上に戻る

ランディングページ LP制作に特化し、格安激安費用でデザイン制作!LPOでコンバージョンを最適化

050-3541-5719

営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハイクオリティー&ロープライス」
実績あるランディングページ
デザイン制作費用が39,800円~
デザイン満足度NO.1
バナー制作実績
 バナー制作実績

バナー制作実績一覧
すべて
739

写真撮影実績
 写真撮影実績

写真撮影実績一覧
すべて
44

ランディングページのデザイン制作カテゴリ
※LP=ランディングページ
求人募集
株式会社リューキデザインでは、
一緒に働いてくれる方を募集しています!
イーコマース事業協会
一般社団法人 イーコマース事業協会
eビジネス推進連合会
eビジネス推進連合会

みんなのランディングページの考え方
タイトル
最短ではなくて平均をランディングページでは用いるべき

ランディングページを作るときには、商品などの素晴らしさを意図的に大きく見せるようなことが行われていると思うのですが、それが逆効果になっているかもしれないということは考えていくべきではないでしょうか?ランディングページでよく使われている言葉の中に「最短」というものがあります。これは例えば、ダイエット関連の商品で効果が出るまでの期間などで使われることがあります。最短1週間とか聞くと、そんなに早く効果が出るの?と思うかもしれませんけど、これは最短なので、考えられる中でもっとも早いケースということになります。つまり、大多数の人にとって、この最短の数字というのはほとんど実現不可能と言えるのです。しかし、最短の数字を出せば、人によっては自分が使えばそんなに早くダイエットの効果が現れるのか?と勘違いしてしまう人がいます。だからこそ、そういう言葉を使っているとも言えるかもしれません。しかし、そういったところにちゃんと着目して商品を選んでいる人がいます。最短という言葉に惑わされないで商品を見極めようとしている人も少なからずいるのです。そういう人にとっては最短という言葉を使ってしまうのは、単純にランディングページで紹介している商品に対する信頼度を下げている状況とも言えるでしょう。したがって、ランディングページをデザインしていく際には最短ではなくて、平均を使った方が良いです。先ほどのダイエット関連の商品を例に出すならば、効果が出るまでの平均の期間をデザインする中で使った方が良いということになるのです。平均はあらゆる人がダイエット効果を感じるまでにかかった期間のトータルの目安になるわけですから、こちらは鵜呑みにして良い数字になると思います。そういった表現を使うことで、読者の信頼を上げられれば、結果的に成約率なども上がる可能性が期待できると思います。最短という言葉を使うと、それは読者を欺くようなやり方とも言えますから、それに気付いた人はやはり買ってくれないでしょう。読者のことを考えるならば、LPを制作するときには最短という言葉を使うのではなくて、平均を示していった方が魅力をアピールするときにはより賢明と言えるのではないでしょうか?そうやってLPを制作していく方が、より読者のことを考えた作りになっているとも言えますから、長期的に考えて読者の信頼を得やすく、ランディングページからの利益も大きくなりやすいと言えるかもしれないです。
タイトル
成功するランディングページは縦長且つ1枚でまとめる

ランディングページは多くの方にとっても大変重要なページとなるのです。自分の好きなページを楽しんで作って行くことで得られる経済的な満足は大変大きいものがあるのです。ランディングページは多くの方が自分にとって最適なページと考えているのです。デザインに特化した大変素敵なページを作って行くことで大変素敵な体験を自分で作っていく事が可能となるのです。LPは多くの方が楽しんで作っていくには最適なサイトとなるのです。普段の自分のサイトを適切に運営を行っていくには制作をいかにして楽しんでいけるかどうかが大変重要な事となるのです。普段から自分のサイトで多くの収益を上げたいとは多くの方が当然ですが考えるのではないのでしょうか。自分のビジネスにおける高い効果を得るにはランディングページの果たす役割は大変大きいものがあるのです。普段の自分の為に最適なページを作っていく事でより快適で素敵なページを楽しんでいく事が可能となるのです。LPは多くの方にとっても大変重要なページとなるのです。普段からいかにしてこのようなページを自分で楽しんで作っていけるかどうかは大変重要な事となるのです。ランディングページ制作のポイントは多くの方にとっても試行錯誤の連続となるのではないのでしょうか。デザインを自分でこだわって作っていく中で注意をしなければならない点は大変多いのですが、中でもやはりランディングページは魅せるページとしての位置づけをきちんと持つ事が大変重要な事となるのです。ランディングページでできる事の多くを自分で考えながら行って行くこと中で常に忘れてはならないのが顧客目線です。ユーザーに無駄な時間を使わせないという配慮がビジネスを行っていく上でも大変重要な事となるのです。縦長で1枚で必要な情報を簡潔に相手に伝える事で効果的なランディングページを作って行くことが可能となるのです。ネットショップ等ではこのような手法で多くの方が確実なコンバージョンを手に入れています。ネット時代では消費者も必要な情報をいかにして手に入れるかに関しては苦慮しています。そのような状況をきちんと理解した上でユーザビリティ等にきちんと配慮を行ったサイトがいずれは自分自身にとっても大変意味のあるサイトとなって多くの方の支持を集める事となるのです。ネットビジネスでふんだんに自分の為に行っていける事を増やしていく事で普段から自分らしい素敵なビジネスマインドを養って行くことが可能となるのです。
タイトル
ランディングページではコピーライティング技術が重要

