上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
ランディングページは特別価格を時間制限で実施すると効果的?

ランディングページでは消費者心理を読んで、いろいろな方法で購買意欲を高めるために何ができるか?を考えていかないといけません。その中で多くのランディングページですでに実施されている方法としては、ある商品の価格を特別価格で表示して、それを時間制限つきにしておくというものがあります。これは1度はどこかで見たことある人多いと思うのですが、リアルタイムで刻々変化するタイムリミットが表示されて、その価格があと何時間後かに終了してしまうという状況を作っているランディングページが実際に多くあります。これは消費者に対して早く買わないと、今すぐに買わないと損ですよ?というメッセージを与えているに等しいわけです。早くしないと売切れてしまうと思わせられたら、今すぐに買ってくれる人は多くなると思うのですが、それと同様に早くしないと値段が上がってしまうと思わせられたら、それも今すぐに買ってくれる可能性が上がると言えるでしょう。特別価格として時間制限つきでの販売をすれば、買おうか?どうか考えている余裕がない場合もあります。残り制限時間というのは、だいたい悠長に考えていられないくらいの、ちょうど良い時間に設定されていることが多く、またそうしていくべきなんですが、そういった部分で消費者に今すぐ買った方がお得だと心理的に思わせていくことができたならば、ランディングページとしての役割がかなりの部分で果たせていると言えるでしょう。ランディングページを制作していくときにはこういった部分は取り入れていくと良いと思うのですが、特別価格の他に通常価格がいくらなのか?というのは必ず記載しておかないといけません。特別価格としての販売を時間制限つきで行う場合には、その価格がお得だと思わせないといけないわけですから、特別価格であると明記しておくだけでも効果はあると思いますけど、通常価格がいくらなのか?具体的にどれくらい安くなっているのか?をLPをデザインするときに書いておければ、よりお得感が伝わると思います。したがって、LPの制作ではその特別価格と通常価格をちゃんと明記しておいて、そのうえで特別価格終了までのタイムリミットを絶妙な制限時間に設定して載せておくと良いと言えるでしょう。消費者の心理面を考慮していくというのは、ランディングページのデザインにおいては基本だと思いますが、こういった角度からも可能なので、多くの人に実践してもらいたいと思います。
タイトル
本当に成果を出すランディングページを作るコツとは

リスティング広告を出稿するうえで欠かせないのがLP(ランディングページ)です。デザインもさることながら、制作するうえでは様々なコツが存在します。 今回は本当に成果を出せるランディングページ作りのコツについてお話ししたいと思います。 まず第一に重要なのが「ビジュアル」です。アイトラッキング(ユーザーがどのようにサイトを見ているか調べること)を基に考えれば、やはりスクロールをしない状態でどれだけユーザーの心に訴えかける画像もしくは文字を、LPの最上部に持ってこれるかが非常に重要です。 一般的にページの閲覧率はページ下部に移動するほど低くなりますので、重要な情報からページ上部に記載する必要があります。 ユーザーの視線の動きは、webリテラシーの低い方ほど”Z”の動きを、高い人ほど”F”の動きを見せることがわかっていますので、その部分も意識したデザインであることもポイントになります。 また、文字の色、サイズにも気を使ってデザインしていかなくてはいけません。売り込みたい商材やサービスの売りをなるべくシンプルに、目立つように書くことが成果獲得のカギになります。文字数を少なくすることで、ユーザーがスラスラとページを読めるようにし、商材に対する興味・関心を高めていくことも、成果を出すうえで大切なポイントです。 次に大事なのは「信頼性を高める」ことです。ユーザーが仮にファーストインプレッションで商材に興味を持ったとしても、”信頼性”が感じられなければ、成果につながることはまずありません。いかにしてユーザーからの信頼を勝ち取るかが、成果に直結するLPづくりにとってとても重要なのです。 具体的には、すでに媒体などに取り上げてもらっている場合(コスメ系などはすでに常識ですが)、その雑誌や媒体の画像を配置し、”すでに話題になっている”、”あの人も使っている” と感じさせ、信頼感を醸成します。 まだどの媒体にも取り上げられていない場合には、”口コミ”を掲載することも効果的です。しかしここで気を付けたいのが、その口コミがいかに”本物”であると信じてもらうかです。 口コミをただそのまま掲載するだけでは、信頼を得ることは困難です。ユーザーからの手紙をそのまま画像で掲載する。口コミの文章の横にその方の顔写真を載せるなど、見せ方を工夫することでより”本物感”を高めた訴求が可能になるのです。 そして上記を行ったうえでさらに重要になってくるのが継続的な「ABテスト」です。ABテストとは、あらかじめコンセプト・デザインの違うAとBという二枚のランディングページを制作し、それをリスティングで同程度配信。結果的にそのどちらがより成果につながったかを見て、成果の良いほうを見つけ出すテストのことです。 画像の配置や成果ボタンの色まで、考えられる改善点は数限りなくあります。言ってみればLPの改善に終わりはありません。常に成果の良いランディングページ作りを意識し、改善を続けていくことが非常に重要なのです。
タイトル
課題解決型のランディングページが訪問者をその気にさせる

