上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページにおける画像による説得力の強化

ランディングページを制作するときには、いろいろな面から紹介している商品の説得力を上げて、購入につなげていくというのが必要になると思います。ランディングページではほぼ確実に何らかの画像が使われているのですが、そのときには1つポイントとして覚えておいてもらいたいことがあるのです。それはケースによっては、医者のフリー画像を使ってみるということです。フリー画像のサイトの中には医者の格好をした人が写っているものがあると思いますけど、そういった画像は使い方次第では実は効果的なのです。医者の画像がある部分というのは、なぜか妙な説得力を感じてしまうことがあるからです。ランディングページで医者の画像を使うときには、デザイン面にも注意してもらいたいですけど、例えば左半分に医者の画像で、右半分に商品の説明などを書くと、そこに書いてある文章を読んでいるときに、当然医者の顔が目に入ってきます。商品の成分や効果についての説明をしている部分に医者の顔が入ってくると、まるでその人が説明をしてくれているかのような雰囲気に見えるのではないでしょうか?直接、そう書いてあるわけじゃないけど、医者が成分や効果の程を保証しているかのような、そういう状況にも見えてくると思うのです。当然、使っているのはフリー画像なので、別にその人は関係ないんですけど、白衣を着ている人は、どうしても権威が高く見えてしまって、自分たちは持っていない専門知識を備えた人たちという意識があるはずなのです。だからこそ、そういう医者の人たちの画像を適度に入れていくと、ランディングページ全体の説得力が漠然と上がる状態になるのではないでしょうか?医者の画像っていうのは、ランディングページでは実際に割と使われています。美容やスキンケア商品とかの場合には特に顕著で、やっぱり成分や効果の程について解説する部分に表示されていることが多い印象です。ランディングページにおける画像というのは、イメージによって読者の印象を良くしていこうとするものなので、それを最大限生かしたデザインがこういったケースになるでしょうか?LPを制作していくときには、いろいろな画像を使っていくと思いますけど、その中の一例として、こういう画像の使い方があるというのは知っておくべきだと思います。LPではいろいろな視点から、ページ全体の説得力を上げて、少しでも売り上げがアップするように努力をしていきましょう。
タイトル
ランディングページでは女性の画像が有効か?

ランディングページにおいては画像でユーザーを惹き付ける策がとられることも多いですけど、特に男性用の商品を販売するためのランディングページいおいては、女性の画像を配置すると良い場合があると思います。それはどうしてか?というと、女性の画像があると食いつきが良いということになるからです。実際にそういった例はよくあるのです。男性用の媒体に女性の画像が使われているケースというのは。分かりやすい例で言うと、週刊や月刊の少年漫画雑誌の表紙に女性のグラビアが載っていることがあると思います。これはまさにその例です。目がそっちにどうしてもいってしまい、手にとってしまうことが多々あると思います。また、最近は男性用のファッション雑誌の表紙も女性芸能人が占めることもあり、これも同じ理由だと思われます。男性から見て可愛い、綺麗な女性が写っていると、どうしてもそこに目がいきがちで、注目してしまい、結果売り上げにつながるという効果があると思われます。そうなると、ランディングページでも同じような手が使えるということになるでしょう。ランディングページの特にファーストビューです。この位置に女性の画像を配置しておくと、ランディングページを開いた人がどうしても、その画像を見てしまいます。そして、それをきっかけにして以降の部分も読んでくれるのではないでしょうか?そのLPを開いたということは、商品自体には興味があるはずなので、ファーストビューで心をぐっと掴むと、ファーストビュー以降の部分についても無意識のうちに目を通してくれて、商品に対する理解が進む可能性が高くなると思います。それが売り上げにつながる可能性もあるわけですから、LPを制作するときにおいて、特に男性が多くアクセスしてくるだろうと思われる商品を販売するときには、ファーストビューのデザインの仕方として、男性の視覚に訴える手法で、見ていてうっとりしてしまう女性のフリー画像などを配置していくのが効果的となると思います。実際にそういったことをやっている例があるわけですから、これは売り上げを上げるために使える1つのテクニックになるのではないか?と思います。男性の心理面を上手く利用したやり方になると思いますけど、そういった攻め方から売り上げにつながると分かれば、それをヒントにして、さらに別の手法を思いつく可能性もあります。ランディングページの制作におけるデザイン面は本当に奥が深いと言えると思うのです。
タイトル
ランディングページは商品の効果の結果の載せ方を工夫しよう

ランディングページにおける文章というのは、いかに続きを読ませるか?というのが重要になります。ランディングページというのは、非常に長くなる傾向にあることから、少しでも先を読ませるように工夫をして、読者に対して紹介する商品の良さをアピールしていく必要があるのです。そのためにはある程度冒頭で、続きを読みたくなるような工夫をしていく必要があるでしょう。そして、その時に使えるテクニックがあります。それは商品自体の効果を早く見たいと思わせる文章を使うことです。例えば、ダイエット関連の商品を紹介するランディングページの場合には、当然その商品を実際に使ってみた人の結果、どのくらい変わったか?ということを載せるのではないでしょうか?しかし、それを普通に載せてはいけないのです。そういった結果に関してはどちらかというと中盤以降に載せた方が良いかもしれませんが、ランディングページの冒頭において、「まさか、こんな結果が出るとは!?」といった文章を大々的に目立つように配置しておくと、え?どんな結果になったの?どれくらい変わったの?と、どうしても食いついてしまうでしょう。まるで驚きの結果がこの先に待っているかのような文章になると思いますけど、そういったことがLPに書かれていると、食いつく人も多いと思いますし、食いついた人はその結果が書かれているところまで読んでくれると思います。より後半まで読ませようとするならば、そういう惹きつけ方はテクニックとして使えるのではないでしょうか?こういったやり方は、後半まで読ませることがしやすいとともに、LPそれ自体への興味を惹かせることができると思うので、有効な策として覚えておいてほしいと思います。したがって、これからランディングページを制作するときにはこういった部分を考慮していけると良いのではないでしょうか?どういった商品を紹介していくか?にもよりますけど、商品の魅力部分をどのように伝えるか?というのはデザインの面でも本当に大切です。普通に伝えるのはもったいないのです。いきなり結果をどーんと出すのではなく、あらかじめ期待を持たせてからどーんと出すと、受け取り方も違います。また、こういった形で予告みたいな役割をさせることで、結果を見る前にランディングページを閉じてしまうことを防ぐ役割も担える場合があるので、ランディングページを制作するときには、どういう場合でも意識してほしいと思います。そういうデザインの仕方1つで、大分売り上げの方も変わってきますから。
タイトル
ランディングページはサイト制作の肝となる重要な要因です

