上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
スマホヲ使った時のランディングページの作り方は?

スマートフォンが世の中に登場してきて、インターネットの使い方も大きく変わってきました。

自宅でパソコンを開いてインターネットにつないで使っていたものが、ノートパソコンとモバイルで少しずつ外でインターネットをしていた人が増えてきみしたが、主にビジネスでやっている人に限定されていた感がありました。

それが一気にスマートフォンのおかげで、場所を選ばずにインターネットを使えるようなりました。

そのおかけで、インターネットを使ったショッピングもスマートフォンを使う人が大変、多いのが現実です。

そのおかげでネットショップも爆発的に多くなっています。

ネットショップのオーナーさんたちは、競争激化の中で少しでも売上げを伸ばそうと躍起になっていらっしゃいます。

いかにして、自分のサイトで多くの商品を買ってもらえるか、LP制作のデザインにも力を入れています。

LPとは、ランディングページのことで、インターネットでショップを手掛ける時には避けて通れない存在になっています。

具体的には、このベージに取り扱い商品の説明や使い方、メリットを掲載して、顧客の購買意欲を高めながら、昇段のクロージングまでを担う重要なサイトのページと言えます。

このページの内容次第で、売り上げが大きく変わってしまうほどです。

しかし、インターネットでサイトに訪れても、余程の関心がない限り、そのサイトやページに長く滞在してくれることはありません。

ほんの2、3秒で他のサイトに移ってしまうことが多いのです。

よって、どのようにして釘付けにするか、ランディングページのデザイン制作をじっくりと練りこんでいくことが必要なのです。

ここで、もっと意識しなげればならないことがあります。

それはスマートフォンから訪れる人への対策です。

スマートフォンの場合は、パソコンと異なり画面が小さいので、表示できる情報量が限られています。

スクロールして下の画面を写すことはできますが、ネットショップで買い物をする時には、縦長のサイトをゆっくりと見る人は、少ない場合と考えた方が無難です。

したがって、スマートフォンでは、最初に映し出される画面だけで、顧客の購買欲を加速させることが大事です。

そのためには、商品のキャッチコピーやセールスポイントを3点程に絞り込んで、1ページに収まるように工夫しなければなりません。

それがスマートフォン向けのランディングページ作成のポイントになってきます。

縦長のフォームになりやすいランディングページですが、スマートフォンは、これに限ったことではなさそうです。
タイトル
ランディングページ(LP)のデザインのポイント

ランディングページ(LP)のデザインのポイントについてご紹介しましょう。

ランディングページ(LP)のアクションボタンのいいケースとしては、ユーザーをアクセントカラーによって惹きつける、全体がアクションボタンになっているためクリックしやすい、ユーザーをコピーで誘導する、お得感を特典で演出する、フォームのみでなく電話番号も記載して取りこぼしがないようにする、などというような工夫がされています。

アクションボタンのカラーは、アクセントカラーの暖色系のものを使用し、ランディングページの中で最も目につくよう大きさや形などに工夫して制作しましょう。

コンバージョン率がアクションボタンの出来具合によって違う場合もあるため、最も注意してデザインしましょう。

ファーストビューのいいケースとしては、ヘッダーに問い合わせボタン&電話番号を配置して最終的なゴールを示す、分かりやすいキービジュアル&見出し、お問い合わせボタンをキービジュアルのすぐ下に配置して誘導する、などというような工夫がされています。

ヘッダーイメージ以外に、ユーザーにクリックして欲しいボタン、キーワードになるコピーの配置を、ランディングページの上から500px以内にしましょう。

テキストは、キャッチコピーや説明文、見出しのジャンプ率をアップし、見出しを一見すると内容がすぐに分かるようにしましょう。

テキストはできるだけ短くしましょう。

ユーザーは、テキストの全てを読んでくれるようなことはありません。

ユーザーの声のところは、フォントの奇抜なものではなく、よく使用されるような親しみのあるものや言葉の方が、信頼感・親近感を与えることができるでしょう。

中央に近いところに、大切な画像やコピーなどを配置しましょう。

横に目をひくものやサイドバーを配置すると、メインからユーザーの視線がそれてしまって、ユーザーを誘導したい申し込み・購入のボタンから遠ざけてしまう要因になります。

配色については、70%がベースカラー、20%がサブカラー、5%がアクセントカラーの割合でデザインすると、情報量が多くなってもイメージがすっきりしたものになります。

ランディングページだけでなく、デザインの場合には、何を誰に、どのようにしてアピールしていくかということを忘れないようにして、いかにストーリーにユーザーの心を引きこむかということが大切になります。

このようなポイントを十分に意識してランディングページを制作すると、アピール力の高いものを作成することができるでしょう。
タイトル
競合サイトのランディングページの構成の流れとデザインを調べる