ビジネスの世界でも、売れているトップセールスマンというと、知識・経験が抱負でトークも流暢なイメージがあります。 しかし、決してそうではないことが少なくありません。 意外とトークは上手ではないのだけれど、相手の話をじっくりと聞くタイプの人が売れているセールスマンということが多いのです。 彼らトップセールスマンが意識していることは、お客さんとなる相手のことをじっくりと理解しようと務めているために、聞き上手になっているのです。 商品を売る時に、彼らは単純に売ることだけを考えているのではなく、本当にお客さんか役立つのかどうかを理解しようとしているのです。 これは相手の悩みや課題を把握して、その問題を解決できる提案を提示します。 その提案がお客さんの役立つ物であれば、買う価値が出てくるのです。 これを課題解決型の営業と呼ぶのですが、インターネットのビジネスでも同じことが言えます。 インターネットを利用したビジネスというと、ネットショッピングが挙げられます。 手軽に簡単にオーダーができるネットショッピングでは、全てがインターネットのボーッページやサイトで完結することになります。 ここで、重要になってくるのが、ランディングページ(略してLPと称します。) ランディングページ(LP)のを制作するショップ側としては、効果的なデザイン設計を意識しなければなりません。 前述のセールスマンの役目を司るのが、このページだからです。 ランディングページの制作においては、見やすさや理解しやすさを重点にデザインする必要があります。 しかし、スマートフォンからのオーダーも増えている中では、画面のスペースが限られており、制約のある中で、効果的な作りを考えることが大事なのです。 ランディングページの効果的な作り方のポイントになってくるのは、課題解決型の内容にすることです。 基本的なページ構成としては、商品のキャッチコピーとこれに連動したイメージデータ(写真)をページ最上段に配置することが出てきます。 その後に説明パート、購入手続きパートと続いていくのですが、説明パートの箇所では、課題解決型の説明を設けることで、より一層の説得性、納得性を高めることができます。 単純に商品の説明を記載するだけでは、購入するメリットが理解できないことになります。 このような内容だと、いくらビジュアル的なベージであったとしても、購入に結びつかないことが多いのです。  したがって、ランディングページでは課題解決型の性質も持ち合わせたストーリー作りが必要だと考えらるのです。
タイトル
ランディングページで価格はどの位置に表示するか?

ランディングページにおいて非常に重要な意味を持つのが価格です。商品の中身についても重要とは言えますが、価格も同様に重要な要素です。ここでいう価格が大切というのは、いくらか?というよりはその情報をどこに載せるか?ということです。価格の表記については主に2つのパターンが考えられ、ファーストビューのところに表示するか?最後の方に表示するか?このどちらかになるでしょう。どちらもメリット、デメリットがあると思うのですが、結局価格というのは、単純に安い、高いという判断のみではなく、期待できる効果などに対して出す価値のある金額か?どうかが重要です。つまり、一見高いものに見えても、その価格で購入する価値があると認められるものならば、高くても問題ないわけです。すると、ランディングページにおいては価格は先ではなくて、後の方が良いかもしれません。価格に見合った商品価値があるか?どうかを判断するには、先に商品についての魅力を説明して、その後で価格を表示すると比較しやすいです。しかし、先に価格を表示するとその時点で高くない?と思ってしまった人は説明を見る前にページを閉じてしまう可能性があります。それはもったいないので、先に懇切丁寧な説明をした後に改めて価格を表示すると、その説明の内容から感じる商品価値と値段との比較をしやすいと言えるのです。そして、価格を最後に伝えるという手法は、多くの人が今まで見てきていると思います。それはテレビなどの通販番組です。こういった番組では商品に関する説明を一通りした後、最後に価格を伝えるというのが通例で、基本的にはどの番組でもそういった形で放送されています。これは恐らくそういうやり方が効果的だからこそ、今までずっと踏襲してきたスタイルと言えるのではないでしょうか?多くの人たちが見ている通販番組でも実践されているケースになるので、この点に関してもおすすめの方法と言えると思います。だからこそ、LPでもやってみてほしいデザインと言えるのです。ランディングページを制作するときには価格をどの位置に表記するか?は本当に大切です。価格がいくらか?よりも重要な部分と言えるかもしれません。ランディングページのデザインはあらゆる箇所について気を遣っていかないといけないものの、こういった価格の位置は本当に最後の最後まで悩んで制作をしていってほしいと思います。LPでは消費者の心理を読んでいくことが本当に重要で、その中の一環という言い方もできるかと思います。
タイトル
ランディングページで自分のページをいかにして作るか

ランディングページはサイトを運営する上で大変重要な要因となるので、注意して素敵なサイトを自分で作っていく事で多くの素敵なサイトを運営する事を考える事がとても重要な問題となります。デザインは多くの方が自分の個性やその会社の特徴をあますところなく表現したいと考えて作成するページですが、ことランディングページに関しては少し独特の考え方でページを作成する必要があるのです。ランディングページは多くの方が最初のサイト運営を考える上で大変重要な事となる事は十分に認識しているかと思います。このような素敵なページをいかにして作っていけるかはサイト全体のアクセスやコンバージョンを考える上で大変重要な事となります。ランディングページは多くの場合最終的なコンバージョンに直結する可能性があるので、その点を考えて素敵なサイトをいかにして作っていけるかどうかは制作をいかにして楽しんで行っていけるかどうかはとても重要な問題となります。LPは多くの方にとって素敵なページを作って行く上でとても素敵なものとなるのです。普段から自分らしい素敵なページをいかにしてコンバージョン等を意識して作り込んでいけるかどうかはとても重要な要因となります。シンプルで直ぐに自分の希望が叶えるような素晴らしいサイトを消費者は臨んでいます。素晴らしいサイトに共通する事はいかにして多くのサイトの中から自分らしいサイトを作っていけるかどうかを考えるかです。デザインに特化したサイトを楽しんで作っていくことでより多くの素敵な自分らしいサイト運営を存分に楽しんでいくことが可能となるのです。自分らしいサイトをいかにして作りこんでいけるかどうかを考える時にシンプルな画面構成や配置を中心に考えていかにして無理と無駄の少ないサイトを作るかを考えていきましょう。LPは多くの方が素敵なページを楽しんでいく上でより重要な要因となります。自分らしい人生を満足の行くものとする為にはこのようなサイトをいかにして上手に検索サイトの上位に表示させるかは大変重要な事となります。SEO等に配慮を行った素敵なサイトをいかにして作っていけるかどうかを考える事はとても重要な問題となります。いかにして自分らしいサイトを作っていけるかどうかを考える事でサイトのアクセス数やコンバージョン全体をいかにして増やして多くのサイトの売上を飛躍的に上げる事が十分に可能となるのです。普段から自分らしいサイト構築を存分に考えていきましょう。制作には個性が十分に必要となるのです。
タイトル
ランディングページのヘッダーに連絡先を載せる意味

