上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページにリンクを貼ってはいけない?

ランディングページを制作するうえでは、ランディングページの役割をまず理解しないといけません。これは何のためにあるのでしょうか?正解は、商品を紹介し、購入につなげるための宣伝になります。ということは、そのために望ましい状況を作っていくのが大切ということになるでしょう。そのために望ましい状況とは何か?というと、ランディングページだけに集中してもらうということです。つまり、意識が散漫にならない。これ以外のページやものに気を取られないということが大切になります。例えば、ランディングページの1つの特徴としてはリンクをあえて貼らないというものがあります。実際にリンクが貼られた例を見たことがあるという方は限りなく少ないのではないでしょうか?リンクがあるとすれば、ページのかなり後半とかで、もうコンテンツを全て読み終わった後などになるでしょう。つまり、メインの部分に関してはリンクはほとんど貼らないのです。それはなぜか?というと、答えはすでに説明した通りですが、ランディングページのコンテンツを読み続けてもらいたいからです。だから、リンクを貼らないデザインになっているのです。LPは上から下まで通して読んでもらうことで、内容が1番理解しやすく、魅力が伝わりやすいように工夫されている、構成がされているので、その間にリンクを挟むと、読んでいる途中でリンク先に飛んでしまう人がいます。すると、それまで読んでいた内容が一旦途切れてしまうので、また戻ってきて再度読んだとしても、最初から最後まで通して読んだ場合とは理解度が変わってしまう、全体を通しての理解が及ばない可能性が高いのです。そういう弊害があるからこそ、多くのLPではずっとひたすら商品に対する説明を続けていき、それが終わったとリンクを貼ることもあるといったデザインにしています。これは一種のテンプレートのような形になっており、成功例として機能していると思いますから、真似する価値はあると思います。ランディングページの制作において、こだわる部分とか、工夫する箇所はそれぞれであると思いますが、最低限踏襲してほしいこととしては、コンテンツが終わるまではリンクを貼らないということになるのです。結果的に購入につなげたいのならば、余計な情報を入れずに、そこに書かれていることに集中させることが大事で、別途リンクを貼らないといけないことは、コンテンツの中に最初から書いておけば良いということになります。
タイトル
素人でもすぐに成約率の高いランディングページを作る方法

あなたは成約率の高いランディングページを今すぐ作りたくはありませんか?



成約率の高いランディングページ(LP)を制作するのは、とても難しく、時間もかかります。読み手の注意をひきつけて、読み手を興奮させて、読み手を申込みという行動に移させるランディングページ(LP)は、制作者の経験と知識の積み重ねによってはじめて完成されるからです。デザインもコピーも全てが、経験と知識、そしてテストによって導き出されたものなのです。ランディングページを作ったことがない素人が、簡単に成約率の高いランディングページを作るなんて、不可能です。



不可能ですが、それは普通の方法で作った場合のことです。ある方法を使えば、ランディングページを作ったことがない素人でも、成約率の高いランディングページを作ることができます。あなたはその方法を知りたくありませんか?



その方法とは、パクることです。パクると言うと響きが悪いですが、他人が作った良いランディングページを拝借して、そのデザインやコピーなどを基にあなたの商品やストーリーでランディングページを作るのです。もちろん、まるパクリは違法ですので、パクるのは構成やコピーの流れなどにしましょう。



この時のポイントですが、それは売れているランディングページ、成約率の高いランディングページをパクることです。デザインが凝っていて綺麗なランディングページではないので、注意してくださいね。綺麗なランディングページと売れるランディングページは違います。すごく綺麗なデザインでも、全然売れていないランディングページはたくさんあります。売れないランディングページをいくらパクっても売れないので、必ず売れているランディングページをパクりましょう。売れるランディングページには、売れるなりの理由があり、彼らは色々な表現をテストして、そのデザインやコピーに行きついたのです。ですので、あなたは彼らのランディングページをパクることで、彼らが知識や経験、テストした結果を拝借することができるのです。



それでは、売れるランディングページ、成約率の高いランディングページはどのようなものでしょうか?例えば、売れている商品のランディングページ、アフィリエイトで売上の多い商品のランディングページ、あなたが思わず買ってしまった商品のランディングページです。



これであなたも今すぐ成約率の高いランディングページを作ることができます。更に何パターンか作ってテストすれば、より成約率の高いランディングページを作れます。
タイトル
ランディングページで用いると良いバンドワゴン効果

ランディングページでは、いかに読者の心理面を突いて、商品の魅力を感じ取ってもらい、購入につなげるか?がポイントです。ランディングページで売り上げを上げていくためには、そういった心理面をついた取り組みがどうしても必要になります。例えば、バンドワゴン効果というのがあります。これは知っている人もいるかもしれません。というか、気付いていないうちに、私たちもそれを目にしているはずです。バンドワゴン効果とは何か?というと、要するに読者にとって期待感や安心感を与える策になります。具体的に言うと、「話題沸騰中」や「1万人の愛用者」みたいなフレーズを見たことがあるのではないか?と思いますが、そういったものがバンドワゴン効果の布石になります。そいったフレーズを目にすると、どういう気持ちになりますか?人気でみんなが使っているならば効果が大きいのかな?と思うのではないでしょうか?それがランディングページの制作で実際に用いられているバンドワゴン効果になります。安心感を与えると書きましたが、やっぱり誰も使ったことがないものよりは、すでに誰かが使っているもの、多くが使っているものの方が安心して自分も使えるというのは、間違いなくあると思います。そして、利用者数が多ければ多いだけ、それだけ人気ってことは効果が高いからなのか?と想像もつきますし、期待感も生まれると思うのです。そういう部分で無意識に商品を選んでいる人が意外に多いと思うので、これはランディングページで実際に使われているテクニックになりますし、これからランディングページをデザインしていくときには、ページの中にそういった気持ちを連想させる特定のフレーズやキャッチコピーなどで使ってみてほしいと思います。商品をアピールするのは当たり前なものの、アピールに仕方を工夫しないと、やっぱり売れないんです。興味をちょっと持つだけで終わってしまって、買ってくれるまではいかないケースがあるので、いかに商品をよく見せるか?良いと思わせることができるか?という部分をLPを制作していくときには考えていきましょう。こういったバンドワゴン効果を狙ったフレーズやキャッチコピーはどこに配置するか?どういうデザインにしていくか?ということも大切です。ある程度目立つように載せていった方が良い部分だと思いますから、LPにただそういう文言を入れるだけではなく、入れ方の問題も同時に考えていくと良いでしょう
タイトル
読んでもらえるライディングページ作成のポイント

