上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
商品を買ってもらうためのランディングページとは!?

ランディングページとは、ネットでキーワードを検索して一番始めにたどり着くページのことです。 WEB制作をしている人以外には馴染みのない言葉かも知れませんが、「ランディング」とは着地を表す言葉ですので、ユーザーの着地ページと考えると分かりやすいですよね。 ランディングページは「LP」と訳され、資料請求や商品の購入ページなどに多く使われています。 そしてランディングページのデザインには大きな特徴があります。それは、上から下まで長い1枚のページだということ。ユーザーはずっと同じページをスクロールをすることで、その商品についての情報を一気に取ることができるのです。 これには理由があります。例えば「ニキビ」というキーワードでLPにやって来たユーザーがいます。この場合、その人はニキビを治したくて情報を検索をしているということですよね。 しかしせっかくたどり着いたニキビケアの商品ページにたくさんのリンク先が貼られており、「続きはこちら」というタブが多くあったとしたら、どうなるでしょうか。 ユーザーが少しでも面倒だと思ったら、リンク先には飛びません。そのページからすぐに離れてもっと見やすいページでニキビケア用品を買ってしまうでしょう。 特に今は、スマホを使って情報を取る人が増えています。そのため片手で簡単に操作ができないと、商品ページを最後まで見てもらうことができないのです。 しかしランディングページなら、ずっとスクロールしていくだけでニキビのできるメカニズム、商品の説明、口コミ、購入ボタンまで一気に見ることができます。 そしてユーザーがその情報に納得すれば、購入ボタンを押してくれることになるでしょう。 ランディングページにはデザイン上、その商品以外の情報は載っていません。会社側としては自社の他の商品もアピールしたくなりますが、ここでユーザーを混乱させてしまってはいけません。 とにかくピンポイントで購入への流れを作り、最終的には「購入するかどうか」という2択の選択を迫る仕組みになっているのです。 そのため、ランディングページを制作する際には分かりやすいキャッチコピー、キレイな写真、ユーザーの疑問に答える文章など、購入意欲をそそり決断をしてもらうための材料が必要になってきます。 ネットで買い物をすることが当たり前になった時代ですので、ライバルよりもいいランディングページを作ることが売り上げアップに繋がります。そのような視点でネットを見ると、いろいろなことに気付きますよ!
タイトル
ランディングページがWEBマーケティングの基礎です

ランディングページとは普段、インターネットに関連するビジネスを行う方ならば当然のように聞く単語ですが、普段それ以外の仕事を行う方には聞き慣れない言葉かも知れません。インターネットで自分のビジネスを行う方がどんどん増えている中でいかにして素敵なサイトを構築していけるかどうかは大変重要な問題となるのです。いかにして素敵な体験をインターネットで行なっていけるかどうかは大変重要な問題となるのです。自分らしい素敵な人生をネットビジネスで行っていく事は大変重要な事となるのです。自分のサイトを商業用にカスタマイズを行って素敵なサイトを作っていく事は大変重要な事となるのです。LPは多くの方がインターネットビジネスを行っていく上で大変重要なサイトとなるのです。ランディングページは多くのサイト運営者にとっても大変重要なサイトとなる事は間違いありません。いかにして素敵なサイトを作って多くのコンバージョンを得るかは大変重要な事となるのです。制作に際にどのような点に配慮を行って素敵なページを作成していけば良いかはとても重要な事となるのです。いかにして多くのコンバージョン等を集めるかは大変重要なサイト運営上の法則となります。自分のページのアクセス数が伸びないと考える方は是非、このようなランディングページの改善を行っていく事で素敵なページを自分なりに作っていく事を行っていく事を考えてはいかがでしょうか。素敵なページを自分なりに作っていく事は大変重要な事となります。アクセス数を増やすにはいかにして自分のページを適切なサイトとして運用を行って行けるかどうかを考える事がとても重要なこととなります。集客を集める為にはこのランディングページをいかに魅力的なページに変化させるかが大変重要な考え方となるのです。デザインを意識したサイトを作っていく事でより素敵なサイト運営を行っていく事が可能となるのです。LPのクオリティーを上げる事でより素敵なサイト運営をどんどん楽しんでいく事が可能となります。いかにしてユーザーが求めている内容をこのページに盛り込んでいくかを考える事でより素敵な人生をいかにして過ごすかを考える事が可能となるのです。素敵なページを自分で作るという事は自分のページに対して愛を持つという事です。自分のページが多くの方に愛されるページとなるように自分で最善の努力を行っていく事が極めて重要な事となるのです。デザインを意識したページの制作が大変重要な事となるのです。
タイトル
キャッチコピーとリアル画像を構えたランディングページ