ランディングページ(LP)を制作する場合には、競合しているサイトのランディングページの構成の流れとデザインについて詳しく調べましょう。

競合しているサイトのプロセスを確認し、少しでも自分が不快に思ったり、困惑したりしたところを書きとめておきましょう。

そして、自分のランディングページと比べてみましょう。

よりランディングページの効果がアップするために、自分が削除したり、訂正したりするところがないか検討しましょう。

ページの上側の300ピクセルの中に、最もランディングページにおいて大切な要素は置くようにしましょう。

使い勝手についての調査によれば、見えない下側のところをウエブサイトに訪問したユーザーの半分以上がスクロールしないということがはっきりしています。

そのため、文章の前置きのものは忘れて、要点をすぐに突いて、価値がある提案を最初の画面で保持しましょう。

ランディングページを制作する場合には、シンプルに考えましょう。

読みやすいように、十分な白いスペースとマージンを持ったコラムスタイルの1つのものにデザインしましょう。

パラグラフの大きなものは小さなものに分け、パラグラフの1つは5行に納まるようにしましょう。

ランディングページに訪問したユーザーが、メッセージを読んでアクションを起こすように促しましょう。

文章が難しそうに見える場合は、ユーザーは読んでくれません。

ランディングページは明白にして、しきたりの標準的なものを使いましょう。

アンダーラインをリンクにつけると、ユーザーが分かりやすくなります。

説明をする場合には、具体的でしかも記述的にしましょう。

ランディングページを利用したり、メッセージを理解したりする場合に、大変な思いをユーザーがする場合がないようにしましょう。

ランディングページを読み込みする場合は、速く確実にできるようにしましょう。

多くのユーザーが現在でも、インターネットに接続する場合にダイアルアップを使っています。

そのため、マーケットやサービス・商品によっても違ってきますが、ランディングページを読み込む場合は、8秒以下で読み込みができるように努力しましょう。

グラフィックの必要ないようなもので、ランディングページが膨らむことがないようにしましょう。

グラフィックは必要なもののみに絞り込んで、読み込み時間とファイルサイズを削減しましょう。

ランディングページ(LP)を制作する場合には、このようなことに注意してデザインしましょう。
タイトル
良いランディングページを作るためのポイント

まず最初にランディングページの定義から書きます。検索エンジンである言葉を検索した時に検索結果ではない別枠に、その言葉に関連した商品なりサービスなりの表示が出ます。これをリスティング公国と言います。そして、そのリスティング広告を選択する(クリックする)と、その商品なりサービスの載ったページが表示されます。これをランディングページ、略してLPと言います。

リスティング広告の目的は、それをクリックされることではなく、最終的に商品を購入してもらう、サービスを予約してもらう、ということなので、このランディングページ、つまりLPがその最終行動を促進するように作られていることが重要です。

とはいえ、結構世の中には、リスティング広告をすることで満足してしまい、本当に大切なランディングページをおろそかにしているケースがありますので、ここでは、そのランディングページをいかに効果のある、つまり商品が売れ、サービスが予約されるものにするのか、とうことについて説明したいと思います。

まず一番重要なので、リスティング広告をした場合は、それ専用のランディングページを制作する、ということです。中には、既存の物販サイトやコーポレートサイトをそれに代用しているケースが見られますが、それは全く効果がありません。リスティング広告を行ったら、必ずそれ専用のランディングページを制作しましょう。

2つめは、そのランディングページのデザインの問題です。ランディングページを作る時に、デザインンのきれいさ、カッコよさを求める人がいますが、それは全く意味がありません。ランディングページにはランディングページのデザイン上のセオリーがあるので、それを踏襲することが重要です。

具体的にはまず、ファーストビュー、つまりクリックして最初に現れるページの1画面で、クリックした人が求めている情報がすべて入っていることです。リスティング広告をクリックする人は、何かを探しているわけですから、最初にその探しているものが見つからないと、このページには自分のほしい情報がないと判断されて、すぐに離脱されてしまいます。

2つめは、ランディングページは、ファーストビューから最終のゴールまでの導線が1本道になっていることです。ランディングページを作ると、ついついいろいろなことが伝えたくなって、様々な情報を入れたり、タブを作って重層的にしてしまいがちですが、それはマイナスです。目的は商品購入、サービスの予約ですから、内容は起承転結を基本に構成し、それを読み進めていくと自然にそのゴールにたどり着く、という構造にしておく必要があります。

ほかにもいろいろと細かいテクニックはありますが、リスティング広告を実施する、ランディングページを制作する、という場合は、まずは以上のことを留意しましょう。
タイトル
ランディングページではリンクのボタンは大きく目立つように

ランディングページでは、いろいろなデザイン面で考えたり、工夫をすることがあるでしょう。しかし、意外と多くの人が見落としている部分があるのです。ランディングページで重要なのは商品に関する説明によって魅力を理解してもらい、結果的にその商品を購入してもらうという一連の流れになります。そこを忘れてはいけないのです。ということは、商品に関する説明を詳しく書いていくという部分も、制作していくときには重要です。でも、そこばかりに気を取られてはいけないのです。商品の魅力が十分伝わるようにランディングページをデザインしたら、最後に注文をするボタンにも目を向けましょう。ある意味、最後の詰めの部分になります。注文をするときのボタン1つでコンバージョン率も変わってきます。実はネットショップとかの場合にも同様のことが言えるのですが、ランディングページにおいても、商品を注文するときのリンクのボタンは大きい方が良いとされています。当然、目に付きやすい、分かりやすいということはあるものの、結果的に大き目のボタンを使用した方が購入率が高いというのは、もはや真理のように言われています。実際、LPの制作をする側からしたら、ページの中でクリックしてもらいたい場所はほとんど決まっています。商品の注文ボタン1個だけです。つまり、やるべきことは、注文ボタンを大きめに目立つようにすることで、ページを見たユーザーに対して、ここから注文ができるんだという認識を与えられるようにするということになります。多くの人は注文ボタンにはそこまで気を使っていないケースも多いと思います。どうしても買ってもらうためには商品の説明部分にかなり力を入れて、作っているケースは少なくないでしょう。それ自体はとても重要なことですが、それを十分に行ったならば、より一層やってほしいのがここになるわけです。魅力が伝わっただけで終わっては意味がありません。魅力が伝わり、実際に買ってくれるところまでを実現して、初めて意味があるわけですから、その最後の詰めを忘れてはいけないわけです。LPの最後の注文ボタンに関しては、大きくて目立つものが良いですが、具体的にどういったものが良いのか?については、既存の他のランディングページを見て、それを参考にしてみると良いと思われます。実際にこういったことを意識して注文ボタンをデザインしているところもあるでしょうから、すでに実践している人に学ぶと良いのです。
タイトル
ランディングページで売り上げを上げるには説得力を増やす