WEBサイトを巡っていると、興味ある情報が目に付くと、そのページに留まってさらに深く情報を探ろうとします。



訪問者は様々なWEBサイトを巡る事になりますが、全てのサイトをじっくり見てくれるわけではなく、ランディングページという最初に訪問するページは極めて重要です。



着地ページとも表現されるランディングページの出来によって、ユーザーが問い合わせをしてくれたり、資料請求や購入に至るのかが変わってくるとも言えますから、まずはこのページの制作には力を注ぐ事が必要になります。



そこで単純に見た目のデザインだけを重視して制作するのではなく、サイト全体の構造設計、どうしてこういった構造体系が必要なのかを考えられたサイトにする事が必要です。



LPOはランディングページ効果を高める為に、レイアウト設定やテキスト等のデザイン全体を調整する作業であり、使う側からの視点を意識したLPOが必要になります。



WEBサイト構築にはユーザーを誘導する情報設計が必要ですし、情報設計を行う時には最初に着地する事になるランディングページの重要性はより理解出来ます。



視認性が悪くて情報を詰め込み過ぎたサイトは、一瞬で何の情報があるサイトか解らないですし、最初に着地するページがごちゃついていると、内容自体を読んでもらえる可能性は極めて低くなるものです。



クリックボタンが雑多になって解り難く、情報が多くて目的情報を見つけられず、テキスト情報ばかりで読み込まないと内容が把握出来ないというのは避けたいページ作りと言えます。



本当に必要な情報だけをレイアウトされていて、適度な余白も意識されて直観的に理解出来る事が望ましいですし、誰もが直観で興味を持つ情報を最初に見える所に表示する事が望ましいです。



現在はホイールマウスが普及しており、PCで閲覧する時でもスクロールしながら閲覧が基本とも言えますし、タブレットやスマホでもスクロールでの閲覧が自然になっています。



そこでユーザーの視線移動を無視してデザインのみを優先させて情報配置すると、読んでもらう機会損失に繋がります。



そのページに着地してもらった時に、何を優先して伝えたいのか明確にして、そこからどのようにページ移動をさせたいのか、あくまでユーザー視点を考え抜いて設計する事が必要です。



いずれにしても着地ページでは一瞬で気になる情報を提示して、続きを見て貰えるようにする事が必要ですから、連続ドラマで言う所の1話です。



1話が興味深く作られていないと、5話辺りから面白くなっても続きを見てもらえないですし、最初の着地点は注力して作る必要があります。
タイトル
ランディングページでは共感をしてあげることが大切

ランディングページではいろいろな策を講じながら、読者に対して商品の魅力を感じ取ってもらうようなことが行われています。正解がないからこそ、ランディングページの制作は非常に難しいわけですが、その中で1つ使ってみてほしい方法があります。それはランディングページを読んでくれている人に共感をするというものです。これは具体的にどういうことか?というと、ランディングページを見ている人は、何らかの悩みを今持っているはずです。その悩みをなんとかしたいがために、インターネットで検索をして、ここにたどり着きました。その悩みに共感してあげるということが重要になるのです。これは2つの効果を持っています。例えば、「歳をとると肌の弾力がなくなってきてしまい、困り果てていませんか?」といった文章を書いておくと、実際その悩みを抱えている人にとっては、私の悩みを分かってくれているという親近感とその悩みを見抜いているっていうことは、この商品を使えばその悩みが消えるのでは?という安心感という2つの効果を生むことになります。実際、ランディングページで扱っている商品が加齢による肌の弾力の低下を補える商品で、それに関するキーワードで検索してたどり着いた人の場合には、そういった文章が書かれていれば、この親近感と安心感を持つのではないでしょうか?共感してくれると単純に嬉しいという面もあるでしょうし、自分の悩みを完全に見抜いているページで売られている商品は効果があるんじゃないの?と期待感も持てますから。こういった部分に注意をして、LPを制作していくと良いと思います。自社製品の特徴をちゃんと理解していれば、どういう共感の仕方をすれば、それを読んだ人にとって、紹介している商品が魅力的に映るのか?というのも分かると思うのです。ある意味キャッチコピーのような存在ですから、適当に作るのではなく、ちゃんと文章自体も丁寧に考えていく必要があります。できればLPの前半の方でその共感してあげる文章を載せていくと良いでしょう。誰でもやろうと思えば使えるテクニックの一例になると思いますし、難しいわけではないと思いますから、これからランディングページをデザインしていく過程で思い出して取り入れてみてほしいと思います。読者の心理面を理解して、彼らの立場に立ったとき、どういうページのデザインになっていれば商品を欲しがるか?を考えると、売り上げを上げるためのランディングページ作りの良いヒントになっていくのではないでしょうか?
タイトル
キャンペーンの内容を記載できるようにする