人はいきなり強烈なファーストインプレッションが目の前に広がると、そのイメージが脳裏に鮮明に刻み込まれると言われています。 初めて会う人でも、第一印象で好き嫌いが決まってしまうことが、少なくありません。 これはインターネットの世界でも、同じことが言えるケースが多いのです。 この数年、多くの人の購買方法の手段として、インターネットによるオーダー、決済を利用するようになってきました。 ネットショッピングが、これに当てはまりますが、 この時に、大いに参考になるのが、ランディングページです。 このページは、サイトやボーッページをデザイン制作している業界側では、略してLPと呼んでいますが、インターネットによるショッピングでとても重要な位置を占めていると認識されています。 と言うのも、人が商品をインターネットで購入する時には、まず、検索エンジンで買いたい物を調べることから始まります。 検索結果に表示されたサイトをアクセスしたり、結果に連動して表示されるリスティング広告から、サイトに訪れるケースがあります。 アクセスした結果、画面に現れてくるのが、このランディングページ(LP)なのです。 ランディングページは、訪れた人に買いたい商品についての機能や特徴を説明して、最終的にネット注文までエスコートする役目を持っています。 したがって、このページではしっかりとページ訪問者を、顧客に変えていかなければなりません。 そのために、ランディングページを制作するためのデザイン構成には心血を注ぐことが大事なのです。 ここで意識しておかなければならない点は、いかにページに長い時間、滞在させておくかということです。 一般的にサイトに訪れる人は、滞在時間が短いとされています。 関心のないサイトや見づらいページだと、すぐ他のサイトに移って行ってしまう恐れがあるのです。 このようなことから、ランディングページでは、訪れた人を長く滞在させるかが、重要なポイントになるのです。 ここで意識すべき点は冒頭で述べたファーストインプレッションなのです。 このページにアクセスした時に、見る人の脳裏に強烈なインパクトを与える必要があります。 そのために、よく用いられる手法がキャッチコピーです。 キャッチコピーは掲載されている商品の特徴を一言で印象づける役目があります。 「1日10分のトレーニングだけで腹筋を割れる!」 これは、ある腹筋トレーニングマシンを想定したキャッチコピーです。 これに合わせて、ムキムキで引き締まって割れている腹筋の写真がセットでページの冒頭に掲載されているとすれば、見る人はこのページに釘付けとなるでしょう。 このようにランディングページでは、ページの最上段にキャッチコピーと連動した写真で、強烈なインパクトを与えることが、肝心なのです。
タイトル
ランディングページのきほんてきな流行を理解する

インターネットを使うビジネスが非常に増えてきています。 その中で、私達の身近な利用として思い浮かんでくるのは、ネットショッピングがあります。 手軽にスピーディーに購入するとことができることから、利用者の数はうなぎのぼりと言っても過言ではないのではと思われます。 一方で、商品を販売する側としては、商品をPRする方法がホームページなどの媒体に限られますので、サイトを充実させることが、重要になってきます。 この役目を果たすのが、ランディングページ(LP)です。 ランディングページ(LP)のデザイン制作においては、基本的な流れを理解しておく必要があります。それを知っておかないと効果的なページとして機能しないからです。 まずは、ファーストヒューと呼ばれる入り口部分です。ネットの世界では、サイト滞在時間が数秒と言われています。 ランディングページ全てを読んで商品を購入してもらうためには、まず、このファーストビューのパートで足留めをさせておかねばなりません。 商品のキャッチコピー、そして、購買意欲を高めさせるような写真を配置して第一印象をよくさせることが大事です。 次のパートでは、商品の利用効果を示すことです。顧客となる人が、何故、その商品に関心があるのか?買いたいと思うのか? そのようなことを念頭に置きながら、商品を利用した時の恩恵や効果を具体的にイメージできる説明を記載するのです。 そうすることによって、商品を購入する動機がハッキリと自覚してくれることになります。 その後に利用効果を具体的に証明できるデータをん明示できれば、より一層、説得性の高いページとなるでしょう。 次に盛り込みたいパートは利用者の声です。 インターネットでのショッピングでは、実際に手に取りながら検討することができません。 ここで、すでに利用している人のコメントを記載できたなら、客観的な判断が可能になってくるのです。 ここまで来ると、サイトを訪れた人もかなり購買意欲が高くなっているはずです。 もし、可能であれば、雑誌や新聞、あるいは他のメディアから引用できる情報を記載することです。 そうすることで、ますます商品の接特性を高めることにはなります。 そして、クロージングとして、商品の購入手続きの部分に入ります。 このように、ランディングページの制作に当たっては、基本的なデザインの構成があります。  基本的な流れを踏襲しつつ、取り扱う商品の特性や性能により、付け加える情報や項目も出てくることもありますが、共通して言えることは、見やすく分かりやすい構成にすることが、効果的なページとなってくると考えられます。
タイトル
買ってもらえるランディングページには、視覚効果が大切!

ランディングページとは、商品の説明を1ページに凝縮させて購入を促すページです。 商品の購入や資料の請求をその場で決めてもらうためのページなので、ユーザーに迷いを与えてはいけません。 そのため売れるページを作れることが、WEB制作を仕事にする人にとっては生命線でもあります。 その中でも特に気を付けたいのは、魅力的な写真を使うこと。ユーザーはまずは視覚でそのページを読むかどうかを決めますから、パッと目に入るビジュアルデザインに力を注ぐ必要があります。 商品の写真も、スマホで撮ったようなものよりもプロがきちんと撮影・加工した写真を使うようにしましょう。 またランディングページは長いページなので、同じような写真を何度も使ってしまいがちです。しかしなるべくいろいろなアングルの、情報量の多い写真を用意したいですね。 特に女性向けの商品なら「キレイになれた」などのイメージを喚起させる写真も必要ですし、パッケージのかわいらしさも購入のポイントとなるでしょう。 男性向けの場合は、スペックや機能がしっかりわかる写真を使うことで欲しい気持ちを呼び起こさせることが可能です。 その商品が手元にあったらこうなる!という具体的なイメージを持ってもらうためにも、ランディングページにとっての写真はとても重要な素材なのです。 またデザインとしては、色の使い方にも気を付けましょう。例えばビタミンCのサプリを買って欲しいのに、グレーと白を基調としたLPを作ってしまったら・・・ どんなにおしゃれでセンスのあるデザインであっても、売れるはずはありません。 ビタミンCの入った商品を「欲しい」と思わせて、その場で購入ボタンを押してもらうにはやはり「黄色」「オレンジ」などの色を使う方が良いですよね。 また健康志向のある人に決めてもらうためにも、グリーンなどのナチュラルイメージが強いデザインにするべきでしょう。 逆に赤ワインを買って欲しい時には、ラグジュアリーで高品質なイメージのページにします。このワインがあれば上質な夜のひと時が過ごせますよ、ということを徹底的にアピールし、生産地やグレードなどを分かりやすく盛り込んだテキストも配置します。 このように、キーワードからランディングページにたまたまやって来た消費者の購買意欲を喚起し、イメージに合った視覚効果を徹底的に盛り込んだものが、良いランディングページと言えるでしょう。 制作側の思いより、いかに売るかということを考え、効果的なLPを作れるようになりましょう。
タイトル
リアルなデータとメリットを表記したランディングページがいい