ランディングページではコピーライティングの技術が大変重要な事となるのです。自分らしいページを楽しんで作っていく事で本当の意味でのコンバージョンを獲得することは大変重要なネットビジネス上での戦略となるのです。ランディングページで書く文章は長ったらしい説明は必要ありません。自分らしいページを作っていく中で、普段とは異なるページ構成で、自分が好きなページを作っていく事ができるのです。より快適なページを自分で作っておく事で更に快適な自分らしい時間を楽しんでいく事ができるのです。ページ作成に必ずやキーワード選定など要因が重要な事となるのです。より効果的なキーワードを沢山盛り込んでいくよりも1つのテーマに対してシンプルなキーワードを使用してそのようなキーワードをもっと多くの方にシンプルに伝えていく事が勝てるページを作っていくには最適な方法となるのです。シンプルな文言をどんどん選んで目立つ表現やインパクトの高い表現こだわって自分らしい表現活動方法を選んでいく事で更に高い訴求力を持ったサイト作っていくができるのです。普段から自分にとって最善と感じられるキーワードの候補を選び定期的入れ替える事で、更に人気のあるキーワードを選んでいく事ができます。ランディングページはより細かいアクセス解析にまで配慮したページ構成を考える事が大変重要な考え方となるのです。ただ紹介するページではなく多くの方にとって最後の意思決定を迫るページですので、その点考える事でより最適かつ高度なページを作っていけるのです。ランディングページ、通称LPはリスティング広告からに流入が中心となる場合が多いのです。そのような点からも悪意のある無理な流入を考えるのではなく、自然な流れに沿って最適なランディングページ作っていく事でより納得して購買を行なっていただく事が可能となるのです。検索サイト対策は大変重要な要因となるのです。より確かな効果をリスティング広告からLPの流れの中で得るデザインを考える事で、多くのユーザーの感性を刺激する説得力の高いサイトを作っていく事ができるのです。デザイン性の高いLP作っていく事で得られる満足を考える事がとても重要な事となるのです。サイト運営は自分自身で行なっていくべきものとなるのです。是非、自分らしい作品を作っていく事を考えていきましょう。多くの試行錯誤の上で成り立つのがランディングページ制作の面白みです。自分らしい制作スキルを持つ事が重要な事となるのです。
タイトル
落とし所から考えるランディングページ制作

何かしらの商品サービスを強烈にインターネット上で訴求したいとき、よく活用されるのがランディングページと呼ばれるウェブ媒体です。一般的なところでいうと、縦長にズラッと長く掲載されたサイトのことをランディングページと呼びます。 デザイン性も高く、一つの商品サービスを紹介しているため、見ている人にとっては購入につながりやすい非常に便利なツールとなっています。 制作業界ではLPと略されて呼ばれることが多くあり、中にはLPO(ランディングページ最適化)などの言葉もあるくらいです。 ランディングページのデザインの特徴としては、制作においてワイヤーフレームを長めに取ることです。何を落としどころとするのか、どうやってその落とし所にユーザーを誘導するのか、非常に繊細で緻密な計画が求められます。 求められるのは成果のみ。それ以外の事はほとんどもとめられません。さらに、一つの商品やサービスを紹介しており、ゴールが一つだけに設定されているケースが多いので結果もシビアに見れてしまうという制作泣かせなツールでもあります。 逆にうまく運用できれば非常に大きな波及効果が期待できます。 さて、このランディングページをうまく作るコツですが、まずはじめに「ユーザーの落とし所」を決める必要があります。これにより、制作の全行程が決まってくると言っていいでしょう。 ランディングページで求める落とし所が「購入」なのか「資料請求」なのか「無料登録」なのかそれともまた別のなにかなのかによって、どういった流れで制作をするかが変わってきます。 いずれにしても、このランディングページ制作には非常に高い専門性が求められます。しかし、不慣れな人でもABテストを繰り返すことにより、ある程度どのように構成をしたら成約が取れやすいかのテストをすることができるのも魅力の一つです。 ABテストとは異なるクリエイティブのページを2つ準備し、どちらがどれくらい成果を上げるかを見る方法です。もちろん成果が高い方を採用すればいいわけですし、だからといって青果の悪かった法のすべてが悪いわけでもありません。成果が悪くとも、一部ユーザーが明らかに反応しているようなコンテンツがアレば、それをより良い成績がでたクリエイティブに追加してみるというのも手でしょう。 ランディングページの戦略には答えはありません。顧客が何を求めていて、その商品やサービスがどうやってそれに応えられるのか、このページから購入するとどういった特典があって、それはいつまで有効なのかなども綿密に決める必要があります。
タイトル
ネットショップで自分の好きなお店を作る事