ランディングページは多くの方にとって大変重要な要因となります。自分らしいサイトを楽しんで作っていく事で大変素敵な楽しみを満喫していく事ができます。自分でサイトを運営して楽しんで素敵なサイト運営を行っていく事は大変重要な事となります。素敵なサイトを構築して楽しんで素晴らしい毎日を送る事は大変重要な事となります。オンラインで多くの事を簡単に行なえる時代です。自分で商用アフィリエイトを作ったり、また素敵なECサイトを楽しんで作っていく事は大変重要な事となるので、その点を考える事でとても素敵な人生を楽しんでいく事が可能となるのです。普段から素敵なサイト運営を楽しんでいく事がとても重要な事となります。自分らしいサイト運営を楽しんでいく中でランディングページの果たす役割は大変重要なものとなります。ランディングページは全てのページの作成において、かなり重要な度合いの高いページとなるので、十分な注意を払って作成を行っていく事が重要な事となります。ランディングページを作るにはまずはシンプルな構成を考える事が大変重要な事となります。素敵なページを作っていく事でより確かな集客や多くのコンバージェンスを期待する事が可能となるのです。自分のサイトにおいて大変重要な要因はやはりこのようなサイトをいかに有効に活用して最適なサイトを作っていくかどうかなのです。自分らしいサイト運営を行なう事はLPのデザインをしっかりと考える事から始まっていくのです。素晴らしいサイトをきちんと作成する事でより確かな楽しみや収益を上げる方法を学んでいく事が可能となります。コンバージェンスを意識した適切なサイト運営を行なっていく事でより確かなサイトを楽しんでいけます。可能な限り多くのみ文字や写真を多様しない事で多くの収益を上げる事が可能となるのです。普段からどのようなページ作成を考えるかは大変重要な事となります。コンテンツの中身は当然ですが、やはり底に至るまでの導き方が大変重要な事となってくるのです。いかにして素敵なサイトを楽しんでいけるかどうかが大変重要な事となりますので、その点を考えて自分らしいページ作りを行っていきましょう。最適なページ構成を考える際に色を上手く使いながら少ない文字数でも効果的に訴求を行っていく事で誰からも信頼される大変素敵なページを作成する事が可能となります。努力して継続していく事で結果が出ますので、その点を考える事が大変重要な事となります。LPのデザインいかんで制作に関わ全体負荷が変わってくるのです。制作に無駄な時間を使わない事がとても重要な事となるのです。
タイトル
ランディングページで自分らしいページを大切にする秘訣

ランディングページを有効に活用する事で大切な自分らしい収入を得る事が可能となるのです。最近では大変多くの方が自分らしい人生を楽しんでいます。素敵な自分のページを楽しんでいく事で大変素敵な収入を得る事が可能となるのです。自分らしい人生を楽しんでいく事は大変素敵な人生を楽しんでいくにはアフィリエイト等を有効に活用して自分らしいページを作っていく事が大変重要な事となります。素敵な時間を楽しんでいく事でより楽しい時間をどんどん自分のものとする事が可能となるのです。自分らしい人生の為により多くの収入源を得る事は大変重要な事となるのです。ランディングページは大変重要なものとなるのです。LPは全てのページの顔です。これをいかに多くのユーザーの目線で作りこむかで自分のページの素晴らしさを表現する事が可能となるのです。素敵なページには多くの導線が必要となるのです。LPを有効に活用する事で素敵な自分らしいページを楽しんでいく事ができるのです。自分のページをら来訪してくれた顧客の心をいかに掴んで次のステップに持っていくかは大変重要な事となります。情報や素敵な商品をいかに揃えていてもやはりランディングページの出来栄えが宜しくなければあっという間に他のサイトに持って行かれてしまいます。素敵なページを作っていく事は大変重要な事となります。制作の際にシンプルなデザインをいかに考えるかが大変重要な事となるのです。普段から快適なランディングページを作る習慣を心がける事でより素敵な自分らしいページを楽しんでいく事が可能となるのです。デザイン等に関しては自分できちんと制作を行ってく事が重要な事となるのです。いかに無駄な要素を省く全体のレイアウト構成を考えたり有効な文言で多くの素敵なサイトを作っていくかは大変重要な事となるのです。自分らしいサイトを作ってアフィリエイトやネットビジネスを成功させる方法は今後のインターネット全盛時代において大変有効な方法となるので、是非、自分らしい方法で素敵なサイトを作成して素敵な時間を楽しんでいく事を考えてはいかがでしょうか。素敵なサイトからは大変多くの方が楽しんで素晴らしい楽しみを見つける事ができます。人気サイトは多くの方にとって大変有益な情報をいかにシンプルに伝えるかに特化したサイトの事を言います。コンテンツイズキングと言われる時代においていかに素敵なサイトを作っていくかはLPをきっかけとしてどのようなサイトを作りこんでいくかにかかっているのです。素敵なサイトでどんどん多くの方を魅了する事を考えてはいかがでしょうか。
タイトル
アメリカで古くから伝わる売れるランディングの型