ランディングページの例を見ていると、いくつかのページで使われているデザインとして、連絡先、相談の受付先がヘッダーの部分に掲載されているといったものがあります。ヘッダーというのは、ページの先頭の部分、1番上の部分ということになります。そこにメールアドレスや電話番号を載せていて、相談先、連絡先を明記しているランディングページの例というのが実は多くあるのです。こういったデザインのランディングページというのは、どういう意味があるのでしょうか?連絡先に関しては全く載せていないランディングページの方が少ないかもしれませんけど、こういったものはページの最後の方に載せている印象もあるのではないか?と思います。しかし、あえてヘッダーの部分にそういった情報を載せる意味としては、やはり安心感の醸成させるという効果が期待できると思うのです。実際、ランディングページのヘッダーの部分に連絡先を載せている例では、連絡先と一緒に「お気軽にご相談ください」といった文章が添えられていることも多いです。そういった文章とともに連絡先が明記されている部分がランディングページのヘッダーにあって、そのページを開いた人がその部分を見たら、真っ先にどういう印象を持つでしょうか?すごい優しい雰囲気を感じるのではないでしょうか?そういった心理面を考慮した場合には、ヘッダーの位置に連絡先と一言を添えておくのは確かに効果的かもしれないのです。それにこういった要素はヘッダーの部分にあるので、ファーストビューとして最初に目に入ってくる情報というのも大きいです。LPを見て、最初に入ってくる情報の中にそれがあって、そういった優しい暖かい印象を抱くことができれば、それ以降の内容に関してもそういう印象を持ったまま読み進めていけるので、同じ内容であっても、ヘッダーにそういった要素がない場合と比べて感じ方が全然違う可能性があります。そして、結果としての売り上げも上がる可能性があると思います。そういう部分に期待をして、全てのLPでそういうデザインにしているのか?どうかは分かりませんけど、これからランディングページを制作していくときには真似てみてほしい部分でもあります。連絡先と一言を添えることに関しては、ヘッダーのみではなく、フッターと呼ばれる最後の部分にも載せておくと良いと思います。こういったものは比較的導入しやすい要素になると思うので、ランディングページを制作するようなときには参考にしてもらいたいと思います。
タイトル
ランディングページは準備が9割だと知っていますか?

"ランディングページを制作する時、制作しながら、どんなコピーを書こうか、どんなデザインにしようかと考えて進めていると思います。 しかし。 その方法では成約率の高い良いランディングページを作るのは難しいです。実を言うと、ランディングページは作る前にすでに売れるかどうかが決まっています。 一体、何が売れるかどうかを決めているのでしょうか? それは、「あなたが売りたい人を決める」ことです。 普通、ビジネスをする時、少しでも多く売れて欲しいので、できるだけ多くの人に売りたいと思いますよね?だから、不特定多数の人に届くメッセージを書くと思います。 しかし、インターネットで売る場合、それでは逆に1人1人にメッセージが届かなくなってしまいます。なぜなら、不特定多数の人に向けた内容や表現は曖昧になってしまい、LPを読んでいる人は自分に言っていると思わないからです。 例えば、「あなたにはランディングページの成約率が上がらずに困っていませんか?」、「皆さんはランディングページの成約率が上がらずに困っていませんか?」。この2つの文章、どちらが自分のことだと思いますか?多分、前者の方だと思います。文章は同じですが、前者は“あなた”、後者は“皆さん”と言っています。皆さんと言われるよりもあなたと言われた方が、自分に言われていると感じると思います。逆に皆さんと言われると、自分には関係ないと思ってしまいます。だから、ランディングページは特定の人に語り掛けるよう作らなければなりません。 それでは、特定の人とは誰でしょうか? それは、あなたが売りたい人です。 しかし、売りたい人と言っても、漠然としていてはいけません。特定の1人の人間でなければなりません。例えば、20代の男性ではなく、こうします。24歳社会人1年目のAさん(男性)、中規模の広告会社で営業の仕事、彼女有りで彼女とは大学時代から付き合っている、少しずつキャリアアップして30歳までに外資系の広告会社に転職する目標がある、趣味はサッカーで小学校から大学までやっており今もフットサルに参加している、・・・と言ったように、売りたい人の人物像を細かく設定します。細かく設定できない場合は、自分の周りの家族や友達や同僚などをピックアップすると良いでしょう。 こうすると、どんなコピーやデザインにすれば良いのか、自然とわかってくると思います。例えば、ベネフィットが大事とよく言われますが、ベネフィットは人によって変わってきます。売りたい人が漠然としていた時はベネフィットが表面的な物だったかもしれませんが、売りたい人が鮮明ならどの人が本当に欲しいと思うベネフィットが自ずと出てきます。 LPは不特定多数の人に読んでもらうという考えから、ある特定の1人の為だけに書くという考えに変えると、成約率が大きく上がります。"
タイトル
ランディングページではファーストビューに購入ボタンを

