上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページを制作するために考えるべきこと

ネットが普及した社会において多くの人がパソコンやスマホなどを使ってネットサーフィンを楽しんでいます。さらには、ネットショッピングを楽しむユーザーも年々増えています。今は確実に数年前よりもネット広告の価値が上がっています。さて、そんな時代だからこそますます注目されているのがLP(ランディングページ)です。今日はランディングページを制作する上で必要なコツを記します。

まず、ランディングページを制作するうえで必要なことはランディングページの目的をしっかりと把握しておくことです。LP(ランペ)が存在する目的は何でしょうか。それはリスティング広告などの様々な広告やリンクから飛んで行く先のページのことです。例えば、ある商品について検索エンジンで検索します。そうすると、検索結果と同時にリスティング広告も出てきます。そこのサイトに飛ぶと表れるのがランペなのです。それで、あくまでランペの目的は広告を見たお客様に必要な情報を無駄なく提供するというものです。

では、こうした目的を把握したあとでやるべきことはなんでしょうか。それはその広告の目的に合わせてデザインを考えるということです。なぜこれは重要なのでしょうか。それは広告を見たお客様がランペを読む際にもし興味を持っている情報とは違う情報が記載されていたり、さらには読んでいて読みにくい、興味を失ってしまうようなページだとランペの目的が達成されないからです。

では、どのように広告の目的に合わせてデザインを考えるべきなのでしょうか。例えば、広告が結婚式やエステなどの商品だとします。その場合にはランペはどのように作っていくと良いのでしょうか。こうしたイメージを先行させて商品のイメージを植えつけたい場合には写真などを多用することが重要です。そうすることで、お客様に興味を持っていただいたままページを読んでもらえます。さらに資料請求を増やしたいという広告の目的があるのであれば、ランペにはそれほど複雑な説明は載せる必要はありません。むしろ、資料請求してもらうように商品のポイントだけを記しておくことによって最後までランペを読んでもらえます。

このようにランペを作る際にはまず広告の目的をしっかりと把握しておくことが重要です。そして必ず作り終わったあとには一人のユーザーとして客観的にページを見直します。あくまで一人で客観的に読み直すという作業が重要です。そうすることで、言い回しにも注意を払うことができます。
タイトル
ランディングページはどこからでもアクセスされる

インターネットを使うようになってから、生活の利便性が飛躍的に向上してきた感じがします。

自分にとって必要な情報をリアルタイムに収集することができますし、欲しい商品があれば、手元にあるスマートフォンからネットショップにアクセスして、オーダーすることも簡単に行えます。

時間と場所の制約がほとんどなく、利用することができる点が一番のメリットだと言えるでしょう。

一方で、サイト側では訪れた人に対して、効果的なアピールをすることで、購買意欲を高めることに余念がありません。

その重要な役割を果たすのが、ランディングページ(LP)なのです。

ランディングページ(LP)は、提供したい商品やサービスの説明をすることと、最終的な目的である商品発注、カタログ請求などを促すためのページです。

ここに訪れた人にいかに、最終的なアクションを起こさせるかページのデザイン制作については、あらゆるノウハウやサイト作成のノウハウが注ぎ込まれています。

通常、ランディングページは商品サイトの最下層、いわゆる最終段階のページとなります。

顧客が商品をインターネットで購入しようとする時には、まず、検索エンジンでサイトを探す段階から始まります。

この時点でも、自分のサイトが検索されやすいように、綿密にSEO対策が施されているはずです。

具体的には、その商品に関係しそうなキーワードがサイト全体に散りばめられていることになります。

これらのキーワードがヒットして、検索結果にサイトのインデックスが表記されてきます。

これがSEO対策の基本的なやり方ですが、ここから最終ページに辿り着くルートが一般的です。 

しかし、最終ページとはいえ、ランディングページにダイレクトに訪れる人も少なくありません。

その場合、デザイン制作がサイトのトップページから最下層に降りてくるルートを贈呈した作りを前提にしていると、直接、訪れて人には、理解しづらいリスクがあるのです。

したがって、ランディングページにいきなりアクセスしてきた人でも、その商品が分かりやく理解できるようなページ構成を考える必要があるのです。

限られたスペースの中で、購入意欲を高めるための手法はいくらでも存在します。

簡潔明瞭なセンテンス。

イメージ図、イラストでビジュアル性を高める。

あるいは、動画コンテンツサービスを差し込んで、よりリアルな説明を実現させる。

このようなノウハウを駆使して、訪問者の購買意欲を短時間に決定づけさせることが、成功の鍵となるのです。
タイトル
ランディングページでは商品紹介のセールスは後半に回すのもあり

ランディングページを制作するときには、商品の紹介があくまでもメインになるものではあるものの、それを強調しすぎるとかえって逆効果になることがあります。セールスを全面に押し出されると、買ってほしい感がとても強くなってしまうので、抵抗を感じたりするケースがあると思うのです。例えば、訪問販売とかでも、家の中に入って、いきなり商品を取り出して、これはこんなに良いところがあるので買ってくださいと言っても、そんな流れで買う気にはなれないと思います。これは実際の訪問販売とかでもよく使われている手法になるかもしれませんけど、相手の悩みを聞いてあげて、それに共感してあげると、効果的になると思います。それをランディングページの制作のときにも生かしていけると良いと思います。したがって、ランディングページの前半は商品によって解決可能な悩みについての話にするのはどうでしょうか?ランディングページを作るときには、いきなり売り込みをするのではなく、まずは読者が抱えているであろう悩みなどに触れてあげます。そして、それに共感してあげると、読んでいる人からすると、好感が持てると思うのです。このページの制作者は分かっているなと思ってくれると思います。言うなれば、読者の機嫌を高めていくという作業になるかもしれません。LPの前半では、その悩みがいかに大変でみんなが苦労しているか?について共感し、読者に親近感や好感を持ってもらい、そのままの調子で後半の商品紹介に持っていくというのが良いのではないか?と思うのです。前半と後半の境目では、そんな悩みをお持ちの方には、こんな商品が実はあるんだというような感じで、上手く切り替えていく、上手く後半のセールスに持って行くのがコツです。そうやって、前半で高めた親近感と好感を生かして、セールスを展開していくというやり方は、読者の心理面を上手く捉えた方法になる可能性があります。LPを作るときにはテンプレートと呼べるような、定番の構成がすでに存在しているのですが、それが唯一無二の正解というわけではありません。それでも構わないということなので、それ以外にも効果的なLPの構成があるならば、それを使っても構わないと思うのです。その一例がすでに紹介したような構成になると思います。デザイン面も含めて、絶対的な正解がないのがランディングページになると思うので、いろいろな構成やデザインを試していくつもりで、新たな新境地を開拓するつもりで取り組んでみても良いかもしれません。
タイトル
良いランディングページを作るポイントについて