ランディングページについては、商品の説明をすることが大事になっていますが、それだけで勝負が出来るとは考えないことです。これだけで勝てるような状態になっているなら、それは競合相手がいないことを意味しており、1人勝ちの状態となっています。しかし、そうした状態になることは基本的にありえないことで、何らかの競合相手によって、LPを閲覧されないことは普通にあります。キャンペーンの内容を記載することで、さらに呼び込みを狙っていくことも大事なことです。

制作をしているときに、こうしたキャンペーンがあったなと思っているなら、これを前面に出すようにしてください。通常よりも安い金額で購入できるとか、この時期だけおまけが付くなどのサービスを記載しておけば、このタイミングしかないだろうと思ってくれて、次のページにも入ってくれるようになります。また、掲載されている情報をすべてみてくれるので、デザインがどれだけシンプルでも、最後まで読んでくれる可能性があります。

もしキャンペーンの記載が行われていなかったら、デザインがシンプルすぎて、読むことが難しくなってしまうときもあります。何も書かれていなくて、得をすることが無いのであれば、基本的には意味のないページになってしまうので、ランディングページというのはキャンペーンも記載してください。制作をしているときに、LPには色々なことを記載しなければならないと思っていることが重要であり、この表記によって様々な変更が加えられることになります。

勿論、期間についても必ず記載してください。この期間までに注文してくれないことには、全く効果が無いことを示しておかないと、客を呼び込むことが難しくなってしまいます。ランディングページでも、期間を限定してそうしたページを作っておくことで、利用してくれる人が増える可能性はありますので、期間の表記だけは行ってください。後から書かれていないことを、指摘されてしまう可能性もあるので注意が必要です。

見ている人が、得をすることを前提にしているページも有効なことであり、これが出来ているようなら、ページとしての価値を高めることができます。ランディングページは、キャンペーンなどの記載も凄く大事なこととなっていて、これによって得られる情報で、多くの人が商品を購入したいとか、これを試してみようという気持ちになってくれます。そうしたページを作ることが大事なことです。
タイトル
誰でも入ることができるページだからこその配慮が必要

ランディングページは、誰でも入ることができるページとなっています。その代わりに、初めて利用する人にも、配慮しているページにしなければなりません。誰が見てもわかりやすいものにしておかないと、どのようなページなのかを判断することが出来ないままとなりますし、場合によってはページの状況を判断できず、すぐに出て行かれてしまうことになります。やはりページの制作をする場合は、少しでも初めての人への配慮を考えていかなければなりません。

デザインについては、基本的に目立つものにしたいという考えを持っているかもしれませんが、目立つようにするという気持ちが、余計な部分を生み出してしまうこともあります。最初はシンプルなものでもいいですし、LPはそれ以上に説得力が必要となっているページです。適当に考えているところは捨てて、少しでも見やすいように工夫すること、そしてわかりやすい説明を中心的に行うようにしないと、見てくれる人への配慮が出来ないままとなります。

とにかくどのような商品なのか、これについては記載する必要があります。書かれていないと、何をしている商品なのかがわからず、ランディングページというのは無意味な存在に変わってしまいます。必要なことが書かれていて、なお且つ商品の画像などが入っていれば、よりわかりやすい感じに見えるのです。色々なページを見ていればわかるかもしれませんが、LPというのは、本当に説明をしっかり行って、サービスや商品を理解してもらうためにあるのです。

こうしたサービスをしっかり行っているところでは、ランディングページを見ているだけで、ある程度の判断が出来るようになります。勿論サービスによっては、わかってもらうまでに時間がかかるかもしれません。ただ、誘導するためのページであることを考慮してデザインを制作、そして実際に利用しているわけですから、本当に見てもらいたいページに行かせるのであれば、ちょっとわかりやすい程度の表記でも全然問題はありません。

誰でも見ることが出来るページ、それがランディングページでもあります。検索しているユーザーが、どのような方法で閲覧しているのかはわかりませんが、様々な方法ではいることができて、そのサービスについての理解を深めることが出来ます。いいサービスを受けることによって、確実に成功するチャンスもありますから、なるべくわかりやすく、そして入ってきた人にメリットのあるページにします。
タイトル
売れるランディングページを作りたい人はいますか?

これから、売れるランディングページ(LP)を制作するために、超重要なポイントを説明していきます。



1.ファーストビュー



ファーストビューとは、あなたのランディングページにアクセスした人の目に最初に入って来る画面です。ランディングページのトップの部分です。よく初めての人と会う時、「第一印象が大事」という言葉を聞きますよね?これは、何も人に限ったことではありません。WEBページや広告にも同じことが言えます。



もしファーストビューでアクセスした人の注意を引ければ、そのまま読んでもらえますので、最終的にあなたの商品やサービスを購入してもらえる可能性があります。しかし、ファーストビューで興味を持たれなければ、アクセスした人はページ右上の×(閉じる)ボタンを押してしまいます。キャッチコピーやデザインを含めて、一番力を入れましょう。



他の売れているランディングページのデザインを参考に真似るなどすると良いでしょう。



2.キャッチコピー



キャッチコピーは、あなたの商品の宣伝文句です。営業マンがセールスする時の最初の一言とも言えます。ここでアクセスした人の注意が引ければ、そのまま文章を読んでもらえますが、もし興味を持ってもらえなければ、あならのランディングページは読まれずに閉じられてしまいます。



キャッチコピーは、ファーストビューにあると思います。あなたがターゲットにしている人が思わず目を止めてしまうような刺激的なフレーズや得をすると思えるようなフレーズを入れましょう。



3.ベネフィット



ベネフィットとは、あなたの商品を購入することで、お客様が得られる効果や結果のことです。商品のメリットや特徴とは違うので、注意してください。



例えば、iPodは軽くて大容量ですが、軽いのと大容量なのは特徴で、軽いからどこでも持ち運ぶことが出来ていつでも好きな音楽が聴ける、大容量で音楽がたくさん入るのでCDの入れ替えなどの手間が要らず音楽に没頭できるというのがベネフィットです。