ランディングページでは、いろいろな試行錯誤をして、ページを訪れてきた人に商品の良いところを紹介して、なんとかコンバージョンにつなげたいという思惑があるでしょう。しかし、どういう部分にこだわれば結果が出るのか?どういう方法論を試せば良いのか?というのは、なかなか難しいところです。ランディングページは結局のところ1つの広告なので、いかに見てくれた人に説得力のある説明ができるか?が重要です。つまり、意識すべきなのは、理由づけになります。当然、ランディングページでは商品に関するメリットをどんどん紹介していきますが、メリットの部分だけを強調しても上手くいかない場合があります。というのも、メリットがあるのは当たり前です。それがなければ誰も買いませんから。問題なのは、何故そう言えるのか?ではないでしょうか?討論をしていて説得力のある意見というのは、ちゃんと明確な理由づけがあるもの、根拠がしっかりしているものではないでしょうか?理由が特にない意見はほとんど信用されないじゃないですか?やっぱり人に何かを主張するときには、ちゃんとした理由が必要になるはずです。それをランディングページを制作していくうえで意識していくと、読み手にとっての購買意欲が高められていくのではないか?と思います。一般的にはメリットって1個や2個じゃないと思います。複数紹介していきます。それぞれにおいてちゃんと理由を付け加えておくと、読み手にとって「何でそんなことが言えるの?」と疑問が生じずに、読み進められます。そして、納得できるでしょう。ちゃんと理屈で説明がされていると、どうしてそうなるのか?どうしてそういうことが言えるのか?がちゃんと理解できますから、商品に対する疑いの目が大分消えます。そうなれば、その商品を買ってくれる可能性が上がると言えます。LPを制作するときには、理由の部分は後回しにしないで、その都度メリットとともに紹介していくデザインの方が良いです。最後まで全部読んでくれるか?分かりませんから、後回しではなくすぐに読めるようにしておきましょう。LPは当然、全体的なデザインをどうするか?という部分に注力することも大事で、それをやっている人も多くいますが、細かい部分として文章の中のアピールポイントに明確な根拠や理由を添えて、ちゃんと効果があるんだと思えるような、そういう説得力の増すページにしていけると良いのではないでしょうか?
タイトル
広告とサイトを結ぶために絶対に間違えられない部分

広告を利用して宣伝をするとき、色々なサイトを見てもらうことになりますが、この時に存在しているのがランディングページとなります。ページを見てもらうことによって、どのようなサイトとなっているのか、何を求めているのかを紹介することが出来ます。このページは、広告を利用している人なら絶対に必要となっていて、LPがなくなっている場合は宣伝に全く使えない状態となってしまうのです。絶対に作るようにして、色々な効果を求めていくことも大事なことです。

ここで考えるべきポイントとして、デザインをしっかり考慮することも大事ですが、とにかく広告との相性をしっかり突き詰めることです。色々な広告が用意されているものの、ランディングページを利用したときに、相性の悪い広告だと効果を得ることが出来ません。とにかくインターネットで配信される広告は、見てもらうことによってある程度の判断をすることが可能となり、その際にLPが利用されることになります。この内容がわからないものは、効果を得ることが出来ないのです。

制作をしていく場合、使う広告の質によって、色々な変化が出てしまうことを頭に入れることになります。どのような広告を使って、ランディングページに入ってくれるのか、これを頭に入れておかないと失敗します。制作をしているときに、広告からこのページを見てもらって、それから購入してくれるのか決断をしてくれるわけですから、ページに移動したときの状態を踏まえて検討することになります。

さらにデザインについても、いきなり会社名がどんと出てくるのではなく、商品などの特徴をしっかり見てもらえないと駄目です。私たちの会社はこのようなことを行っており、何を求めているのかをしっかり示さないと、思っていたような効果を得ることが出来ません。ページを見てくれる方が、瞬時に判断をしてくれることが大事であり、その判断材料として、一番上の部分を適切に作成することが大事になります。

広告は多種多様化しているので、色々なものを使って宣伝できる環境になっていることは事実です。しかしランディングページについては、広告との相性が悪いと全く効果を引き出すことが出来ませんし、見てすぐに駄目だと思われてしまうのです。とにかく見てくれるための方法として、少しでもサイトの構築をわかりやすくしたり、広告からすぐにサイトの情報を判断してもらえるようにします。こうしてわかりやすくすることが、何よりも大事なことです。
タイトル
ファーストビューのデザインを制作する際のポイント

いいランディングページ(LP)のデザインを制作するために、ファーストビューのデザインを制作する際のポイントについてご紹介しましょう。

ランディングページ(LP)のファーストビューを制作する際は、ファーストビューの範囲の中にお申込みボタンを入れましょう。

ファーストビューでページから離脱をすぐにしてしまうようなユーザーが一般的に多いため、ユーザーに少しでもアクションをしてもらうために、ファーストビューの範囲の中にお申込みボタンを入れるようにしましょう。

ユーザーが既にコンバージョンに対して高いモチベーションがある場合は、ファーストビューに記載されている情報によってはスムーズにそのままコンバージョンへ進んでくれるでしょう。

化粧品の業界において、お申込みボタンがファーストビューに入っていない場合と、入るように改善をした場合で試験を実際に行ってみた結果、お申込みボタンがファーストビューに入っている場合のコンバージョン率がアップして、改善する前の1.4倍にもなったそうです。

ランディングページ(LP)のファーストビューを制作する際は、周りと比較してお申込みボタンの色は目立つようなものにしましょう。

せっかくお申込みボタンをファーストビューに入れたとしても、ユーザーが気がつかなければ意味が全くないでしょう。

そのため、お申し込みボタンはよく目立つようにするために、これがお申し込みボタンであるという存在感があるようなものにしましょう。

例えば、青がベースになっているようなページの場合には赤系や黄系のもの、緑がベースになっているようなページの場合にはオレンジ系や赤系のもの、赤がベースになっているようなページの場合には青系や緑系のもの、というような感じです。