ネットサイト検索を行って、ページに滞在してくれるかどうかを決定するのは数秒であり、これは直観で決まる事が多いです。



ページに辿り着いて貰えても、着地点であるランディングページ(LP)が一瞬で何について記載されているか解らないと、内容がどれだけ良くても見て貰えないと言えます。



もちろん直感で判定されて興味を持ってもらえても、ランディングページ構成が良く無ければ続きを読んでもらう事も出来ず、商品購入等の行動に出てもらう事も出来ないです。



ランディングページの構築に関してはユーザー目線に立った解りやすさは重要であり、視線の誘導や動線を考慮して操作しやすいと感じさせる事が望ましく、漠然とデザインの奇抜さやカッコ良さだけに拘るのはLP制作を行う上で良く無いと言えます。



操作性を意識された上でフォントや写真素材の選択や色味、さらにユーザーが興味を持つキャッチコピーでユーザーの悩み解決に有益な情報があるページと認識される所が入口です。



ページ制作では徹底してユーザー目線に立つ事が重要であり、瞬時に共感させてページの中に入り込んでもらう仕掛けが必要になります。



ランディングページはユーザーの操作感や気持ちに寄り添って、文章内容や構成を作り上げていき、直観的に操作してもらいながらページを読み進めてもらい、購買等の行動に結びつけていく事が望ましいです。



ページの中身を見た時にユーザーにとって有利な情報が提示されている必要があり、商品を購入すればユーザーにいかに有利なのかを説明していく事が必要ですし、ユーザーは商品を求めるのではなく購入によってより良くなる事を求めています。



こうしたユーザーが商品購入によって良くなる要素をベネフィットと表現しますが、これが内容面での核になり、ベネフィットを共感してもらう為には、直観的な操作感や見た目のページを仕立てて行く事が必要です。



もちろん紹介する商品やサービスが競合他社のものといかに違うのか差別化を提示する事が必要であり、もちろん差別化では優位性を提示していく事になります。



操作性や情報構成を意識して、商品購入や資料請求のボタンに向かって誘導していき、最終的に行動を起こしてもらえる可能性を高めていく必要がありますから、行動を促すボタンや連絡先は目立つように示す事は重要です。



WEBサイトは全般的に読み捨て状態であり、殆どのサイトはアクセスされても読まれないものですし、操作のし難さや見難いデザイン等のストレスを与えては読んで貰える可能性は極めて低くなります。
タイトル
ランディングページは文章は補助的に使う意識で

ランディングページを作っていく段階では、文章をどのように使うか?が重要です。別の言い方をすると、文章量をどれだけ抑えられるか?で、読み手にとってストレスの少ないランディングページにしていけるからです。文章はできるだけ使わないで、画像やデータなどを使っていくのが、1つのポイントになると思います。それは文章っていうのは、読むだけで結構手間がかかります。文章が多すぎると、それ自体がストレスになってしまい、途中からもう良いやと思ってしまう人が出てきてしまう原因にもなりかねないので、ランディングページを制作していくときには、文章ではなくて、画像やデータなどを用いて、パッと見て言いたいことを伝え、それが不可能な場合のみ、または画像やデータを補足するときだけ文章を使っていくと良いと思います。ランディングページの構成の基本が文章になっていると、非常に文章量の多いページになってしまいますし、文章よりも画像で伝える方が分かりやすいケースもあるので、それができると、売り上げにも如実に影響してくる可能性があるのです。例えば、ダイエット食品を扱うランディングページの場合には、文章でこれだけ痩せたと伝える方法もありますけど、痩せる前と後のビフォー、アフターの画像を載せてみたほうがより伝わる可能性があります。数字を使って文章で表現しても良いのですが、イメージがしづらい可能性もありますから。視覚で情報を与えることで、こういう変化になるんだということが分かりやすくなると思います。この場合には、あくまでもメインはビフォー、アフターの画像で、それを使ってまずは視覚的に訴えていきます。そして、それだけでは足りない部分を文章を使って、補助していく、より情報を増やして分かりやすくしていく、こういったやり方を1つマスターすると、読み手にとってストレスの少ないランディングページになっていくと思います。文章も使ってはいけないわけではないですし、こういうやり方がどういうランディングページでも通用するわけではないですから、そこの判断力も必要になるでしょう。しかし、多くのランディングページでは、文章は適当な量であれば問題ありませんが、文章が全体のメインになっていると、元々情報量が多いLPのデザインにおいては、やっぱり最後まで通して読んでもらえる率が下がってしまうので、そこは制作のときに考慮をしていくべきだと思うのです。読み手にとって効果的に情報を伝えつつ、ストレスを感じさせないような工夫を同時に行っていけると、トータルで優れたLPのデザインになっていくと思いますから、ここは意識をしていってほしいと思います。
タイトル
ランディングページって本当に効果が得られるか?

最近スマートフォンなどで色んなサイトを見ていると、

気になるような言葉と一緒にリンクが貼ってあったり、バナー広告が貼ってあることがありますよね?