ランディングページは多くの方にとって大変重要なページとなるのです。素敵な毎日を送っていくには自分でネットショップを運営する事は大変重要な事となるのです。自分の好きなお店を運営する事でより素敵な毎日を送る事が可能となるのです。自分の好きなお店を作っていく事でより素敵なネットショップ運営を楽しんでいく事が可能となるのです。商品の購買に関して真剣に考えるのであればまずはやはり、ランディングページをいかにして上手く使うかは大変重要な事となるのえす。ランディングページは多くの方にとっても大変重要な事となるのです。動画や多くの商品を使って自分の好きな商品を紹介する事で自分の好きな商品を紹介する事が可能となるのです。LPを制作の段階から有効に活用する事でより素晴らしい商品を楽しんでいく事が可能となるのです。ランディングページをいかにして有効に活用するかは大変重要な事となるのです。最終的な購入にまで上手く誘導するにはこのようなページをいかにして使って素敵な商品をいかにして紹介するかは大変重要な事となるのです。やはり多くの商品を上手く紹介する事で得られるメリットは計り知れないのがこのようなランディングページの大きな特徴です。自分の好きな商品をいかにして活用するかは多くの方にとっても大変重要な事となるのです。デザインに多くの配慮を行って多くの方にとっても大変重要な事となるのです。シンプルながらも本当に必要な商品の紹介に注力する事でより素敵な毎日を自分らしく楽しんでいくことが可能となるのです。素敵な毎日を自分の為に行っていくにはこのようなページを作ってより多くの素敵なランディングページを自分で紹介する事でより素敵な商品を自分で楽しんでいくことが可能となるのです。自分の素敵な商品をいかにして楽しんで多くの方に紹介を行っていき、素敵なコンバージョンを得るかは大変多くの方にとっても素敵な思い出を与えるには大変素晴らしく重要な事となるのです。是非、自分の為に素晴らしいサイト運営を行っていくならネットショップにしろ、アフィリエイトにしろランディングページの重要性を十分に考える事が大変素晴らしく重要な事となるのです。多くのメリットを存分に味わっていき、素晴らしいサイトを自分で作っていくことを考えていきましょう。素晴らしい商品をいかにして紹介するかは大変素晴らしい事です。自分らしいサイトをどんどん作っていくことを考えて素晴らしい毎日を存分に楽しんでいきましょう。デザイン性の高いLPの制作で自分のサイトをもっと素敵にする事が可能となるのです。
タイトル
ランディングページの基本は1ページ1メッセージ