インターネットでふと、サイトを眺めていると思わず購入ボタンをクリックしてしまったという経験を持っている人もいるのではないかと思います。 他人から見れば、""衝動買い""と言われそうなのですが、 「いや、まさにこれが欲しかったんだ。」 と言わんばかりです。 サイトの中でも、商品を上手に説明しているページだとそんな気持になっても仕方がないかもしれません。 もちろん、初めはそんな気がなかったとしてもです。 インターネットでは、ランディングページ(LP)というきページがあります。 このランディングページ(LP)は、商品を分かりやすく説明をして、見る人に購入意欲を高めさせる目的でデザイン制作されています。 この数年、ネットショッピングによる買い物の機会が増えています。 このような動きに合わせて、商品を売るネットのオーナーや販売業者は、インターネット上で、いかに、多くの人を自分のサイトに招くか、そして訪れた人を確実に顧客になってもらえるように、商品サイトの最終ページであるランディングページのデザイン制作に力を注いでいるのです。 このページで購入意欲を高めてもらうためには、いくつかのテクニックがあります。 その中でも取り分け重要視されているのが、相手に与えるのでメリットの表記です。 人が商品を買う目的や動機は、多岐に渡ります。 しかし、共通して言えることは、購入後、何かのメリット我なければ買うことはまずないでしょう。 そのために、このページでは商品そのもの機能や性能を説明することも必要なのですが、使う湖都でのメリットが一番、関心を高めることになるのです。 この項目をキチンと押さえることが、相手への共感をも呼ぶことになってきます。 しかも、メリットは具体的な指標があれば、より説得性の高いものとなります。 例えば、ダイエット食品であれば、 「1日3粒飲むことで半年間で10Kg痩せられる。」 少しオーバーな表現ですが、リアルな数字があれば、かなりの説得性を帯びてきます。 このようなデータに基づく説明文がランディングページでは、とても効果のある表現なのです。 売れている商品の説明ページを見ていると、具体的な数値データを元に、イメージできそうな表現でメリットを打ち出しているケースが多いのです。 実際に商品を手に取ってみることができないためにランディングページでの分かりやすくイメージができる内容作りが重要になってくるのです。 これによりネットショッピングでの販売も大きく変わってくるのです。
タイトル
ランディングページで自分のサイトのクオリティを上げる

ランディングページは多くの方にとってとても重要な要因となります。いかにして多くの素敵なサイトを作っていけるかで自分のビジネスの幅は大きく変わってくるのです。ランディングページは多くの方がサイトを作る際にまずは考えていかなければならない大変重要な問題となります。購買を増やしていくにはいかにして有効なコンバージョンを作るかで大きく変わっていくので、その点を考えていかに素敵なコンバージョンを増やす事を考えるかはこのLPと呼ばれるランディングページの出来栄えが大きく変わってきます。顧客の立場からするといかにして多くの有益な情報から自分の人生に必要な情報を見つけるかはとても重要な事です。時間管理が大変重要な事はビジネスでもプライベートでも大変大きな意味を持つ事なのです。このようなサイト運営をいかにして行っていけるかはインターネット広告とも大きく関係しくるのです。リスティング広告等のインターネット広告は多くの方にとって大変重要な手段となります。このような広告をいかにして適切に使っていけるかはとても重要な企業や個人サイト運営者の今後のプロモーション戦略となるのです。広告をクリックする事で直後に商品購入ページ等に遷移を行っていけるという事は大変重要な要因となります。いかにして自分のサイトを人気サイトとするかはこのような方法と大きく関係しくるのです。デザイン等に関しても大変高い配慮を行っていく必要があります。いかにして多くのサイトを作っても顧客の導線やユーザビリティに対する配慮がなされていないサイトには多くの方の同意や大きな購買に結びつく要素は極めて少ないのが現状です。いかにして素敵なランディングページを作るかはこのような高い意識や配慮が大変重要な事となります。普段からボタン配置や、文字サイズ、色使い等の基本的な要因に高い配慮や関心をきちんと持つ事で素敵なページを作る事が可能となるのです。いかにして自分らしいサイトを運営するかで多くの方にとって大変重要な事が自分で行えるのです。LP制作の際はいかにしてデザインをシンプルでスピーディーな商品購入に結びつけるかは極めて重要な問題となるので、このような観点から素敵なサイトをどんどん自分で作るように心がけていきましょう。試行錯誤は当然発生しますが、それを繰り返す事でより多くの素敵なサイト運営を行っていけるのです。是非、素敵なサイトを自分で作っていく事を考えてはいかがでしょうか。制作をいかにして行なうかはその人なりの個性で決まってきます。
タイトル
ランディングページの上端にビジュアル的なデータを据える