ランディングページ(LP)のファーストビューを制作する際は、クリックしやすいようなお申込みボタンにしましょう。

クリックしにくいようにお申し込みボタンが見えてしまえば、ユーザーが気がつかない恐れがあります。

例えば、立体的にするために影を設ける、角丸を設ける、グラデーションを設ける、矢印を設けるなどを考えて、クリックしやすいようにしましょう。

なお、ネットなどで調べてみれば、いろいろな申し込みボタンのデザインが紹介されているので参考にしてみましょう。

 逆に、クリックしやすいようにリンク先がないものをすると、クリックを間違えてするためストレスをユーザーに与えるでしょう。

そのため、お申込みボタンだけクリックしやすいようにしましょう。
タイトル
ランディングページについての基礎的なこと

じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。自分がおこなっている仕事はランディングページとは関係のない仕事を行ってはおりますが、これからの仕事の視野をひろげるために、一年間でランディングページのことを勉強させていただきました。ランディングページとは一言でいいますと、インターネットの広告や、検索でアクセスをすることにより、そちらのサイトの紹介をすることになります。そこでユーザーがネットでの商品の検索をすることにより、すぐに見つけることができる、それが理想のランディングページとなります。ここで重要なのがデザインです。いくら簡潔にわかりやすく、そのページをまとめていたとしてもデザインなどがなく、殺風景であれば、ユーザーなども購入意欲などもなくなってしまいます。デザインがよくても、ユーザーがすぐにお求めの商品を探すことができなければ、それもランディングページとしては成り立ちません。ページの質とデザインの品質、この二つがしっかりとあり、それではじめて成立します。これがLPの基本となります。それらの充実しようと思えば当然ですが、制作にも時間がかかってしまいます。それを短くして、初めて一流といえると思います。現在ではLP制作を担当している業者などもいるようですが、自社の商品のことをよく知っているのは社員であるので、できるかぎり、業者に任せるのではなく、社員がランディングページのことをしっかりと理解をして、製作をおこなっていく、それが一番の理想ではないかと思います。それとあとは商品の紹介ページです。商品を紹介するのであれば、その商品のよさをしっかりと相手、つまりお客様に伝えなければいけません。起承転結でしっかりと相手に言いたいことをはっきりと伝える、これらのことをすべてあわせて、はじめて一般の人に通用するレベルのページになるかと思います。それでも自分のスキルを高め、さらに品質の高いページを製作したいのであれば、セミナーを開催していたり、もしくは、ネットでも動画を投稿しているところがあるので、参考にしてみるものいいのではないかと思います。自分も一年前まではかなりの度素人であったのですが、現在では自分が取り扱っている自社の商品を製作する仕事も担当をさせてもらっております。最初は難しいと思いますが、しっかりと勉強をして知識をつけることにより、必ずできるようになります。がんばっていきましょう。
タイトル
ランディングページに入れ込む基本的な項目

ランディングページ(LP)の制作の目的がはっきりすれば、ランディングページ(LP)の中に入れ込む必要な項目についてリストアップしていきましょう。

期待するアクションをユーザーとってもらうには、ランディングページの中にどのような項目を入れ込めばいいのかを検討しましょう。

ここでは、ランディングページに入れ込む基本的な項目について見ていきましょう。

まずは、メインキャッチコピー、リード文、サービス・商品の写真、問題提起と深堀りの具体的なもの、解決する方法の提案、サービス・商品の情報、メディア掲載、利用した人の声などのサービス・商品がいいという根拠、保証、期間限定などのオファー、購入、問い合わせボタンなどのコンバージョン要素ごとにランディングページのベースになる情報を収集しましょう。

ここでは、メインキャッチコピーの作成方法について詳しく見ていきましょう。

メインキャッチコピーというのは、サービス・商品の説明を短く、分かりやすく、インパクトがあるように表現した文章です。

ランディングページを見た場合に、最も初めにユーザーの目に入るところに表示されるものです。

メインキャッチコピーの制作例について見ていきましょう。

化粧品を販売しているサイトの例としては、まだ、50代の肌でも手遅れではありません、本当の潤いを手に入れましょう。

保険業者のサイトの例としては、生命保険を見直しすることによって、節約が200万円もできました。

ママさん向けの求人情報サイトの例としては、在宅勤務OK、残業なし、仕事をしたいママさん向けの求人情報サイトです。

リフォーム会社のサイトの例としては、リフォーム+中古マンションという選択肢があります。

細かなメインキャッチコピーのデザインのテクニックについては、ネットなどでも紹介されているため確認してみましょう。

メインキャッチコピーをデザインする場合には、まずユーザー視点を徹底するということを抑えておきましょう。

先にご紹介したメインキャッチコピーを見れば分かるでしょうが、具体的なそれぞれユーザーの悩みに対応したものになっていることが必要です。

メインキャッチコピーのランディングページにおける役目は、ユーザーに役立つ情報が記載されているので見なければ損になります、ということをページを訪問したユーザーに対してアピールすることです。

情報はユーザーにとって役立つものであるとイメージさせることができると、その後に記載されている中身を続けて読んでくれるでしょう。
タイトル
コンバージョン率アップのためのランディングページのデザイン

ランディングページ(LP)というのは、インバウンドマーケティングにおいて失敗しないための基本的なものであり、避けることができないものです。

ランディングページ(LP)は、カスタマイズをオファーやキャンペーンごとにしたものを制作することが大切になります。

オファーやキャンペーンをせっかく準備しても、これらをホームページの曖昧なものにリンクすれば、訪問したユーザーが取るべきアクションが分かりにくくなって、コンバージョンを獲得する機会を逃してしまいます。