4.お客様の声



お客様の声は、非常に重要です。なぜなら、お客様の声はあなたの商品の信用度となるからです。お客様の声が多ければ多いほど、信用される傾向にあります。また、自分(ランディングページを読んでいる人)と同じような境遇や状況の人の声があれば、よりあなたの商品に興味を持ってもらえます。



5.オファー



オファーとは、取引条件のことです。例えば、プレゼント、返金保証、アフターフォローなど、商品を購入すると付いて来る物です。このオファーが強ければ強いほど、成約率が上がります。お客様があなたの商品を買わなかったら損をするようなオファーを出しましょう。



最後に



売れるランディングページ(LP)を制作するには、以上の5つのポイントに注意しましょう。また、5つのポイントをしっかりと作り込んだとしても、一気に広告を打たないでください。あなたが作ったランディングページが本当に売れるかどうは、テストをしないとわかりません。テストをした結果、成約率が高ければ、お金をたくさんつぎ込んでたくさん広告を打てば良いですし、ダメなら改善してまたテストして、あなたが納得のいく成約率が出るまでテストを繰り返しましょう。
タイトル
ランディングページでは読者をいかに不安にさせるか?が大切

ランディングページを制作するときには、もちろん最終的な目的は商品を購入してもらうことなので、それを意識してデザインをしていかないといけません。ランディングページはページの内容をどんどん読み進めていくうちに、商品を買いたくなるような、そんな構成にしていくべきなのですが、そのときに意識してほしいのは読者を不安にさせることです。不安にさせるというのは、商品について不安を高めさせるわけではありません。そんなことをしたら益々買ってくれませんから。ここで大切なのは不安を生んで、それを商品の購入につなげるということです。不安が生まれると、人間というのはそれを解決したくなります。そして、その不安を解決できる商品が目の前にあればどうでしょうか?購入意欲が沸いてくるのではないでしょうか?分かりやすく説明すると、例えば、ダイエット食品を販売するランディングページにおいては、不安を煽るために従来当たり前とされていた方法、または多くがよくやっていると思われる方法の欠点を挙げて、それを続けていても痩せられませんよ?または痩せられてもリバウンドしますよ?などと説明していくのです。もちろん、それは嘘ではなく、ちゃんと理由も添えて真実を説明していかないといけませんが、その説明に説得力があれば、え?私が今までやってきたダイエットは何だったの?と思うのではないでしょうか?ダイエット食品のランディングページに来ているということは、その時点でそれまでやってきたダイエットに効果があまりなかったからでしょう。だから、他に良い方法や商品はないか?と思って、たどり着いたと推測します。その時点で、購入意欲は割とある方だと思いますが、そこで購入意欲をMAXに高めるためには、それまでやってきた方法や使ってきた商品が間違っていたのかな?と思っている読者に対して、その通りだと念を押してやる必要があるということです。「こんな間違った方法でダイエットをしてきませんでしたか?」というような説明を載せておくと、LPを読んだ人のうち、実際にその方法をやってきた一定割合の読者は、自分のやり方が間違っていたことに不安を覚えます。しかし、逆に効果がなかったのは、単純に方法が間違っていただけなんだという安心感も若干生まれます。自分が痩せられない体質などではないと、方法さえ正しければ痩せられるんだという期待感や安心感を抱けるはずです。つまり、不安を煽った結果、読者に不安にさせるが、同時に安心感を与えて、よりそこで紹介している商品への期待感を増幅させていった結果、商品の魅力が際立つのです。間違った方法や商品を紹介して、うちの商品はそういうものとは違うというアピールを含めたLPを制作していけば、それは購入意欲を高められるはずです。ランディングページを作るときにはそういう構成やデザインの意識も必要になります。
タイトル
何を伝えたいのかを前面に出しておかないと駄目

ランディングページについては、基本的に何を伝えたいのか、一番上のページで紹介することになります。現在は、HTML5というコードが利用できるようになっていることから、一番上に掲載されている情報については、すぐに確認できるなどのメリットもあります。そのため、いきなり何を伝えたいのかを明確にしておくことによって、利用しやすい状態を作り出すことが可能となっているのです。わからないまま下を見てもらうのではなく、わかってもらってから下を見てもらうことが大事です。

ページについては、基本的に最終的な結論から出しても構いません。そのほうが見てくれる人が多くなったり、場合によっては効果を発揮してくれる可能性が高くなります。その上でやらなければならないのが、結論が何故そうしたものになるのか、これをやってくれるメリットは何かなどを説明することです。LPについては、説明をしていくことで、最終的に一番下の情報を見てもらえるように、行動を起こしてもらえるようにしておかなければならないのです。

様々なデザインを作っていく、制作をしていく過程で、綺麗なものを作り上げていくことはかなり重要なポイントとなっています。ただ、それだけで効果を発揮してくれるほど、ランディングページというのは甘いものではありません。なるべくいい情報は全て掲載するようにしなければなりませんし、支持を集めやすいものについては、ページ上に掲載していくことで、利用しやすいなどのメリットが生まれてくることになります。

デザインについては、まずは目に付くような部分を1つ作ることになります。制作をしていくときに、これは目を引くだろうと思われるページを作っておくことによって、ランディングページというのは見られやすくなっていきます。LPでは、上に目立つ部分をおいて、徐々に目立たないようにしつつも、説明のページを作っていくことが結構大事なこととなっていますので、それができているようなページであれば、特に問題が起きることはありません。

結論の説明をしていくことが、いかに重要なことかを理解しておかないと、ランディングページというのは成功しない可能性が高くなってしまいます。そして、成功するためには、何が大事なのか、結論として紹介できることをしっかり説明しながら、ページを作っていかなければなりません。適当に作っているページだと、そうした理由の説明がうまく出来ないので、失敗することがあります。
タイトル
どのキーワードに対して宣伝したいのかを示すこと