インターネットが普及してからの、多くの人が色々な使い方をするようになってきました。 それだけインターネットの利用の幅が広かっているとですが、その1つにネットショッピングが挙げられます。 自分の欲しい物を、手元にあるスマートフォンで見て、簡単な購入手続きでオーダーができてしまうので、このようなニーズはますます増えてくると考えられています。 一方で、購入される商品は全てインターネット上の画面で決済されるために、商品の説明はサイトのページで完結させなければなりません。 その時に必要になるのが、ランディングページ(LP)なのです。 普通、商品を購入しようと思うと、まず検索エンジン等で、商品を検索して調べる所から始めます。 ヒットしたサイトは、メーカーや取扱店であるネットショップのポータルサイトのケースもありますが、ランディングページ(LP)は、サイトの最下層と呼ばれる位置で、商品の説明から購入手続きでまでを行うことになります。 このページに辿り着いた人に購入の気持ちを高めてもらえるように、ランディングページでは色々な工夫を凝らして、ページのデザイン制作が行われます。 したがって、ページのレイアウトや見やすさが、とても充用になってくるのです。 しかし、最近のネットショッピングの利用形態は大半がスマートフォンからのオーダーです。 スマートフォンの場合は、とても画面が小さいために、ページ画面のデザイン制作には、見やすさや分かりやすさが追求されてきます。 このような点を押さえながら、画面設計を考えていく必要があるのです。 スマートフォンを意識したランディングページで優先的に考えなければならないことは、""見やすさ""です。 詳しい情報商品の説明をしたいために、商品の説明文の文字数が多くなると、それだけで見づらくなってしまいます。 したがって、説明文はキャッチコピー集的な表現やキーワードを入れ込むことを念頭に置かなければなりません。 そして、次に設定すべきことは、ビジュアル的なデータを表示させることです。 商品を実際に見て触って検討することができません。 したがって、ランディングページでは、写真や動画などを用いながら、臨場感溢れるプレゼンを行うのです。 また、視覚的な表現は、キャッチコピーにも勝るとも劣らない説得性を持っているために、ランディングページの上段部分に設定しておくことで、ベージ後半部分の説明パートにつなげていくことができて、最終的に購入手続きに結びつけることができるのです。 このようにページの入り口のパートでビジュアル的なデータを記載することは、大きな効果を持つのです。
タイトル
ネットビジネスにおけるランディングページの重要性

ランディングページは多くのネットビジネスを行なう方にとっても大変重要な要員となるのです。いかにして多くのビジネスを行っていけるかどうかは大変重要な方法となるので、自分らしいビジネスを行なう事を真剣い考えて効率的ネットビジネスの運営を行っていく事を真剣に考えていきましょう。普段から自分らしいビジネスを行っていくことは大変重要な問題となります。自分らしいビジネスモデルをいかにして確立するかは多くの方にとっても大変重要な事ですがランディングページは多くのサイト運営者にとっても大変重要な要因となります。LPの制作においては多くの方が苦慮しています。いかにして最終的なコンバージョンまで多くのユーザーを誘導するかがこのようなページにおいては大変重要な問題となります。特にネットショップにおいて物販等を行なう方にとっては大変重要な意味を持つのがこのようなLPなのです。いかにして無理と無駄なく多くのページを作っていけるかどうかはとても重要な問題となります。普段から自分のページを定期的にカスタマイズを行っていく事が大変重要な事となります。自分のページを作る事はとても重要な事です。デザインの段階から多くのフックとなるような要素をページ内に潜ませる事でより多くの工夫が可能となります。いかにして最終的な購買まで多くのユーザーを誘導するかは大変重要な事となります。普段の自分の人生においてサイトビジネスを行っていくかを考える事は大変重要な事となります。ランディングページはリスティング広告とも大変深い関係がありますので、そのような点からしても自分らしいページをどんどん作っていく事に大きな労力を費やしていく中で、デザインをシンプルにしたページ制作をどんどん行っていきましょう。より多くのページ制作を行っていく中で素敵なページ制作は大変重要な事となるのです。購買に結びつく事をネットビジネスの世界ではコンバージョンと言います。このようなコンッバージョンを意識したページ制作は多くの方にとっても大変重要な要因となります。自分らしいページ制作を考える事で大変素敵なページ運営をどんどん行っていく事が可能となるのです。いかにして多くの方にわかりやすいページを作ってスムーズな購買に結びつけるかはこのようなランディングページを有効に制作する事が極めて重要なポイントとなるのです。自分のサイト運営を円滑に行っていく事で少しでも多くのユーザーから愛されるサイトを作ってみてはいかがでしょうか。
タイトル
コンバージョンを意識したランディングページを作るには

ランディングページは多くの方いとって大変重要な要因となります。自分の好きなページをビジネスに用い転用を行っていく事でより素敵な時間をオンラインビジネスで楽しんでいく事が可能となるのです。ネットショップ等で運用を考える方はやはりこのようなオンラインでのきちんとしたサイト構築が大変重要な事となるのです。いかにして無理と無駄なく素敵なサイト構成を考えて効果的なアクセスやコンバージョンを意識したサイト運営を行っていけるかどうかは大変重要な事となるのです。ランディングページをいかにして有効に作っていけるかどうかはとても重要な事となるのです。デザインを意識したサイト運営を行っていく事でLP自体の質が高まり、多くの方が満足できるサイトを作っていく事が可能となるのです。コンバージョンは多くのサイト運営者が一番気にする内容なのではないのでしょうか。サイト訪問者の最終的な購買に密接に関連しているので、このような数値をきちんと把握する事でより効果的なサイト運営を行っていく事が可能となります。デザイン等をきちんと考える事でいかにしてシンプルな画面構成で多くの方を満足させる流れで商品の購入まで持っていけるかどうかはとても重要な事となります。自分らしいサイト運営を考える事はとても重要な事ですが、あくまでユーザー目線をきちんと意識したサイト運営が大変重要な事となるのです。ランディングページはサイトを訪問する方がまずは最初に見るページです。このようなページをいかにして有効に活用するかはとても重要な事となるのです。ランディングページをコンパクトにまとめて商品紹介欄等のコメント書き等もシンプルにする事でより多くの素敵なサイト構築を楽しんでいく事が可能となるのです。サイト運営には大変多くの素敵な要因がありますが、まずは誰もが自分の欲する情報にきちんとアクセスできるサイトを考えて作っていく事が大変重要な事となります。いかにして自分らしいサイトを構築するかは大変重要な問題となります。色合等もユーザビリティの観点からすると大変重要な要素となります。目に優しく万人受けの良い柔らかい風合いのサイトからは多くの方が良い印象を持ちます。サイト構築は一筋縄には行かない面も大変多いのですが、粘り強く根気よく行っていく事でより確かな楽しみを満喫する事が十分に可能となってくるのです。是非素敵なランディングページを作って素晴らしい時間を過ごす事を考えていきましょう。LP の制作段階でいかにしてLPから最短効率で目的を達成できるようなページ制作が大変重要な課題となります。
タイトル
ランディングページのデザインで気をつけたい文字の色