ここでは、コンバージョン率をアップするためのランディングページのデザインを制作する場合のポイントについて見ていきましょう。

ランディングページのデザインを制作する場合のポイントは、要点をずばり伝えることです。

それほど長く人の集中力は継続しません。

ランディングページを制作する場合には、このことを考慮して制作する必要があります。

ネットを見ている人がランディングページに記載されている全ての情報を読むことはほとんどありません。

むしろ、画面を一見するのみで、自分が希望するような情報を探しています。

そのため、ランディングページを制作する場合に大切なのは、簡潔に要点を伝えることです。

ランディングページを訪問したユーザーは、理由があるためにページに訪問しているため、この理由に対して簡潔明瞭に対処する必要があります。

オファーする価値がどのようにユーザーの関心や要求を満足させて、問題を解決することができるのかについてアピールすることが必要です。

例えば、ヘッダーの明確なものを使用する、箇条書きにしてすぐにオファーから獲得できるメリットが分かるようにする、イタリック体や太字によって大切なところを強調する、簡潔に全体をまとめる、などというような工夫をしてみましょう。

ランディングページのデザインを制作する場合のポイントは、対比色を使用することです。

メインのCTAは、すぐに必ず目につくようにしましょう。

訪問したユーザーにフォームに書いてもらって、購入ボタンをクリックしてもらうためには、どこでこれを行うといいのかよく分かるように伝えることが必要です。

そのためには、対比色や補色を使用するなどして、訪問したユーザーの目を惹きつけるようにしましょう。

例えば、ランディングページの全体的な色合いが青と白のような場合に、購入ボタンのみは明るいくすんだピンクにすれば、ユーザーの目にすぐに飛び込みます。


タイトル
安心感を与えられるランディングページとは

ランディングページを制作する時、ぜひ気をつけたいことはユーザーに安心感や親近感を与えられるコンテンツを摂り入れることです。

良いランディングページを作るためには、ユーザーの抱えている悩みを想定することが大事です。

商品を売りたいターゲット層の持つ悩みを記載することで、ユーザーに共感してもらうことが出来たり、ユーザーとの距離を縮めることが出来ます。

ただ一方的に売り込みたいサービスや製品の良さや特徴を紹介するよりも、このような悩みを抱えていませんかといった風にユーザーの持つ不安や悩みやストレスや心配事といったを具体的に示し、その後で製品やサービスを使用することで悩みや不安を解消出来るといった様に導くと、ユーザーの共感や支持を非常につかみやすくなります。

サービスや商品を利用したいと考えている見込み客が、どのような悩みを抱えているかを想定してみたり、悩みに対する共感文やコメントを記載したり、ユーザーに同調するようなLP制作をした方が、ただ単に一方的に商品のメリットばかりを羅列するページよりも圧倒的に効果的であると言えます。

また、良いランディングページのデザインを作る時には、ただシンプルに文章メインで製品特徴を伝えたりユーザーに宣伝を行うよりも、製品のイメージが良くなるような綺麗な画像を配置したり、購買や資料の請求やサンプル請求といったコンバージョンボタンは見やすく分かりやすい目立つ大きな存在のものにするのもおすすめです。

コスメのサイトならばただ単に製品の画像を用意するだけでなく、綺麗な肌のモデルさんを用意したり、キャッチコピーや簡潔な宣伝文句をフォントではなく、バナーとして華やかに掲示するといった手法はよく用いられています。

ユーザーに良いイメージを持ってもらうことが大事なので、製品の権威性や実績があればランディングページの上部や目立つ位置にバナーとして製品特徴を記載したり、画像を多用するのもおすすめです。

また、LPのデザインでは商品の魅力や良さを端的に伝えられるキャッチコピーを用意したり、ユーザーへの問題提起を提供することが大切です。

いきなり何も知らない商品について詳しく紹介してもユーザーは読んでくれない確率が高いですが、端的に製品の特長や利点がキャッチコピーで紹介されていたり、問題提起で自分が持っている悩みが記載されていると、一気に製品への興味や関心を煽ることが出来ます。

ランディングページの制作では見込み客の持つ悩みを実際に想像してみて記載したり、分かりやすいバナーや見やすい配色で視覚的な工夫を凝らすことが非常に大事です。

また、購入ボタンを大きくしたり、購入ボタンはページ下部だけではなく上部にも表示したり、ランディングページの途中にも用意したりと、複数個用意しておくのもおすすめです。

ユーザーに信頼を与えたり安心感を与えるためには、サービスや製品の不安解消や問い合わせに応えることも大事なので、メールアドレスや電話番号といった連絡先を記載しておくことも忘れてはいけません。
タイトル
もしかしたらという気持ちを持たせてくれるページ

ランディングページについては、もしかしたらこれを購入すると、いいことがあるかもしれないという気持ちを持たせてくれるページとなります。こうした気持ちを持たせることが、実は宣伝では重要なこととなっており、成功するかどうかの境目になります。宣伝をしても、これはいいことが無いだろうとか、自分の需要には合わないから利用しないなどの気持ちを考えられてしまうと、宣伝をすることが出来ずに苦労することになります。

ページ自体は、デザインをしっかり作り出して、制作のときに宣伝をすることを前提に考えていくのですが、そうした前提を行っていても失敗することが多くあります。これは、宣伝をしても、いい思いをすることが出来ないと判断されて、LP自体の価値が薄くなってしまうことにあります。本当ならそうしたことは怒らないのですが、見てくれる人が商品の特徴を理解してもらうことが出来ず、さらに購入して得をすることがあまりないと思われれば、宣伝に繋がらないのです。

もしかしたらという気持ちを出させることが、デザインには重要なこととなっています。購入するといいことがあるとか、お金を稼ぐことが出来るなどのメリットを持っているのであれば、そうしたランディングページを見て購入したいと考えてくれるはずです。後はページを見ている方が、どこまでこのサービスを理解してもらえるかにかかってきます。デザインの美しさは勿論ですが、制作の場合は何が重要なものであり、どこを宣伝したいのかしっかり伝えることも大事になっています。