ランディングページをデザインしていくときに、誰もが欠かさず力を入れるのがファーストビューになると思いますが、このファーストビューには実は商品の購入ボタンを入れた方が良いというデータがあります。これは実際に試験的に試した結果があって、同じ会社の同じ製品を販売するランディングページのファーストビューに購入ボタンを載せた場合と載せない場合では、前者の方が購入率が上がったというデータがあるのです。これは誤差の範囲とかではなく、かなり如実な差になっていることもあります。そういったデータはネットで探せばいくつか見つかると思うのですが、ここから言えることは、ランディングページのファーストビューには購入ボタンを載せた方が良いのではないか?ということです。実際に購入ボタンを載せたら、そういった結果になったわけですから、見習う余地が大きくあるということでしょう。でも、どうして購入ボタンをランディングページのファーストビューに載せると良いのでしょうか?これは推測も含みますが、購入ボタンがまず最初に見えることで、そこが通販サイトであるということが分かるというのが大きいのではないでしょうか?ファーストビューで読者の心をひきつけられないと、すぐにページを閉じてしまうということが普通に考えられるため、ファーストビューにいかに読者を惹きつける要素を配置できるか?がポイントになります。それが通販サイトであると把握できることなのではないでしょうか?ある悩みを抱えてそのランディングページを訪れた人の中には悩みを解決する術を求めている人が大半のはずです。そして、そこが通販サイトであると分かれば、その悩みが解決するかもしれない商品が手に入ることがファーストビューの時点で分かります。その商品を買うか?どうかはともかく、良い商品があるならば一応見てみようか?とファーストビューから、下にページをスクロールしていく人が多いのではないでしょうか?結果的にLPのファーストビューに購入ボタンを置くことで購入率が上がっているならば、そういった可能性もあると思うのです。LPを制作していくときには、そういう面からアプローチをしていくと効果的かもしれません。ランディングページの制作においては特にファーストビューが大切ということは何度も言われていると思いますけど、そのファーストビューをどうデザインするか?で本当に売り上げも変わりますから、しっかりと考えていきましょう。
タイトル
評価コメントのあるランディングページが効果的

ランディングページ(LP)と言えば。ネットショップなどの通販で重要なページであることは、よく知られていることです。 このページのデザイン制作において、色々な観点から構成が吟味されることで、商品の売れ具合が大きく変わってくると言っても過言ではありません。 それだけランディングページ(LP)の位置付けが重要になってきます。 しかし、デザインの制作当たっては、商品の分かりやすい説明を考えることは、とても重要なポイントになってきます。 ページに多くの説明文を入れ込み過ぎても、見づらくなることにもなりますので、バランスの取れた構成にしなくてはなりません。 一方で、もう1つ意識して起きたいポイントがあります。 ランディングページは、確かに商品の機能を盛り込むページではあるのですが、それだけでは足らないのです。 そこには、客観的な情報も盛り込む必要が出てきます。 インターネットを通じて、商品を購入する時に閲覧されるページですが、購入希望者は、実際に商品を手に取って、吟味することができません。 あくまでネット上に掲載されいる情報で判断をするわけです。 したがって、客観的な情報も必要になるのです。 具体的には、利用者の意見や感想を記載することです。 成功している人の体験談というものが、よくインターネットの中で情報として掲載されるケースがありますが、関心のある人にとっては、貴重な情報源となります。 普通の製品でも、導入事例集が参考とされることが多いのです。 このような観点から、ランディングページでも実際に商品を利用している人のコメント、感想は、とても大きな効果を生むようになってきます。 「ても、悪い意見を載せる人もいるな。」 確かにそのような人がいることも事実です。 しかし、これも客観的な意見として掲載することは、ページを見る人に信頼感を与えることにもなりますので、決してマイナスとは言えないのです。 よくサイトで見る""口コミ""が、これに当てはまるでしょう。 それだけ利用者の意見や体験談は大きな判断材料となるのです。 では、どのようにして、多くの人の意見を集めるか? それは1つ1つの積み重ねですが、すでに購入された顧客からの感想を直接、メールで確認するなり、購入後に意見ももらえるようなコメント記入欄もランディングページに作っておくことです。 このページは商品を購入したい人に向けて、商品紹介をするだけでなく、アフターフォローもできるようなことも視野に入れて作る必要があるのだと思われます。
タイトル
ランディングページでは顧客ターゲットを明確にしておく

インターネットの普及とともに、多くの人が自分なりの使い方を楽しんでいます。 その中でも、ネットショッピングでも利用することか、とても増えてきています。 インターネットで買い物をすることは、バソコンだけでなくスマートフォンでも手軽にできることから、利用者を増加中で、右肩上がりの傾向です。 これに伴い、ネットショップオーナーも、インターネットに掲載するホームページの充実に余念がありません。 ネットショッピングでは、取扱商品の販売の可否が全て、ホームページの内容で大きく成果が変わってくるからです。 この時に、大きな役割を担っているのが、ランディングページです。 通販の業界の中では、LPと呼んでいるの向きもあるのですが、ランディングページは、商品を説明して、最終的には購入手続きをまで、案内し誘導していく大事な位置づけにあるのです。 したがって、ショップオーナーは、ランディングページ(LP)の制作段階において、理解しやすく見やすいデザインを意識してしておくことかが求められてきます。 このページのデザインを制作する上で、大事なことは限られたページスペースの中で、いかに分かりやすく見やすい作りにしなけれざなりませんが、もう1つ設定すべき点は、顧客のターゲット設定を明確にすることです。 見やすさの点では、商品特性をキャッチコピーやキーワードで表現することで、理解しやすいようになってきますし、見やすさを追求するのであれば、イラスト、図解、あるいは画像をはめ込むことで、高い効果を生み出すことが可能になります。 しかし、これらの説明パートは、具体的な顧客ターゲットが明確になっていなければ、説得性がで乏しいものになってしまいます。 言い換えれば、関心のない人に対して、必死に商品の良さをアピールしても、効果がないのと同じなのです。 したがって、ランディングページで、商品を説明する上で、必要となる対象を明確に伝えておくことがいいのかもしれません。 年齢・性別・環境(職業や生活スタイル等)を明記しておくことで、ページを見る人の関心度を高めさせることができると思われます。 ダイエット食品をネットショップで扱う場合、 「30歳~40歳の女性で、生活が不規則な人に提案します。」 「仕事が忙しくて、生活が不規則な30代~40代の女性の方へ、簡単に痩せることができるダイエット食品。」 このようにある程度、絞られた顧客のターゲットが明記されているのであれば、対象となり得る人がサイトに訪れた場合、問題意識を持ちながら、ランディングベージを見てくれるはずなのです。 このように、関心度の高い人が訪れると、ページの説明に引きこまれて、購入する確率が高まってきます。 ネットショッピングでは、ある程度、目的を持ってサイトに訪れる人が多いのですが、ランディングページでターゲット層がハッキリと分かるのであれば、購入するまでのプロセスも早く成約に結び付くことになってくることでしょう。 それだけランディングページにおける説明~購入までのプロセスにおいて、できるだけ早く短時間でオーダーを取り付けるためには、ページ内のターゲティングを明示してあげることが必要なのです。
タイトル
ランディングページはサイトの最下層ページの役目だけでない