そのリンク先はランディングページになっていることが多いです。

とっても長い1ページのホームページのようなものですね。



よく見るランディングページですが、

そもそもランディングページとは一体どういうものかご存知ですか?

また効果が得やすいランディングページとはどういったものなのかご存知でしょうか?





■ランディングページってなに?



ランディングページは、LPと呼ばれます。

Landing Pageの略称ですね。

つまり、ひとつの商品やサービスについて特化したページを作り、相手に読んでもらうことで詳細を伝えることが出来ます。





■LPの効果ってあるの?



LPは売りたいものが決まっていれば非常に効果的です。

それは、ホームページよりも情報量をたくさん盛り込むことが出来るからです。

ホームページでは書き足りないことや、一番気になる口コミなども盛り込むことが出来ます。



つまり、知りたいことが1ページで全部知ることができ、

そのまま問い合わせや購入することが出来るのがLPの強みです。



ただ、LPの制作はプロに頼んだほうがいいかもしれません。

LPには大まかな流れもありますが、まず最後まで読んでもらうことが大切です。



悩みや実際に体験した人の口コミなどを掲載するのですが、

何せ非常に長い1ページのサイトなので、読みやすいデザインが大切です。



素人仕事だと、やはり問い合わせや売上に繋げる文章力やデザイン力が足りないかもしれません。

制作はプロに頼みましょう。





■LPと有料広告スペースのタッグは常識



アフリエイトでバナーを貼ってそこからLPに飛ぶこともありますが、

LPの活用方法としては、検索結果ページの有料広告スペースと併用して使用することです。



有料広告といっても、看板や紙広告の様に高価なものではありません。

1クリック何円という設定を自分ですることが出来ます。



検索結果の有料広告スペースなので、

売りたい商品やサービスについて悩んでいる人に直接アピールが出来ます。



ただ競合も多いので、悩んでいる人に刺さる言葉を選ぶことが大切です。





■まとめ

ランディングページについて書きましたが、

まとめると…



・ランディングページの制作はプロに依頼

・デザイン性も大切

・ランディングページと検索結果の有料広告スペースを併用



ランディングページで効果を得るには上記の事が大切です。

推したいものが決まっていれば、是非ランディングページを活用してみましょう。
タイトル
人を惹きつけるような言葉を選ぶことがポイントです

ランディングページというものは、そこから利益に結びつくことが重要になります。ランディングページから、すぐに離れてしまうようなものでは、利益に結びつきません。やはり、そこから、さらに一歩、進むようなデザインの制作が求められるのです。

ひと口にランディングページとかLPとかいいますが、人を惹きつけるページというものは、デザインなど、様々な工夫がみられます。一般的に、人は、ちょっとした一言がきっかけで、その商品に興味を持ったり、購入に至ったりするのです。その際に、言葉というものは大切な要素となります。ランディングページを制作するならば、言葉の選び方についても慎重になったほうがいいでしょう。その上で、デザインを工夫すれば、多くの人が目を止めるようになります。また、そこから、利益に結びつくことになるのです。

たとえば、ダイエット商品の販売に結び付けたいという場合には、必ず痩せるとか、簡単に痩せるとかいったことを、うまくアピールするような言葉を選ぶことが多いでしょう。ランディングページとかLPとかいったものは、そういったことが重要になるのです。

こういった言葉というものは、自分ひとりで考えていても、うまくいきません。できれば、家族や友人の反応を確かめたりするといいでしょう。ほかの人の考えを参考にすれば、いろいろなアイデアが浮かんでくるものです。そして、自分だけでは気づかないようなこともわかるのです。

また、ふだん利用しているネット通販などのサイトも、いろいろとみてみるといいでしょう。うまく販売するために、どのような言葉を使っているのかがわかります。そして、自分でランディングページをつくる際の参考にもなるのです。そして、いわゆるネットサーフィンの時間についても、このような気持ちで取り組むといいでしょう。こういったことを通しても、必ず、発見があるのです。

目に入る言葉というものは、とても大切です。それ次第で、人を惹きつけることができることもあります。また、残念ながら、その逆になってしまうこともあります。そして、言葉を選ぶことは容易ではありません。そんなことから、自分だけではなく、ほかの人の意見や、他のサイトなどを参考にするといいのです。自分だけの語彙に頼っていては、限界があるのです。常にアンテナを張り巡らして、自分にプラスになるような情報を取り入れるといいのです。そうすれば、人を惹きつけるようなランディングページをつくることも可能になるのです。
タイトル
素敵なランディングページで多くの購買に結びつける事

ランディングページを作る事は大変重要な事となります。素敵なページを作っていく事で自分らしい時間を楽しんでいく事ができます。最近では大変多くの方が自分らしいページを作って自分らしい時間を楽しんでいます。LPは商用サイトにおいて大変重要な要因となるので、それをいかに活用して楽しんで自分のページを作っていくかは大変重要な事となります。最近では商用サイトの必要性や重要性に関しては大変多くの方が実感しています。自分らしいサイトを楽しんでいく事で大変素敵な自分を楽しんでいく事ができます。より多くのページを自分で作って楽しんでいく事は大変重要な事となりますので、是非、自分らしいページを作って多くの顧客を開拓していきましょう。そもそもランディングページとは何を意味するのでしょうか。インターネットで商品を購入した経験のある方は大変多いと思いますがこのような方にとって大変重要なのがランディングページです。これを有効に活用する事で素晴らしい自分らしいページを作っていく事ができます。多くの情報を入手するには必ずやランディングページは重要となります。これを楽しんで作っていく事で素晴らしい時間を楽しんでいく事ができます。顧客が商品を購入する際にいかにわかりやすいページを作っていくかは大変重要な事となります。このようなページを起点にして多くの方は商品を購入する事となるのです。コンバージョンを意識した構成がLPいおいては大変重要な事となるので、その点を考えて素敵なページを作っていきましょう。デザイン等に配慮した制作を楽しんでいく事が大変重要な事となります。ネットを利用して商品を購入したり情報を入手する方は全てを見ているわけではないのです。いかに見やすいレイアウトで顧客にとって有効なページを提供するかが大変重要な事となるのです。素敵な自分を楽しんでいくためにできる事をどんどん行っていきましょう。素晴らしいページは多くの方に最小限の情報で多くを伝えてより確かなページ遷移に結びつけるページなのです。素敵な時間を楽しんでいく事を考えてはいかがでしょうか。ランディングページから派生する大変素敵なページをどんどん楽しんでいきましょう。多くの流れを意識したページを楽しんでいく事が大変重要な事となります。商品配置やスムーズなページ移動が大変重要な事となりますので、その点を考えて最適なページを作っていきましょう。可能な限りの時間を楽しんでいく事が重要な事となるのです。デザインに特化した制作が大変重要な事となります。
タイトル
ランディングページで載せる口コミはいろいろな角度のものを