売れるランディングページには、一定の型があります。型通りに作れば、素人でもある程度の結果を出すことができる反面、型を破ってしまうと、プロでも結果を出せないことがあります。ランディングページはクリエイティブな作業というイメージがありますが、売れるランディングページはクリエイティブな作業ではなく、如何に型通りに制作するかなのです。 ランディングページの型には、アメリカで古くから伝わる売れる型があります。この型は、LPが広まるずっと以前のチラシしかない時代からずっと伝わっている、今でも効果があり、伝わり続けている型です。古い型というのは、一見すると時代が違うので効果が無いように思えますが、古くから伝わり、今でも使われている型は、結果が出るからこそ、今日まで生き残っているのです。だから、あなたもこれを使わない手はありません。 アメリカで古くから伝わる売れる型とは、AIDAの法則の法則です。有名な法則ですので、もしかしたら、聞いたことがあるかもしれませんね。実はこのAIDAの法則、多くの売れているLPに使われているのです。 AIDAの法則は、次の4つから成り立っています。 A:Attention、読み手の注意を引くことです。 I:Interest、読み手の興味を引くことです。 D:Desire、読み手の欲求を高めることです。 A:Action、読み手を行動させることです。 AIDAの法則は、この順番通りに使うことで、効果を発揮します。読み手の注意を引きつけ、あなたの商品やサービスに興味を持ってもらい、あなたの商品やサービスを欲しいと思わせ、そしてあなたの商品やサービスを買わせるのです。 文章だけではなく、デザインも含めて、AIDAの法則に嵌めます。特に、A:Attentionでは、ヘッドライン、画像など思わず見てしまう、注意を引きつけるインパクトのあるデザインで制作するのがポイントです。ここは、ファーストビューと呼ばれるランディングページで最も大事な部分です。もしあなたの制作したランディングページの反応が悪いのであれば、ここのファーストビューを少し変更するだけで、反応が大きく上がることもあります。 後は、A:Attentionで引きつけた読み手を、I:Interest、D:Desireと興味を欲求へと高めていき、最後のA:Actionで商品を購入してもらったり、メルマガに登録してもらったりと、あなたが採って欲しい行動をしてもらうように仕向けます。 最初は難しいかもしれませんが、意識してAIDAの法則を使ってみましょう。
タイトル
ランディングページにはおまけをつけると良い

ランディングページでは、どれだけそのページの商品が魅力的か?ということとともに、そこから買うといかにメリットがあるか?をアピールしていく必要があります。全く同じ商品は他では売っていないかもしれませんけど、似たような商品を扱っているケースはあると思うのです。そういった中で、ライバル店に勝ちつつ、自分のところのランディングページから買ってもらうためには、そこから購入することの特典をつけるというのが有効です。実際、そういった観点からデザインを工夫をしている例もありますから、知っておいてほしいのですが、よく使われている手法では、おまけをつけるというのがあります。おまけというのは、ランディングページ内で商品として紹介しているものに関連するおまけです。何もつかないよりも何かしらつけた方が、読者から見てお得ということは間違いなく言えると思います。そういったところで少しばかりの心遣いをしていくと、それが読者の心に響くこともあるので、結構有効なのです。おまけはそんなに大そうなものを用意する必要はないと思います。紹介している商品と関連があって、もらうとちょっぴりお得と感じられるものであれば良いと思います。だから、お金はそんなにかかっていなくて良いと思うんです。あまりおまけに凝りすぎると、出費も痛いですから、ほどほどのもので構いません。何かしらついていれば、それはここで買うメリットとして機能するはずですから。しかし、おまけを考えるときには全く関係ないものはつけないようにしましょう。それを貰って嬉しいと思えるか?どうか、お得に感じるか?どうかが重要なので、あくまでもメインの商品に関連したものが良いです。関連したものであれば、そのランディングページに来ている時点で、そこで紹介されている商品には多少なりとも興味があるはずなので、それと関連する別の何かにも興味を惹かれるはずだからです。LPを制作するときには、こういうおまけに関して考えていくと他のランディングページと差別化ができるかと思います。こういったおまけは通販サイトとかではたまに見ますから、有効な策の1つではあると思います。ランディングページをデザインしていくときには、おまえを何かしらつけること、そのおまけがついてくることを分かりやすく、お得に思えるようにアピールしていくことなどを気をつけていくと、売り上げが上がっていくきっかけになるかもしれません。LPを制作するときのコツとして覚えておいてほしいと思います。
タイトル
ランディングページでは具体的で分かりやすい言葉選びを

ランディングページを制作するときにはページの中で使うワード1つ1つを意識して使う必要があります。多くのランディングページでは、見出しやキャッチコピーなどは真剣に言葉選びをしてるかもしれませんが、それ以外では疎かになっている可能性もあります。言葉選びというのは、どういう単語を使うか?どういう説明をしていくか?ということで、それが読者の理解力や印象に大きな影響を与えるので、本当によく考えてデザインをしていった方が良いです。ランディングページにおける言葉選びで気をつけることは、やはり具体性のある言葉を使っていくということになります。具体性のある言葉というのは、例を挙げると、「美白効果」とは言わずに、「シミやそばかすに効果的」といった言葉を使うということです。この2つを見比べてどちらがより具体的か?というと、後者になると思います。美容関連の商品では「美白」という言葉はよく使われている印象です。つい使ってしまうのでしょう。確かに美白には目がない女性は多いとは思います。しかし、美白という言葉はかなり抽象的で、その効果の具体性がイマイチピンとこないのではないでしょうか?ここで言う美白というのは、具体的にどうなることなのか?ここまで分からってもらわないといけないのです。読者からしても、ピンポイントの効果を挙げてもらったほうが安心感があると思います。漠然とした効果しか分からないと、自分の悩みにとって解決策になるのか?の判断ができません。そこに少しでも不安があると、購入するのを躊躇ってしまうのではないでしょうか?だからこそ、効果が具体的に何なのか?それを示してあげることで、使う価値のある人、その商品に向いている人というのが如実に分かるようにしてあげれば、その商品に向いている人、使う価値のある人からの購入率が上がる可能性があるのです。これはランディングページの制作においては、ターゲットを絞るという意味合いも持っていると思います。美白全般に興味がある人の中でも、シミやそばかすなどをなんとかするための美白に興味があるという人に向けるということですから。ただ単に肌を白くしたい人向けではないというアピールを同時にすることになります。LPのデザイン面では見た目の印象を良くするということを重視する傾向にあるかもしれないですけど、読んでいて理解が深まる、魅力的に思える点も必要な部分になりますから、LPを作るときには意識していくと良いのではないか?と思います。
タイトル
ランディングページで詳細に解説をしていくべき部分とは?