ランディングページを作るときには全体のデザインをどうしていくか?ということがとても重要です。見栄えというのは、無意識のうちに購入意欲にも反映して、結果コンバージョン率にも大きな影響を与えている可能性があるからです。では、ランディングページを制作するときに気をつけないといけないデザインのポイントとはどこになるでしょうか?これはかなり根本的な部分になりますけど、文字の色です。文字の色がどうなっているか?で、読み手の印象が全然違いますから。したがって、どういう色を使っていくか?どういう色を使い分けていくか?というのは、ランディングページを作る上ではきちんと考えていかないといけないのです。では、ランディングページにおいて考えないといけない文字の色の注意点とは何でしょうか?それは第一に見やすい色ということです。色はいろいろなものがありますけど、ランディングページでは、基本的には文字を読むことが大半になりますから、見る人から見て負担がかかるというか、見づらい色は避けたほうが良いのです。例えば黄色とかはちょっと目がチカチカする印象で、読みづらい傾向にあるのではないでしょうか?強調したい部分や大切な部分は色を変えることもあると思いますけど、そういうときには見やすい色を使うと良いです。例えば赤などは見る人からしても負担の少ない色ということが言えると思います。あとは背景の色との組み合わせ次第ということもあります。ランディングページの背景が何色か?によって見やすい色、見づらい色というのもまた変わってきますから。だから、特定の色が見づらいということに加えて、背景との組み合わせによって見づらくなる色もあるというのは知っておかないといけないでしょう。ユーザービリティという部分にも考慮して、見やすいランディングページを目指していくと良いと思います。あと、文字の色ということでいうと、いろいろな色を使いすぎるのも問題だと思います。何色も使い分けていくというのも、目がチカチカしやすい、見づらい原因を生む可能性があるからです。したがって、LPで使用する文字の色はできるだけ増やさないように、適宜色を変えていくのは良いですが、むやみに何色も使わない方が良いと思います。LPを制作するときには、ストレスを感じないデザインにしていく必要があります。印象を害さない、最後まで読みたいと思えるものに仕上げていければ、自然と売り上げも上がっていくのではないでしょうか?
タイトル
ランディングページでの説明センテンスの書き方

インターネットの利用が、私達の身近なものになって、とても便利になりました。 インターネットが普及し始めた時でも、画期的なものだとして、驚きと歓喜で迎えられたはずですが、今では、よりハイレベルな使い方となっています。 しかも、スマートフォンやタブレット端末を使うようになってから、さらにインターネットは欠かすことのできない存在となっています。 身近な使い方の1つに、ネットショッピングがあります。 わざわざ、お店に足を運ばなくても、すぐに欲しいものが購入できるからです。 ネットショッピングでは、サイトで商品を説明しなければなりませんが、こごで重要になってくるのが、ランディングページ(略してLP)と呼ばれるベージないのです。 ランディングページ(LP)の内容如何で、商品の売れ行きが大きく左右されてしまうと言っても過言ではありません。 それ故に、ページを制作する上で、どのようなデザインにするかが、とても大事なのです。 しかし、最近のインターネット利用では、スマートフォンの利用率が高くなっており、ランディングページの制作でも、注意しなければならないことがあります。 それは、スマートフォンで表示できるスペースに限りがあることです。 デザインが良ければ商品が売れるということでは、済まされなくなっている面も否定できません。 見栄えを良くすることは当然なのですが、理解しやすいページにしなければならないのです。 ここで一番、肝心なことは説明文のセンテンスを簡潔明瞭にすることです。 センテンスというよりは、キーワードをを表記するくらいの掲載にすることが、見る人へ刷り込みさせるポイントになるのです。 商品を説明するプロのプレゼンターが、よく使う手法は、商品の特徴を3点に絞り説明することです。 これをランディングページでも、応用するわけです。 スマートフォンの小さな画面では、説明文が多すぎると、文字が細かくよく見えなくなります。 購入するためにサイトに訪れた人も、見にくいことかから、すぐに立ち去ってしまうことにもなりかねません。 したがって、スマートフォンの画面を意識したランディングページでは、キーワードレベルの説明でページを構成させることが重要になってくるのです。 但し、大項目3つのキーワードで表記した後には、細く説明文を付け加えることはいいでしょう。大事なのことは、見る人の脳裏に商品の特徴を焼き付けることです。 それができて初めて、購入のための意志が強くなってくるのです。
タイトル
ネットショップで自分の売上を上げる為のランディングページ