ランディングページでよく用いられているのが口コミになります。口コミはすでに商品を使ってみた人の感想を載せて、それを見た人の購買意欲を上げていこうとするものですから、非常に有効な策にはなると思います。しかし、口コミを載せるときには、どのランディングページも口コミの内容はだいたい同じようなものになっているケースが多いように感じます。購買意欲を上げたいので、商品について褒めているものの、賞賛しているものが中心になってしまうからです。そういう口コミも確かに購買意欲を上げるという意味では重要になりますが、そういった口コミばかりを並べているよりは、別の角度から語ってくれているような口コミも選んで載せていけると良いと思います。ランディングページを制作するうえでは口コミは本当に欠かせないものですから、いろいろな角度の口コミを利用して、いろいろな疑問を抱えている人の悩みを解決して、より多くの人の購買意欲を上げていけるようなページをデザインしていきましょう。例えば、どんな口コミを入れていけば良いのか?というと、副作用に関してなどです。商品によっては副作用が心配されるようなものもあると思います。例えば、サプリメント系の商品などの場合です。口に入れるものはどうしても身体への影響が心配されますから、それについてはランディングページ内で、商品に副作用の心配がない場合にはその説明を入れておけば良いですし、それに加えて副作用について言及している口コミがあれば、それも載せていけると良いと思います。商品を作っている会社の説明と共に口コミを載せることで、説得力の補強の効果があります。実際に使ってみて、これといって身体への影響はなかった、副作用と思われるものはなかったという口コミがあれば、その点に関して1つ安心材料になりますから、商品自体が良いものであれば、買ってくれる可能性は高まります。ランディングページの制作における、いろいろな角度からの口コミでの副作用というのは1つの例であって、実は利用者が聞きたい、知りたいと思っているであろう情報を推測し、それを予測して載せていくという部分も売り上げにはかなりかかわってきますから、それができるLPは非常に優れていると言えると思いますし、結果的に売り上げも上がっていきやすいでしょう。LPをこれからデザインしていくときには、口コミを載せていくことも多いと思いますけど、載せ方の問題についても考えていくと良いでしょう。
タイトル
コンバージョンやSEOを意識したページ作りの重要性

ランディングページはインターネット等でビジネスを行っていく上では大変重要なものとなります。最近では大変多くのインターネット関連のショップが存在しているので、どなたでも楽しんで自分らしいページを作っていく事を楽しんでいけます。インターネットでのECサイト運営で収益を上げる事を考える方は大変多いはずですが、実際の所、どのように運営を行っていけば自分らしいページを楽しんでいく事ができるのでしょうか。ページの作成に関しては大変多くの方が自分らしいページ作りや顧客創りに関しては腐心している事かと思います。自分の好きなページを楽しんで作っていく事は大変重要ですが、同時に大変難しい事でもあります。ランディングページECサイト作成等に関して大変重要で素敵なページです。このページをいかに無理と無駄なく作っていけるかどうかで自分のページ作成は大きく変わってきます。素敵なページは多くの方にとって大変重要な事となります。自分で素敵なページ作成を学んでいく事で大変素晴らしいページ作りをどんどん進化させる事が可能となります。ランディングページは多くの方がまずは、最初に目につけるページであります。自分らしいページを作った際、まずは多くの方にとってこのページから自分の目的を果たしていく事となります。ランディングページとは通称LPtも呼ばれます。LPにおいてまず重要なのはどのようなページを作成して何を顧客に訴えたいかが大変重要な事となります。多くの方の心の動線にきちんと響くページを作る事はとても重要な事です。素敵なページ作りは大変重要な事です。SEO対策にもきちんと配慮したページ作成は大変重要な事となります。普段から顧客がそのページから何を得たいのかを真剣に考える事が大変重要な事となります。導線と呼ばれる表現をきちんと意識した構成で多くの方にとって重要なページを作っていく事を考えてはいかがでしょうか。レイアウティングやデザインにきちんと拘ったサイトを構築していく事でもっと素敵なページを楽しんで作っていく事ができます。是非、素敵なページを沢山作って楽しんで素晴らしいページを作る事を考えてはいかがでしょうか。制作の際はデザインも大変重要ですがまずは、どのような表現で相手に訴求するかを考える事が大変重要な事となります。制作は大変面白いです。自分のサイトのコンバージョン等を意識したページ構成を楽しんでいきましょう。
タイトル
ランディングページでの商品購入のリンクの配置について