ランディングページを制作するときには、読者に対して分かりやすく、理解しやすいように内容を構成していくことが大切です。そういったときにはいろいろなポイントがあるものの、特にはじめて見た人でも、初心者でも特に分かりやすいようにしていく意識が必要になります。それは具体的にどういうことか?というと、例えば健康食品系のジャンルの場合に当てはまるかと思いますが、成分の詳細について解説をしてあげることです。ランディングページを制作するときには、読者はこれくらいのことは知っているだろうと油断をするのではなくて、もしかしたら知らない人がいるかもしれないと思って、中に入っている有効成分について1つ1つ丁寧な説明を入れていくのです。そうすれば、最初から知っている人はもちろんのこと、こういったことに詳しくない人も商品の効果のすごさについて理解が及ぶでしょうから、そういった人まで購入意欲を増大させられる可能性があるのです。詳しい人は成分名を見ただけで、どういう効果があるか?この商品の価値は?などを判断できると思いますけど、詳しくない人は全く判断できませんから、判断できるように1つ1つの成分を解説してあげることで、詳しくない人が詳しくなれることによって、結果的に商品価値について理解ができると思うのです。ランディングページをデザインするときには、そういう細かい部分まで配慮をして、誰が見ても商品の価値を理解できるように、訪問してくれた方々の中で1人残らず購入意欲を高めてもらえるように工夫をしていくと良いのです。ここで大切なのはいろいろなタイプの読者がいるということに対する想定です。健康食品のランディングページに来た人は、当然こういったものには詳しいだろうという予測は立つものの、全員ではないですから。人間は面倒なことは避けたがるので、勝手にみんな分かってくれるだろうと思い込んだら、それ以上の努力はしない傾向にありますが、それで取り逃しているお客さんはわずかでもいるはずです。そういった部分の手間を惜しまないでやると、少しでもランディングページからの売り上げも上がるでしょう。LPは商品の宣伝がメインではあるものの、中身をデザインしていくときには、お客さんのためという意識を常に持っていかないといけないです。お客さん目線で、そういうLPこそが最適なのか?それを考えて、実際に作っていくことができれば、効果的なランディングページになると思います。
タイトル
ランディングページでは無理なことはきっぱり断っておく

ランディングページで商品を買ってもらうために必要か?というと、やはり信用を上げることが第一になるでしょう。信用を上げるためのコツというのはいくつかあって、それをランディングページ内でも実践していってほしいと思いますけど、1つ使えるワザを紹介しておくと、無理なことは無理と言ってしまうことです。それによって、一定割合の人はダメそうだと諦めてランディングページを後にしてしまうでしょうけど、残りの人はまだまだ興味を持って引き続き読んでくれると思います。そして、あらかじめ無理なものを無理と言っていることにより、引き続き読んでくれる人の信用が増している状態になっていると思います。基本的にこういったページではデメリットになりそうなことは言いませんし、あえて商品の魅力や価値を下げるようなことを書いているケースは多くないため、それが大々的に、きっぱりと書いてあると、悪いところを全部曝け出してくれているのではないか?と感じて、ランディングページを引き続き読んでいって、商品に魅力を感じてくれれば、購入まで至ってくれるかもしれないのです。したがって、そういった部分を制作段階で考慮して、実際にページの中でデザインしていきましょう。しかも、ある程度目立つように記載していくと良いと思います。具体例としては、ダイエット食品のLPだとすると、運動が苦手で全くする気がない人には効かないとか、そういったことです。紹介している商品に向かない人、使っても効果がないと思われる人には、あらかじめそれを知らせてくれるという部分は、かなりの信頼を勝ち取れると思いますから。利益優先の場合には、運動をしないと効果が出ないと分かっているのに、運動をしなくても痩せますといったことを載せてしまうようなこともあるかもしれませんし、多くの会社は多少そういったことをやっている可能性もあると思います。ウソまでいかないけど、誇張をしているようなケースは多々あるのではないか?と思います。しかし、そういったことは少しずつ信用を下げる可能性があり、どれだけ素晴らしいLPを制作しても口コミ等で評判が広がって、いずれ売れないときがくるかもしれませんから、注意をしてほしいと思うのです。信用を得るのは大変ですし、信用を優先させると、今度は売れづらくなるといった問題ももしかしたらあるかもしれませんけど、良いランディングページをデザインしていくための1つのコツにもなると思いますし、上手くやれば売り上げにもつながると思うので、知っておくと良いでしょう。
タイトル
ランディングページの重要性を考えていく事