ランディングページとは、商品やサービスを売ったり、メルマガに登録してもらったり、資料請求をしてもらったり、問い合わせをしてもらったりするページのことです。LPとも呼ばれます。LPはlanding pageの略です。WEBページと混同されることもありますが、少し違います。WEBページは情報の発信を目的としていますが、ランディングページは何かの行動(商品やサービスを売ったり、メルマガに登録してもらったり、資料請求をしてもらったり、問い合わせをしてもらったりなど)をしてもらうためのページです。主にWEBページやブログやSNSや広告からランディングページにアクセスに誘導します。 ランディングページのデザインは主に2種類あります。 1つ目はWEBページタイプです。WEBページで情報の発信をしながら、同時に商品やサービスを売ったり、メルマガ登録や資料請求フォームを作ったり、問い合わせフォームを作ったりしています。 2つ目はセールスレタータイプです。これは商品やサービスの販売ページで時々見られる縦長のページです。もしかしたらあなたは何度か目にしたことがあるかもしれませんし、もしかしたら商品やサービスを購入したり無料のコンテンツと引き換えにメールアドレスを登録したことがあるかもしれませんね。このセールスレタータイプのページを見て、あなたは「怪しい!」と思ったことがあるかもしれません。しかし、それでも未だにこのタイプのページは存在しています。 それは反応率が高いからです。実を言うと、その理由が、WEBページタイプにしろ、セールスレタータイプにしろ、あなたのランディングページの反応を上げる秘訣なのです。この秘訣を使っていればWEBページタイプでも反応率を上げることができるし、逆にセールスレタータイプでもこの秘訣を使わなければ反応率が下がってしまうのです。 その秘訣とは、『1ページ1メッセージ』です。 どういうことかと言うと、1つのランディングページで伝えるメッセージ(採って欲しい行動)を1つだけにするのです。具体的に言うと、あなたがメールアドレスを取得を目的にページを制作するのであれば、メールアドレスを登録してもらうためのコンテンツと登録フォームだけを用意して、物を売ったりなど他のことはしないことです。ここでのポイントは、なるべくクリックできる箇所を減らすことです。クリックできる箇所が多くなればなるほど、それをクリックしてしまい、あなたの望んだ行動(ここではメールアドレスの登録)をしてもらえない可能性があるからです。WEBページタイプの場合はどのページにもメールアドレスの登録フォームを設置するデザインで制作しましょう(もちろん、可能な限りクリックできる箇所を少なくしましょう)。
タイトル
スマートフォンをベースにランディングページを作る

インターネットで商品を見つけると、思わず購入アイコンをクリックしたくなるページがあります。 そのページは、LPともランディングページとも言われています。 このランディングページのデザイン制作の良し悪しで、商品の販売につながるかどうかが決まってくると言われています。 インターネットの利用が当たり前になってから、私達の生活も大変、便利になってきました。 しかも、スマートフォンを誰もが使えるようになってから、その利便性はますます高くなってくるばかりです。 自分の知りたい情報を簡単に検索するニーズもあるのですが、ネットショッピングとして利用するケースも増えています。 利用者からすれば、とてもありがたいことです。 一方で、ネットでお店を経営されている方からすれば、常に売上げが伸びるように腐心していく必要があることは、言うまでもありません。 そのためには、ランディングページをいかに充実させるかを考えなければならないのです。 LPのデザインを制作するに当たり、今、最も意識する必要があるのが、スマートフォンの利用です。 ネットショッピングをする人の大半が、パソコンからではなく、スマートフォンからの利用だからです。 パソコンとスマートフォンでは、画面展開が大きく異なることを認識しておかねばなりません。 通常、パソコンの画面でサイトを開いているみると、左から右へと展開していき、下へとスクロールしていきます。 しかし、スマートフォンの場合、下へとスクロールするだけの画面構成となっています。 しかも、パソコンと違い、画面が小さいことも特徴です。 このようなことから、スマートフォンでも、見やすく且つ理解しやすいランディングページの作り方を知っておくかどうがで成果が大きく変わっていきます。 ショップオーナーからすれば、できるだけ詳しい情報を盛り込んで、サイト訪問者を迎えたいところでしょう。 しかし、あまりにもたくさんの情報を詰め込みすぎると、文字が小さくなってしまい、訪問者はじっくりと見ることも嫌になり、立ち去ってしまうのです。 せっかく訪れた人を逃してしまうことは、ビジネスチャンスを捨てたも同じことです。 したがって、このページでは、人目を惹き付ける商品のキャッチフレーズから始まり、PRポイントを箇条書きタイプで明記することで、少しでも見やすさを作り上げなればなりません。 その中で、イラスト、図解を織り交ぜながら、ページを構成させてこそ、ランディングページとしての機能を果たせるのです。
タイトル
インパクトのある画像とキャッチフレーズさえあれば