ランディングページを作るときには、商品の購入をするリンクをどこに配置するか?というのが1つ大事です。これはそれぞれのランディングページによって異なる部分であり、1つの正解は存在していません。いろいろな考え方ができると思いますけど、パターンとして1番多いのはランディングページの最後尾です。ここに配置しているケースがよく見受けられると思うのです。商品に関する説明を最初から最後まで通して読んで、1番理解度が高まったときに購入のリンクを用意しておくのは間違っているとは言えないと思いますけど、もちろんデメリットもあります。それはそもそも最後まで読んでもらえるか?分からないという点です。ランディングページは非常に長いデザインになっているため、最後まで我慢して読んでくれる人がそもそもどれくらいいるか?というと、多くはないかもしれないのです。すると、1番最後まで読んだ人のみ、購入のリンクを見せるという形にしておくと、購入を意識するタイミングが、ランディングページの最後尾までいったときとなってしまいますから、最後まで読んでくれないケースでは商品を購入しようという気になかなかなりません。商品購入に至るまでのチャンスが少なくなってしまうというのが1つ問題になると思います。最近はLPの最後尾とともに、途中にも商品購入のリンクを載せているところが多く見受けられます。これは割と効果的な配置になると思います。そもそも1箇所ではなくて、複数用意しておくというのがポイントなのです。ランディングページの途中と最後尾の2箇所に用意しておくと、2つの場合に対応することができますから。ランディングページの前半ですでに興味を持った読者は、早めに購入用のリンクを見れば、買ってみようかな?と思える可能性があります。そこにリンクがなくて、最後尾まで読まないといけないとなると、途中で飽きてしまって、せっかくのチャンスを手放してしまう可能性がありますから。そして、1回目の商品購入リンクの時点では、興味が大してないけど、それ以降を読み進めているうちに関心が生まれて買いたくなってくるケースも出てくると思うので、そういったときに最後尾の商品購入リンクが役立つのです。途中でものにできなかったお客さんを、最後にまたものにするチャンスがあるのですから。だからこそ、複数の場所に商品購入のリンクを作るようにLPを制作していくと良いと思います。ランディングページのデザインはいろいろな考え方がありますが、こういった部分についても考慮しながら制作していくと、売り上げが上がるかもしれません。
タイトル
ランディングページには目次をつけると良い?

ランディングページはいろいろな工夫をして、商品の購入を促進していくことが目指されますが、ランディングページの中に入れたいものとしては目次があります。目次って、あまりランディングページでは使われていない印象にもなりますけど、デザインしていくときには入れた方が良いのではないか?と思うのです。その理由は、長いページ全体を読む前に、順を追って何が書かれているのか?が分かるからです。最後まで読みたいと思えるためには、読みたいと思える内容がそこに書かれているか?が重要で、それを知るためにはランディングページの冒頭部分に目次のようなものを作って、ここには何が書いてあるのか?を知らせていくことが大切になるからです。目次を見ればこれから何について知ることができるのか?ということを読者が認識できますし、それによってタメになることが、気になることが書いていそうだという期待を持てれば、どんどん読みたくなってくるのではないでしょうか?そういった効果がありますから、今後、ランディングページをデザインしていくときには、目次をページのファーストビューあたりに作っていってほしいと思うのです。では、目次の項目はどうすれば良いのでしょうか?これに関しては基本的にそれ以降のLPのトピック、見出しのタイトルや要約などを載せていければ良いと思います。大切なのは目次の項目を読んで、そこには何が書かれてあるのか?がすぐに分かるということですから、分かりやすく、具体的にしましょう。ただ、長すぎるのは目次としては適切ではないと思いますから、ある程度コンパクトにまとめたいところです。文章が長すぎてもダメだということで、ある程度短めの読みやすい文章で目次の項目を作っていきましょう。それをいくつか作って、目次全体を完成させていくのです。LPの目次の数については、多すぎてもダメですし、少なすぎると目次としての役割にならないので、ちょうど良い数としては4~7くらいでしょうか?そのくらいの数になるように、トピックや見出しの数も調整できると良いと思います。個人のブログとかでは、ページの冒頭に目次を入れているケースは多々ありますけど、ランディングページの制作の場合はそこまで多くないかもしれないです。でも、読者にとっては利便性を上げる部分になると思いますから、よりランディングページを最後まで読ませるために、購買意欲を上げるために使っていきたい技の1つとして、ランディングページを制作するときには、目次について覚えておきましょう。
タイトル
あなたのランディングページを売れるLPにする5つのポイント

ランディングページの制作って、毎回悩みますよね?出来如何によってあなたの収入が大きく変わりますし、だからと言って時間とお金をかけて綺麗なデザインのサイトを制作しても必ず上手く行くとは限りません。この記事では、そんなあなたを悩ませるランディングページの成約率を少しでも高めるためのポイントを話していきます。



1.キャッチコピー



キャッチコピーは、あなたのLPにアクセスした人に、読むかページを閉じるかを瞬時に判断させます。その後の文章やオファーがどんなに良くても、キャッチコピーが悪ければ、続きを読んでもらえません。キャッチコピーはLPの中で最も大事なポイントと言えます。



キャッチコピーには、あなたがターゲットとする人が興味を持つ言葉を入れましょう。更にキャッチコピーに、独自性、有益性、緊急性、具体性を入れると成約率が上がります。また、あなたの商品が他の人達と違うウリを持っていたり、強力なオファーを持っているのであれば、それをキャッチコピーに入れるのも効果的です。



2.ストーリー



ストーリーを書くことで、ランディングページの成約率が上がります。ストーリーは商品に関する物でも、あなた自身の物でも構いません。



なぜストーリーが良いのかというと、2つの理由があります。



1つ目はみんなストーリーが好きだからです。2つ目はストーリーを通して、あなたやあなたの商品に興味や共感を持ってもらえるからです。特に共感を持ってもらうことは大事です。共感を持たれるほど、成約率が上がります。共感を持たれるには、あなたがお客様の立場に立って考えて書かなければなりません。自分目線ではなく、相手目線を心がけましょう。



3.ベネフィット



ベネフィットとは、あなたの商品を使うことで、お客様はどんな利益を得られるかということです。



よく商品の特徴とごちゃごちゃにされてしまうので、注意しましょう。



ベネフィットは、多い方が良いです。あなたの商品を使って満足している姿を想像できる様にベネフィットを書くと、更に効果的です。



4.お客様の声



あなたのランディングページを見ている人は、基本的にページに書かれていることを信用していません。そこで、お客様の声を載せることで、あなたの商品の信用が高まります。お客様の声は、多い方が信用が高まります。



しかし、「使って良かったです。」というような簡単な物では逆効果です。ビフォー・アフターを語ってもらったり、商品を使ってどう良かったのかを具体的に語ってもらいましょう。



5.オファー



オファーは強ければ強い方が効果があります。例えば、返金保証をする場合でも、1ヶ月間よりも6ヶ月間の方が魅力的に感じますよね?