最近では大変多くの方が自分でビジネス等を行っています。オンラインで自分のビジネスを行える時代においては自分の好きな事を行って収入を得る事は大変重要な事となります。自分らしいページを楽しんで作って素敵なサイトで多くの方から愛されるサイトを作っていく事は大変重要な事となります。オンラインで楽しんで素敵なサイトを作っていく事でどなたでも自分らしい楽しみを簡単に探していく事が可能となるのです。いかに素敵なサイト運営を行って楽しんでいくかが大変重要な事となるのです。オンラインの世界では常にユーザー目線を意識して顧客が何を求めているかを真剣に考える必要があるのです。ランディングページはLPと呼ばれ、全てのページの基本となるので、その点を考えて素敵なページを作る事を真剣に考えていきましょう。普通、人はそのページを訪問する際に、検索ワードを入れて必要な情報にアクセスする事を考える場合が大変多いのです。そのような点からしてもこのページでいかにユーザーの心を掴むかは大変重要な事となるのです。ランディングページを楽しんで作成する事で、ページ全体のアクセス数を増やす事ができます。インターネットの世界で重要な事は情報に対するアクセス性と目的の情報に対していかに自分の感度でアクセスできるかなのです。その為にはランディングページにおいてはいかにシンプルに物事を表現するかが大変重要な事となるのです。ランディングページはレイアウトからしても楽しんでいく事が大変重要な事となるのです。サイド部分やフッター部分等のレイアウトの中で効率的に次のページに遷移してもらえるようなレイアウトを考える事がとても重要な事となります。いかに素敵なレイアウトを考える事が大変重要な事となるのです。サイトを考える上で全体のバランスを考える事はとても重要な事となるのです。自分らしいサイトを作って多くの方にとって有益な情報を与えていくには、このような配慮を行っていく事が大変重要な事となってくるのです。素敵な自分らしいサイト運営を行って、より多くの時間を楽しんでいく事で自分の収入ややり甲斐を上げる事は大変重要な事となるので、その点を考えて自分らしいページ作りの中でランディングページの持つ役割を考えて素敵で自分らしいページ作りを楽しんでいく事を考えていきましょう。良いページは多くの方にいつまでも愛される素敵なページ作りが基本となるのです。ランディングページ作りはとても重要な事となりますので、その点を考える事でアクセス数等は普通に増えていくので、その点を考えていきましょう。優れたデザインのLPを作成する事で自分のページをより多くの方に見てもらえるのです。デザインを意識した制作が大変重要な事となるのです。制作は最後は慣れです
タイトル
どこからでもアクセスされるランディングページ

私達がインターネットを使う時、どのような目的で使うことが多いでしょうか。 ニュースを見る。 情報検索を行う。 動画コンテンツを見る。 買い物をする。 色々な活用が可能です。 しかも、ノートパソコンで見るだけでなく、スマートフォンで行なうことができますので、ますます活用する機会が増えてきています。 ネットショップを使う中々、手に入りづらい品物を購入できることも少なくありません。 それだけ便利になってきているのです。 その時に重要な役割を担っているのが、ランディングページ(LP)です。 ランディングページ(LP)とは、。商品説明や購入手続きを進めるためにあり、特にネットショップなど、インターネットショッピングでは無くてはならない存在なのです。 ページの制作においても、デザインを効果的なものにしなくてはなりません。 ネットショップのオーナーやページを制作する業者もインターネットの特性を理解しながら、デザイン構成を考える必要があります。 言わば、物を購入する時の最終決定のページという位置づけにあるのです。 しかし、アクセスルートに意識した作りも意識する必要もあります。 普段、私達がインターネットで買い物をしようとすると、まず検索をすることが多いと思います。 買いたい商品名を検索エンジンにインプットして、調べることが早道ですが、商品名が分からない場合、思いつく限り、関連しそうなキーワードを打ち込んで検索をかけることでしょう。 結果表示には、キーワードにヒットした言葉が出てきますが、そこからサイトを開くと、いきなりランディングページが表示されてくることも少なくありません。 この時にページの内容か、商品サイトの最終ページ(サイトの最下層ページ)だけを意識した内容では、分かりづらくサイト訪問者がすぐに離れてしまうことがあるのです。 これを避けるためには、ランディングページ単独でも商品の説明から購入決定までの起承転結の形で、ページを構成させることが重要なのです。 インターネットでは、情報検索でしかいかに高い確率でヒットするかも重要なことです。 SEO対策をも考慮した内容にすることも必要であり。このベージはどこからアクセスされても、機能することができるようにしなくてはならないのです。 サイトの構成は、ポータルサイトであるメインページに加えて、細分化された子ページが下層に並ぶことになります。 必要に応じて孫ベージと下層が段々と深くなっていくのですが、最下層にあるべきランディングページでも、直接、アクセスされる可能性も少なくありません。 したがって、このページはどのルートから気でも分かりやすくすることが大事なのです。
タイトル
ランディングページで重要なサンプル品を載せる位置

