上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
客観的な判断ができる数値データを盛り込む

インターネット利用の中で、これほどまでに通販の利用が高まるとは、予想されていなかったかもしれません。 今では、大手サイトでもネットショッピングに力を入れており、利用の機会も年々増えており留まることを知りません。 その中で、ランディングページというページが、ネットショッピングでは重視されています。 略してLPとも呼ばれているランディングページは、商品を説明する最終ページとして、大事な位置づけにあるのです。 ランディングページ(LP)が最終ページと言われる所以は、ネットショッピングでは、商品を説明するサイトページが必要になっている中で、商品の説明から利用効果、そして購入手続きという流れをスムーズに運びながら、成約に結びつける必要かあり、この時の一連の役目を果たすのが、ランディングページだからです。 これらの一連の流れをスムーズにつなげるためには、ページのデザイン制作を分かりやすく、且つ説得性のある内容にしておかなければなりません。 見やすさを意識すると、ビジュアル的なデザイン文字や写真を掲載する手法が取られることが多いのですが、一方で、説得性のあるキーワードを用いることも重要なポイントとなります。 炊飯器をネットショッピングで買うのであれば、 「美味しく甘いご飯が炊ける炊飯器!」 「朝の忙しい毎日時に、20分で炊ける炊飯器!これでお子さんのお弁当作りにも間に合う。」 どちらのフレーズの方が、見る人の心に響くでしょうか? おそらく、後半のセンテンスのように具体的な時間を盛り込んだフレーズの方がリアルなイメージが湧きやすく購買意欲が高まってくるはずです。 このようにランディングページでは、客観的なデータを盛り込むことで、リアリティーが増してきて、説得性を高めることができるのです。 このページを制作するに当たっては、全体的なレイアウトの中で、ストーリー性のあるページ構成を考える必要がありますが、ビジュアルなイメージデータと客観的な判断が可能な数値データを盛り込むことは、ランディングページの効果を最大限に高めることができるのです。 特にスマートフォンの利用が増えている中では、ページの作りにはスペース的にかなり制約が出てきます。 できるだけ見やすく理解しやすいデザインに構成するには、ビジュアルデータと数値データで理解性を高める必要は、ますます強くなってきます。 これが今のランディングページの制作には、最低限求められる要素と言えるでしょう。
タイトル
ランディングページは横の幅を利用していくと良い?

ランディングページというのは、イメージとして縦長のデザインというものが定着していますが、全部が全部縦長に情報を詰め込んでいるわけではありません。どちらかというと横を意識したタイプのランディングページもあるので、そういったものについても参考にしていくと良いのではないでしょうか?ランディングページというと、縦にスクロールして情報を閲覧していくのデザインの主流になっていると思いますけど、縦長にしすぎると、スクロールの手間が多くなり、読んでいて疲れる、ストレスを感じる可能性があります。スクロールしていく手間の量に比例して、どうしてもそういう感覚になってしまう可能性があるのです。そういった部分を考慮すると、ランディングページの制作においては実は横を利用していった方が良いのではないか?と思います。縦に長くしていくデザインという先入観があると、そういった感覚にはなりませんが、意外と横を上手く使っているデザインのランディングページもあるので、見習ってほしい部分の1つにもなります。縦長にしていこうとする意識があると、縦にはぎっしり詰まっているが、横にはスペースが余っていたりするケースがあり、見栄えの問題も含めて、もったいないと思えたりします。LPでは逆に横日びっしりと情報を詰めていくようにすると、縦長にはなりますが、スクロールする手間がより少なくて済むので、よりコンパクトになった印象を与え、読み手にストレスなどを感じさせない配慮ができることになります。横に情報を詰めるとしても、見づらいような状況になるまで、ぎゅうぎゅうに詰めていくのは避けたほうが良いでしょう。あくまでも読み手によって問題なく、ストレスを感じずに読んでいける範囲で、横幅を最大限活用して、情報を詰めていくということになります。その結果、LPの縦幅がそこまで伸びなくても済むケースがありますから、そういうやや斬新なデザインのランディングページというのもおすすめだと思います。ランディングページの縦の長さってページによって結構区々ですが、長いものは本当に長くて、最後まで読むのが辛いと感じてしまうものまであります。そういったものは正直コンバージョン率があまり良くないのではないか?と思いますから、ランディングページを制作していくときには、ストレスを感じさせないような長さにしていくこと、そのために横幅を最大限活用していくことを意識していくと良いと思います。
タイトル
ランディングページはシンプルに要点を伝えるのがコツです

ランディングページは多くのサイト運営者にとって大変重要なページとなります。多くの方が自分の好きなページを作って楽しんで自分らしいサイト運営を行っています。多くの方にとって素敵なページはいかにしてシンプルな体裁で素敵なページを作っていけるかどうかではないのでしょうか。サイトを使ってアフィリエイト等を自分で行う方は大変多いのです。ブログやホームページ作成の知識が今や誰でも簡単に学習ができますし、またページを作成した上でのサイドビジネスの幅も大変多くなっているのです。このようなビジネスを円滑に行う上で大変重要な事はいかにしてシンプルなページを作成して多くの方から支持されるページを作るかではないのでしょうか。ランディングページはそサイトの肝となるページですので、いかにしてこのようなページを自分で作っていけるかどうかはとても重要な事となるのです。LPと呼ばれるこのページは始めて自分のサイトを訪問する方が参考にして訪れる大変重要なサイトとなります。自分の好きなサイトをいかにして作っていけるかどうかは大変重要な問題となります。ランディングページは検索サイトのSEO対策とも密接に関連していますので、いかにしてこのようなページを有効に活用していけるかどうかはとても重要な事となります。そのページを検索サイトの上位に表示させるにはいかにしてこのようなサイトをいかに円滑に素敵なページを作る事を考える事が大変重要な事となるのです。LPは多くの方にとって自分が知りたいと考える情報をいかにして検索するかにおいて大変重要なサイトとなるのです。ランディングページには必ずタイトルをつけると思うのですがそのタイトルのネーミングから始まり、文字数、文字色、全体の配色等、大変多くの要因が自分のサイトの出来栄えを決めるのです。自分らしいサイトをどのようにして作っていけるかどうかはとても重要な事となります。自分らしいページをいかにして楽しんでいけるかどうかはこのようなサイト運営をいかにして行っていけるかどうかにかかっています。デザインの段階でいかにユーザーを誘導するかがとても重要な事となります。最初のページでいかにシンプルに要点を書いて、その流れで次のページい誘導させるかはとても重要なポイントとなるのです。自分のサイトを人気サイトとするにはこのような配慮が大変重要な事となります。いかにして素敵なページを作るかは大変重要な事となるので、自分らしいページを楽しんで作っていきましょう。デザインは色々な試行錯誤から生まれてきます。制作を楽しんで行くことがとても重要な事となるのです。制作の段階からまずはサイトのコンセプトを決める事がとても重要な事となるのです。
タイトル
ランディングページの内容の説明は小学生に説明するつもりで

