのは、ページだけの力以外に、本来の力を検索キーワードとの相性で発揮するものなのです。

なお、ランディングページは、優れたユーザー心理を考慮して制作しているものです。

そのため、問い合わせは、既存のウエブページに比較すると多くなるでしょう。

しかしながら、期待は過度にしないようにしましょう。

集客というのは最終的に、掛け算になり、ランディングページが満点のデザインでも、検索キーワードの点数がゼロであれば、成果は全く期待できません。

整合性が全体でとれていなければ、いい成果は期待できません。

基本的なマーケティングについて把握していなければ、いかに優れた方法でも成果は満足するものになりません。

ランディングページをデザインする場合には、このようなことを参考にしましょう。
タイトル
ランディングページは別のサイトにはないような特徴がある

現在では、ネットで全てのものを買うことが当然のようになっています。

さらに、いろいろなサービスやチケットの予約というようなことまで可能であり、ネットで不可能なものはないと言ってもいいでしょう。

そして一方では、ネットをサービスしている業者間において、ユーザーの熾烈な獲得競争が行われているのです。

ここでは、ユーザーを獲得するためのランディングページ(LP)というサイトについて、見ていきましょう。

ランディングページ(LP)は、一言で言うと、ネットの検索などにおいてユーザーに訪問してもらうためのものです。

そのため、ランディングページのデザイン制作の場合には、別のサイトにはないような特徴がいくつかあります。

まず、デザイン的にランディングページは構成が縦長になっている場合が多く、リンクが外部へ多くないことも特徴です。

ランディングページでは、その業者がネットでサービスしているものについて詳細に紹介すると同時に、制作する目的がユーザー登録などのページに導くことです。

このため、ランディングページの内容としては、ビジュアルがテキストよりも多くなっています。

現在はいろいろなホームページが世の中には非常に多くあるため、自社のサービスや商品について、直感的に把握してもらう必要があるためです。

全体的なランディングページの流れとしては、ページにユーザーを導いて、次の登録などの行動に移ってもらうというようになっています。

そのため、リンクを外部へ貼ることは多くなく、ランディングページの中でユーザーにクリックしてもらうことによって、より詳細な情報のサイトに移ったり、会員登録したりするようになっています。

ランディングページを制作する場合に注意することは、ビジュアルを単純に多く使用するといいということではありません。

コピーライティングはキャッチーなもので、興味を訪問したユーザーに持ってもらわないと意味が全くありません。

そのため、分かりやすくて短いテキストと、詳細に把握したくなるような情報を入れ込む必要があります。

また、少し外観を派手なものにして、工夫をして直感的に読みたくなるようにすることも必要になってきます。

さらに、ランディングページの中に設けるリンクボタンのデザインは大きめにして、クリックをユーザーがしやすくすることも必要です。

素晴らしいランディングページを制作することによって、ユーザーを獲得して売り上げをアップさせましょう。

タイトル
ランディングページのデザインの改善が必要かを確認する方法

ランディングページ(LP)のデザインの改善が必要かを確認する方法についてご紹介しましょう。

コンバージョン率がウェブサイトにおいて低い場合は、デザインの改善が必要です。

ウェブサイトのコンバージョン率は、ウエブサイトに訪問した人数でコンバージョンのトータル数を割ったものです。

コンバージョン率のランディングページ(LP)のものは、効果がそのランディングページ(LP)のみのものを示しますが、コンバージョン率のウェブサイトのものを調査すると、改善がコンバージョンを得るための全体の方策について必要かを把握することができます。