色々なことを見ていくと、徐々にですがランディングページというものが、宣伝以外にも希望を与えるものとして考えられていることがわかってきます。そのような気持ちを与えてくれるページにしなければなりませんし、LPというのは希望をもたらしてくれるからこそ、見てくれる人が増加することもあるのです。なるべく宣伝をしっかり行って、とにかくいい思いをしてもらうことが大事なことです。

出来ればいいところを宣伝しつつ、これを利用するとこうした気持ちが得られますとか、もっといい売上がもてますなどのメリットを紹介してください。そうしたメリットを見ているうちに、ランディングページから購入したいと感じられることが増えてくるようになりますから、どんどん利用したいと考えてくれる方が出てくるはずです。そうした気持ちのために、ページを作成することがとても大切です。
タイトル
ランディングページでは説得力を持たせる体験談を載せよう

ランディングページでよく使われている方法というと、体験談の掲載になります。商品説明をしていって、途中に顔写真とかが載っており、その横に実際にその商品を使ってみた人の感想が載っていることがよくあると思います。これは珍しい手法ではなく、定番とも言えるかもしれません。本当にどこでも見るはずです。ということは、それだけ多くの制作者に支持されている手法とも言えるはずです。確かに体験談が載っているのと載っていないのでは、説得力にも差が出てきます。基本的にランディングページに載っているのは、ほとんどが良いことばかりです。それは制作している側がそんな購買意欲を失わせるようなことはあえて載せないからです。したがって、基本的にはこういうランディングページにはメリット部分が多く溢れることになりますが、それも読んでいる人からしたら、本当なのか?と疑ってしまうかもしれません。しかし、第3者の感想があるとまた違った説得力を生むはずです。商品の販売側ではない人間の意見は、非常に参考になるという方も多いと思うので、疑っていた気持ちがそれによって多少は消えるかもしれません。だからこそ、体験談を載せるというやり方は有効なのです。しかし、体験談の載せ方にもまたポイントはあって、体験談の中にもちょっとマイナスポイントが含まれたものをチョイスすると、より真実味が出ます。というのも、いくら体験談が載っていても、商品に対する良い部分だけを厳選して載せているのではないか?という疑問を持つ人もいるでしょう。そういった人の疑念を解消するには、あえてマイナス部分について語っている体験談も載せるのです。すると、あえてマイナス部分を載せるような会社は、自社にとって都合の良い部分だけを

押し付けるのではない、ちゃんと購入者の気持ちを考えてくれていると、信頼を持ってくれる可能性があります。もちろん、体験談以外の部分でも、自社製品に対する懸念材料、デメリットは少しは載せておいた方が良いです。良いことばかりというのはそれはそれで怪しまれてしまうのですから。商品の魅力を失わせると本末転倒なので、デメリット部分はある程度少量に留めておいた方が良いですが、少しは載せた方が良いので、それを体験談にも含められるようにランディングページをデザインしていきましょう。LPでは、体験談を載せるのはもはや常套手段になっていますが、その載せ方の問題やデザイン面に関しても気を配らないと、せっかくの体験談が有効に作用しません。LPでの体験談を上手く活用して、コンバージョン率を上げていきましょう。
タイトル
いいランディングページ(LP)を制作するための秘訣

いいランディングページ(LP)を制作するための秘訣はいろいろありますが、ここでは5つの秘訣について見ていきましょう。

いいランディングページ(LP)を制作するための秘訣は、ページのデザインを目の動きの基本であるFパターンにしたがうことです。

ウエブサイトを見る場合に。ユーザーはコンテンツをFのスタイルにしたがって見るような傾向があります。

そのため、左寄せに大切な画像は置きましょう。

なお、詳しいことについては、ネットなどでも紹介しているので参考にしてみましょう。

いいランディングページ(LP)を制作するための秘訣は、自分の広告と同じビジュアル要素と配色をページには使うようにしましょう。

ページに訪問したユーザーに、本当に自分は正しいところに来たということを確信させるために、一貫したスムーズな流れが必要になってきます。

いいランディングページ(LP)を制作するための秘訣は、クリップアートは使用しないようにしましょう。

画像としては、独占的な自分の代表的なもののみを1つ選びましょう。

サービス・商品の写真は、自分の地元の写真やロゴを使用することもできます。

クリックできるように写真はしておき、表題の相応しいものをつけるようにしましょう。

いいランディングページ(LP)を制作するための秘訣は、ページの中央部付近に自分のメッセージや画像、コピーを置きましょう。

重要度が高くない要素については、削除したり、置く場合にはサイドバーにしたりしてもいいかもしれません。

いいランディングページ(LP)を制作するための秘訣は、簡単に入力フォームは完了できるようにしましょう。

例えば、入力カーソルは自動的にそれぞれの項目について入力が終ると移るようにしましょう。

フィールドの近くにユーザータブはしておきましょう。

チェックボックスのみにして、ドロップダウンメニューは使わないようにしましょう。

データを自動的に好きなフィールドで表示されるものもおすすめです。

注意すべきことは、自分のランディングページというのは、訪問するユーザーが何かを買うためのゴール、あるいはその先が自分のゴールであれば第2ステップであるということです。

自分のサービス・商品、そして自分自身と自分の会社の自信と信頼を築くと同じように、デザインとコピーは訪問してユーザーの興味が沸くように焦点を合わせることが必要です。