ランディングページを作るときに気をつけてほしいのは、そのランディングページを見るのは専門家ではないということです。そのジャンルに関してとても詳しい人、知識がとても多くある人も中にはいるかもしれませんけど、多くはそうじゃない人になります。関心や興味はもちろんあるけど、知識レベルは高くない人が多く見るのがランディングページだということは認識しておかないといけませんし、そのうえでランディングページを制作していかないといけないのです。ランディングページを作るときに自分の目線で作ってしまっている人がいるかと思うのですが、必要なのはそのランディングページを見ている人の目線です。だから、できることならば小学生に説明するつもりで内容を構成していかないといけないことになります。誰にとっても分かりやすく、理解できるようにということです。そういうより低い目線で内容を考えていくことがまず必要になります。つまり、自分だったらこれで理解できると思って書くのではなく、誰にとっても分かりやすい書き方ってどんなのかな?という想像をするということです。例えば、美容に関するサプリメントを扱っているという場合には、成分についての紹介をしていくと思いますけど、成分を羅列して、こういう効果があるということだけを書いてもダメなのです。知識がある人ならば、特定の成分を見れば、どういう作用の仕方をして、どういう効果を生むのか?というところまで想像ができますが、素人には無理です。つまり、成分名と効果の詳細だけを書くのではなく、それぞれの成分が身体に対してどういう作用をもたらし、身体の中でどういうプロセスが起きて、最終的な効果まで辿り着くのか?その段階を細かく踏んで、説明してあげることが重要になります。途中を省略して、なんとなく説明されるよりも、プロセスまで丁寧に、より細かく説明をしてもらった方が商品への理解が深まりやすいです。商品の効果についてなんとなく分かった場合ときちんと詳細まで分かった場合では、どちらが購買意欲を増すことができるでしょうか?これは当然後者ということになると思います。つまり、LPを制作していくときには、とにかく省略しないことです。あまり長々とデザインするのもよくないかもしれませんが、これ以上丁寧に説明しきれないというレベルにまでLPのデザインなどの中身を仕上げてみてほしいのです。そういった手間をかけていければ、少しでも売り上げが上がる可能性もあると思います。
タイトル
スマートフォン利用を意識したランディングページ

インターネットが普及してから、とても利用される用途が広がってきています。 今、最も多い用途の1つにネットショッピングが挙げれます。 ネットショップは、インターネットを使って商品を販売することは、周知の事実ですが、買う人も、スマートフォンで簡単に、スマートフォンで簡単に決済することができますので、とても手軽な方法で、年々、利用者が増加しています。 その中で、ネットショップの経営者や商品のメーカーからすると、重要視しているのが、ランディングページ(LP)です。 LPとも呼ばれるランディングページは、インターネットの中で、インターネットに公開されている商品サイトの中で、一番重要な位置を占めています。 商品の説明を記載して、サイト閲覧者に購入の意思を固めされることを目的として、最終的に購入手続きまで行う必要があります。 そのような意味で、ランディングページのデザイン制作に力を注がなければなりません。 この時に大事なことは、デザインの制作をするに当たり、ページ全体構成をどのように作るかということです。 ネットショッピングを使う人は、ほとんどの人は、パソコンよりもスマートフォンを利用します。 この利用形態を理解しながら、ランディングページを作る必要があります。 バソコンで表示される画面は、横長のページ構成となります。 しかし、スマートフォンの場合は、どちらかというと縦長になっています。 上から下へとページがスクロールされるので、これにしたがったページ構成が必要です。 構成について、大きくページの導入部分、説明部分、そして完結部分となりますか、まず、導入部分には、商品の利用効果を簡単に説明することが必要です。 しかも、キャッチフレーズ的な表現で見る人に訴えかけるのです。 次の説明部分で本格的な商品説明となるのですが、大事なポイントは完結明瞭に説明をまとめることです。 長過ぎるセンテンスは、サイト訪問者を飽きさせるどころか、ページから離脱していく可能せもありますので、見やすさを考慮する必要があります。 詳しい説明をするのであれば、動画を挿入したり、リンクされた子ページのパートで説明する手法が効果的です。 そして、最後に完結部分です。 完結部分では、購入するための手続きを用意しなければなりません。 購入ボタンを作り、ここをクリックすることで、申し込み欄につなげていきます。 この""購入ボタン""もかなり重要な役割を果たしているのですが、ボタンのデザインの良し悪しは、ページ内で配置されている場所のお着方が違うだけで、購入確率が変わってくると言われています。 それだけに購入ボタンの配置には、十分に検討することが必要です。 また、最後には、既に商品を購入している利用者の感想や体験談を記載することも重要です。 ランディングページは、このような構成から作ることになりますが、 スマートフォンの利用が多いために、シンプル且つ、理解のしやすい構成を意識して作ることです。
タイトル
ランディングページでは社内の人間の画像を使うと良い場合もある