インターネットの利用をじっくりと考えてみると、情報検索やどうかコンテンツを見たり、あるいはネットゲームのアプリをダウンロードして遊ぶことが、多いのではないでしょうか。 最近は、特にスマートフォンを使う人が急激に増えて、利用する幅が大変、広がっています。 これらの利用の中で、一番利用が多いのが、情報検索でしょう。 検索をしている時に起こる出来事は、ネットショッピングです。 情報検索をしている際中に、思わず辿り着いてしまったサイドページを見て、そこに掲載されている商品を思わず購入していますしまったことなのです。 この時に、表紙されたページがランディングページ(LP)です。 ランディングページ(LP)は、ネットで商品を購入する時に、大事な役目を果たしますので、サイト制作者はデザインのあり方に意識しています。 しかし、ランディングページはデザイン制作の良し悪しだけを気に指定ではなりません。 分かりやすく理解しやすいページにすることが、大事なのです。  それは、このベージにどんな入り口から訪問者が訪ねてくるか分からないからです。 ランディングページは、通常、商品サイトやメーカーのホームベージから訪れる人を購入手続きまで行う、このページに誘導していきます。 サイトの層で言えば、再下層に位置するベージと言えます。 しかし、このベージには必ずしも、ポータルサイトやトップページから入ってくるとは限らないのです。 直接、ランディングページにてアクセスしてくる人も少なくないのです。 インターネットの検索行動で、できるだけ多くの人にPRするために、このページが検索エンジンでヒットできるようにしていきます。 いわゆる、SEO対策と呼ばれることです。 ランディングページ内にも、検索されやすいキーワードを盛り込んでいるために、検索エンジンにページ自体がヒットすることもよくあることです。 したがって、ランディングページは、サイトの最下層ページとして位置づけられるだけでなく、ページ単独でも、商品の説明から購入手続き、そして、アフターフォローまでできるアンケート収集などの多くの機能も持たせておくことが必要なのです。 最近、スマートフォン画面を念頭に置いたランディングページは、非常に縦長で内容が構成されています。 じっくりとページを見ていると、導入 パートで商品のエッセンスを簡単に触れて、その後からどのような効果を生むのかが説明され、そして購入したメリットの パートに引き継がれて、最終段階として、サイト訪問者の購入意思決定を促すまでに、続いていきます。 ページをじっくりと見ていると、決して最下層ページとは思えない独立した立派なサイトとしても通用するくらいです。
タイトル
ネット広告とマッチングさせるランディングページ

インターネットは私達の生活の中で欠かすことができない重要な存在となっています。 ネットの用途は実に多彩で、メールを送ったり、知りたい情報を手に入れたりするだけでなく、動画の視聴、アップロード、ゲームを楽しむこともあります。 その中で、一番、身近な使い方の1つにはネットショッピングがあります。 インターネットで商品やサービスを購入したり契約することです。 その利用機会は、年々増えているのが実状です。 一方で、このような動きに呼応するがごとく、ネットショップを経営する人も増えてきています。 彼らは、インターネットを通して物やサービスを提供して販売することを仕事としています。 このような形態のビジネスでは、実際のオフィスや店舗を構える必要かありませんので、費用面でのメリットも大きいかもしれません。 しかし、インターネットでの宣伝やホームページの充実が、最優先課題になってきます。 ここで、重要な役割を果たすのが、ランディングページ(LP)です。 ランディングページ(LP)とは、商品やサービスの説明を行い、顧客となる人にたして、購入を促すことを目的としてきます。 ホームページでも、商品個別の説明の下層に移って行き、注文受付をしたりカタログ請求を受け付けたりするページがありますが、これもランディングページに当たります。 このページを充実させることが、とても大事なことになってきます。 ランディングページで意識しておきたいことは、あらゆるルートからアクセスさせる可能性があるということです。 一般的には製品のページやショップのポータルサイトから、このページに移ってくるために最下層で最終ページという位置づけにあります。 しかし、そのルートからのアクセスだけではなく、他のルートからのアクセスも考えられます。 それは商品の広告ページからのみアクセスです。 検索エンジンで買いたい商品を調べると、検索結果に連動したリスティング広告というものが表示される仕組みが確立されています。 この広告からアクセスされて、ダイレクトにランディングページにつながるケースも少なくありません。 このようなルートからのアクセスも想定して、ランディングページのデザイン制作も考えておく必要があります。 ページのデザイン制作のポイントについては、見やすさや、分かりやすさが求められるのですが、ネット広告から訪れた人でも、このページでスムーズな商品里会、購入意思を明確に持たせることができるようにしておくことように、ベージを構成する際には、関連するネット広告の内容とマッチングした内容を意識しておくことも重要なのです。
タイトル
ランディングページの役目は商品説明を効果的に行うこと