業種によっても違っていますが、ウェブサイトのコンバージョン率というのはだいたい2%~10%ということです。

このような調査結果をベースにして、どのくらいに自分の会社のウェブサイトのコンバージョン率がなっているかを検討してみましょう。

やはり、平均的なコンバージョン率よりは上を目標にしましょう。

見込み客のレベルが高くない場合は、デザインの改善が必要です。

コンバージョン率も大切ですが、さらに見込み客のレベルは大切です。

自分の会社の場合に、顧客にランディングページで得た見込み客をコンバージョンできているかチェックしてみましょう。

ここでは、あまりコンバージョンできていないという場合の改善方法についてご紹介しましょう。

フォームに入力すると、ランディングページへ訪問したユーザーがどのようなことを得ることができるかを、分かりやすく明確に書くように改善しましょう。

見込み顧客の営業に渡す数が非常に多いと考えられる時は、フォームの入力項目を多く制作してみるといいでしょう。

顧客に見込み客をコンバージョンすることがどうして難しいのか、話し合いを営業と行ってみましょう。

ランディングページの問題ではなくて、問題が見込み客に対するオファーにある場合も考えられます。

ランディングページの最も大切なところに目が瞬時に行かない場合は、デザインの改善が必要です。

ブリンクテストというのは、ウェブサイトに訪問したユーザーがページを見た瞬間から内容を3秒~5秒以内に理解して、そのままアクションを何らか起こすか、それともページから離れていくかを見極めるものです。

必ずブリンクテストはクリアする必要があります。

情報を自分の会社のランディングページに入力することによって、どのようなことを得ることができるのか、訪問したユーザーに理解を3秒~5秒以内にしてもらうことが大切です。

ランディングページの改善が必要かどうかは、このような方法によって確認して制作してみましょう。
タイトル
ランディングページの制作方法の基本的なテクニック

ランディングページ(LP)のレベルをアップするためには、デザインの制作に対しても確かにこだわりが大切になってきます。

ランディングページ(LP)のテクニックや高いレベルのランディングページのデザインの制作方法も、インターネットでよく見る場合が多くなってきました。

ランディングページには、その分役目が非常に期待されています。

しかしながら、ランディングページの制作方法に関しては、テクニックの基本的なものがあります。

まずは、ランディングページは、リンクされている箇所がサイトの一般的なもののようにないことです。

基本的に、ランディングページの目的は、ユーザーの個人的な情報を資料請求等によって入力してもらうことです。

リンクがある場合には、ユーザーの視点がそちらに流れるリスクがあると考えられます。

そのため、リンクをランディングページの場合には貼らないようにする必要があります。

次にランディングページで意識する必要があるのは、写真やイメージを文字よりも多く使用して、サイトをカラフルで派手目なデザインの作りにすることです。

ユーザーに理解されやすいページやサイトは、画像と文字がいいバランスで散らばっています。

ページ構成が文字のみであれば、途中でユーザーも飽きてしまって、データを入力するまで辿り着きません。

また、ランディングページで大切なことは、スクロール画面を手間がかかるものにしないことです。

スマホで閲覧する場合は、スライドを横にもさせる必要があり、スクロール画面が手間がかかるものであれば、意識が見てもらう場合に分断される場合があります。

このため、縦スクロールだけのスマホを考慮したページ作りが、基本的なランディングページのページ構成であるとされています。

ランディングページをせっかく制作しても、アクセスが多くなければ意味が全くありません。

そのため、適度にヒットを検索エンジンでするキーワードを散りばめることが大切です。

ランディングページでどのようなことをアピールしたいのか、メインにどのようなテーマをしてランディングページ作りをするのかを、ランディングページを制作する前からきちんと決定しておくことが大切になってきます。

ランディングページを製作する方法に関しては、ホームページやサイトを制作しているデザイナーや会社であれば、制作テクニックの基本的なものは熟知しているでしょう。

しかしながら、アクセスをサイトでアップさせるには、キーワードをランディングページのテーマに沿って選ぶことが大切でしょう。
タイトル
ランディングページ(LP)の制作を業者に依頼する場合の流れ

ランディングページ(LP)の制作を、業者に依頼する場合の流れについて見ていきましょう。

ランディングページ(LP)の制作を業者に発注してから、満足することができるデザインの原稿の案ができるまでには時間がかかる場合もあります

しかしながら、原稿が完成してから、一般的には1週間から10日間程度でランディングページを納品することができます。

ユーザーのサービス、商品のアピールポイントを確認した上で、レスポンスをターゲットユーザーから得るためには、訴求要素の適切なものが完備した原稿の作成とページの構成を行うためには時間がある程度かかります。

ターゲットの明確な設定、商品の明確な特徴、販売の明確な手法の中で、要素の全てが欠けていれば、ランディングページに手間をいかに掛けてデザインしたとしても、成果を期待することは困難になります。