ランディングページでは人が写っている画像を使うことがよくあると思いますが、そういったケースはたいていフリー画像であることが多いと思います。つまり、イメージ画像として使っているのです。そういった人物画像の使い方も有効ではあると思いますけど、別の使い方としておすすめしたいのは商品を作っている会社の人間の画像を使うということです。実際に会社の人間を写したランディングページの例というのはありますから、ちゃんと必要に応じて使う分には問題ないと思います。社内の人間の画像を使って違和感のないようなシーンであれば、ある意味大きな効果を持つわけです。それは商品に対する安心感でしょうか。ランディングページって、どうしても商品の宣伝が中心なので、それを作っている人の側の情報があまりないです。そして、誰が商品を作っているのか?誰が商品を考えているのか?その会社ではどんな人が働いているのか?などの情報は基本的にありません。しかし、通販サイトなどの例でも実際にあるのは、販売側の情報を載せると売り上げが上がるというものです。個人でも法人でもどちらでも良いのですが、売っている側の人間の素顔などの情報をサイト上で見せると、やはり消費者のお店に対する信頼の気持ちが出てくるのではないか?と思われますが、売り上げにつながっているというのです。したがって、それをランディングページでも制作をするときに実践してみると良いのではないでしょうか?ということになります。ランディングページでは商品販売よりはサービス提供系のものの方がどちらかというと効果は大きいかもしれません。商品は購入をして使うまでに販売側の会社の人間と直接接する機会ってほとんどないですが、サービスを受けるようなケースでは直接コンタクトをとる機会があると思うので、よりその会社の人間の素顔を事前に見ておくとより安心感が大きいと思うのです。もちろん、商品を販売するランディングページでも社内の人間の画像を使ったデザインにしても構わないのですが、ちゃんと場面的に違和感のないように配慮をしてほしいと思います。LPでは画像の効果というのも本当に大きいですから、それによっていかに消費者の購買意欲を高められるか?というのも考えていきましょう。LPの制作をするときには画像をどういうものを使用していくか?使用する画像をどのようにデザインしていくか?は本当に売り上げにかかわってくる問題なので真剣に考えていきましょう。
タイトル
ランディングページで動画を入れるなら強制再生はやめた方が良い

ランディングページを制作するときには動画を中に入れるというケースがあるはずです。しかし、その動画の入れ方は少し注意をしないといけない部分があります。そうしないと、動画を有効活用できないというか、売り上げにつながらない可能性があるからです。動画を上手く使うことができれば、ランディングページの魅力が上がって、売り上げも上がる可能性があるので、そのポイントは知っておいてほしいと思います。動画を使っていくうえで1番注意してほしいのは、たまにみかける事例ですけど、ランディングページを開いた途端、動画が再生されるようなケースです。これは強制的に再生されるので、動画の内容を読者が確実に閲覧し、把握することができるという利点があるように思えますが、そうとも限りません。動画が強制的に再生されるということで、逆にランディングページに対する印象が悪くなってしまう可能性もあるのです。動画が強制的に再生されてしまうということは、基本的にあまり好ましくないのです。自分で見たいと思って再生した動画じゃなければ、まず音声が耳障りに感じるかもしれません。実際、ランディングページを開いて、いきなり動画が流れて音声がうるさく感じたら、とりあえず音声を消すか、動画を止めます。その時点で印象を害されている感が多少はあると思いますから、普通に考えたらそれ以降その動画を見てくれる可能性は低いのではないでしょうか?それどころか、ランディングページ自体も閉じてしまうかもしれないのです。したがって、そういった読者の気持ちを考慮して制作していく必要があると言えます。ランディングページで動画を入れていく場合には、強制再生はやめた方が良いと思います。あくまでも動画を見るか?どうかの選択権は読者に委ねて、埋め込んでおくだけの方が良いのではないでしょうか?LPのデザインでは、時代の流れによっていろいろな要素を取り入れていくことが求められていますし、それによって売り上げもかなり変わってくる可能性があります。しかし、LPにおいては新しいモノを取り入れるのは良いとしても、取り入れ方を間違えると逆効果になってしまうことがあるので、動画をランディングページの中で取り入れるときにも、いろいろな注意をしながらデザインをしていってほしいと思います。動画自体は売り上げにつながる効果を持っていると思いますから。それと有効活用できる方法で使っていくことが大切になってくるのです。
タイトル
キャッチフレーズの良し悪しがランディングページを変える