ランディングページは多くの方にとって大変重要なページとなる事は多くの方が十分に理解しているのではないのでしょうか。自分らしいページを作成する事でより多くの経済的なメリットを得る事が可能となるのです。いかにして多くの素敵なページをt食っていけるかどうかは多くの方にとっても大変重要な事となるので、その点を十分に考えて素敵なページ作成を十分に考えていきましょう。素敵なページ作成を考える時に商品の制作とランディングページを上手にリンクさせる事でより多くの事を行っていく事も十分に可能となるのです。ランディングページは多くのサイトにとって最終的な購買に結びつく場合が多いので、コンバージョンを高める為のサイト運営の為には必ずこのようなページに十分な力を入れてサイトを運営する事がとても重要な事となります。ランディングページこだわりを持ってきちんと制作を行う事で最終的なユーザーからのレスポンスも大きく変わってきます。いかにして多くの購買を得るかを考える際には必ずランディングページに対するクリック数を十分に意識する必要があるのです。ランディングページは多くのサイトにとって大変重要なページとなりますがLPをリスティング広告と絡めて多くの広告に関する効果を期待する事も大切な戦略となってきます。自分のサイト運営をいかにして円滑に行っていけるかどうかは多くの方にとっても大変重要な戦略となるはずです。リスティング広告で作ったページをそのままライディングページとリンクさせる事でよりスムーズな購買へと顧客を誘導する事も可能となるのです。自分の好きなページをいかにして上手に使うかで多くの集客を得る事が可能となるのです。多くのサイトの中からいかにして自分らしいサイトを作成して多くの収益を得るかはとても重要な事となります。より多くのサイトを運営する中で素晴らしいサイトを自分で作っていく事で素敵な時間を存分に楽しんでいく事が可能となるのです。LPの制作は他のページとは異なり、必要最低限な情報をいかにして盛り込んで最低限の情報を上手く盛り込んでいけるかどうかが大変重要な問題となるのです。より多くの素敵なサイトを運営する事で素敵な時間を提供してくれます。素晴らしいサイトをいかにして運営するかは多くの方にとってとても重要な事となります。素晴らしいサイト運営を適切に行っていき大きな収益を上げる事は大変重要な事となるのです。素敵なサイト運営を行う事でより多くの素敵な自分らしい人生を楽しんでいく事を考えていきましょう。デザインを意識したサイト運営は大変重要な事となりますので、自分らしいサイト運営やデザインの優れたサイトを作っていきましょう。
タイトル
リスティングと親和性の高いランディングページとは

LP(ランディングページ)は、リスティング広告との親和性の高さが成果獲得率を左右します。 今回はいかにリスティング広告とランディングページの親和性を高めていくかをお伝えしたいと思います。 まず大切なのは「広告文との親和性」です。リスティング広告で配信している広告文と、LPのコンテンツが違っていればユーザーは”あの文章(広告文)を見てクリックしたのに、内容が全然違うじゃないか”と思い、すぐにページから離脱してしまいます。重要なのは広告文とランディングページの内容をいかに近づけていくかということです。 例えば化粧水を販売している会社が、”ニキビケアにぴったりの大人気化粧水!”という広告で出稿していたとします。ニキビに悩む女子高校生がその広告をクリックしてランディングページにたどり着いたとき、そのコンテンツが”しわに悩むあなたにピッタリの大人気化粧水!”となっていたらどう思うでしょうか。容易に想像はつくと思います。 ランディングページはそれ単体では機能しません。いかに広告文との親和性を持たせたものを制作しながらも、商材やサービスの売りを強力に押し出せるかが重要なのです。 しかしすべての広告文に合わせてLPをデザインするわけにはいかないのが現状です。そんな時におすすめなのが、出稿している広告文やキーワード等に合わせて、LPの指定した箇所だけコンテンツが変わるといったシステム「LPO(ランディングページ最適化)」です。そのシステムを導入すれば、よりユーザー一人一人に合わせたLPを配信することができ、CVR(成果獲得率)の向上も期待できます。 LPOは国内でも様々な企業が提供しており、費用はかかるものの結果的にCVRが改善されることも多く、デザインを変更することが容易なためデザイン・制作費を抑える上でも非常に魅力的なシステムです。 キーワードや広告文、検索した地域など、ユーザー一人一人に対してセグメントを行い、細かい配信ができれば成果の向上はもうすぐそこです。 ただし、最近ではGoogleのSSL化の影響が出てきているため、キーワードごとにコンテンツを変更することが難しくなってきているのも現状です。それを補うために、最近では流入経路やユーザー属性、行動ステータスなどを調べたうえで最適なコンテンツを配信することもできるようになってきています。 まずはこのLPOを導入し、CVRの改善を図ってみてはいかがでしょうか。
タイトル
ランディングページでは申し込みからのプロセスを明記すべき

ランディングページの制作をするときに、特にコンサル系の場合には使ってもらいたい手法があるのです。売るのが商品ではなく、サービスである場合もあると思いますけど、そういったジャンルのランディングページを作っていくときには、サービスを受けていくときの利用者から見た流れを事前に丁寧に載せておくとい良いのです。こういったコンサル系のランディングページでは、絶対に必要な情報ということも言えるかもしれませんが、利用者が恐らくランディングページから申し込みをすることになると思います。そうなると、そのページにはこの先のことが分かるような情報がないと、当然申し込みに躊躇してしまう可能性があります。この先のことというのは、申し込みからサービスを受けていくまでの流れです。申し込みをしたら、次に何があるのか?その次に何があるのか?最終的にサービスを受けられるまでにどういったプロセスを経ていくのか?ということが事前に分かっていれば、当然そういったことが何も分からないよりは安心感を生むでしょう。そして、サービスの内容に関しての質が高いと思えれば、そこから申し込みをしてくれる可能性は高いと言えるかもしれません。ランディングページのデザインにおいてはそこをきっちり載せておく必要があるということです。申し込みの次はメールや電話で連絡がきて、オフィスに来てもらって、相談をして具体的なプランを提示してもらって、いよいよサービス提供開始といった一連のプロセスをそこまで細かくなくても良いと思いますから、分かりやすく丁寧に、利用者が想像しやすいようにLPの中でデザインを考えていくようにしてほしいと思うのです。こういった部分はコンサル系のLPでは多くが導入している部分であり、必須とまで言えるか?どうかは分かりませんけど、あった方が良い情報ではあると思います。スペースもそんなにとらないと思いますし、難しいことではないと思うので、今後コンサル系のサービスを提供するランディングページを制作していく機会があるならば、ちょうど良い場所にそういう情報を入れて、そのページからサービスを申し込めば、どういう結果になるのか?だけではなく、どういうプロセスを今後辿っていくのか?という点についても書いていけると良いと思います。転職とか、WEB関連のページ制作などのジャンルのランディングページでは特にこういう要素は重要な部分と言えるのではないでしょうか?
タイトル
ランディングページで自分の好きなページを作るコツ