深夜のテレビショッピングを見ると、1つの商品にこれでもかというぐらいにおまけが付いてきますよね?あんな感じにあなたができる限りのオファーを出しましょう。



更に、「このオファーは、○月○日まで!」と期限を設けると、成約率が上がります。



まとめ



ランディングページはまずは見てもらうことが大事です。そのために、注意を引くキャッチコピーやデザインにしましょう。



そして、キャッチコピーに引きつけられて読んでくれた人を、今度は購入に持って行きます。そのため、ストーリーを語って共感を持ってもらい、お客様の声で信用してもらい、ベネフィットやオファーで興奮させて今すぐ購入するような流れに持って行きましょう。
タイトル
ランディングページの入り口を意識した作りにする

ランディングページ(LP)が、このところインターネット上で、とても大事なサイトページとして、議論されています。

LPとも呼ばれているランディングページとは、商品やサービスの購入を決定づけさせるための最終サイト、ないしはページとして重要な役目を持っているからです。

デザイン制作においても、サイトを訪れる人の立場や心理を意識した作りにしていく必要があるのです。

一般的にインターネットの世界では、サイトに人を呼び込むことに色々な手法を用いています。

しかし、サイトに魅力を感じないと、すぐに立ち去ってしまうことになります。

その時間たるや、ほんの2、3秒と言われているほどです。

いかにここのサイトに留まってくれるようにするか工夫が必要なのです。

しかも、最近のインター利用と言えば、パソコンよりもスマートフォンの方が増えています。

スマートフォンの場合、パソコンで見るサイトより表示スペースが小さく説明センテンスを構成することにも、配慮しなければなりません。

スマートフォンを前提としたランディングページのデザイン制作が重要になってきます。

スマートフォンの場合、画面の動きが上から下へと続いていきます。

そのために、画面が開いた時に表示される一番上のページスペースで見る人の心を惹きつけるかが大事なのです。

商品やサービスの内容をできるだけ多く盛り込んで、相手に全てを伝えたいという願いは当然あることと思われます。

しかし、限られたスペースの中で、多くの文字が表記されているだけで、見ることに抵抗感を感じてしまうのです。

保険の契約書の約款は、こまかく小さな文字で表記されていますが、事細かく見る人はそうめったにはいません。

それと同じことです。

人の感性に訴えかけるには、シンプルな表現の中にも商品や、サービスの特徴を短いセンテンスで表記させているランディングページが、商品最終やカタログ請求という手続きに導いています。ページの内容を少ない情報量で決定づけさせることも効果的なページ作りではあるのですが、ページの入り口である上段には人の記憶に刷り込めるようなセンテンスを派手に表記させる手法も多用されているテクニックです。

ベージ全体の内容も細かく吟味することが必要ですが、入り口の表現の仕方を間違えると、せっかく制作されたベージ全体の意味がなくなってしまうのです。

最上段のセンテンスこそ、後に続くための重要な位置づけになるあるのです。
タイトル
ランディングページを作る時に99%の力を入れる箇所とは?

ランディングページには、売れるか売れないかを決める、ある個所があります。もしあなたがそこのデザインを上手く制作できれば、他の箇所の出来が悪くても、あなたのランディングページは売れたも同然です。逆に、そこのデザインが良くなければ、たとえ他の箇所の出来が良くても売れません。ランディングページの出来の99%を決める、ある個所について、あなたは知りたくはありませんか?



それでは、ある個所について、説明していきます。



ある個所とは、ファーストビューです。ファーストビューとは、あなたのLPに最初にアクセスした人の目に入るトップのスクロールしないで表示される部分です。なぜファーストビューが大事なのか。それはアクセスした人があなたのLPを読もうかどうかを瞬時に判断する箇所だからです。あなたにも覚えはないでしょうか?検索エンジンで検索した初めてのサイトやブログにアクセスした時、一目見て、「なんだか面白くなさそう。」だと思って、読むこともなく右上の×(閉じる)ボタンを押したことを。これはあなたが制作したLPも例外ではないのです。このファーストビューで「つまらなさそう。」と読む気を失くしてしまっては、たとえ心を動かすコピーを書いていたとしても、たとえ強力なオファーがあったとしても、あなたのLPはそれらを読まれることすらなく、閉じられてしまうのです。



だから、あなたはファーストビューを制さないといけません。ファーストビューに99%の力を注がないといけません。



それでは、ファーストビューの最初の役割とは何でしょうか?答えは、アクセスした人の注意を引きつけることです。



では、ファーストビューにはどのようなものがあるでしょうか?一般的には、キャッチコピー、画像、動画、リード(キャッチコピーの下のコピーの最初の部分)などですね。これらをアクセスした人が思わず目を止めて見てしまうようにしなければなりません。その中でも、特に効果があるのは、キャッチコピーです。このキャッチコピーをアクセスした人の興味に合わせて、更に彼らに「!?」と思わせるようなものにする必要があります。ネットで悩みなどをリサーチして、それをキャッチコピーに使うのも良いですし、何個もキャッチコピーを考えて、1つ1つテストして見るのも良いでしょう。キャッチコピーの後は、画像や動画をテストしましょう。コピーを変えなくても、ファーストビューのキャッチコピー(または画像や動画)を変えるだけで、成約率が大きく変わることも少なくありません。