ランディングページはいかに人の注目を惹き付けて、商品に結びつけていくかがポイントになっているでしょう。そうしたLP制作をするなら、インパクトのある画像、そして一つの優れたキャッチフレーズが必要です。 ・インパクトのある画像とは ランディングページの情報のすべてを表す、複合的な意味を込めた写真をトップページに提示することで、ランディングページの価値が決定するところは大きいでしょう。ありきたりな写真ではなく、メッセージ性のある写真を用いたり、写真が自動的に切り替わるデザインで制作をするなどの工夫もできます。写真は小さいものよりも、大きなものを使うことによってインパクトが大きくなります。 もっとも良いのは、プロの写真家の手によって「最良の一枚」を撮影してもらうことです。コストを抑えるというならば、優れた写真を自分で撮影したり、または画像販売サイトから購入するという方法もあります。 写真を見て心を打たれるという経験は、誰にでもあることでしょう。富士山や山岳の雄大な景色、かわいい猫の毛並みのモフモフが伝わってくる写真。人が躍動している姿。最新のかっこいい機械を最大限に魅力的に撮影された写真。そうした写真でインパクトを与えて人を惹き付けます。 ・写真に合うキャッチフレーズで興味を倍増 優れた写真には、優れたキャッチフレーズを組み合わせたら、鬼に金棒です。LPのデザインでは、キャッチフレーズを入れるように心がけてみましょう。どこかのサイトの言葉をそのまま使うのではなく、自分の言葉を使うようにします。万人が納得の行くものではなくても、そのランディングページの目的や価値、取り扱っている商品の良さを、一行で完結に表す言葉が相応しいです。ポイントごとに短い解説文を入れて、キャッチフレーズを補強しても良いでしょう。 写真とキャッチフレーズを組み合わせたデザインの画像を作ってみましょう。そのときにはかならず写真に映っている被写体と、言葉が組み合うようにします。そうしないとランディングページの持つ意味合いが薄れてしまうことになります。 写真にインパクトがあるのだから、キャッチフレーズは簡単なものにしてもいいかもしれません。たとえば旅行会社なら、おすすめ旅行先の有名観光地の優れた写真を提示しつつ、「旅行するなら秋の◯◯」といった具合で、その下に関連情報を書き連ねます。さらに別の旅行のおすすめポイントを並べるなどをします。 写真とキャッチフレーズだけは、しっかりと作り上げましょう!
タイトル
検索で引っかかるようにしないと効果のないページ

考えたいポイントの1つが、ランディングページは検索サイトから利用されるページであることです。通常のホームページは、検索されるだけでなく、リンクを貼ることによって利用されることもありますので、一概にリンクが必要であると考えることもありません。ところがLPに関しては、検索サイトから侵入してもらうことが多いので、基本的に検索されない限り利用されることがないページになります。他の方法でリンクを貼るなどするのは意味がなく、むしろ逆効果です。 その理由としては、広告と合わせて利用することが多くなっているからです。本来広告を利用することは当然のことでもあり、その広告をしっかりと見てもらわないと全く効果がありません。デザインをとにかくいいものにして、気合を入れて制作したサイトでも、見られないことにはただのページとなってしまいます。少しでも見られるようにするためにも、検索で引っかかるようにする工夫をすることと、検索の設定や広告の表示などを考えていくことになります。 何とかして検索で表示されるようになってくると、特定のワードなどからランディングページを利用されることになりますので、徐々にですがアクセスされるようになり、サービスは利用されることになります。ここでようやくデザインなどの有無が判断されることになり、商品サービスを見ていいなと思ってくれればアクションを起こしてくれるのです。検索されないことには、LPは全く使われることがなく、知られることのない可哀想なページでもあります。 最近多くの会社が使っているのは、制作しているサイトをリスティング広告と合わせて利用することによって、ランディングページを見やすくすることです。リスティング広告は利用されることが多くなっていて、比較的広告としての価値が高いとされています。更に検索されてから表示されるページとなりますので、ページの方針と合致していることが理由となっていて、このサービスを利用することによって簡単にページを表示させられる良さを出すことが出来ます。 これからも使われることは間違いないですが、ただ作っているだけでは駄目で、とにかく検索されるように努力すること、そして商品を先に知ってもらうことが大事になります。ランディングページが使われるまでにはそれなりの時間も必要になってきますから、ただページを作るよりも、それと一緒に対策方法も考えていくことになります。
タイトル
ランディングページで自分のビジネスを成功させる