「これであなたも痩せること間違いなし。」 こんな言葉が、自分の目の前に飛び込んできたら、思わず、何かと思って意識をそこに集中してしまいそうになります。 このフレーズは、ダイエット食品や関連機器を通販で販売している時に使われる言葉です。 ある意味、キャッチフレーズと言っても良い内容です。 実は、インターネットでネットショッピングをする時に見かけるページとして、ランディングページ(LP)というものがあります。 このベージを見て、多くの人が買い物をする時に購入意欲が高まってきます。 ランディングページ(LP)とは、通販、ネットショッピングでは、とても重要な役目を果たしています。 ネットショップのオーナーさん達は、インターネットで少しでも、売り上げを伸ばしたいために、このランディングページの制作についても、デザインや内容にこだわっています。 というのも、インターネットでは、サイトに訪れる日とは余程の関心がない限り、サイトからすぐに立ち去ってしまう傾向がああります。 その滞在時間たるや、ほんの数秒なのです。 インターネットで自分の商品を売るためには、いかにネットに公開している自分の商品サイトに訪れてくれるか、対策を練っています。 SEO対策と呼ばれている手法なのです。 ただ、せっかく訪れても商品説明をするランディングページが見づらいことで、大きな販売損失となる懸念があるわけです。 したがって、ページのデザイン制作に力を注がなければならないのです。 しかし、ページを作る時に意識しておきたいことは、いかに訪問者の滞在時間を引き伸ばすかということです。 そのためには、まず、サイトの上段に目立つようなキーワードを明記することです。 それは、商品のキャッチフレーズと言っても、過言ではありません。 前出しの健康食品を通販で売るなら、 「1ヶ月で10Kg痩せられる!」 「1日3粒で、美しいボディを手に入れる!」 このようなフレーズは人の記憶の中に、言葉が残るようになります。 そうなると、サイト訪問者はランディングページを最後まで見るようになってきます。 キャッチフレーズの後に続く商品説明の文章や捨身、イラスト、動画を見ることで、購入の意志が固まってくるのです。 当然、ベージの構成全体を整える必要がありますが、まずは最上段のキャッチフレーズを目立つように打ち出すことで、訪問者を足止めさせることが大切ないのです。 入り口でしっかりと、お客様を向か入れ、丁寧で分かりやすい説明パートにつないでいくランディングページでは、玄関のキャッチフレーズも重要になってきます。
タイトル
ランディングページでは数値は数字のみではなくグラフも使うと良い

ランディングページを作るときのテクニックの1つに具体的な数字を使うと良いというのがあります。これは確かに使える方法で、実践してみた方が良いと言えるでしょう。しかし、具体的な数字を使って、紹介している商品などをより魅力的に見せるというのは重要ではありますけど、それをもっと魅力的に見せる方法があります。これは単純に数値だけの魅力を見せるのではなく、他の製品とか、他社との比較を同時に達成することもできるテクニックになります。ランディングページにおいて具体的な数字をや数値を使っていくときには、是非グラフを使ってほしいと思うのです。例えば、よくるのは棒グラフです。棒グラフというのは、数字を視覚的に分かりやすく表したものになりますが、棒グラフはその中に別の数値も同時に入れやすいです。したがって、自社製品の何かしらの数値を表すこともできれば、他社製品の同様の数値を入れて、2つを比較させて、自社製品がいかに優れているか?というのをアピールするのにも有効なわけです。数値は数値で具体的なものなので、理解はしやすいですが、その数値がどれくらいすごいのか?というのはイマイチよく分からないピンとこないというケースがあると思うのです。そうであれば、せっかくアピールのつもりで数値を書いたのに、それがアピールになっていないケースもあるわけですから、それはもったいないです。そこで棒グラフのようなものを使うと、自社製品に関するある数値がどれくらいすごいものなのか?視覚的に分かりやすくなるとともに、他社のものと比較して、優越性をアピールして、余計に際立つ存在にすることができます。こういった方法を実際に取り入れているランディングページもすでに多くありますから、そういったデザインを取り入れて、自社のランディングページを制作していくと良いのではないでしょうか?ランディングページデザインのではいろいろな手法を取り入れることができると思うのですが、有効な方法ではあるけれども、気付いていない、思いつかない部分がどうしてもあると思うので、今後LPを作っていくときには見落としがちだけれども、実は使える可能性のあるテクニックとして、こういった部分をLPで使っていくと、少しでも自社の製品の良さが読者に伝わって、購入意欲を高められるかもしれません。こういうのは比較的簡単な方法になると思いますから、ランディングページをより魅力的に制作していきましょう。
タイトル
いいランディングページの作り方のポイントを考える

インターネットを使うと色々なことができます。 情報検索は元より、メール、動画視聴、ゲーム、音楽、そしてネットショッピング。 それもパソコンだけでなくスマートフォンだけでも使えますから、用途はとても幅広く日常生活の中で、欠かすとこのできない存在となっています。 その中で、今でも一番多い用途は、情報検索です。 検索が必要なケースとは、買い物をしたりカタログ請求をする時が多いでしょう。 自分の欲しい商品をインターネットで購入となると、じっくりと調べたくなります。 この時に重要な役割を果たすのが、ランディングページ(LP)なのです。 ランディングページ(LP)は、商品やサービスを詳しく、且つ分かりやすく説明をして、購入手続きまでを完結させる役割を持っています。、そのために、このページのデザイン制作には、かなりの検討を重ねていくことが必要になってきます。 というのも、インターネットの場合は、サイトやページに人が訪れても 、魅力がなければ、すぐに他のサイトに移ってしまいます。 その時間たるや、ほんの数秒なのです。 したがって、ランディングページのデザイン制作は、内容重視ともに見た目もシンプルでビジュアル的な要素も求められてきます。 これらの相反する条件を満たしてこそ、魅力的なページとなっていくのです。 しかも、最近はスマートフォンからアクセスされる機会も増えています。このようなことから、ランディングページのページ構成を構想するにあたり、スマートフォンならではの動線とページサイズを意識しなければなりません。 スマートフォンはバソコンと異なり、画面の移動は上から下へと続いていきます。 それにしたがって、商品やサービスの説明も入り口から出口まで、ストーリー性の高い内容にする必要があります。 まず、ページ最上段では、ともかく見る人を釘付けにしなければなひません。 そのために商品の一番セールスポイントとなるキャッチフレーズを置くことが大事です。 しかも、フォントサイズや彩りもカラフルで目立つ文字で表記します。次は、商品の説明です。 ページ製作者から見れば、できるだけ詳しい説明を列記したくなります。 しかし、スマートフォンの場合、小さな画面となるために、できるだけ文字数を少なく、且つ、的確な表現での説明文を箇条書きにすることがベストです。 中には、イラスト、図解、動画コンテンツを挿入する場合もあります。 最後に購入手続きのパートです。 最近の首脳では立体的なのアイコンタイプの購入ボタンをも開けることが多くなってきました。 それだけでも購入確率が大きく左右されるほどです。 このような流れで作っていくことが、効果的なランディングページの製作方法となります。 ここでもう1つ意識しなければならないことは、ページ単独で全てを完結させることができる内容にすることです。 ランディングページは、普通、サイト構成の中では、最終ページの位置づけのために、最下層にあることになります。 しかし、SEO対策を施されていると、直接のアクセスもあるのです。 このようなアクセスルートからの訪問者からでも、全体を理解できるように、ページ単体の起承転結的な作りを心がける必要もあります。 また、ネットショップのオーナーさんがランディングページを重要視するのですが、彼らのようなネットショップでは、リピーターの確保が理想です。 そのために、既存顧客囲い込みのための会員登録パート屋メルマガ申し込みが出来るようにしておくことも良いのかもしれません。 いずれにしてもランディングページは、内容盛りだくさんの中にも見やすい要素を取り入れることが大事なのです。
タイトル
ランディングページでは失敗例と対比させて商品の魅力を上げる