インターネットの利用で一番、ニーズが高いのが、情報検索でしょう。 検索の目的には色々なことがありますが、その中には自分の関心のある商品やサービス内容を調べることも少なくないと思われます。 特に、ネットショッピングのニーズが高くなって来た昨今、事前に情報検索をすることがあります。 その時に重要になってくるのが、ランディングページなのです。 これは略して、LPともこれは呼ばれることがあります。 ランディングページ(LP)は、ネットショップなどのインターネットのビジネスではなくてはならない存在なのです。 このページの内容の出来具合によって、商品の売れ行きが、大きく変動すると言ってもいいほどです。 したがって、ページのデザイン制作も入念な検討の上に、ランディングページを作らなければなりません。 その中で、大事なことはページの中で、商品説明の情報を盛り込みすぎると、見づらいベージなってしまい、 ランディングページの目的とは、商品を説明して、最終的の購入を促す働きを持っています。 しかし、あまりにも多くの情報を詰め込み過ぎると、ページを見ている人が嫌になってしまい、買うどころか、サイトから離脱しかないのです。 せっかく、インターネットで自分の商品PR用のサイトに訪れてくれたとしても、最終的な購入意思固めのこのページで離れてしまうと本末転倒です。 インターネットの世界では、サイトに立ち寄り、そこに留まっている時間は、2、3秒と僅かしかないのです。 いかに商品の良さを理解してもらうためには、短い時間の中で滞在時間を大幅に伸ばす策を講じる必要があるのです。 効果的なランディングページのデザイン制作のポイントは、見やすさ、シンプルさ、そして、分かりやすさです。 これらのポイントがバランスよく取れていて初めて、ページを最大限に発揮できるのです。 商品説明は、箇条書きでセールスポイントを絞り、写真やイラスト、図解などでビジュアルに見やすくすることで、とても効果的なランディングページが生まれてくることと思います。 インターネットの普及には、スマートフォンでの利用も拍車をかけています。 そのようなことを考えると、ランディングページは見やすさ、分かりやすさを追求するなら、限られたページの中で、どのようなレイアウトにするかも、重要なファクターになって来ることは間違いありません。 したがって、パソコンのみならずモバイル端末も意識したページ作りも大きな課題となることも認識しておく必要があります。
タイトル
ランディングページではデメリットをメリットで挟むと良い

ランディングページでは当たり前ですが、商品のメリットに関する記述を中心に書いて制作をしていかないといけません。しかし、メリットだけ書いていても商品への信頼は得られないので、デメリットをあえて入れて、消費者への信頼を少しでも得ようとする戦略があります。そういった方法は間違っていませんが、デメリットを入れて、消費者へ悪い情報も伝えて信頼を得る一方で、いかに商品イメージを損なわないようにするか?というのも考えないといけません。そこでランディングページでは、消費者に対して、あえて商品に関する悪い情報も入れていくが、その悪い情報に対するイメージをできるだけ残さないようなテクニックを使っていくということが重要になります。ランディングページにおいてはただデメリットを入れていけば良いのではなくて、入れ方が鍵になるということです。では、ランディングページではデメリット部分をどういう感じで制作していけば良いのでしょうか?ポイントとしてはデメリットをメリットで挟むということになります。多くの場合、ランディングページではメリット部分を多くして、デメリット部分は割合的に少ないはずですから、そういった方法がとれるはず。別の方法をとると、いろいろな問題が考えられますから。例えば、デメリット部分を最初に持ってくると、読者は最初にそれを読んでしまって、買っても意味がなさそうと判断して、その時点でページを閉じる可能性もありますが、メリット部分を先に書いて、1番最後にデメリットを書いてしまうと、メリット部分を読んで印象を良くしていたが、デメリット部分を読んで、最後に印象を下げた状態で購入を検討することになれば、当然印象の悪い部分がかなり頭に残りますから、購入率にも影響しそうです。そうなると、1番良いのは先に言ったようにメリットでデメリットを挟むというランディングページの制作の仕方になると思われます。まずはメリットを書いていって読者を惹きつけていくが、間にデメリットを入れて、きちんと消費者のために悪い情報も隠さずに公表するという姿勢を見えます。そして、最後にまたメリットを載せていけば、メリットから始めて印象をよくした後に、デメリットを入れて多少印象が下がったが、再度メリットで盛り返して消費者の印象を良い状態に持っていって、購入しようか?検討できるというLPのデザインになっていると思います。こういったLPのデザインは比較的取り入れやすいと思うので、是非多くのケースで実践をしてもらいたいと思います。
タイトル
スマホとパソコンの動線を意識したランディングページ

インターネットでショッピングをする機会が、とても増えています。 利用者は年々、増加傾向にあるのですが、自宅でパソコンを開いてネットショッピングをするだけでなく、スマートフォンの利用も拍車をかけていると思われます。 インターネットでは、時間や場所の制約が少ないことで、手軽にオーダーができる点が多いのかもしれません。 このようなネット利用において、重要な役割を果たすのが、ランディングページです。 別名LPとも呼ばれるランディングページは、商品の説明をしながら、最後には購入手続きまでを導く機能を持っており、ネットショッピングでは、必要不可欠なページです。 最近は、ネット広告が頻繁に色々なサイトの一部で目にするようになりましたが、アクセスするといきなり目立つようなキャッフレーズが現れることがあります。 これがランディングページの場合も少なくありません。 一旦、このページに辿り着くと、派手なキャッチコピーを目にした後に、商品の機能や利用するメリットが連続的に目に飛び込んでくることでしょう。 そして、最後に購入ボタンが、目立つのように配置されているのが分かるかと思います。 このように、連続的にサイト訪問者に語りかけるように、時には説得するような内容で、アプローチしてくるのです。 これがランディングページ(LP)の目的となるのです。 ネットショップの運営者側としては、このページを充実させることを重要視しています。 このページのデザイン制作で気をつけなければわならない点はいくつかありますが、スムーズな動線も考えておく必要もあります。 前述の通り、最近のネットショッピングはパソコン利用と合わせてスマートフォン利用もあります。 これにより、ページのデザイン制作を異なることもあります。 パソコンの場合は横長の画面なので、導線は右から左へ展開していくことになります。 しかし、スマートフォンの場合は、上から下へとスクロールされていきます。 このような画面の流れにしたがって、ランディングページの導入パート、説明パート、購入手続きのパートの画面設計を考えなければなりません。 また、最終目的である購入ボタンの配置も配置の仕方1つで、大きく結果が変わってくる可能性もあります。 通常、購入ボタンは最終パートとして位置づけられるのですが、説明パートの中で設定するケースもあります。 サイト訪問者の中には、説明パートを見た段階で、すぐに購入の意思を強くする人も少なくないからです。 ちょっとした配置の違いだけでも、注文の可否が大きく変わってくるのです。
タイトル
ランディングページで効果的な集客を行う事の重要性