ランディングページはファーストビューが命です。ここにあなたの作業と時間と想像の全てをつぎ込みましょう!
タイトル
ランディングページでは商品の成分を全面に押すのもあり

ランディングページにおいては、いかに自社の商品を魅力的に見せるか?がととても肝心です。しかし、そのときにはアピールの仕方に工夫をすると良いと思います。例えば、美容のサプリメントに関する商品ならば、どういう効果が出るのか?これを使用するとどういう結果が起きるのか?といったことを紹介していくのが常套手段ではないでしょうか?それはよく行われていると思います。しかし、あえてそういうアピールの仕方ではなくて、中に入っている成分の方を全面に押し出すというやり方もランディングページでは使えると思うので、今後制作するときには、そういったやり方も知っておきましょう。成分を全面に押し出すというのは、実はメリットを持っているのです。それは成分の量や質というのは、単純にその効果の程度を表すことができるからです。例えば、「シミが消えます」とか書いてあると、確かにそれは魅力的なフレーズにも見えますが、でも何でそんなことが言えるのか?という疑問も同時に沸くのではないでしょうか?書くだけならだれでもできますから、根拠がなくても、そういうことは言えてしまいます。しかし、中に入っている成分の量や質をランディングページに明記しておいて、それを目立つようにデザインしておくと、それ自体が根拠でもあり、アピールにもなるわけです。成分の量や質が優れていれば、それだけ効果が大きいんだと連想できるからです。美容のサプリメント系、またはスキンケア商品などのランディングページにくる人は、基本的には美容に関して詳しいはずなので、どういう成分がどういう効果をもたらすか?はだいたい把握できていると思います。そうなれば、特定の有効成分が豊富に入っていること、その質が高いことなどを書いておけば、自然とその商品が優れたものなんだということが如実に分かると思われます。マイナーな成分を含んでいて、それをアピールする場合には、別途詳しい効果などを説明しておいた方が良いと思いますけど、多くの有名なものに関して言えば、効果そのものや使ったらどうか変わるのか?よりも、シンプルにそれが含まれている量の多さなどに言及したほうがインパクトが残る可能性があるので、LPをデザインしていくときには、読者がどこに惹きつけられるようなページにしていくと良いでしょう。LPを制作するときには、アピールの仕方にもいろいろとありますから、製品のジャンルによっては使える技になると思います。
タイトル
ランディングページでのメリットとデメリットの紹介の仕方

ランディングページでは、良い部分だけではなくて、そうじゃない部分もあえて曝け出すことで、読者からの信頼を得て、購入に結びつけるという手法も有効になると思います。基本的にランディングページというのは、メリット部分、良いところだけを紹介していくような感じで捉えられている面もありますが、良いところしか紹介していないと、とんでもないリスクが隠されているんじゃ?と勘ぐってしまう人もいると思います。だからこそ、そういう不安な部分を払拭してあげるとともに、信頼を与える意味でもメリットだけじゃなくて、デメリットも載せていくことが、結果的に売り上げを伸ばす方につながることもあるのです。したがって、デメリットもランディングページに載せて構いません。そういうデザインにしていくことは1つの正解になることがあります。しかし、ランディングページで実際にそれをやるときには注意があります。それは順番の問題で、紹介の仕方とも言えるかもしれません。LPを制作するときに、メリットやデメリットの両方を載せるときには、デメリットを先に、メリットを後にした方が良いと思われます。なぜそういう順番にする必要があるのでしょうか?それはどちらの印象が残りやすいか?というと、後に読んだ方になるからです。どちらの印象もそれなりに残るはずですけど、先に抱いた印象は、後から抱いた印象によって上書きされやすくなります。すると、メリットとデメリットを見て抱いたインパクトの大きさが同程度だとするならば、後から読んだ方がより頭に残りやすくなるということなのです。メリットとデメリットのどちらを印象として残したいか?というと、やはりメリットのほうでしょう。そうなると、基本的にはLPでメリットとデメリットを両方載せるときには、メリットを後にした方が、両方を読み終わったときの印象としてメリットの方が強く残っている可能性が高いと思われます。メリットの方が強く残っていればいるだけ、商品への魅力が高く感じられるということになるでしょう。先にメリットを紹介しても構いませんが、その場合にはデメリットで終わるのではなく、また再度メリットを載せていけるようにすると良いと思います。良い形で終われるように、良い印象で終われるように配慮していけると、ランディングページのデザインとしては効果的と言えると思います。メリットと共にデメリットも載せる場合には、こういった部分にも配慮しながら制作をしていけるように意識してみてください。
タイトル
色とデザインが与えるランディングページの印象

ランディングページ制作の手順は、企画→構成→制作→公開の手順が一般的となっています。特に企画構成は制作にも大きな影響を与える重要な作業です。特にランディングページのように、1つのコンテンツで成約や購入を狙うページの場合、この企画と構成で90%以上が決まってしまうと言っても過言ではありません。今回の記事では、企画構成の段階で決めるべきデザインと色について考察していきたいと思います。



会社サービス商品と色のイメージ。



例えば歯のホワイトニングをすすめるランディングページが合ったとしましょう。そのページの色の支配度が「赤」「オレンジ」「黄色」といったような色の場合、ユーザーはどんな印象を持つでしょうか?暖色系は受け入れられやすい色ではありますが、清潔さ、爽快さ、安全性などをアピールする場合には適していません。もちろん、ほとんどのユーザーがデザインの素人ですからそういったことを意識することはないでしょう。しかし、デザインや色味によって、「このページはこんな内容なのかな?」と無意識のうちに想像させることになります。その想像と内容が一致していないとユーザーにとっての不快感に繋がり離脱を促進させることに。ページのコンテンツと色のイメージが合致しているかは最低限考える必要があります。



知っていますか?地域によって好まれるローカルカラー。



日本全国様々な都道府県が有ります。実は、その都道府県によって好まれやすい「ローカルカラー」の存在があることを、貴方はご存知でしたでしょうか?これらローカルカラーを上手く使いながらランディングページのデザインを進めていくと、硬化が出やすいといった検証もなされています。販売する商品の販路などを意識して考えてみるといいでしょう。



LPのイメージは色合いで決まる?