ランディングページでは、どうやって自社製品を魅力的に見せられるか?どうやったら自社製品の魅力が読者に伝わるか?が最重要ポイントになります。そのうえで、ランディングページを制作するときには考慮しておくべきポイントとしては、自社製品と対立するような製品を例に挙げて、その商品を使うことが間違っているとか、その方法では効果が出ないとか、最初にそういった失敗例を挙げると良いと思うのです。これはランディングページの冒頭部分で良いと思います。こういった部分は実際のランディングページにおいてもそこそこ見かける部分で、「こんなやり方をしていませんか?」とか、「こんな商品を使っていませんか?」とか、そういう問いかけみたいな文章を見ることがあるのではないでしょうか?そういった問いかけをしているということは、それ自体が間違ったやり方、または効果が出づらい商品であって、それを続けている限り、購入者が求めている結果として表れないということのメッセージにもなるでしょう。そういう文言をランディングページの冒頭部分に載せておいて、その理由もきちんと説明しておきます。いかにそういった方法や商品が効果的ではないか?という説明をした後、それと対比させる形で自社製品はここが違うと、ちゃんと効果が出るような仕組みになっているということをまた説明していくと、納得感が違ってくると思います。単純に自社製品の説明をいきなり始める場合とそれ以外の方法や製品を例に出して、それとの対比で自社製品の説明をしていく場合では、後者の方がより自分たちの製品の魅力が浮き彫りになりやすくなると思います。こういったテクニックを実際のランディングページの制作時に生かしていってほしいと思います。やっぱり比較をさせると分かりやすいと思いますし、いかに優れているか?の感覚的な判断がよりしやすくなると思います。こういったやり方はいろいろなジャンルの商品で使えるでしょう。特定のジャンルだけに偏るものではないと思います。実際は美容関連の商品において使われやすい表現方法にも思えてきますが、それ以外のジャンルの商品においても活用ができるでしょう。だから、どういう会社が作ったランディングページにおいても、実践してほしいデザインの例になるのではないか?と思います。LPをデザインするときには様々な工夫が必要になると思いますが、いろいろな策を使って、より魅力的にLPを、そして商品を読者に見せていきましょう。
タイトル
ランディングページで素敵な個性を発揮する方法

ホームページを活用してECサイトサイトを構築したり、効果的にマーケティングを行なう方は大変多いのです。最近では大変多くの方が自分らしいサイト運営を行って、楽しんで素敵なサイト運営を行っています。素敵な人生においてLPの果たす役割は大変重要なものとなるので、その点を考えて自分らしい素敵なページを作って楽しんで素敵なページで多くのアクセスやコンバージョンをゲットする方法を考えてはいかがでしょうか。LPは多くのサイトにとってまずは顧客を獲得する為にはとても重要なサイトとなります。ランディングページを有効に活用していく事で大変素敵な時間を楽しんでいく事が可能となるのです。自分らしいサイト運営を楽しんでいく事は大変重要な事となります。最近はサイトの中でもランディングページの重要性に関しては多くの方が考えています。気づいています。ランディングページでいかに効果的にサイトコンセプトの提案を行い、多くの方の支持を集めるかが大変重要な事なるのです。素敵なページを楽しんで作っていく事でより素敵な時間を楽しんでいく事が可能となるのです。見やすいページ、ユーザーが知りたいと考える情報をいかに的確に伝えるかがこのようなサイトにおいては大変重要な事となるのです。ランディングページを上手に活用する事で自分らしいページを楽しんで作っていく事が可能となるのです。日頃からいかにして顧客の目線に立って素敵なページを作っていくかは大変重要な事となるのです。ランディングページを楽しんでいく事はとても重要な事となります。折角数多くあるサイトの中から自分のサイトを来訪してくれた顧客をいかに捕まえておくかは大変重要な問題となるのです。ランディングページは多くの顧客にとって自分にとって必要なニーズを満たす為に大変重要なページとなります。このページをいかに有効に活用するかが大変重要な事となるのです。普段の自分の生活においていかに素敵なページで自分らしい生活を送っていけるかどうかを考える事は大変重要な事となります。良いページを沢山作って素敵なサイト運営を行なう事を考える事が大変重要な事です。デザイン性の高いLPを制作する事で総合的なくアクセス数やコンバージョンを増やして自分のサイトを効率よく運用する事が可能となるのです。制作においてデザインは大変重要な事となるので、いかにシンプルでわかりやすいLPで顧客の心を捕まえていくかをしっかりと考えていきましょう。
タイトル
ランディングページで自分のサイトの集客を増やす