ランディングページは多くの方にとって大変重要なビジネス上の戦略となるのです。自分の仕事を行なっていく上でランディングページを活用して最適な生活を送っていく事は大変重要な事となるのです。デザインなどに大きく差別化を図ったこのようなページを楽しんでいく事でより多くの楽しみ方や利益をこのようなビジネスで得る事ができるのです。高いデザイン性を意識したこのようなページを作っていく事で最後の重要な決断を消費者に提案する事が可能となるのです。制作の際にタイトルや使用するレイアウトまで大きく異なってくるのがランディングページの大きな特徴です。文字サイズやカラーリングまで自分でこだわっていく中でいかにインパクトのある商品を作っていく事ができるのかどうかは大変重要な事となるのです。LPに自分のこだわりを持たせる事でより効果的なページを作っていく事が可能となるのです。買わせるセールス的な要因をいかに多くそこに盛り込ませるかを考えるかはとても重要な事となるのです。いかにして多くのページを作ってユーザーのレスポンスの良かったページに盛り込まれている内容をそこに盛り込んでいけるかどうかは大変重要な事となるのです。動画での商品紹介なども上手く使いながら視覚的にも優れたページをどんどん作り込んでいけるかどうかは大変重要な事となるのです。ランディングページでは落とし込む内容を徹底的にシンプルにする事で更に高い効果を得る事ができます。コンバージョンを得るにはユーザービリティやアクセシビリティなどに高い配慮をしたページを作っていく事が大変重要な事となるのです。このようなページをいかにして作っていけるかはわかりやすい表現やシンプルに訴求を行なっていく力が大変重要な事となるのです。LPは多くの方がわくわくと期待を持って商品を購入する事が大変重要な要因となるのです。より多くの内容を盛り込んでいくよりも消費者が何故このページに来訪してこのような商品を購入するかを真剣に考える事が極めて重要な事となるのです。制作を行なっていく中で広告を上手く使っていきながらこのようなページをいかにして上手く作っていけるかどうかを考える事がとても重要な事となるのです。是非素晴らしいページを作っていく中でランディングページの重要性を十分に理解して素晴らしいページを作っていきましょう。確かな手応えを感じる事が出来れば大変素晴らしい毎日を送っていく事ができます。
タイトル
ランディングページで商品の効果のサンプルは現実的なものを

ランディングページを制作するときに気をつけないといけないことは、読み手からの信頼を得るということです。信頼というのはいろいろな部分で損なわれてしまう可能性があるので、そうならないように常に意識をしないといけません。例えば、ランディングページを制作するときには嘘をついているわけではないとしても、嘘ではないのか?と思われてしまう可能性があるので、そこは注意をしてほしいと思います。ランディングページではそういった例が実際にあると思いますが、例えばダイエットに関しての商品を販売するランディングページでは、その商品の効果を示すために、例えばモニターの人や実際に購入して利用した人のサンプルのようなものを載せることがあると思います。使用前と使用後ビフォーアフターの画像を載せたりして、いかに効果が大きいか?を訴えていくわけですが、こういうときに注意しないといけないのは極端な例を載せないということです。極端な例というのは成功例の中でも効果が著しいものになります。例えば、減量した体重の幅が非常に大きいとか、あまりにも短期間で痩せられたとか、そういった部分が含まれたものになります。そういった極端な例というのは、ランディングページで紹介している商品の効果の大きさを示すのには十分なサンプルと言えるかもしれませんが、読み手は必ずしもそういう風に見てくれるか?どうかは分かりません。あまりに効果が極端な例を見ると、これは本当なのか?嘘じゃないのか?と思ってしまうケースがありえるのです。読み手にとっては、そこに載っている例が本当か?嘘かなんていうのは判断がつきません。想像で考えるしかないので、嘘かもしれないと思われてしまいそうなケースはあまり載せない方が良いのではないか?と思います。ランディングページでは少しでも信頼を得られるようなデザインを構築していかないといけませんから、あえて1番顕著な例ではなくて、現実的な例を載せていく方が売り上げがあがる可能性もあります。現実的な例というのは、一般的な感覚で存在しても不思議には感じないような効果の程度を示したケースになりますから、体重減少の幅や効果が出るまでの期間が現実的だと思われるような、それでもちゃんとアピールになるようなサンプルをLPで使っていくと、読み手に不信感を与えないで済む可能性があります。それでいてちゃんとLPにおいてアピールになると思うので、そういったデザインを考えていくと良いでしょう。
タイトル
ランディングページは引きつけるデザインを重視する