基本的にランディングページは広告からの流入を見込むものです。ユーザーはある程度どういった内容なのかを期待して、ページを訪問すると考えるのが定石。そのイメージとLPの内容が異なっていると違和感を与えてしまいます。広告バナーからランディングページの申込みボタンまでスムーズに読み流してもらうために、広告バナーや商品サービスの色合いを統一する必要があります。広告業界ではトンマナ(トーンアンドマナーの略)とも言われる分野です。





成果の上がるランディングページを作るために、これらデザインや色について考えるのは必須です。いかに違和感なく、スムーズにユーザーをコンバージョンに導くか、デザイン面からも推敲する必要があります。
タイトル
ファーストビューに掲載するキャッチコピーはどうあるべきか?

ランディングページを制作する際に、ウェブディレクターの多くが悩むのがキャッチコピーです。自社にデザイナーを抱えているというところは多くあるでしょう。制作会社やWEB広告代理店にもチームがあるはずです。しかし、その中に適切なコピーを書けるライター、すなわちコピーライターがかけているケースが多くあります。いいか悪いか、文章は誰でもかけてしまいますので、例えばディレクターや営業マン、デザイナーがついでにキャッチコピーをつくってしまう、なんちゃってコピーが多く存在するのも事実。では、ランディングページ作成において、特に重要なファーストビューに持ってくるキャッチコピーはどうあるべきかについて考えていきましょう。



LPのキャッチコピーには強烈なメリット、または「?」を含ませる。



ファーストビューでユーザーの多くがその下のコンテンツを読み進めるかを決めます。ファーストビューのクリエイティブが弱ければあっという間に離脱されてしまうことでしょう。そうならないようにキャッチコピー作成において気をつけたいのが、ありがちなキャッチコピーに逃げないということです。具体的な手法として、強烈なメリットを誰にでもわかるように掲載する、またはだれもが「え?なんだろう?」と思うようななぞかけを含めるの2つをご紹介します。



メリットをわかりやすく提示する。



キャッチコピーの重要な要素として「わかりやすさ」が挙げられます。キャッチコピーを創ったことがない人の場合、無理をしておしゃれなコピーを書こうとするケースがありますが、インターネット上において余計なトンチはむしろ逆効果になってしまいます。シンプルに、商品やサービスの特徴をキャッチコピーに入れるようにしましょう。その際に、あくまでお客様にとってのメリットを含むようにするのがポイントです。



キャッチコピーでなぞかけを。



「誰でも3分で作れる“ナイアガラキャッチコピー“の作り方」と言った風に、ファーストビューのコピーに謎を入れる方法も、ランディングページ制作の際には有効です。更にそれに合うデザインも設置できればより強力な武器となることでしょう。ランディングページのファーストビューで「なんだろう?」と疑問をもたせ、LPを読み進めていくうちに「なるほど、これがこうだからここがいいのか」「そうか、今買うと通常価格より3割も安いのか」などと理解させていくよう構成していきます。できれば、キャッチコピーがわかりやすいようにデザインを意識するといいでしょう。





このように、キャッチコピーはランディングページ制作において非常に重要な要素となっています。是非上記2つの作法を意識して制作を進めてみてください。
タイトル
ランディングページの中では漫画を使うのもあり

ランディングページの構成の仕方は様々なものがありますが、最近多用されているデザインの中には漫画を使って説明をしている例が目に付きます。漫画は多くの方にとって親しみやすいものであるとともに、文章のみで書くよりも、より伝えたいことが読者に伝わりやすいというメリットを持っています。したがって、ランディングページのある程度冒頭に近い部分に漫画を入れていくと、読者を惹き付けることができると思います。漫画を使う方法がなぜ有効か?というと、ストーリーで商品やサービスの魅力が伝わりやすくなるからです。つまり、商品やサービスが必要になるような状況、需要が生まれるような状況をあえて作って物語がスタートするわけです。そこから何かに困っていて、商品やサービスが登場し、見事にその悩みを解決してあげるというのがよくあるストーリーで、具体的な場面で理解がしやすく、こういうときにこういう役に立ってくれるというのが、如実に分かりやすいという効果を持っています。そこまで長くないものにしないと読者が飽きてしまうので、ストーリー自体は簡潔に、短く、分かりやすくすることが大切ですが、それができていれば、どういたものでも商品やサービスの魅力は十分に伝わるのではないでしょうか?だからこそ、近年多くの場面で導入されている例になると思います。こういったランディングページのデザインを考えるときには、基本的にはランディングページの制作会社に依頼をする方が良いでしょう。通常はそういった形で制作をすると思いますが、漫画を使うようなケースでは、慣れている人に作ってもらうというのが1番確実でしょうから。ランディングページの世の中に同じようなデザインのものがどうしても溢れているため、読者にインパクトを残して惹き付けるには、それまでメジャーじゃなかった手法が使われることも多々あります。その1つがこういった漫画を使うというものであるのでしょう。LPを作る側も、構成を考えるときには、従来のやり方を踏襲しつつも、オリジナリティを出していきたいと考えますから。結局のところ、いかにLPを通じて読者に内容を忠実に伝えるか?が問題なので、そのためにできること、可能性を持った方法は試していくことが必要になるということでしょう。他社と差をつけるというのは、商品開発などでも当たり前の発想ではありますけど、その商品を売るためのランディングページでも差をつけていくことが必要になるのです。漫画を使うという手法もそのうち完全に浸透して、普通のやり方になる可能性もありますが。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.