ランディングページはインターネット等の世界において大変重要な意味を持ちます。最近では大変多くの方が自分の好きなページを作成する事で楽しんd自分らしい生活を楽しんでいます。ランディングページはホームページでビジネスを行なう方にとっても大変重要なページとなるので、その点を考えて自分らしい素敵なペページを作っていく事を考える事が大変重要な事となります。ランディングページは多くの方にとって大変重要なものですが、これをいかに楽しんで作っていくかは大変重要な問題となります。自分らしいページを楽しんで作っていく事で集客力やアクセス数を飛躍的に増やしていく事が可能となるのです。普段からいかに自分らしいページを作る事をきちんと意識していくかは大変重要です。LPは多くの方にとって大変重要なページとなるので、その点に関しては十分な配慮を行っていきましょう。デザイン性の高いLPを作成していくことでより多くの購買層を意識して楽しんでいく事が可能となるのです。いかに素敵なページを沢山作って、多くの購買層から注目されるかは大変重要な事となります。ランディングページを作る事でより素敵なサイト運営を楽しんでいく事が可能となるのです。LPはそのサイトを訪問した方が最初に訪問するページです。このページの充実度を考える事が大変重要な事となります。普段からいかにこのページをきちんと作成するかは大変重要な事となります。ランディングページを自分で適切に作っていく事でより安心して素敵なページ作成を楽しんでいく事が可能となるのです。普段から自分らしいページをきちんと作成して安心して楽しめるページを作成していく事が大変重要な事となります。段組やサイドバーの的確な配置等、多くの要素をきちんと考える事でより快適な時間を楽しんでいく事が可能となるので、その点を考えて簡潔でスムーズな誘導を考える事が大変重要な事となります。日頃から自分らしいサイト運営を円滑に行っていく事でより素敵で確かな時間を手に入れる事が可能となるのです。自分の素敵な商品等をいかに購買に結びつけるかは大変重要な問題です。日頃から適切な管理をきちんと意識して最適なページの作成等を考えるよにしていきましょう。より素敵なページを楽しんでいく事で快適なページ作成を行っていく事が可能となるのです。是非、素晴らしいページを沢山作って快適な人生を楽しんでいく事を考える必要があるのです。制作いおいてはデザインが大変重要な事となります。シンプルなレイアウトのサイトを制作する事で自分らしいサイトを楽しんでいく事が可能となるのです。
タイトル
起承転結を重視したランディングページ構成の考え方

何事にも起承転結というものかあります。 これは企業の営業活動で行われるプレゼンテーションの資料作成でも同じことが言えます。 この数年、インターネットの活用の中で、ネットショップの利用率が高まってきていますが、そこで必要なランディングページ(LP)ても、同じ考え方に基づいたページ構成が求められます。 ランディングページ(LP)とは、物やサービスをネット上で購入手続きを図る際に、購買意欲を決定させるための動機付けや最終アクションを促す大事なサイトページになります。 言い換えれば、購買意欲を究極までに高めるための最終プレゼンベージだと言い換えても過言ではありません。 ランディングページを制作するにあたり、デザイン構成も起承転結を意識する必要があるのです。 しかし、インターネットの利用ツールがノートパソコンからスマートフォンへとシフトしてきた段階で、このページのデザインのあり方も制作の前段階で考えておく重要度が増してきました。 スマートフォンの場合、パソコンと比較して、画面が小さいと同時に、同線が上から下へと展開していきます。 このようなページの動きの中で、いかに購買活動の意欲を高めていくかは、起承転結というものかあります。流れの中で、説明内容の充実とともに、見栄えも考えておく必要があるのです。限られたページレイアウトの中で、なるべくシンプルで見やすく、且つ理解しやすいベージ構成にしなければなりません。 あまりに文字数が多くなると、それだけでサイトに訪問した人がすぐに離脱してしまうのです。 簡潔明瞭な表現を残しながらも、インパクトのあるランディングページを作るためには、文字だけでなくイラスト、画像、または低データ量の動画コンテンツまでも差し込んで作ることで、レベルの高いページが出来上がっていくのです。 また、このページのアクセスルートも考えておくことも大事です。 通常、サイトのページ構成はいくつかのレイヤ(層)で構成されています。 入り口であるポータルサイトから下層のページに移ることで詳細なベージになります。 そしてランディングページは最下層のページで最終意思決定としての促進を役目としています。 しかし、ベージへの訪問、いわゆるアクセスルートによっては、直接、最下層ページにアクセスしてくるケースもあります。 したがって、直接、訪れる人でもはじめから最後まで理解できる構成にしておくことも必要です。
タイトル
サイト開設の際にはランディングページは大変重要

自分でホームページを作って楽しんで自分らしい人生をいかに楽しんでいくかはとても重要な事となります。ランディングページをいかにして活用して自分のサイトの来訪者を増やしていくかは大変重要な事となります。ランディングページは全てのサイトにおいて導入部分となりますので、まずはこのページの体裁をどのように整えるかが大変重要な事となります。素敵な自分らしいページを作って自分らしい時間をいかに楽しんでいくかはとても重要な事となります。LPの果たす役割や重要性をきちんと理解する事でより素敵な自分らしい人生をいかに楽しんでいけるかは大変重要な事となります。制作を自分で行っていく事はとても重要な事となります。LPを上手く作って自分のページのコンバージェンスを上げる事が可能となるのです。自分らしいページを作っていく事は多くの方にとってアフィリエイトやその後のインターネットビジネスに大きく発展させる為には自分のサイトのアクセス数やコンバージェンスはとても重要な事となります。LPを作る際に必ず注意しなければならない事はやはりそのページで表現する内容です。顧客心理を考えていかに必要な配置をレイアウトを行なうかはとても重要な事となります。ランディングページを有効に活用する事で素敵なページで顧客を誘導する事が可能となるのです。素敵な時間をいかにして楽しんでいく事を考える事はとても重要な事となります。自分らしいページから多くの顧客を流入させる事はとても重要な事となります。次のページへと有効に誘導していく事が可能となります。このような動きを行なう事でどんどん素敵なページを作っていく事が可能となるのです。購買に至るまでのページ作成をいかに有効に行なうかでコンバージェンスを上げるサイトを運営してネットショップ等を開設していく方にとっては必須の考え方となります。SEO対策等に配慮した質の高いサイトを運営する事が可能となるのです。自分らしいサイト運営を行っていく事でより確かな自分らしいサイトを作っていく事が可能となるのです。自分のサイトを商用として質の高いサイトとして高く活用していきたい方にとってデザイン性の高いランディングページの制作は今や必須の条件なのです。いかにして素敵なページを制作して自分のビジネスの幅を広げていけるかどうかは大変重要な問題となります。デザインを楽しんでいく事でより素敵な毎日を送る事が可能となるのです。
タイトル
ランディグページにおける画像を使った効果的な手法