競合しているところの調査、商品の分析を通して、有効にターゲットに対して機能すると考えられる販売の戦略を立案します。

打合せにおいて確認した内容と、商品のパンフレットや提出する原稿をベースに、ランディングページの原稿を制作します。

この段階において、ワイヤーフレームをランディングページにおいて設計して、原稿案を公開を実際に行うスタイルで提示します。

提示した内容を確認した後に修正、改善を行って、原稿の内容が決まった段階においてデザインをランディングページに実装します。

可能な限りターゲットにアピールできるようなデザインを、ランディングページに実装していきます。

また、品質をリスティング広告において損なわないように、テキスト情報として可能な限りキーワードを掲載することが可能なようにコーディングします。

とにかくランディングページはページが長くなりがちであるため、アクセスした場合に短い読み込み時間にするために、ページの容量を軽くするようにします。

ランディングページを制作した後、効果をしっかりと検証できるように、いろいろな解析ツールを利用します。

利用しているツールがある場合には、各種設定をそのツールで行います。

利用しているツールがない場合には、利用が無料でできる解析ツールの高機能なものサービスを代わりに申込みして、各種設定をします。

サイトと同じように、ランディングページの場合でも公開してからがスタートです。

アクセスの解析によって、上手く初めに考えた販売の戦略がいっているかを検証し、改善を必要によって提案します。

タイトル
ランディングページを最適化するためにはどうすればいいか

成果が出るホームページをどうして制作することができないのでしょうか?

ホームページで成果が出ないのは、戦略を考えていないためです。

パンフレットを見て、ヒアリングを数時間行ったくらいでは、売上げをアップすることはできないでしょう。

ホームページの制作業者では、ランディングページ(LP)を最適化する場合には、しっかりとマーケット、競合している会社、ユーザーの心理を調査して、情報をかなり提供してもらっています。

では、ランディングページ(LP)を最適化するためにはどうすればいいのでしょうか?

ランディングページ(LP)を最適化するためには、ホームページをどのような目的のために制作するのかをまずははっきりさせます。

しっかりと、目標、目的を考えます。

そして、その目標、目的を達成することができそうかについて、ランディングページを制作する前に調査をします。

どのくらいのユーザーが訪問して欲しいキーワードで検索をしているか、本当にニーズはあるかなどについて調査をします。

見込みがこのサービスや商品であれば立ちそうであると見極めた場合には、ランディングページの制作をスタートします。

ヒアリングアンケートの20ページ以上のものに回答してもらって、このアンケートとホームページの制作業者のオリジナルの調査をベースにして打ち合わせをします。

その後、競合している会社との差別化をはっきりして、ランディングページをデザインする際にこの内容を入れ込みます。

制作するランディングページが、他の競合している会社と同じであれば魅力が半減するでしょう。

魅力は、自社で気がついているものだけでなく、ヒアリングを魅力を引き出すために行います。

ユーザーをはっきりさせて、ユーザーが興味を示しそうなランディングページのデザインにします。

ランディングページを制作する場合に優先するのは、社長が気に入るものではなく、ユーザーが気に入るものです。

ホームページの制作業者の多くが、ユーザーが気に入るものより、社長が気に入るものを制作していたこともランディングページが成功しなかった一つの理由でしょう。

リスティング広告という成果報酬タイプの広告に、完成したホームページは出稿します。

このリスティング広告というのは、1クリックすると、クリック課金が50円、100円などというようなものです。

運用をしっかりと行うことによって、運用を自分で行うよりもコストが短期的にはかかりますが、コストが長期的には削減でき、コンバージョン率がアップします

タイトル
ランディングページ(LP)の制作業者の魅力

どのような魅力がランディングページ(LP)の制作業者にはあるのでしょうか?

ここでは、ランディングページ(LP)の制作業者の魅力について見ていきましょう。

コンバージョン率を確実なPDCAサイクルによって最大化することが、ランディングページ(LP)の制作業者の魅力です。

ランディングページの効果を見極める場合には、コンバージョン率が最も大切な指標と言えます。

0.1パーセントだけコンバージョン率が違うことによって、ランディングページの費用対効果は非常に違ってきます。

ランディングページ(LP)の制作業者では、ランディングページの効果の測定を専用ツールによって何度も繰り返して、PDCAサイクルを回すことによって、最大にコンバージョン率をします。