キーワードの設定について、絶対にやらなければならない部分と考えてください。ランディングページについては、キーワードを見てもらうことによって、さらにメリットを増やすことが出来ます。どのようなキーワードで宣伝したいのか、まずは決めていくことになり、それに対してLPというページを作って行くことになりますが、このページがしっかりしていないと、キーワードを見てもらったときに、メリットを多くすることが出来なくなってしまうのです。

広告を作ることになった場合、まずはどのキーワードに設定するかを判断することになります。キーワードによっては、もしかしたら競合相手が多くなっていて、なかなか自分たちが求めているような方法が出来ないかもしれませんが、それを覚悟の上で設定していくことになります。その上で、LPというページの制作をすることになります。キーワードに対して、どのようなものを提供しているのかを示すことによって、閲覧するユーザーの増加を図ることが出来るのです。

デザインについても、なるべくキーワードに特化しているように変更することが大事です。背景の色なども含めて、少しでもそのサービスに近づけるような状態にすること、様々なキーワードからも、連想されるような感じにしておくと成功します。ランディングページを見ているユーザーが、そのサービスを知ってもらうことが出来るとか、なるべくサービスに強いものを作っておくことが、ページに必要なものでもあります。

デザインを決定した後、ランディングページとして必要な文章の作成をしていくことになります。この文章をしっかり整えておかないと、成功するチャンスが生まれてきません。確実にいい情報を提供するためには、説明のできること、キーワードが何かを知ってもらうことも大事になってきます。そのような情報を提供できないままだと、失敗する可能性が高まってしまうので、情報として提供できるものは何でも出していくことが大切になります。

キーワードから考えていくことも、実はかなり重要なものとなっています。知っているワードから、情報を得られるようにしていれば、それだけ多くの効果を発揮してくれる可能性があります。ランディングページを作るときは、広告宣伝と同じ部分をしっかり考えていくことが大事になります。そうした宣伝をしていることによって、更なる効果を得られるように、自分たちが出来ることは積極的に行い、制作を続けることです。
タイトル
他に作られているサイトの情報をしっかり確認しておく

ランディングページというのは、最初からうまく作ることができないページとなっていて、成功したいと思っても、そう簡単にできることではありません。うまくやっているつもりでも、全く宣伝に繋がらないようなページが作られることも多くあり、これでは効果が無い様に感じてしまうことも幾つかあります。LPというのは、他にも一緒に作っているサイトがありますので、そうしたページをうまく活用していくことが、宣伝には必要不可欠なこととなっています。

行われているページについては、大体他のサイトを踏まえて作られているものが大半であり、結局のところ、利用しているサイトというのは、他に優れているページをうまく活用しているものばかりと考えてください。デザインについてもそうですし、制作している過程についても、色々な点を踏まえれば参考にしているサイトは絶対に用意されています。そうした部分の確認をしっかりやっておくと、どのようなサイトを作っていけばいいのかがわかるようになってきて、宣伝に向いているところもかなりわかりやすくなってきます。

デザインについては、基本的に制作する前に、他のサイトの情報をしっかり得ておくことになります。最大の理由は、類似するサイトが存在していないのか、現在考えている案を基に知っていなければならないからです。ランディングページというのは、同じようなサイトがあっても問題はないとされていますが、それによって盗作疑惑をもたれてしまったり、ネット上で問題になってしまうケースがありますので、確認作業はしっかり行ってください。

その上で、LPを作っていくときに、自分なりのオリジナリティをしっかり出すようにします。オリジナルの部分が出来ていることによって、色々な特徴を出すことが出来ますし、成功するような際と構築だって簡単にできるようになります。本来入れるはずの無かったものだって、うまく利用していけばいい宣伝効果を生み出してくれる可能性がありますから、有効に活用できることは行ったほうがいいのです。

ランディングページというのは、最初から作ろうとしていると、かなり失敗する可能性が出てきてしまいます。参考にする案件というのは、当然のように用意されているものであり、うまく活用していくことが出来れば、それだけいいサイトを制作することができるのです。ページについても、まずは参考に出来るものの調達と、利用しやすいものがランディングページ似ないか探していくことです。
タイトル
最終的に購入を決定づけるランディングページのトドメ