ランディングページは大変多くの方にとって大変重要なページとなります。最近では大変多くの方が自分の好きなページを作って楽しみながら自分らしいサイト運営等を行っています。ホームページを作るからには多くの方に自分のページを見てもらって良い評価を得たいと考えるのは当然の事です。多くの方にとってホームページは大変有効な自分の商品紹介ページとして活用する事も可能となるのです。ランディングページは多くの方にとって大変重要なページとなります。自分のサイトを来訪した人間が最初に訪れるページですので、このページの出来いかんで大きく自分のページ構成が変わってくるのです。LPはそのサイトの玄関とも言えるサイトですので、慎重に作っていく必要があるのです。このページをいかにして作っていけるかどうかは大変重要な問題となるのです。LPは多くの方にとっても大変重要なページとなります。自分の目的をいかにして短時間で検索を行っていけるかどうかはとても重要な問題となります。ランディングページを有効に活用する事で大変素敵なページをどんどん楽しんでいく事が可能となります。デザインにこだわった素敵なページを作っていく事でより多くの楽しみを満喫する事も可能となります。デザインはシンプルに作る事がまずは先決です。検索エンジンからに流入がとても多いはずですので、まずはユーザーが知りたいと感じる内容をきちんと伝える事がとても重要な事となります。コンテンツをシンプルにしながらタイトルの文字数をしっかりと絞り込んでいく事でより多くの読者を獲得する事が可能となるのです。普段から健全なサイト運営を考える事でより素敵なサイトを自分で作っていく事も十分に可能となるのです。普段から自分らしいサイトをきちんと構築していく中でいかにして多くの方に愛されるサイトを作っていけるかどうかはとても重要な事となるのです。ランディングページは多くの方にとって大変重要な意味を持ちます。ここから派生して自分のサイト内のリンクに行く場合がほとんどです。このページのレイアウティングがしっかりとしていないとユーザーは得たいと考えいる情報に到達できずに次のページを探しに行きます。制作の際はランディングページ煮含めるコンテンツは最小限に抑え、無駄な情報等で顧客を困惑させないようにする事が大変重要な事となります。いかにして素敵なサイトを作るかを考えてはいかがでしょうか。制作しながらアクセス数を意識する事が大変重要な事となります。
タイトル
ランディングページには動画を入れてみるという方法もある

ランディングページにおいて実際に実践されているテクニックの1つに動画を入れるというものがあります。従来は、文字や画像を使ってランディングページを制作していくのが一般的でしたが、動画による広告というのが一般化してきたことにより、ランディングページと動画を組み合わせたスタイルというのも新たに登場してきたのです。そういったケースではランディングページの中に動画を埋め込みながらも、従来の文字や画像も使いながら、読者にアピールをしていくという手法が使われていることが多いと思います。動画を使う最大のメリットは、文字や画像では伝わらない部分を補完するということなので、絶対に入れないといけないわけではありません。トレンドになりつつある手法だとしても、何も考えずにそれに乗っかっていくというのは危険でしょう。あくまでも自分らが制作するランディングページにおいて、動画を活用した方がよりランディングページの効果が高い、より読者に言いたいことが伝わりやすいと思えるケースにおいて動画を組み合わせていくべきなので、全てのケースにおいて動画を入れていく必要はないので、そこを判断しないといけないということになります。例えば、紹介している商品の具体的な使用方法をLPの中で伝えたいというときには文字や画像のみよりは動画を使った方が良いはずです。商品によってはそういう部分もLPに載せていった方が、より消費者の購入意欲を増すことができる可能性があります。そういった必要性に駆られた場合には動画を羅ディングページの中に入れていくというデザインでも良いと思いますけど、必要性がないのであればあえて入れる意味がないので、従来のランディングページのように、文字と画像のみで良いのではないでしょうか?そして、ランディングページの中にづ蛾を入れる場合でも、動画はあくまでも補助的な役割なので、動画がメインにはならないようにしましょう。それはつまり、動画は簡単に見ることができるようなものが望ましいということです。時間が長すぎると、それを見終わるのに手間がかかりますし、そこから残りのランディングページの内容を再び読み始めるというのも大変ですから。そうなると、動画の内容は理解しても、ページ全体の内容は中途半端にしか理解できないということもありえます。それでは意味がないので、ランディングページで動画を使ったデザインにしていくときには、そういったことを考えていくようにしましょう。
タイトル
ユーザーメリットを前提としたランディングページを作る