クリエイティブの継続的な改善の場合にも対応をリーズナブルに行うことが、ランディングページ(LP)の制作業者の魅力です。

コンバージョン率をランディングページにおいてアップするためにPDCAサイクルを回す場合には、クリエイティブの継続的な改善が必要です。

しかしながら、運用のプロセスにおいてデザインのいろいろな改善アイデアが社内から提案されるが、修正する費用が高くなりそうであるということでデザインのアイデアをなかなか実行することができなくて、最終的に駄目になった、というような悩みを持っている会社も多いでしょう。

ランディングページ(LP)の制作業者は、ウエブパートナーの会社として、クリエイティブの継続的な改善に対しても対応をリーズナブルに行っているため、気軽に相談してみましょう。

入力フォームの最適化についても任せることができるのが、ランディングページ(LP)の制作業者の魅力です。

ランディングページ(LP)の制作業者は、ランディングページの内容を制作するだけでなく、最大限に効果を引き出す入力フォームの制作も得意です。

ランディングページを多く運用する上においてたまったノウハウをベースにして、最大限にコンバージョン率をアップすることができる入力フォームを提案することができます。

リスティング広告の運用を認定資格保持者が行っていることが、ランディングページ(LP)の制作業者の魅力です。

効果的にランディングページを改善するためには、リスティング広告を適切に運用することが必要です。

ランディングページ(LP)の制作業者は、リスティング広告の運用も豊富な経験があるプロが行っています。

また、運用のためのレクチュアを、リスティング広告を担当しているスタッフに対して行っています。
タイトル
ランディングページの改善や見直しが必要かをチェックする方法

マーケティングの仕事は、見直すべきページを自分の会社のウェブサイトから見つけて、改善をA/Bテストなどで行うと、次のページを休む間もなく見つける、というように限りなく続きます。

そのため大切になるのは、初めにどのようなところを改善すべきか、どのようなところを改善すると最もROIが高くなるかを把握することです。

つまり、ランディングページ(LP)が現状において機能が上手くしていると、手をそこからつけることは必要ありません。

見直しすべきところを別に見つけましょう。

ここでは、自分の会社のランディングページ(LP)において、改善や見直しが必要かをチェックする方法についてご紹介しましょう。

多く高い質の見込み顧客を得るために、ぜひチェックしてみましょう。

コンバージョン率がランディングページにおいて低い場合は、ランディングページの改善や見直しが必要です。

コンバージョン率がランディングページにおいて低く、見込み客を得ることができていないのであれば、ランディングページのコンテンツとデザインを見直すことが必要です。

ランディングページのコンバージョン率というのは、ランディングページを閲覧した回数をフォームに入力した人数で割ったものです。

コンバージョン率が低いのか、それとも高いのかということを見極めるためには、外的な多くの要因を考慮する必要があります。

外的な要因としては、業種、B2CかB2Bか、ランディングページが顧客に潜在的な顧客がなるまでのプロセスのどのレベルに設けられているか、ランディングページへ訪問したのは有料広告か自然検索か、ランディングページの経過日数、時期的な要因、などが挙げられます。

望ましい数値をランディングページのコンバージョン率として把握することは、このように影響をいろいろな要因が与えるので簡単ではありません。

今までに制作したいくつかのランディングページのコンバージョン率を比べて、自分の会社なりの基準値を見つけることが最もいいでしょう。

例えば、月に1回ランディングページを制作して、コンバージョン率をそれぞれ測定します。

コンバージョン率が、電子書籍のダウンロードの場合に65%、オンラインセミナーの場合に40%で、平均的に50%~55%であったとします。

この場合、もし電子書籍のランディングページをデザインして、35%しかコンバージョン率が出ないと、その会社の場合で考慮すると、新しくデザインしたランディングページに問題が何かあることになります。
タイトル
成果が出るランディングページを制作する場合の構成

コンバージョン率が高いランディングページ(LP)は、構成がある程度ルール化されています。

ここでは、成果が出るランディングページ(LP)を制作する場合の構成について見ていきましょう。

ランディングページを訪問したユーザーが、自分が希望する情報がそのページにあるかどうかを見極めるのは3秒以内であると言われています。

つまり、ファーストビューの内容でユーザーは見極めをしていることになります。

そのため、ファーストビューでいかにユーザーに興味を示してもらうかが大切になります。

具体的なポイントとしては、キャッチコピー、権威付け、キャッチ画像になります。

キャッチコピーは、目立つ大きな文字で、画面の左側の上部にデザインします。

する。

権威付けは、今までの表彰経験や実績を示し、信頼性をアップさせます。

キャッチ画像は、関連性がキャッチコピーとあるものにします。

興味付け・問題提起は、ストレートにユーザーの問題や悩みに刺さるような言葉を見出しにして、説明文をこの下に入れるデザインにするのがいいでしょう。

アクション導線は、工夫したデザインや文言にして、行動しようか迷っているユーザーを一押しします。

アクション導線は、項目の合間に入れる、ファーストビューの中に入れる、ボタンは目立つ色のものにする、行動のハードルが低下するように、返品可能や無料などの言葉を入れる、期限を設定する、がポイントです。