ランディングページにおける画像は本当に大切な役割ですが、特にファーストビューにどういう画像を使うか?はそれ以降のランディングページを読んでいくときにおける読者の印象に大きな影響を与えると思います。これは実際に使われている例になりますけど、ランディングページでは、ファーストビューにおける場所に、何とも悩ましい表情をしている人の画像が使われていることがあります。それはどうしてそういう画像をチョイスしたのか?が問題になるでしょう。そういう画像を使うのには理由があるはずです。それは困っている人、悩みを抱いている読者にに共感をしてもらうためです。これは文章で表現されることもあります。例えば、「どんなダイエット方法を試しても、いずれも効果がなかったなんてことありませんか?」という文章をランディングページに書いておくと、人によっては「そうそう!」と共感するケースがあると思います。そして、読者から見て共感できることが書かれているランディングページっていうのは、それだけでも印象が良いですし、信用がおけることになると思います。だからこそ、それ以降も読み進めてくれて、結果的に商品を買ってくれるということにつながりやすくなりますから、共感してもらう文章を載せておくことは重要になります。それを文章だけではなくて画像でも表現したのが今回の例になります。つまり、悩ましい表情をしていれば、先ほどのいろいろなダイエット方法を試したんだけど、どれも効果がなかったという人の気持ちを如実に表すことになります。文章だけじゃなくて、画像によっても読者の共感を呼ぶことができるわけです。画像と文章を両方使ってほしいと思いますけど、こういった形でランディングページを制作するときには画像から吹き出しを作って、そこに文章を入れて、その人がつぶやいているような、心の中で思っているような雰囲気にすると良いかもしれません。そのときにはセリフ調にして、「どんなダイエット方法を試しても効かないんだけど?」みたいにするとより効果的です。ランディングページでは、本当にいろいろなデザインが考えられて、それら全てが何かしらの効果を、影響を読者に与えていると思いますが、そういったデザインの中の1つになると言えると思います。LPの特にファーストビューにこういった形の部分を取り入れていってほしいと思いますから、今後LPを制作する機会があれば、読者が共感できるような内容にしていくこと、その共感できる内容にするときの具体的な手法について知っておいて、それを実際にページの中で実践してみると良いと思います。
タイトル
個人サイトでも利用することができる宣伝手法

面倒なので、ランディングページを作っていない個人のサイトは非常に多くなっていますが、稼ぎたいと思っている時には、作っておいたほうがいいです。利用したことによって、サイトの情報を多くの方に見てもらえるようになりますし、制作をしていくことで宣伝できる可能性が非常に高くなるメリットを持っているからです。デザインをしっかり構築して、サイトの情報を見てもらえるようにしておけば、非常に見られる可能性が高くなることは効果として表れています。 LPを個人の人が利用することを考えているなら、まずはサイトの情報をどのように伝えることが望ましいのか、しっかりと考えていなければなりません。サイトによっては、必要な情報を制限しておかないと、間違ったイメージを与えてしまうからです。サイトに書かれている情報を色々と確認して、この情報を提示すれば多くの人が来てくれるだろうと思っていることを記載します。その上で、サイトのデザインを考えておき、目立つようにしていることによって、より華やかなイメージをもたせます。 こうしてサイトをアップロードした場合、次に必要なのは広告宣伝を行っている検索ページです。ここで利用することになるのが、ネット広告の代表的なものである、リスティング広告です。これを利用しないと、ランディングページの効果が全く出ないまま終わってしまいますし、本当に必要な情報を提示できなくなってしまいます。広告を利用するために、ページを作成するものと考えて、制作をしっかり行っていきます。 LPをアップロードして、広告も準備ができているのであれば、後はサイトを見てもらえるようにするだけです。検索されることによって、情報を多く提示できるようになりますが、逆に言えば見てもらえなければ意味が無いのは同じです。できるかぎりわかりやすいワードを選択して、ランディングページが表示されるような状態にしておかないと、全く効果を得られないまま終わってしまうこともあります。ワードの選択は非常に重要なものと思ってください。 近年は、個人サイトでもランディングページを利用しているところが多くなっています。宣伝できるペーシを多くすることによって、よりサイトの訪問者を増やすことによって、アフィリエイトの効果を高める効果があるからです。個人でもサイトの構築くらいは、実は結構簡単にできるようになっているので、失敗することを恐れないで、どんどん作っていくといいです。
タイトル
ランディングページでは値段が安い理由を明かしてみると良い