ランディングページを作るときにはいろいろな点に注意をして、読者に対して購買意欲を高めてもらうことが必要になってくるでしょう。そして、商品のジャンルによっては、サンプル品を用意して、本製品を使ってもらう前に、そちらを試してもらうといったことが行われている場合があります。こういったサンプル品は、美容関連のランディングページで見ることが多いように思いますけど、非常に重要な役割を負っています。というのも、サンプル品っていうのは、本製品と比較して内容量は少なくて、値段が安いものであり、本製品を買うのは躊躇するが、それが安いならまずは試してみようか?と思わせるための品です。そうなれば、ランディングページにおいて、このサンプル品を表示する場所は、本製品を紹介した後の方が良いと思います。いきなり本製品を買ってもらっても良いでしょうけど、サンプル品を用意しているということは、そちらを試してもらうのが先という考えではないでしょうか?サンプル品をまずは試してもらって、それで安心感を持って、それでいよいよ本製品を試してもらうというのが想定どおりの流れではないか?と思います。したがって、まずはサンプル品を購入してもらうというのが、こういったランディングページを制作するときに意識する部分になりますが、商品紹介の順番として本製品の値段をまず出してから、その後にサンプル品がこの値段で試すことができるという風にアピールをすると、感動が生まれると思うのです。いきなりサンプル品を出してしまうよりも、本製品を出して、相対的に高い値段をまず出した後に、相対的に安いサンプル品も試すことができますよ?という形にすると、こんなに安く試すことができるんだ?という気持ちが生まれます。同じ値段なのに、前に本製品を出すか?出さないか?で、サンプル品の値段に対する印象が変わるはずです。そういった読者の心理面を考慮してLPを制作していくと良いと思います。LPをデザインするときには、ほんの少しの違い、細かいポイントを意識するだけで、結構売り上げも左右されますから、もし今後LPで本製品のサンプル品を扱っていく予定ならば、そのサンプル品をどうやってアピールするか?どうやればよりサンプル品の購入率が高まり、結果として本製品への購入につながるか?という部分を真剣に考えていきましょう。ランディングページのデザインをするうえで、こういう部分も当然無視できないと思います。
タイトル
効果的なランディングページを作ることを考える

インターネットが発達してから、個人的に仕事を始める人が増えてきました。 インターネットビジネスと呼ばれておりジャンルは多岐にわたっています。 ネットビジネスで、売上げを伸ばしていくためには、インターネットでの集客、商品プレゼンが重要になってきます。 そのために重要になってくるのが、ランディングページ(LP)です。 このページは、商品やサービスを紹介することと、購入を促すが役目を果たします。 特にネットショップを営む人にとっては、とても大事なページとなります。 ランディングページ(LP)は、デザイン制作にページ構成を十分に検討する必要があるのです。 そのためには、いくつか抑えるべきポイントがあります。 まずは、簡潔明瞭なセンテンスで商品紹介をすること。 説明文は詳しく表現したいとデザイン製作者は考えがちですが、長い文章が続くと見る人の負担管が増えて、すぐに飽きられてしまいます。 したがって、箇条書きでシンプルな文章構成にする必要があります。 また、強調したい箇所は、フォントを大きくしたり、文字色を目立つようにすることが効果的です。 次に考えることは、視覚に訴える表現を取り入れることです。 イラスト、図解、あるいは画像を挿入することも、見る人の理解度を高めてくれる効果があります。 最近では、動画コンテンツを挿入することも少なくありません。 但し、最近は、スマートフォンを利用する人の方が多いので、データ制限量を防ぐためにも、データ量の少ないコンテンツにするか、スマートフォンがWifiに接続されている時に、動画が再生されるような工夫が必要です。 ランディングページのセンテンス構成は、これらのことを基本にしながら制作する必要があります。 次に考えることは、購入決定につなぐストーリー性です。 ある程度、説明のコーナーが終わると、購入の意思がかなり固まっているはずです。 このチャンスを逃さないようにするためには、すかさず「購入ボタン」を適切な場所に設けることです。 ページによっては、説明文の間に「購入ボタン」を設置しているものもあります。 これも効果的な場合もありますが、あまりにも多様すると、むしろ購入意欲を削いでしまう場合もあります。 途中で設置する場合は、説明文が終わった区切りのよいところで設置することがいいでしょう。 ランディングページで重要なことは、客観的な判断ができる情報も盛り込まれているかどうかです。 ネットショップでは、商品を直接、見たり触ったりしている銀身することができません。 その代わりに、購入者の評価を掲載することで、客観的な判断ができるようにしているページが多いのです。 ランディングページは、このように商品の購入を促すための重要なページなので、説明文、購入ボタン、購入者の感想などから構成されながらも、ページバランスが取れて見やすくビジュアル的な構成に気を使う必要があるのです。
タイトル
ファーストビューに値段だけ入れるランディングページ

ランディングページの制作ではファーストビューでどれだけ読者に興味を惹くことができるか?ここに重点を置いて実際にデザインを考えるケースが多くなっていると思いますけど、ファーストビューはいろいろな見せ方があると思います。それこそ、それぞれのランディングページにおいてファーストビューの見せ方は十人十色という状況かもしれません。だから、確実な正解となるものはないけど、とにかく読者にインパクトを残して、興味を惹けるようにするのが大切という意識の面は共通していると思います。そのうえで、ランディングページのファーストビューにおいては値段を大々的に表示して、商品の効果とか特徴などについては一切書かないというやり方があるのです。これはある意味インパクトがあると思います。値段は誰もが注目してみてしまうものだと思いますから。そして、その値段がある程度安いと感じるものであれば、興味は惹けると思います。さらに、値段によって興味を惹ければ、以降で少しずつ商品について詳しく説明をしていくことにより、値段に対する興味とともに、今度は商品に対する興味へと変わっていくのではないでしょうか?そういったプロセスで読者の興味を惹くという方法もとれますから、知っておいてほしいと思います。読者としても、ランディングページに来たってこどは、そこで扱われている商品のジャンルくらいは分かるはずです。何かの悩みを持って検索してたどり着いたわけですから、その悩みに関係する品を扱っているというのは分かるはずです。そうなれば、その悩みを解決する品が具体的に何か?分からなくても、その悩みを解決する品の値段がいくらか?分かれば、客観的に高いか?安いか?くらいの判断はつくでしょう。そうなれば、ランディングページのファーストビューに値段だけデカデカと書いていても、意味があるはずなのです。インパクトを残すには、情報をできるだけ少なくして、その少ない情報を大々的にアピールできるようにデザインしていくということが大切になりますし、こういったデザインのLPを作っているケースも実際にあると思われます。値段だけの情報と書きましたが、背景に画像とかは使って良いと思うので、情報としては値段に集中させつつ、それ以外では見ている人が心地よくいられるようにLPを制作していってください。こういった点を考慮すると、結構売り上げも上がる可能性がありますから、多くの人に知っておいて欲しいと思います。
タイトル
ランディングページにSNSのボタンを設置しておくべき