商品の説明は、商品をイメージすることができるように、サービスしている人や商品の写真などを掲載します。

商品の説明以外に、その商品がどうしていいのか、評価は実際にどうなのかなど、ベネフィット、ユーザーの声、差別化を伝えることが必要です。

ベネフィットというのは、これを使うとてこんなにいい、というような印象をユーザーに持たせることが大切です。

例えば、世界で最も小さなサイズというのは、ベネフィットではなく商品の特徴です。

ベネフィットとしては、世界で最も小さいサイズであるため、持ち運びがポケットに入れてできます、ということになります。

ユーザーの声は、すでに使っているユーザーの体験談や声を掲載して、サービスや商品の信憑性をアップさせます。

紹介した人の名前、写真、年齢などの個人情報を掲載すると、信憑性をさらにアップすることができます。

ここまで読んでくれたユーザーの場合は、あと1歩でコンバージョンになります。

クロージングとしては、ユーザーが決心するような内容を提示することが大切です。

「特典が今なら付いている」「商品を購入しないと損する」など、「ここで」「すぐに」決心する理由を提示して、行動をユーザーに起こさせます。

ランディングページを制作する場合には、このような構成を参考にしましょう。

タイトル
ランディングページ(LP)はどのような場合に必要か

ランディングページ(LP)はどのような場合に必要なのでしょうか?

ウエブで獲得率をアップさせたい場合には、リスティング広告を出しているが、獲得率がアップしない、サイトにユーザーを誘導できているが、非常に獲得率が低い、というような悩みを持っているのではないでしょうか。

このような場合には、獲得率が大幅にアップする可能性があるランディングページ(LP)を制作してみるのがおすすめです。

ランディングページ(LP)というのは、誘導したユーザーを申し込み・購入へ導くページです。

ランディングページ(LP)は、インターネット広告のバナー広告やリスティング広告などをクリックした際に表示されるものです。

バナー広告やリスティング広告がどのようなものか分からない場合は、ネットなどで紹介されているため確認してみましょう。

一般的に、ランディングページのデザインは縦長のページで、1ページで完結したものになっています。

いろいろなインターネット広告のバナー広告やリスティング広告から訪問するユーザーの要求に応じて、このランディングページ(LP)のデザインを最適化していけば、ウエブの獲得率をアップすることができます。

ランディングページ(LP)を改善・制作することによって、6倍にウエブの獲得率がなったようなケースもあります。

そのようにランディングページ(LP)の改善・制作は、大幅なウエブの獲得率の改善の可能性があるものです。

では、ランディングページ(LP)がウエブの獲得率をアップするために効果があるのはどうしてなのでしょうか?

というのは、ランディングページはユーザーの要求に応じて最適化することができるためです。

例えば、ネットで検索する場合に、キーワードとして「化粧水 人気」「化粧水 乾燥肌」「化粧水 ペプチド」などで検索して訪問する場合があります。

あるいは、「今なら3割割引」というようなバナー広告の文言に興味があって訪問する場合があります。

このようなケースの場合には、それぞれのユーザーは、要求している情報は違っているでしょう。

そのため、「化粧水 乾燥肌」のキーワードで検索したユーザーに対しては、きちんと保湿ができます、「化粧水 人気」のキーワードで検索したユーザーに対しては、この商品が第1位です、「化粧水 ペプチド」のキーワードで検索したユーザーに対しては、ペプチドが配合されています、「今なら3割割引」というようなバナー広告の文言に興味があって訪問したユーザーに対しては、お買い得です、というように、それぞれのユーザーが要求している情報を伝えると、間違いなくユーザーは満足するでしょう。
タイトル
ランディングページはキャッチコピーが命です