ランディングページとは、ホームページ内で提供しているサービスや商品などをアピールしているページであり、LPと言われる事が多くあります。 言葉を直訳すると着地するページという意味であり、検索エンジンなどからお客さんが訪問し、最初に閲覧するページとなります。最初に訪れるという言い方をしますが、実際のところはランディングページには商品などの訴求だけでなく資料請求のボタンであったり、お問い合わせの機能もまとめて入れていきます。 そのため、商品を提供しているサイトであれば最重要のページとなります。提供しているサービスなどをアピールする為には、多くの文章を含めて制作する必要があるので、一般的にランディングページは縦長になります。 LPをデザインするときには、トップページのアイキャッチ用の画像だけでなく、商品の購買意欲を高めるための様々な写真を差し込んでいく必要があります。その為、ランディングページの制作に関しては多くの時間と労力が必要となります。 1ページ内で、商品の説明の導入部分から、最終的な商品を購入を決定するコンバージョンに至るまでの全ての文章を入れ込んでいきますが、基本的には他のページに移動するリンクを掲載しないスタイルとなります。 商品購入のボタンや、資料請求のボタンを押してもらう事が目的となる為、ランディングページには目的以外のリンクを設置しないように心がけるべきです。 複数ページにて商品を訴求していく本来のホームページスタイルの場合には、商品のキャンペーン情報であったり、会社概要、新着情報など様々なページをチェックすることができます。しかし、このようにページ内を自由に巡回できるスタイルにすると、離脱する可能性も出てきます。 ランディングページにおいては多くの情報を凝縮し、全ての疑問を解消してもらう事が重要であり、離脱させないためにするためにも縦長のページ内に全ての疑問点の説明を盛り込む必要があります。 文章で情報提供することも重要ですが、画像を多く入れてより分かりやすく飽きさせずにアピールすることが重要です。そのため、イメージ画像を多用することになります。商品に配合されている原材料の写真であったり、製造している工場のイメージ写真などを含めて全ての情報が分かるような状態にします。 そして、最終的に資料請求や、商品購入のボタンを大きく設置してクリックしやすい状態にしておきます。最終的に綺麗なデザインでアピールし、コンバージョンを得るページに仕上げます。
タイトル
肝心な情報が出ていないものはいいとは言えない

どれだけ美しいページを作成したとしても、どれだけ商品の宣伝ができるようなページにしても、やはりランディングページというのは肝心な情報が見られないようでは意味がありません。いい情報を見られるようにしていないことは、かなりページとしての価値を落としているような、そうした状況に置かれてしまいます。やはり売上を考えると、肝心な情報が見やすくなっていて、多くの人が見ていいなと思えるようなページにすることが大事になっています。 実はこの基準が制作している人と、見ている人では変わっているとされています。制作している人からすれば、ある程度企画されている情報を掲載しておけばいいだろうと思っていますが、LPを見ている人からすれば違う視点で見ており、その商品の根管にある、使っていて得をするような部分が知りたいのです。ここがわからないままになっていて、全く得をしないような状態になってしまうと、利用されることがないので注意してください。 デザインを決める時に、肝心な部分を何処に導入するのかを理解しておかないとミスをすることがあります。そしてミスを続けていることは、ランディングページとしての価値が大幅に減ってしまうことになりますから、凄く価値の低いものになってしまうのです。今後ページを作りたいと思っている人がいれば、LPでは肝心な部分とされる非常に重要なところが何か、相談しながら見つけていくことが望ましいです。ページによって違いが出ていることを知りつつ、欲しい情報を中心に掲載することが大事です。 そしてデザインについては、なるべく情報が見易いようにしておきます。多くの情報を見ることが出来て、しかもメリットがわかりやすいようになっていれば、利用する人はかなり増えてくることになります。なかなか利用することが難しいように感じられたり、価値が無いように思われるとランディングページは駄目なので、まずはメリットや情報の多さ、そしてはっきりとわかるような説明が必要です。 多くの情報によって、ここを利用することがいいと判断されれば、売上にも期待することが出来ます。ランディングページというのは、基本的に売上アップのために作るものですから、売上に影響の出てこないところは利用すべきではありません。そして販売されている価格などもわかるようにしながら、現在かなり得をしているとわかるようにしているだけでも、非常に利用されるサイトになります。
タイトル
ランディングページで特に気を遣うべきと言えるクロージング