ランディングページを作成するにあたってはいろいろな特徴を盛り込んで、アピールした商品の情報を提供していくことになると思います。いかに商品が優れているか?魅力があるか?を語っていくことも大切になりますが、それとは別にやっておくと良いことがあるので知っておきましょう。それはツイッター、フェイスブックといったSNSを通じて拡散ができるボタンの設置です。SNSは今のネットでは欠かせない存在で、利用者もとても多いです。こういったツールを通じて商品が購入されるケースもあるので、ここは忘れないでほしいと思います。こういったSNSで拡散できるボタンの設置は、直接購入者を増やすことにはならないかもしれないですが、間接的に増やす可能性は持っています。それはどうしてか?というと、そのランディングページを見た人が、そこで紹介されている商品を良いなとは思ったけど、購入するまではいかないときに、自分の知り合いとかに知らせてあげようと思って、ツイッターやフェイスブックを通じて拡散をすることがあります。すると、それを見たその人の知り合いが同じく良いなと思って、ランディングページまで行って、そこで購入をしてくれる可能性が生まれます。ランディングページを最初に見た人が、SNSの拡散するためのボタンがあることで、それが理由になって購入にいたるということは、通常ないでしょう。しかし、そのボタンがあることで、その人が別のお客さんを連れてきてくれる可能性があるわけです。そういった効果が期待できるので、SNSの力は強大ですし、簡単にできる作業だと思うので、SNSからの集客を狙って拡散するためのボタンは忘れずに設置しておいてほしいと思います。SNSに関しては、単に読者に拡散してもらうだけではなく、自分たちでも情報発信の意味でツイッター、フェイスブック、その他のものを利用していくと良いと思います。また、ランディングページのどこにSNSのボタンを設置していくか?というデザイン面も重要ですから、そういったところも考えて制作をしていくべきという話になると言えるでしょう。いくらコンテンツがよくても、誰かに見てもらえないとランディングページの意味がないので、そこを意識していくことも同時に大切になりますし、LPを制作するときには中身のみではなく、作ったものをどうやって多くの人に見てもらうか?まで考えたいところです。そこまで含めて、LPのデザインということが言えるのではないでしょうか?
タイトル
ランディングページを有効に活用する事の重要性

ネットショップを有効に活用する事で自分の人生において最適な方法で楽しんで自分らしい生活を送っていくことが可能となります。普段から自分らしい生活を楽しんでいく事は大変重要な事となりますので、いかに無理と無駄なく適切なページを作っていくかを真剣に考える事が大変重要な事となります。ランディングページの制作は大変重要な要素となります。自分らしいページ作成をきちんと行なう事で多くの顧客の心を掴むページ作成が可能となるのです。いかにしてこのようなランディングページを効率よく作るかは大変重要な問題となります。ランディングページはLPとも呼ばれ、全てのページ作成の基本となります。自分にとって最適なページを作っていく事は多くの方にとってとても重要な問題となります。ランディングページは大変多くの方がまずは最初に目にする大変素敵なページです。これのデザイン次第でユーザーが次のページを見てくれるかどうかが変わってきます。忙しいユーザーはそれ程簡単に長い間、自分のページにとどまっていてくれる訳ではありません、自分にとって必要な情報をいかに効率よく入手できるかどうかが大きな問題となるので、その点からしてもいかに効率よく自分らしいサイトを運営していけるかどうかが大変重要な問題となります。制作の際にはいかにレイアウト等において適切な配色等を考えて素敵なサイトを作っていくかが大変重要な事となります。LPからユーザーは次はどのページに遷移していくかを考える場合が多いのでいかに目的地域まできちんと誘導できるかどうかが大変重要なキーポイントとなります。日頃から自分のページのレイアウト等を考える事で素敵な自分らしいページを作っていく事も十分に可能となるのです。ランディングページは多くのサイトにとっていわば門構えのようなものです。このレイアウトいかんでサイトの出来栄えやその後のユーザーの滞在時間等は大きく変わってくるので、その点を考えて自分らしいサイトデザインの中でいかにLPにおいて多くの顧客の心を掴んでいくかは大変重要な問題となります。自分らしい楽しみをいかにして多くのユーザーと共有できるかが大変大きな問題となります。自分らしいサイトをきちんと構築してより多くの顧客の心を掴んでいく事は大変重要な事となります。普段から適切なレイアウトの見直しやターゲットワードの見直しを行っていく事で大変素敵な時間を楽しんでいく事が可能となるのです。楽しんで多くの事を学んでいく事が大変重要な事となるのです。
タイトル
ランディングページの作成では「無料」を強調しよう