ランディングページと言っても、それを見るユーザーからすると、ホームページの一つであることには変わりありません。

見た感じの形が一枚仕立てで、縦に長いと言うだけのことです。

今やネットに情報が溢れている時代ですから、ユーザーはそれらの情報の中から、自分にとって真に必要な情報を取捨選択して取り出さないといけません。

ですから、ランディングページが自分にとって有益かどうかという選択はユーザーの側に託されているわけです。

もし、有益でないと判断されたら、即座に閉じられるだけのことです。

ランディングページを制作する側はそのあたりを理解したうえで、LP制作を行わないといけません。

制作サイドにとって良いランディングページと言うのは、きちんと見てもらうことが出来、最終的には購入や登録などの行動をしてもらえるものだと言えます。

そうなると、即座に閉じられるLPでは意味がありません。

そのために、いかにユーザーに有益な情報のあるサイトだと認識してもらえるかが重要になってきます。

LPにおいてはデザインも重視されます。

確かにユーザーにとって見やすいデザインと言うのはユーザビリティーという点から言っても無視できない点です。

それに新しいスタイルのランディングページが続々と生まれてきている中、その新しさのメインとなるものの一つがデザインであることは確かです。

しかし、やはりユーザーの心に深く突き刺さるのは、キャッチコピーであることが多いです。

良いキャッチコピーがあれば、ユーザーにそのページを閉じることを躊躇させます。

そして、読み進めることを後押しします。

そうした点から、ランディングページにとってキャッチコピー本質的な重要性を持っていると言えます。

逆に言えば、キャッチコピーがダメなランディングページは基本的にダメだということです。

デザインが良くても、ユーザーを留める能力は限られています。

そのあたりを理解したうえで、ランディングページを制作しましょう。

またユーザーに突き刺さる言葉は時代とともに変化します。

ランディングページのキャッチコピーにも賞味期限があるということです。

今や時代の流れが加速しているわけですから、賞味期限もだんだんと短くなっていると言えるかもしれません。

もし、LPの成約率が落ちてきているのであれば、キャッチコピーに原因があるのかもしれないので、早めに見直すことが重要です。

常に時代を先取りする感覚が必要だと思います。
タイトル
商品のパッケージを絶対に掲載しておくこと

本当に宣伝をしたいと考えているなら、商品のパッケージを掲載することは当然と言えることで、これができていないのは何を宣伝したいのかが見えてきません。LPについては、宣伝をするために掲載しているサイトとなっていますし、その賞品を見てもらって、これはいいなと思ってくれる人が購入してくれるチャンスを持っているサイトとなります。パッケージも掲載していないのは、何を宣伝したいかがわからなくなり、誘導目的で利用することができません。

ランディングページのデザインでは、どこにパッケージを配置しておくかが重要になってきます。配置する場所によっては、あまり効果が無いケースもありますので、できる限り見やすいところに配置をしておくことになります。さらに制作をしているときに、この場所に置くとわかりづらいと感じているようなら、その都度変更していかなければなりません。理想的な配置をしっかり考えることによって、本当に見せたいパッケージを知ってもらい、誘導をさせることができるようになります。

パッケージが一番最初に配置されていると、こうした商品であるとわかってもらえる可能性が出てくるので、できれば一番上に配置するのが理想となっています。それ以外の場所にも配置していいですが、パッケージの画像ばかりが置かれているような状態になると、それはLPのメリットがありません。ほどほどに配置することが一番理想と言えることなので、あまり配置しすぎないように気をつけてください。

制作の時には、理想とされている配置を常に確認するようにして、時には他のランディングページを見ておくことも大事になります。デザインを完全に盗むのではなく、参考にする程度に考えておくのです。この部分にパッケージの画像を配置しておけば、とりあえず変なイメージをもたれることは無いだろうと考えられるようになったり、ここは理想的といえるような場所だと思えることがあれば、それをうまく利用していけばいいのです。

本当に見やすいページを作りたいと思っているなら、画像の配置場所は重要になっています。特にランディングページは、宣伝をして引き込むために行っているのですから、それができていないのは大きなマイナス材料となって今います。本当に効果的とされている画像の配置をしっかり考えて、なお且つ自分が利用してみる立場のときに、この商品はどういった宣伝をしているのかがわかるようにしておくことが大事です。ランディングページとは、しっかり画像を見せることも大事なことです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.