私達がお店でを回って

「こんな商品がないかな?」

と考えながら、やっと見つけたセーター。

試着をして、スタッフからも褒められて、思わず本気で買う気になりました。

しかし、高まっていた気持のスタッフさんの最後の一言で興醒めしてしまいました。

「お支払いは現金でお願いします。」

クレジット決済ができる時代ですから、このような場面はめったにないことでしょう。

でも、せっかく買うことを決めていたのに、お店のスタッフや説明員の最後の一言で買う気持ちが失せてしまうことはいくらでもあるのです。

インターネットのショッピングでも似たようなことはいくらでもあります。

むしろ、対面ができずにサイトのページだけで買う気になってもらえなければなりません。

そう考えると。ネットショップのオーナーさんはサイトの制作も真剣に取組む必要がありますね。

ネットの業界では、「LPのデザイン制作の重要性」とも言われていることです。

LPとは、ランディングページの略ですが、このページは商品を説明する最終ページとも言われています。

納入希望者はインターネットで、買いたい物を検索してから、ヒットしたサイトから訪れることが多いです。

その時には、サイトのデザインや説明が分かりやすいと、どんどんと購入する手続きまで、一気に進んでいきます。

その役目をはたすのか、ランディングページと言っても過言ではないでしょう。

このページでは、見る人を買う気にさせなければなりません。

そのためには、単なる商品の説明だけではなく、

「何故、あなたにこの商品が必要なのか?」

そのような観点からの問いかけや

「このように使えば、悩みが解消されます。」

そんな言葉が連なっていると、もう購入する意思はほとんどかたまって入ると言えます。

しかし、ランディングページの中のチョッとしたことで、その気持ちがトーンダウンしてしまうこともあります。

「どこのアイコンをクリックすれば良いのか、分かりづらい。」

探しているうちにしだいに面倒くさくなって、買うことを止めてしまったということさえあるのです。

サイトから入ってきて、ここまで来たのに最後の段階で、失敗てしまうことも少なくありません。

ランディングページは、商品を購入してもらうための最後のベージです。

このベージに訪れた人に対して、購入動機や商品の必要性、課題の解決という一連の流れを得々と説明するでしょう。

やっと気持が高まったところで、単なる購入ボタンのアイコンがどこにあるのかが、分かりづらかったためだけに商売が頓挫してしまった悲劇です。

仕上がりのよいページを作ることは、最後のツメも忘れはならないとことでもあります。
タイトル
購買層を明確にしたランディングページが成果を上げる

最近、利用者が急増しているネットショップのユーザー。

何時でも何処からでも、インターネットがつながっていれば気兼ねなく手軽にショッピングができるようになりました。

世の中、本当に便利になったと思います。

これに伴い、ネットショップを経営している人も増えてきましたが、あまりにも参入者が多いことから、競争は激化しています。

そんな競争の中で、力を入れているのが、LPデザインの制作です。

LPとは、ランディングページのことですが、商品サイトの中で一番、重要なページとなっています。

このページでは、商品の説明をすると同時に、最終的な購入手続きのステップにつなぐ大事な位置を占めている箇所です。

したがって、ネットショップの経営者の方々は、このページをいかに効果的にできるかに力を入れなければなりません。

インターネットでは、サイトに訪れても関心を示さないと、すぐに他のサイトに、行ってしまいます。

それを防ぐためには、観やすく分かりやすい、ランディングページのデザイン制作を考えなければならないのです。

そのためには、自分が扱っている商品の顧客ターゲットを明確にしておくことが重要です。

どのような年齢層が購買層になるのか?

性別、性格、好み、職種など、色々な条件から、商品の進め方が変わってくるからです。

それによりランディングページでは、具体的な説明を作っていけるのです。

商品を説明することが、目的の一つでもあるベージですが、商品の性能や仕様を並べだけでは、お客さんの興味を惹くことは中々できないものです。

「この商品はどんなもの?」

と疑問を浮かべるだけです。

例えば、健康食品を扱うネットショップの場合、

「ピタミンCが40%も含まれており、ひと粒でレモンの50倍の量を摂取できます。」

このような説明が表記されていたとします。

この説明を見たお客さんの反応は

「ふうん。すごいことは分かったけど、どんな効果があるんだろう?よく分からないなぁ。」

と関心を示さず、他のサイトに移ってしまう可能性があります。

それが「朝、起きることが辛い人にお届けします!寝る前に、これをひと粒で飲むと爽快な朝を迎えられます。」

このようなフレーズを見ると、どんな印象を受けるでしょうか。

おそらく、悩んでいる人の関心は高まっていることでしょう。

このように顧客のターゲットをハッキリと想定しておくことで、ランディングページでどのようなアプローチをすればいいのか、説明表現がでしやすくなるのです。
タイトル
パソコンとスマートフォンの違いが分かるLP制作も違ってくる

普段、私達がインターネットを使う目的は何があるでしょうか?

メールをしたり、調べものをするのに使う。

対戦型のネットゲームで遊ぶ。

映画をストリーミングで楽しむ。

ネットショップで買い物をする。

そのようなことで、利用するのではないでしょうか?

しかし、使うツールの選択肢も増えています。

デスクトップだったパソコンがノートパソコンに進化、

これに、ガラケーやスマートフォン、タブレットパソコンも加わって、屋内利用から屋外でも利用するシーンを増えてきています。

このようにインターネットを利用する手段が増えていることは、大変、良いことかもしれません。

一方で、ビジネスを大きく変化してきています

その一つが、ネットショッッピングです。

これもビジネスの好機と捉えて、取り組む人が急増しています。

しかし、多くの参入者のために、いかに差別化を図るかが、成功のカギを握っているのです。

その差別化の手段がランディングページの効果的なデザインの制作、即ち「LPデザイン制作」です。

LPことランディングページはネットショップでは、重要な役割を果たします。

インターネットで買い物をするために、サイトに訪れた人に対して、商品の紹介だけで留まらず、商品の特性、利用シーン、メリットとその人が持つ悩みを解消するための情報やノウハウが詰め込まれています。

その内容を理解し納得された人だけが、商品の購入に進んでいくと言っても過言ではないでしょう。

そのためには、ランディングページでは非常に見やすく理解しやすい簡潔明瞭な文章と視聴者の購買意欲を高める画像がハメこまれて構成させているのです。

ここで、意識しておかなければならないことは、インターネットの利用するツールがいくつかあるというこです。

代表的なものは、前述のノートパソコンとスマートフィンでしょう。

これらの二つのツールがネットショッピングでも使われています。

しかし、購入する場合の行動パターンが異なることがあります。

検索エンジンで、商品を検索して購入ステップに続いていくことは、基本的には変わりありませんが、パソコンの場合はいったん風呂敷を広げて、たくさん情報を集めてから絞り込むように、商品を選んでいきます

反面、スマートフォンはピンポイント的な調べ方で、いきなり商品サイトにアクセスする傾向はあるようです。

このようなアクセスのパターンが異なってくると、ランディングページの作り方もかなり変わってくるのではないかと思うのです。

したがって、パソコンとスマートフォンの画面の違いを理解したがら、ページを作成をしていく必要があるのかもしれません。
タイトル
人によって感じることが違うことを理解する