ランディングページを作るうえでは、いかに読者を惹き付けることができるか?という点において、誰もが考えていくと思われます。そのときにはどういう単語に読者が惹き付けられるか?ということを考えるのも非常に重要です。例えば、誰にとっても魅力的に映る単語として「無料」というものがあります。初回無料や送料無料といったことでも使われますが、この無料という単語は是非強調をしてもらいたいです。当たり前と思われるケースに関しても強調してもらいたいです。それはどんな場合か?というと、例えば資料請求をするケースです。ランディングページの中には資料請求ができるリンクが貼られている場合がありますけど、資料請求って、お金がかかるケースの方が少ないと思いますから、無料が当たり前という認識の人もいるかもしれません。しかし、そういう当たり前とも思える資料請求でも、無料を強調してデザインしていくと良いのです。それは読者にとって、無料という言葉はその対象が何であれお得に感じてしまうからです。あとは安心感もあります。無料が当たり前だと思っているけど、改めて無料と明記してくれていると、無料じゃないケースもあるということを認識できるとともに、これは無料なんだと安心感を持てるという効果があります。そして、無料と書いてくれていることに対して非常に良心的なイメージを持つ可能性もあります。資料請求のみではなくて、先ほど挙げた送料や初回限定に関しての無料なども同様に強調して、読者から見てとても目立つようにランディングページをデザインしていってほしいと思うのです。実際、無料という言葉は、ランディングページを制作する側があえてアピールしたい部分のみに使っている印象ですけど、そういう部分のみに使うのではなく、本当に些細な部分、あえて無料と明記しなくても良いかもしれない部分についても書いていくと良いかもしれないのです。あまりにも無料と書く部分が多すぎてもしつこく感じてしまうので、数箇所程度にしてほしいとは思いますけど、無料と書く必要なんかないと思っているところに無料と書いておくだけで、読者の心理的な変化を生むこともあるので、LPを制作するときには、1つこだわってもらたい部分になります。LPでは、何気ない単語の有無で売り上げが変わってくることも多々あると思いますから、いかに細かいところにも気を配っていけるか?というのは、本当に大切になってくると思います。
タイトル
スマートフォンヲ意識したランディングページ作り

最近、インターネットの活用方法が幅広くなってきました。

自分の欲しい情報を検索したり、メールを送るだけでなく、以前の、見逃していた映画を見たり、動画をアップしたりと色々な使い方が出てきています。

その中でも顕著なことは、ネットショッピングかもしれません。

欲しい商品があれば、ネットで検索してヒットしたページから、購入手続きを済ませる。

このようなパターンが増えてきています。

この時に重要な役割を果たすのが、ランディングページ(LP)なのです。

ランディングページは、略してLPとも呼ばれていますが、商品を説明したり、購入手続きを促す決め手の商品サイトのページを意味しています。

このページのデザイン制作いかんで、購入が決まるかどうかという大事なベージなのです。

ネットショッピングで重要なことは、できる限りサイトに多くの訪問者を招くかです。

SEO対策をしっかりと行い、訪問者を集めることは、とても大事なことです。

しかし、せっかく人が訪れても、ランディングページが見づらかったり、分かりづらい内容だと、すぐにその場から離脱していきます。

一般的には、サイト訪問者の滞在時間は、ほんの数秒というデータがあるほどです。

長く滞在させるためには、このページのデザイン制作をよく考えることが重要になってきます。

ここで意識しておきたいことは、スマートフォンの利用が増えてきていることです。

手軽さから場所と時間を選ばすに、インターネットを利用できるのですが、商品を説明する立場からすれば、効果的な画面作りを行う際にスマートフォンの画面の特性を意識しておかねばなりません。

パソコンとは違いスマートフォンは、サイトの画面が上から下へとスクロールしていきます。

この動きの中でキチンと商品をアピール力できる攻勢にする必要があります。

しかも、画面が小さいために、多くの情報を詰め込むことは、見づらいことにもなってきますので、商品の特徴を3点程度に絞り込んで、説明することが効果的だと考えられます。

また、ページの最上段には、商品を利用した時の効果やメリットをキャッチフレーズとして、表記することで見る人を釘付けにするのです。

また、ベージスペースが狭い点は、イメージ図やイラストで説明をカバーすることも一つの方法と言えるでしょう。

最近は、データ量の少ない動画コンテンツを挿入しているケースもあります。

このような作り方で、ランディングページを完成させることが、ネットショッピングの成功につながっていくのです。
タイトル
ランディングページではストーリー性を重視する

ランディングページ(LP)は、ネットショップなどの販売サイトでは、重要な位置を占めています。

このページでは、人がネットショッピングをする時に、購入手続きを意志固めさせることを目的としているからです。

ランディングページ(LP)を見て、どのような商品なのかを理解して、購入手続きをします。

このように着実に購入を決定させるためには、ページのデザイン制作を綿密に検討していく必要があります。

一目で見て理解しやすい商品説明。

そして、ネットでも実際に手に取って品定めをしているようなバーチャルな見せ方。

限られたランディングページのスペースの中で、最大限に商品をアピールするためには、デザイン制作は色々な側面から吟味をしていく必要があります。

説明をギッチリと盛り込みすぎると、ページが見づらくなってしまい、ベージから離脱してしまう可能性があります。

これを避けるためには、なるべく文字数を少なくして簡潔明瞭な表記を心がけなければなりません。

商品の特長をアピールしたい箇所は、文字フォントを変えるなり色を使い分けたりすることも必要です。

また、動画コンテンツやイラストを併用することもビジュアル的な効果も期待できます。

このようにたかだか、1ベージ内の展開になるのですが、内容の出来具合で販売が決まるかどうか成果が分かれてきます。

ランディングページを作る上で、もう1つ大事なことがあります。

それは冒頭で商品の必要性を訴えることです。

人が商品を購入するためには、何らかの目的が存在するはずです。

その気持ちを「購入」までにつないでいくためには、商品の必要性を説いて行くことも必要です。

今、どのような悩みや不便を感じているのか?

その問題を解決するために、このような商品が世の中に出てきたことなど、商品が作られた背景や必要性を説明していきます。

ページの冒頭では、このようなパートを盛り込むことで、サイト訪問者の気持ちを惹きつけることになってきます。

この時点で、この後に続く商品説明のパートに進んで行ったなら、訪問者が有望な顧客になりつつなるのです。

説明パートで理解しやすい内容になっていたなら、最終的に購入ボタンをクリックして注文が成立するわけです。

ここでも、ちょっとしたことですが、購入ボタンの見せ方も最後の成否を分けることがあります。

ボタンを見やすくビジュアル的なデザインにするだけでも、成約率が高まると言われています。

このようにこのページでは、ベージの冒頭から最終段階まで、ストーリーのある構成が求められてくるのです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.