ランディングページは全てのサイトにとって大変重要な存在となります。いかにして素敵なページを作って多くの方に愛されるページを作成するかは大変重要な事となります。自分の好きな事を表現する手段としてホームページは大変重要な手段となります。いかにして素敵なサイトを作って行けるかどうかは長い人生において大変重要な事となるのです。素敵なサイトを自分で運営を行って行ければ誰でも素敵な時間を送る事が可能となるのです。サイト運営の際には一つのサイトに複数のページを作る事が当然の事となります。いかにしてこのようなページの作成を効率良く行っていけるかどうかはとても重要な事となります。LPは多くの方にとっても大変重要な問題となります。素敵なランディングページは多くの方から支持されます。このようなページをいかにして効率よく作って自分のサイトを素敵なサイトとするかはとても重要な事となります。ランディングページは多くの方にとってとても素敵な要因となります。自分の好きなページは多くの方の才能を結集したページとなる場合が大変多いのです。素敵なページを自分で表現する事はとても重要な事となります。ランディングページは多くのサイト運営者にとってまずは考えるべき大変重要な要因となります。いかにして素敵なページを作るかはアクセスやコンバージョンを徹底的に意識したページを作成する事から始まっていきます。素敵なページを作る事でいかにして多くの方のアクセスを集めるページを作成するかを考える事が可能となります。デザインの段階から緻密な設計で素敵なサイトを構築する事を考える事が大変重要な事となります。デザインは多くの方にとってまずは考えるべき要因となります。LPは多くのサイトにとって最終的な購買や契約を左右するとても重要な要因となります。これをいかにして自分らしく使えるかで多くの要因が変わっていきます。より多くの方に愛されるサイトはこのページの制作に関していかに上手くできているかが影響してきます。素敵なページ作成を考える事で大変素敵な自分らしいページを沢山作っていく事が可能となります。素敵なページを作りのコツはまずは数を沢山作りこんでその中でいかにして素敵なページを作っていけるかと大きく関係してきます。ランディングページで素敵な自分らしいサイトを作っていけるかどうかは大変重要な問題となりますので、その点を考えて素敵な人生をいかにして素敵なページを作成するかを考えていきましょう。制作を行うにはこのような要素を考える事がとても重要な要因となります。
タイトル
ランディングページ制作のポイントはここ!

ランディングページとは、あるキーワードを検索した際に最初に表示されたり、ネットに設置された広告からリンクしているページのことです。  一般的に、1ページで商品紹介をし、資料請求や問い合わせ、購入までを促すページのことで、ランディングページをLPと略すことが多いです。  ある商品やサービスをピックアップして、PRしたい!キャンペーンを打ち出したい!という時に、LP(ランディングページ)を使ってターゲット層に訴求します。 制作時のポイントは、3つです。 ・検索されやすいキーワードが盛り込まれているか?  まず、商品やサービスのアピールしたいポイントを押さえつつ、ターゲット層が検索エンジン(googleやyahoo!など)で検索しそうなキーワードを想定して、キーワードを決定します。抽象的すぎても、具体的すぎても効果は薄くなります。 ・ユーザーの気持ちになった、ランディングページ構成になっているか?  商品やサービス紹介部分では、はじめに概要やアピールポイントを紹介した後、「例えば、こんなお悩みはありませんか?」などの具体的なエピソードを出すことで、ユーザーも商品やサービスをイメージしやすくなり、購入意欲を高めることができます。  オプション機能など補足情報は、この後に紹介するとユーザーに、さらなるメリットを提示することができます。  最後に、お問い合わせフォームを設置しすることで、商品やサービスの理解、それによる使用イメージや問題解決の提示、オプション機能によるプラスメリットを感じた後、ユーザーは資料請求や購入へスムーズに移ることができます。  また、コンテンツ(項目)ごとに資料請求・購入のためのボタンを設置するといいでしょう。ユーザーごとに、「気になる・買いたい!」と感じるタイミングは異なるため、コンテンツ毎にボタンを設置することで機会損失することなく、行動を誘導することができます。 ・デザインは、分かりやすいか?安心感を与えるものか?    最後の仕上げとして、重要になるのがデザインの制作です。これまでの2つのポイントを押さえていても、デザインがイマイチだと効果的ではありません。ユーザーに分かりやすく伝えられているか?誤解を与えるデザインではないか?などのポイントが重要になってきます。  写真は商品であれば、全体像と詳細を押さえ、サービスであれば信頼感を与えるイメージ素材がいいでしょう。  全体的なデザインは、ボタンは目立つか?ユーザーは使いやすいか?などのポイントを押さえることが重要です。
タイトル
ランディングページ制作にはターゲット層を明確に