人気のある商品、売れている商品とは、どんなものでしょうか? 価格がとても安価で、他では足元にも及ばない程の金額で購入できる商品が人気を呼ぶことがあれば、価格が高くても、性能や機能が良くて人気商品となることもあります。 むしろ、少々値段が高くても、使う人が 「買ってよかった。」 と思える商品ほど人気の高い商品となり得ると言えるでしょう。 それはインターネットの世界でも同じだと思われます。 この数年、ネットショッピングの利用率が高まってきて、街中のお店に行って買い物をするより、手軽に欲しい物が購入できる点が人気を呼ぶ理由かもしれません。 しかも、店舗では、探すことが難しい商品でさえ、ネットショップで購入できるケースも少なくありません。 このようなことから、利用する人がとても増えているのだと思われるのです。 しかし、どんなに便利でも良い機能を持っている商品でも人気商品になるためには、インターネット上の販売取引では、キチンとしたPRがなされないと難しい面があります。 それはサイトでしか、商品をPRできないからです。 ネットショッピングでは、ランディングページ(LP)というページが重要な役割を務めることになります。 ランディングページ(LP)は、商品を紹介するホームページの中でも最終ページと言われているネット販売を成功させるためには、大変、重要なのです。 このページでは、商品を分かりやすく説明することが、求められるのですが、それだけでは不十分なのです。 商品の機能・性能だけでは、顧客がどのような効果・効能を手にすることができるか理解することができません。 買う立場の顧客が知りたいことは、その商品を購入して利用することで、どのようなメリットがあるかをイメージさせることが必要なのです。 したがって、ページのデザイン制作段階では、顧客側視点でのメリット=効能を明記しておくことで、購入する利点を理解しやすくしておくのです。 ランディングページでは、写真・イラストを用いて見やすくすることや、キーワード・キャッチコピーをページの目立つ箇所にデザインすることで、まずは、見る人の目を引き付けますが、客観的に判断できる利用効果を具体的な指標で明示させることで、顧客の信頼感が高くなっていき、結果的には人気商品として成長していくのです。 せっかく良い商品を取り扱えたとしても、ページの制作の出来具合が良くなければ、ランディングページとしての役割が発揮できないのです。
タイトル
いいランディングページを作るには制作会社選びが重要!

いいランディングページとはどのようなものでしょうか。今は同じような種類の商品にもライバルが多く、ページを検索されるだけでは売り上げはなかなか上がりません。 しかしいいランディングページ(LP)の条件はひたすら「コンバージョンを得ること」に集約されます。 コンバージョンとは問い合わせや購入などのアクションのことです。いくら検索数が多くても、実際にアクションを起こしてくれるユーザーがいなければ作った意味がありません。 しかしこれを理解し、いいデザインを考えられるクライアントはなかなかいません。クライアントはどうしても自分の商品に対する「想い」が強いため、商品の特徴文章をひたすら載せたがったり、おしゃれすぎる写真を使いたがります。 またライバル商品のランディングページを示し「これと同じような感じに」と希望する場合もありますが、これでは他社に埋もれてしまい注文が増えることはありません。 つまり、いくらおしゃれで素敵なデザインであっても、売れなければそのLPは失敗ということになってしまうのです。 そのため何よりもいい制作会社を選ぶことが重要になっていきます。今は安い業者はたくさんいますが、クライアントのいいなりで「作るだけ」になってしまい、結果を出すことができない場合もあるからです。 クライアントの想いをしっかり聞き、コンバージョンに繋がるようなデザインを作り、時にはクライアントに意見をしてより良いものを作り上げるくらいの気概がある制作会社を選ぶことが、いいランディングページを作るポイントなのです。 クライアント側としては、どうしてもなるべく安く作りたいため写真やレイアウトを自力で用意しようと思いがちです。しかし、そこで数万円をけちることでコンバージョン率が下がったサイトになってしまうのなら、逆効果ですよね。 少しでもクオリティの高いランディングページを作りたいなら、ビジュアル面はプロに頼むことの方が結果的に高い効果を生むのです。 今はただサイトを作れるだけではなく、しっかりとしたコンサルティングが行える制作会社が増えています。ネット上で見つけた業者であっても、きちんとコミュニケーションが取れて結果の出せるランディングページを作ってもらうことは十分に可能です。 制作時の金額や明細に疑問点があったら、きちんと確認をしましょう。そしてユーザーにとって見やすく注文しやすいランディングページを作り、売り上げアップを狙いましょう。
タイトル
体験談と質問集のあるランディングページは高い信頼感

商品を初めて買う時に、ふと不安を感じたことはないでしょうか? 「やっと見つけた商品だけど、安心して使うことができるかな?」 「あの商品を購入したいのだけれど、大丈夫かな?」 そんなことを思うことが少なくないかもしれません。 ましてや、この数年、インターネットを使ってオーダーするネットショッピングが流行っている中で、実際に商品を手にしながら、品定めができない購入方法だと、なおさら不安が募るのではないでしょうか? 特に高い値段のする商品であれば、諦めもつきづらく辛い面もあります。 できるのなら、買う前に本当に安心して購入・使用することができる商品なのかを知っておきたいと思うことでしょう。 このような考えに対して、ネットショッピングで重要な役目を果すランディングページ(LP)の中で反映すべき点があります。 ランディングページ(LP)とは、インターネットのショッンピングなどのビジネス形態において、重要な役割を持っています。 このページでは、ネット上での販売を成立させるために、あらゆる観点からデザイン制作検討がなされています。 ただでさえ、インターネットでは商品を良さをアピールする方法が限られているために、色々な手法、テクニックを駆使して、製品の説明を分かりやすく、記載されているのが、ランディングページなのです。 しかし、このページでは、見やすさや分かりやすさを重視したデザイン制作となっていますが、それだけでは不十分な面も否めません。 客観的な判断ができる情報も盛り込んでおくことが必要なのです。 そのためには、購入後の顧客の体験談、感想を記載しておくことです。 可能なのであれば、実名、顔写真入りであれば、なお説得性の高いものとなります。 体験談や感想は、初めて購入を考える人についてとっては、大変参考になるものです。 また、ランディングページの中に質問回答集を用意しておくことも信頼性をも高める方法の1つです。 ネットショッピングの世界では、顧客とショップオーナーの直接的な会話が乏しくなりがちなので、ある程度、予想された質問に対して、詳しく説明しているパートを設けておくと、それだけで顧客の疑問点や不安を解消できたり払拭させることが可能になってきます。 これ自体はランディングページの効果を高めるとととに、ネットショッピングでの成約率も上げていくことにつながってきます。 ネットの世界では、相対する会話ができないために、第3者の意見や情報が重要な判断材料が必要なのです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.