そのため、ランディングページを制作する場合には、率直で、しかも正直であることが必要でしょう。

タイトル
ランディングページのコンテンツのポイント

ランディングページ(LP)を構成する要素はいくつかあります。

ここでは、ランディングページ(LP)を構成する要素の一つのコンテンツを制作する場合のポイントについて見ていきましょう。

ランディングページ(LP)のコンテンツを制作する目的は、数値的な情報でサービス・商品の特徴を掲載して、サービス・商品のイメージがより分かるようにするためです。

また、ランディングページのコンテンツのところではサービス・商品の特徴が分かる以外に、ユーザーに対して安心感と納得感を示すようにデザインすれば効果があります。

ランディングページのコンテンツのポイントは、サービス・商品を3つの特徴で覚えてもらうことです。

オリジナルの他の会社にはないような特徴を3つ探して、訴求すれば効果があります。

3つの特徴にするのは、特徴をユーザーに覚えてもうために最も適した数であるためです。

ランディングページのコンテンツのポイントは、納得感を第三者の声によって与えることです。

特徴というのは、サービス・商品を提供するサイドの情報です。

ユーザーからすると、本当にいいものだろうかという不安が湧いてくるでしょう。

そのため、次に第三者の声が必要となってきます。

その分野におけるプロや、実際に利用している人の声を紹介することができれば、説得力が情報にもでてきます。

ランディングページのコンテンツのポイントは、安心感を保証で与えることです。

ユーザーの心配事をいかにして無くすかが、ここで大切になってきます。

不安感を取り去るために、SSL証明書や保証、フリーダイヤルのロゴ、プライバシーマークのロゴなどをデザインするなどによって、ユーザーにできるだけ安心感を与えて、サービス・商品はきちんとしたものであることをアピールしましょう。

メンテナンスやサポート体制など、サービス・商品を購入した後の対応があれば、安心感をさらに与えることができます。

 例えば、サービス・商品を使用することによって得ることができるメリットを、キービジュアルによって教えてあげて、ユーザーに初めのアクションボタンで最終のゴールを示し、サービス・商品を3つの特徴で覚えてもらって、ユーザーをプロなどの第三者の声で納得させて、ユーザーの心を口コミでつかみ、安心感を保証で与え、ユーザーが迷っているのを後押しするというような流れをランディングページの構成にもたせることによって、ユーザーの共感をより獲得することができ、コンバージョンをアップすることにつながります。
タイトル
ランディングページでは効果的に見出しを使う必要がある

ランディングページにおいては様々なデザインと構成が重要になります。特に文章の読みやすさは意識しないといけないポイントで、読み手目線から気持ちよく読み進められるための方法としては見出しを効果的に使う必要があるのです。ランディングページは多くの場合、非常にページのボリュームが大きいです。そして、文章量も多い場合がよくありますら、その文章をダラダラと長く書いていると、読んでいる方が疲れてしまいます。また、どこに何が書いてあるのか?が分からないと、知りたい情報、探している情報が見つかりづらいので、ページを閉じてしまう可能性もあります。したがって、文章の内容のまとまりごとに段落のようなものを作って、それぞれに見出しをつけていった方が良いです。できれば見出しは他の文章よりも目立つように、フォントを大きくしたり、太字にしたり、色を変えたりしてほしいと思います。すると、文章のまとまりごとに、どこに何が書いてあるのか?が一目で分かりやすくなりますから、読み手としても必要な部分だけを選んで読むことができるようになります。見出しがあると、それだけストレスも溜まりづらいのです。ランディングページを制作するときには、そういう見やすさ、読みやすさを心がけたデザインにしていくと良いでしょう。しかし、1つの見出しでも、後に続く文章がダラダラと長いと、結局読み手にストレスを与えてしまいかねないので、ある程度コンパクトに、1つの見出しで多くても1000文字程度にしておくと良いのではないでしょか?そして、見出しの数ですが、これは多すぎず、少なすぎずくらいがちょうど良いと思われます。内容の量に応じて、臨機応変に変えていければと思いますが、5個前後の見出しがあれば、自然なランディングページに見えると思います。見出しが多すぎると、それだけページのボリュームが大きくなりすぎて、読むのに疲れてしまうかもしれません。しかし、見出しが少ないと、全体の文章量が大して多くないわけですから、見出しを設定する意味もあまりないです。そうなると、LPを制作するときには、やはり5個前後の見出しがあればちょうど良いのではないか?と思います。この見出しを有効に使えれば、それだけ売り上げにもつながる可能性があるので、大切な要素として、効果的に使えるようにしていきましょう。LPを作るときには、あくまでも読み手を意識した見出しの設定をしていってほしいと思います。
タイトル
ランディングページ(LP)を制作する場合の構成要素

ランディングページ(LP)を制作する場合の構成要素について見ていきましょう。

この構成要素に注意して、ランディングページ(LP)を制作しましょう。

まず、ベネフィットを、ランディングページのメインイメージとキャッチコピーの最もポイントになるところに記載します。

キャッチコピーとしては、分かりやすいシンプルなデザインがいいでしょう

分かりやすい表現で、そのサービス・商品を利用する人が得るベネフィットを伝えましょう。

イメージについてもこれに応じたものになりますが、可能な限りイメージが具体的にできるようなデザインがいいでしょう。

また、サービスや業種によって違ってきますが、暖色系の方が基本的にはいいイメージを与えるようです。

ベネフィットの実証の情報としては、数値的なものを記載できると分かりやすくより具体的なものになります。

例えば、ランディングページが布団を紹介するものの場合、「子供さんがぜんそくの場合に安心」というようなキャッチコピーにした場合、どうして子供さんがぜんそくの場合に安心して使用することができるのかというような理由です。