いいランディングページについては、人によって感じることが違うことをうまく利用して、色々なことを感じてくれて、宣伝が出来るようなページにします。なるべくいい思いをしてもらうことがいいのですが、時には悪いイメージがもたれることで、このサービスはよくないといったことがわかってもらい、名前だけでも覚えてもらうような感じにしておきます。色々なことを思ってもらうことによって、最終的に気になってきて、サービスを利用してもらうような感じになっていれば、利用する人が増えてくることになります。

悪いイメージを持たせないようにすることは、デザインを作るときにはかなり重要なものとなっていますが、制作をしているうちに、こうした部分があまりいいように見えないなど、色々な事が出てきます。これを変更していく方法もいいのですが、LPのように色々な人が見るようなページというのは、思い切って悪いところは悪いように残しておくことも大事なことで、これによっていいと感じてくれる人が多くなっている可能性もあります。

部分的に悪いところを作っておくことによって、ランディングページとしての訴求効果というのは高まることになります。何でここだけあまりいいような説明がされていないのか、ちょっと気になってくるところが出てくると、制作している人の思いとか、サービスの違いなどがわかってきたりすることもあります。LPというのは、そうした気持ちをしっかり持たせることによって、様々なことを考えてもらうことがとにかく大事なことです。

人によって、ランディングページを見たときに思ったことは異なっていますし、デザインを見たときの反応というのは変わってくることになります。そのことを踏まえたうえで、なるべくいいサービスを導入しつつ、宣伝効果を高めるような工夫が必要になってきます。色々な事がわかるようになってきたり、サービスとして他者とこうした違いを持っていることがわかっていると、ページを見た後の効果が色々と出てきます。

時には、悪いと思えるような部分もしっかり導入するような感じで、色々な思いをランディングページで持ってもらうことが大事なことです。何も思ってもらえないようなページにしてしまうと、本当に意味の無いページが作成されていると勘違いされてしまうことになりますので、全くサービスの良さを感じられなくなってしまいます。大切なことは、多くの人が違った視点で見ているという意味を知ることです。
タイトル
スマートフォンに対応したランディングページ

インターネットの利用スタイルが大きく変わってきた昨今、色々なビジネスが生まれています。

その一つがインターネットショッピングです。

ネットショプの利用者は年々、爆発的に増加の一途を辿っています。これに合わせてネットショプの経営者も右肩上がりです。

しかし。それだけ市場での競争が激しくなっており価格競争にになるケースを少なくありません。

できることなた、無用な競争を避けて、差別化でする商売が望ましいと多くの経営者が考えています。

このような時に重要になるのが、LPデザインの制作です。LPとは、ランディングページのことでネットショップで商品を紹介すると同時に購入段階までエスコートしてくれるサイトのコンシェルジュと言えるかもしれなせん。

ランディングページ制作においては、分かりやすく見栄えのよいデザインにしなければなりません。

このページで必ず記載しなければなならないことがありまs。

これは、サイトに訪れた人が、すぐに立ち去らないようにするための工夫です。

そのためには、商品を紹介する前に

・視聴者がどのようなことで困っているか?

・商品を利用することで、どんな恩恵を受けることができるか?

そんなことをを明記する必要があります。

これによりサイトの視聴者を引き付けるです。

一方で、最近のインターネット利用では、パソコンからスマートフォンに利用はシフトしています。

これに対応し画面の構成も考えていく必要が出てきました。

パソコンの横長画面かた、スマホの縦型画面です。

この画面では、映像も文字をかなり変更しなくてはなりません。

画面が小さいことを考えると、文字数は少なくしフォントは大きく見やすくします。

また、映像と文字をバランスよく配置させることも必要になってくるでしょう。

スマホでは、LTE回線使うので、なるべく早く表示できるような作りも考えておくことが大事なのです。

インターネットで特徴的なことが、アクセウして、2,3秒以降、待機が続くと飽きられてしまうことです。

そのためにも、軽いランディングページにして、すぐに府王子できるようにしておくことが大事です。

これらのことを意識して、スマホのランディングページを構築しておくことで、ネットショップの売り上げにも大きく貢献することになるでしょう。

ネットショップを利用している人の大半がスマホの利用者とも考えられている昨今では、当然の対応といえるかもしれません。

常に進化しているインターネットの世界では、ランディングページのあり方も考えておくことが大事なのです。
タイトル
ランディングページは簡潔明瞭に中にも理解できる内容に

インターネットが普及して、色々なIT機器も発達してきました。

バソコンはもとよりスマートフォン、タブレット端末などが様々なビジネスシーンで使われるようになりました。

これに伴って、プレゼンツールも増えてきて、取引先との商談で、ビジュアル的なプレゼンをIT機器を使いながら、実践されています。

この時、重要なことはプレゼン資料の出来栄えです。

その良し悪しによって、取り引きが決まっていくのですから。

それはインターネットを使った商取引でも同じです。

ネットショップが流行っている昨今、サイトの出来次第で大きく取り引きの成立が変わってきます。

私達もネットショップで、買い物をする時に商品紹介のページを見て、購入手続きに入るかと思います。

その時に分かりづらいページであれば、その段階で購入を止めるか、他のサイトに移るという行動に出ることでしょう。

それだけにインターネットにおける商品の紹介ページは大きな力も持っているのです。

ランディングページと呼ばれているのが、紹介ベージです。

俗にLPと称されることもあります。

このLP制作する段階で。どのようなデザインにするのかが、商機を逃さないことになるのです。

ランディングページを書くポイントは、基本的に商品の仕様や機能、価格などの情報は当然ながら、どのような利点があるのかも明記することが必要です。

前述のプレゼン資料と似た考え方です。

プレゼンを行う時には、商品を購入する時の顧客の課題や問題点という困りごとを背景として述べる必要があります。

商品を購入することによって、その困りごとが解決するというストーリーが続きます。

その結果、顧客化商品を購入しようとなるわけです。

ランディングページの内容もこれと同じような発想で制作する必要があるのです。

しかも、文字を多く詰め込むだけでは、見る人を飽きさせてしまうどころが、他のサイトに移る恐れもありますので、見やすいデザインにすることは、重要なポイントになってきます。