ランディングページにおいて、商品の価格の安さについて言及している例が多くあると思うのですが、そういったランディングページの場合には、値段が安いというだけでアピールにはなるものの、なぜ安くできるのか?まで言及するとさらに効果的になる場合があります。価格が安い時点で、それは読者にとって興味を惹かれる部分になるのは間違いないでしょう。しかし、ランディングページにおいて、商品が安いとだけ書かれていると、多少の不安もあると思うのです。なぜ安いのか?それが分からないと、何か危ないものでも使っているのではないか?、商品の質が低いのではないか?と思われるかもしれませんから。それは購入意欲の減退につながるので、商品の価格が安いということは一長一短ということになります。安いことで興味を惹くことができるということもあれば、安いからこそ不安を煽るということもあるのです。商品の効果からいって、ちょっと安すぎないか?と思われる値段設定にしている場合には、特にそういった問題点が浮上することもありますから気をつけましょう。だからこそ、LPではその部分を解消するための策を講じていくと良いと思います。ただ、商品の価格の秘密を公開するのは無理という場合もあるかもしれないので、その場合にはしょうがないです。できる場合だけで構わないと思います。安い理由を公開できる会社はなぜ商品を安くできるのか?をLPで説明していくと良いのです。具体的な理由、読者が理解できるように書いていく必要があります。例えば、中間マージンがカットされているからとか、大量生産をしているからとか、いろいろな理由で商品の価格を適性と思われる価格の範囲から下げることができるので、そういったことを考えていきながらランディングページを制作していくと良いと思います。さらに、価格の安さの秘密について説明するときには、できるだけ目立つように、分かりやすいようにデザインしておくと良いと思います。少なくとも、ランディングページの最後尾にデザインをしたりすると、そこまで読んでくれない可能性もありますから。あくまでも商品の魅力の一環として伝えていくので、絶対に読んでもらったほうが良い部分です。そうなると、読んでもらえる可能性が高くなるように、ランディングページの前半か中盤くらいに書いておくと良いと思うのです。こういった部分も意識をしながら、ランディングページを制作していけると、より安心感を生んで、購入率も上がるかもしれませんから。
タイトル
ランディングページ選択肢を少なくした方が購入率は上がる?

ランディングページではいろいろな策を使って、より多くの人に商品を買ってもらえるように考えていきますが、ページによっては商品購入のための選択肢が複数ある場合があるでしょう。例えば、購入にあたっていくつかのプランを用意するようなケースです。よくあるのは単品を購入する場合、いくつかをまとめ買いする場合、定期コースといった場合です。1つのランディングページにおいて、商品の買い方が複数あるようなケースは珍しくないです。それはより多くの選択肢を用意して、その中から1番望ましいものを選んでもらえるようにと、購入率を上げる目的で導入していると思いますが、それは逆効果になる可能性もあるので、知っておくと良いでしょう。というのも、人間の心理面からいうと「決定回避の法則」というものがあるからです。これは何か?というと、人間は選ぶべき選択肢が多くなればなるほど、どんどん決定をすることが困難になるというものです。そういう経験は結構多くの人にあるかもしれませんが、こういった心理面も考慮しながらランディングページを制作していくことが大切になります。決定回避の法則に従うならば、選択肢を増やしていくとそれだけ購入率が下がる可能性があるということになります。選択肢が多い分、この中でどれが1番お得なのか?合理的なのか?を考えて、迷ってしまうからです。その結果、今は買わないで、後日また考えようという行動をとるケースも増えるでしょうし、そういう行動をとった人の中には、忘れてしまって結局買わないというケースも増えてくると思います。選択肢を増やすことはこういうリスクがあるので、注意したいところということになるのです。ランディングページを制作するときには、この決定回避の法則は是非知っておいてほしいです。そして、あえて選択肢を1つに絞るというのも良いかもしれません。読者に余計な思考をさせないことが実は大切だったりしますし、選択肢を増やすことで考えないといえない部分が確実に増えるはずですから。また、選択肢が増えると、単純に読まないといけない部分が増えて、読者が面倒に感じることもあるかもしれませんから、その点においてもLPをデザインしていくときには、選択肢を少なくするメリットが生まれることになります。これからLPをデザインしていくときには、決定回避の法則を考慮に入れつつ、読者の心理面を考えて作っていくと良いのではないでしょうか?
タイトル
コンバージョンを意識したランディングページ作り

ランディングページは大変多くの方にとって大変重要なページとなります。最近では大変多くの方が自分のホームページ等を作成する事で楽しんで自分らしいページ作成を楽しんでいます。素敵なページを楽しんで作っていく事は大変重要な問題となります。ランディングページh多くの方にとって大変重要な要因となるので、その点を考えて自分らしいページを作っていく事を考える事が大変重要な事となります。LPは最近では大変多くの方が自分のページをもっと多くの方に親しんで、もらうために活用しています。ランディングページを有効に活用していく事は大変重要な事となります。LPはそのサイトの顔です。このようなサイトをいかに楽しんでいけるかどうかは大変重要な問題となるのです。デザイン性の高いサイトを作成する事で安心して素敵なサイトを構築していく事が可能となるのです。自分らしいサイトを楽しんで作っていく事でより楽しんで自分らしい時間を楽しんでいく事が可能となります。コンバージョンをとランディングページは大変親密な関係にありますので、ランディングページをきちんと整理する事で自分らしい素敵なページを楽しんでいく事を考えていきましょう。デザイン性の高いサイトの制作は大変重要な事となります。コンバージョンとは最終的な成約率を指します。自分のサイトを訪れたユーザーの何割程度g最終的に購買にいたったかを考える事は大変重要な事となります。普段からいかに無駄なくこのコンバージョンを上げるかはネットビジネスにおける大変重要なポイントとなるのです。素晴らしいサイトを作っていく事を考える際に初見のユーザーがいかに自分のサイトを気に入ってくれてアクセスを増やし、スムーズに購入や情報収集を行っていくかを考える事は大変重要な事となるのです。ランディングページを楽しんで制作を行っていく事は大変重要な事となります。デザイン性の高いサイトをどんどん作成して、シンプルでわかりやすい導線を導く事が売れるサイトを作るには大変重要な事となるのです。ランディングページを大切にできないサイトには多くの方が望む結果をもたらす事はできません。普段からこのようなコンバージョン等をきちんと考える事でより楽しい時間を満喫しいていく事が可能となるのです。是非、素敵なサイト運営を楽しんでいく事を考えてはいかがでしょうか。目的をもったサイト運営で自分の収入をどんどん上げる事が可能となるのです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.