ここに、「他の綿布団のホコリの発生量に対して10分の1」というような具体的なことを詳細に記載します。

これまでの情報は、提供する側のものであるため、ユーザーから見れば、「いいということは分かるが本当なのだろうか」というようになります。

そのため、第三者の声が次に必要になってきます。

その分野のプロや、実際に使用している人の声を紹介できると、説得力が情報にも出てきます。

第三者の声のみでなく、実績などというようなユーザーから信頼されるような情報であればどのようなものでもいいでしょう。

安心感をユーザーに対して与えることも大切です。

この場合にも第三者の声は有効です。

コンバージョンが最後にあります。

コンバージョンというのは、最終的にユーザーにとってもらいたい行動です。

商品購入や資料請求、お問い合わせなどです。

コンバージョンとしては、メールフォームのお問い合わせなどによって、情報をユーザーに入力してもらう場合が多くなります。

しかしながら、ユーザーにとってはメールフォームは関門の一つになります。

いかにサービス・商品に共感したとしても、メールフォームが複雑であれば、すぐにユーザーは入力を止めてしまいます。

実は、意外とここで止めてしまうユーザーは多くいます。

このメールフォームは、項目を必要最低限のものに絞りましょう。
タイトル
ランディングページで効果的に商品の良さを伝えるには

ランディングページを制作する時、ぜひ意識したいことは分かりやすく商品の良さをユーザーに知ってもらうことです。

製作者としての視点から製品開発へのこだわりを語ったり、商品の配合成分やスペックといった機能性をただ羅列して伝えても、ユーザーにとっては商品の良さを理解してもらのは極めて難しい話です。

あまりメジャーではない専門知識が多用されていたり、難しいワードがたくさん使われていると、読む気が失せてしまうユーザーが大半と言えます。

ランディングページを作る時の基本は、複雑な表現や認知度が少ないカタカナ英語や横文字を多用したりせず、誰が読んでも理解しやすいわかりやすい文章で商品の特徴を伝えることです。

長すぎない一文にしたり、改行を用いたり、強調したい文章や言葉はフォントを大きくしたり、目立つ配色にするなどの工夫を行い、メリハリあるLPのサイト作りを意識したいものです。

また、LPの制作をする時にぜひ意識しておきたいポイントは、ユーザーの視点に立ってコンテンツを作成することです。

商品に関心を持ってもらうためには、ユーザーを同調させたり、ユーザーに共感を与える必要性があるからです。

ただ売りたい側が一方的に商品の良さについて紹介しても、ユーザーの興味を引くのは難しいですし、逆に不信感や怪しさを増長させてしまったりもします。

そこで、ランディングページではユーザーが抱えているであろう悩みや不満要素を具体的に提示したり、悩みを打ち出してみる手段がよく用いられます。

簡潔にユーザーに問題提起を図ったり、ユーザーの持っている不安や悩みやストレスといったネガティブな要素を記載すると、ユーザーの共感を得られます。

その後、商品を使うことで現状の悩みや不満が解消するといったパターンで商品の良さについて説明したり、商品のメリットを紹介すると、一気にユーザーの心を掴むことが出来るのです。

しかし、実際に商品を利用したユーザーの感想や意見が掲載されていたり、商品やサービスの具体的な利用者数や購買数や販売開始されてからの年数や歴史といった、実績が記載されているとユーザーに安心感を与えることが出来ます。

ランディングページのデザインの制作をするなら、ユーザーに安心感や親近感を与える必要があるので、まずはユーザーへ問題提起をしてみたり、ユーザーの抱える不安や不満や悩みを簡潔に提示したり訴えかけてみることが大事です。

難儀な文章は使わず、誰にでも分かりやすくて伝わりやすい簡潔的な表現を用いたり、ただ文章を書き連ねるのではなく、イラストや写真を効果的に使うのも非常に効果的です。

売上本数やサービスの歴史の古さといった具体的な実績はユーザーへの安心感を与えるための大きな要素となるので、効果的なLPのデザインを作るなら、実績の数字をバナーに摂り入れたり、大きなフォントや太字のフォントで強調して記載しておくのもおすすめです。
タイトル
コンバージョン率とデザイン性を両立させているLP

コンバージョン率とデザイン性を両立させているランディングページ(LP)についてご紹介しましょう。

ランディングページ(LP)は、現在、コンバージョン率をアップさせるためにはデザイン性についても無視することができないものになっています。

簡単に言うと、いかにセールスコピーが素晴らしいものであっても、デザイン性が全く無ければ、一瞬で訪問したユーザーは興ざめするでしょう。

一方、ランディングページがデザイン性を重要視し過ぎて、アピールしたいものが伝わらないようなものでも、コンバージョン率はアップしません。

つまり、ランディングページにおいて、デザインはセールス性とデザイン性のバランスを最適に取ることが大切です。

では、コンバージョン率とデザイン性の両立を図っている制作しているランディングページとはどのようなものなのでしょうか?

コンバージョン率とデザイン性の両立を図っている制作しているランディングページは、Eメールマーケティングソフトをサービスしている会社のものがあります。

この会社のものは、アメリカ国内において、コンバージョン率とデザイン性の両立を図っているケースとして参考に頻繁にされています。

メインキャッチコピーはシンプルにアピールされており、コール・トゥ・アクションの「無料お試し」のものなど、コンバージョン率をアップするコツを使用しています。

さらに、ユーザーの立場にたった商品の見せ方や特徴、社内のカスタマーサポートやエンジニアの写真を掲載するなど、しっかりと「商品をユーザーが欲しくなるような見せ方」についても抑えています。

デザイン、構成ともに、ランディングページの参考にすべきものです。

コンバージョン率とデザイン性の両立を図って制作しているランディングページは、簡単に誰でも高いレベルのプロモーションビデオを制作することができる動画を制作することができるソフトのものです。

まず、ランディングページで目をつくのは、動画のトップにあるものです。

この動画を見ると、感覚的に商品のメリット、この商品で可能ことを理解することができ、楽しくなってきます。

この動画があるために、導入している会社を見せることでの信頼性の演出、この商品を使用することでのベネフィットを紹介するのみのランディングページの短いものとして成り立っています。

さらに、さりげなくコール・トゥ・アクションには、無料というようなコンバージョン率をアップさせるための言葉を入れています。

動画をランディングページに使用したい場合には、非常に参考になるでしょう。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.