そのために、キャッチコピー的なキーワードを大きく前面に表示して、見る人の関心を高めます。

その後に、いくつかのポイントに見出しを設けて、詳細の説明をしていくことになります。

その時には、写真やイメージ画像を効果的に挿入しておくことも重要です。

インターネットでは、実際に現物に触れることができません。

したがって、ポイントをついた簡潔明瞭な説明文と効果的な写真をうまく組み合わせながら、ランディングページを作っていくことが大事なのです。
タイトル
ランディングページの長文説明を書くのが苦手な場合の解決法

ランディングページを作る時に意識すべきは訪問者の連絡先を聞くことですが、これにはLPの構成が大切になってきます。例えば、訪問者にメールアドレスを残してもらう際にメールアドレスの入力欄をLPの右下に設置する方法があります。これはランディングページの左半分に商品やサービスの説明を長々と書いて、この長文を読み終えて興味・関心を持ってもらえたら、右下の欄にメールアドレスを残してもらいたいという意図があるのです。ですから、このタイプのランディングページでは、ページ左半分に書いてある文章のキャッチコピーや写真が非常に大切になってきます。ここに書いてあるキャッチコピーが訪問者の注意を引くようなキャッチーなものでないと、彼らはページを去ってしまう可能性が高いですし、キャッチコピーを読んで文章を読み始めても、退屈してしまったり興味のないことしか書いてなければページを閉じてしまうでしょう。LPと聞くとデザイン制作が命と思いがちですが、実はコピーライティングのスキルも問われているのです。

では、文章力がなくて上手なコピーライティングなど無理だという場合はどうすれば良いのかといいますと、この場合はまず、メールアドレスの入力欄をランディングページのど真ん中に持ってくるようにデザイン制作することをオススメします。そしてその入力欄の真上に、商品サービスに関する写真を載せ、数行で説明する文章を書いておきます。訪問者がほとんどマウスでスクロールせずにページ全体を俯瞰できるようにしてあげるのです。長文の文章を書く代わりに、商品サービスの特徴を簡潔に3つくらい短文で書くことが求められますが、そこまでコピーライティングに習熟していなくても書くことができるでしょう。場合によっては、長々と商品説明文を書くよりも訪問者の反応は良くなります。

商品の特徴を説明するキーワードが思い浮かばないという場合は、グーグルアドワーズのキーワードプランナーを使用すると良いでしょう。このキーワードプランナーは本来は、アドワーズで広告を出す人のためのツールですが、広告を出さなくても無料で使用することができます。このキーワードプランナーで、自分の扱う商品のキーワードをいくつか打ち込んで検索すると、キーワードに関連するワードが検索回数別に表示されます。この検索回数を見れば、どれだけgoogleでキーワードが検索されているのかが把握できますし、人々の需要やニーズを知ることができるのです。このツールを使えば、商品の特徴をおさえた文章をスムーズに書くことができるようになります。
タイトル
見るひとに利用シーンをイメージさせるランディングページ

インターネットを利用して、ショッピングをする人は、ウィンドウショッピングとは異なり、中々、店舗に行くことができないために利用したり、すぐにオーダーできる手軽から利用する人が多いのではないかと思います。

そのために、サイトの情報しか購入の判断ができないことから、サイトの商品紹介をするページは、とても重要な位置を占めています。

特にランディングページは、その中でも最重要ページであり、このページの内容いかんによって、商品の購入の可否が変わっていきます。

LPデザイン制作の重要性ということで、サイトのベージを作る人にとっては、とても意識している箇所です。

そのために、このページでどのような点を意識しながら、デザインを構築していくのかを理解しておかねばなりません。

ランディングページで必須なボイントは、購入を検討している人に利用シーンをイメージされることです。

それがLP制作のポイントになります。

インターネットによるショッピングは、実際に商品を手に取って見ることができません。

ましてや、美容や健康分野においては、実際に試してみないと分からないという商品もあります。

これらの商品の購買意欲を高めるためには、見る人の感性に訴えかけるしかけが必要です。

その商品を使う必要性がどこにあるのか?

肩こりや腰の痛みで悩んで切る人には、

「日頃の生活習慣で、無理をしていませんか?」

「オフィスで、パソコンを長い時間、見続けていませんか?」

このような投げかけをしてみます。

思い当たる人ば、この時点で頭の中で、そのような場面をイメージすることでしょう。

「ああっ、そうだわ。私もそんなことがある。」

次のステップでは、肩こりの原因を説明していきます。

「不自然な姿勢を超時間、続ける事での血行障害。」

ここまで来ると、見る人は、もう商品がどうしても欲しくなってきます。

最後は、商品を使った時の効果です。

電気マッサージ機で得られる肩こりからの開放です。

この時も文字による説明だけでなく、写真を差し込むことも効果的です。

マッサージをしている時の安らかな人の顔。

これだけでも、相手に確実に肩こりが解消されるというイメージが持ってもらえることでしょう。

このような流れをランディングページの中で、展開していくわけです。

ここで、もう一つ効果的な手法は動画を合わせて。使うことです。

動画は。写真や文字よりも鮮明に相手へのPR効果があります。

最近のランディングページは、マルチ的な手法までレベルアップしていますので、この当たりを意識して作って行くことが必要だと思われるのです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.