インターネットによる取引が年々、急増しています。 パソコンやスマートフォンからのネットショップのサイトを開いて、自分の欲しい商品を見つけて注文する。 このような利用シーンは、私達の周りでも多くの人が経験していることでしょう。 この時に、重要な役割を担ってくれるのが、ランディングページです。 ランディングページのデザイン制作を手がける業者の間では、LPとも呼ばれています。 このページ(LP)は、人がインターネットで商品サイトに訪れた時に、商品の紹介~購入手続きまでを担当します。 しかし、最近のネットショッピングのオーダー形態は、パソコンやスマートフォンの2つの方式があるので、各々のツールに合わせた画面のデザイン制作を考慮しなければなりません。 ランディングページの効果的な構成は、今までの経験値がある程度のレイアウトは決まっている節があります。 ページの導入パートでは、ネット滞在時間が短い傾向を払拭させるために、目立つキャッチコピーや写真を配置しています。 続くパートでは、商品の利用効果、メリットが記載されることになります。 次には、商品の信頼性を高めることを目的に、利用者や購入者の意見や体験談を明記することもあります。 そして、客観的な数値データを明示することで、より高い信頼性を加えることもなるでしょう。 そのような流れをふまえて、最終的には注文手続きへとエスコートしていきます。 これらの一連の流れをランディングページでは、行うことになります。 しかし、ここで大切ことは、誰に向かって発信しているページなのかを明確にしておくことです。 言い換えると、ターゲット層を明確にできているページなのかどうかということです。 どんなに選りすぐられた商品であっても、ターゲット層が明確になっていないと、せっかくこのページに訪れた人が関心のない人なのであれば、元の木阿弥となってしまいます。 したがって、ランディングページでは、ターゲット層となる年代、性別はもとより、悩みや課題を抱えている人に対して、具体的な事象を明記しておくことも必要なのだと考えられるのです。 ランディングページは、大元のホームベージから流れてくる人に対して購入意思を固めさせる最終ページと位置付けられています。 しかし、場合によっては、検索エンジンの結果表示に基づき、直接、このページに訪れてくる人も少なくありません。 どのようなアクセスルートから訪れても、このベージが誰に向かって、何を発進しているのかを、一目で理解できるような作りも配慮することが大事です。
タイトル
アクセシビリティーとユーザビリティを考えたサイト構築を考える

ランディングページは多くの方にとって大変重要な事となります。いかにして素敵なページを作って最適なコンバージョンやアクセスを稼ぐかはブログや自分のサイト等を自力で運営する方にとっても大変重要な事となります。ランディングページをいかにして素敵なページとするかはサイトを運営する方にとっては極めて重要な問題となります。グーグルが以前にも増してサイトの中身を強く意識する中でコンテンツイズキングという考え方はどんどん増えて行きます。中身の質や違反の少ないサイト運営を行っていく事を考える方は必ずやこのようなサイト運営を意識していかなければなりません。自分らしいサイト運営を行っていく中でこのようなユーザーい配慮したサイトを作る事をアクセシビリティーやユーザビリティといいます。自分が何かの目的を持ってサイトを訪問した際に、やたらに意味のわからない広告等が邪魔と感じる事も多いのではないでしょうか。ランディングページを作る際は極力このような広告を廃して多くの来訪者が次のステップに進みやすいようなサイト構成を考える必要があるのです。制作の際にきちんとしたデザインを意識したサイトを作る事はとても重要な事となります。LPは多くの方にとって大変重要な事となります。ここでサイト全体の第1印象が決まりますので、効果的なサイト運営を考える際にはまずはこの部分をいかにして堅固なものとするかは大変重要な事となるのです。いかにして素敵なサイト運営を行っていけるかどうかはこの部分をいかにして作り込んでいるかが試されるのです。ランディングページにきちんとしたユーザビリティやアクセシビリティーを考えているサイトであるならば誰でも自分らしいサイトをどんどん作っていく事が可能となるのです。デザインはシンプルでわかりやすくフッターやサイドバー等を適宜必要な分だけ盛り込んだページ構成で作る事が必要な条件となります。自分のサイトをいかにしてシンプルでクオリティーの高いサイトとするかは自分自身の腕で決まってきます。インターネットの世界は世界中から多くの方が来訪してきます。しかし、彼らのITリテラシーは千差万別ですので、一定のレベルのユーザーを意識したコアなサイトを作るのではなく多くの方が満足できるサイトを作っていく事が大変重要な事となります。自分らしいサイトをいかにそいて作っていけるかどうかはこのような方法にかかっています。素敵なサイト構築をいかにして行っていけるかどうかはとても重要な事となりますので、LPの制作の際はその点を強く意識する必要があるのです。
タイトル
ランディングページでは商品を買ってほしい気持ちを抑えて

ランディングページを制作するときには、あるポイントを抑えておいた方が良いです。それは買ってほしい気持ちを出しすぎないということです。もちろん、ランディングページを作っている側からすれば商品を買ってほしいと思っているのは当たり前なのですが、そういった気持ちを全面に出しすぎると、消費者から見て好ましくない感情が生まれるのです。ランディングページ以外の例で言うと、例えばしつこい勧誘とかは多くの人が嫌うと思うのです。自分で選んだ欲しいもののみを買うという選択権がない状況は、消費者を遠ざけてしまう可能性が高くなります。つまり、この商品を買わないと損とか、今すぐ買わないといけないとか、絶対に購入してくださいというような文章を載せてしまうと、逆効果になる可能性もあるということです。実際の勧誘と違って、文章だとそこまでのしつこさを体感することはないでしょうけど、あまりにプッシュしてくるような感じのランディングページを制作してしまうと、それは売り上げにつながりづらい傾向があるとも言えるのです。これはアフィリエイトなどでも同様なのですが、広告を載せている側はどうしても訪問者に対して、商品を買ってもらったり、会員登録をしてもらったりしてほしいということで、そういう気持ちを実際に文章に書いてしまうことがあるのですが、商品購入や会員登録などの行動は、自身にとってメリットがあると思ったときにやることであり、押し付けられてやるわけではないです。実際、そういう押し付けみたいな雰囲気を少しでも感じてしまうと、普通に考えたらそういった行動に導くことは不可能でしょう。したがって、どうするべきか?というと、あくまでも選択権はあなたにあるということを明示して、広告を載せる側がすべきことは訪問者にとって有益だろうと思える情報を載せるのみです。それで本来は十分効果が出ることがあります。例えば、必要な情報を提示した上で、最後に「もし宜しければ検討してみてください」といった文章を載せておくと、押し付け感が出ずに、あくまでも購入するか?しないか?はあなたに決定権があるというニュアンスが生まれますから、見ている人の印象を害さないのです。そういったところをLPをデザインするときにも実践していってほしいと思います。LPを作っている側は間違いなく商品の購入をしてほしい気持ちが存分にあるはずですが、それを出し過ぎないように、我慢しながら、消費者の心理面も考慮することをLPをデザインしていくとには注意をしていくと良いのではないでしょうか?

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.