ランディングページにはクロージングと呼ばれる部分があります。それはページの1番最後の部分です。その部分は非常に大切になるのですが、そこをあまり意識できていないケースもあるかもしれません。ここは面接で言えば、最後に何か言いたいことはあるか?という質問を受けたときと同様だと思った方が良いでしょう。つまり、ランディングページにおいても間違いなく最後のアピールをすべき部分になります。このクロージングの部分をどうやってデザインしていくか?で、売り上げもかなり変わってきます。というのも、このクロージングの部分は読者からしてみれば1番最後に読む部分です。最後までちゃんと読んでくれるという前提の話になりますけど、1番最後の文章というのは、1番印象に残る可能性がある部分になると思います。そうなると、その1番印象が残る部分においてどんな情報を載せるか?というのは、そこで紹介されている商品やサービスを買う、利用するという決断に相当な影響を与えることになります。では、ランディングページのクロージングの部分をデザインするときに意識すべきこととはどんなことでしょうか?それは今ここで買った方が理由などです。基本的にランディングページで紹介されている品は、そのランディグページを1度離れてしまうと、結果的に購入してくれる確率が大分下がります。絶対に買ってくれないとは言わないが、1度ページを離れると、そもそもそのランディングページに再び来てくれる可能性が少ないのです。したがって、1度せっかくそのランディングページに来てくれたのだから、その場で購入をしてもらうというのが1番なわけです。そうなると、クロージングでどういう情報を入れていくか?というのは答えが出ます。今ここで買わないと、後々損をするかもしれないと思わせるようなことを書いていくべきです。具体的に言うと、期間限定の特典に関する情報などを盛り込んでいけば、今度とかではなくて、今買っておかないと損をするのかな?という気持ちに読んでいる方がなるのではないでしょうか?そういったクロージングにしていけば、最後に特に印象に残る部分として、今すぐ買った方が良いのかもしれないということが浮かんでくるでしょう。そういった印象を読み手に植えつけられれば、悩んだ結果その場で購入してくれる確率が上がるはずですから、売り上げもあがるということになります。LPの制作においては全体が大事ではありますけど、特にLPの1番最後のクロージングの部分の制作の仕方に関しては気を遣って、丁寧に考えていきましょう。
タイトル
ランディングページの信頼を高めるためのの口コミの選び方

ランディングページを制作するときに確実に入れていく口コミという情報ですが、この口コミを利用して結果的に商品への信頼を高める方法があります。それはランディングページで紹介している情報に口コミを上乗せするというものです。分かりやすく言えば、口コミを使ってランディングページ内で紹介されていることと同様の情報を持ってくるということになります。ランディングページではまずは会社側が考えているメリットなどをどんどん紹介していき、その後に口コミを載せていくという流れをとっているケースが多いと思いますが、そこでの口コミの内容はランディングページで言及されているメリット部分に沿うようなものをチョイスして載せると良いと思います。ランディングページで紹介されていないようなメリットばかりを含んだ口コミが悪いわけではないですけど、ランディングページで触れられているメリットに関連した口コミは、そのランディングページへの信頼を高められるからです。それはなぜか?というと、ランディングページの中で言及されているメリットに関しては嘘だとは思わないかもしれないが、そこまで素直に鵜呑みにできる人は少ないと思います。少なからず疑っている人もいると思うのです。しかし、口コミの中でランディングページに書かれているメリットと同じことを言及していれば、利用者がそのメリットが存在すると証言をしているわけですから、第3者の意見としてそういったものがあれば、結果的にランディングページで言っていることはウソじゃないと思える人が増えると思います。そういう効果もあるので、LPを制作するときにはそういう視点で口コミを選んでいく必要があるのです。そうやってLPで述べられていることを補強する効果、説得力を高める効果があるわけですから、口コミの役割というのは重要です。口コミはデザイン面を凝るというケースも多くあると思います。そういうところにこだわりを入れても良いのですが、デザイン以上に購入意欲を増すことができる口コミを載せていくことがまず大切です。適切な口コミを選んだうえでそのデザインを凝るなどしていくと良いと思います。ランディングページは商品に対するアピールの役割をになっていると思いますけど、それは商品のアピールのみではなくて、ランディングページ自体のアピールになることもありますから、こういう視点で実際に掲載していく口コミを選んでいくと良いと思います。
タイトル
ランディングページでは動画等を上手く使う

ランディングページは多くの方にとって大変重要なページとなるのです。自分の好きなページをいかにして素敵なページとするかは大変重要な事となるのです。自分の為にいかにして素敵な毎日を送っていけるかどうかはこのような方法でいかにして多くのサイトを自分で作っていけるかどうかを考える事が大変重要な事となるのです。ランディングページの魅力は多くの方にとって大変重要な意味も持つのです、制作の際には他とは違うゴージャスな感じなどをどんどん全面に押し出して行くことが大変重要な事となるのです。商品紹介の際に文章だけでは伝わりにくい使用感等を多くの方に伝える事で更に高度な内容を多くの方に伝える事が可能となるのです。サイト運営をいかにして円滑に行っていけるかどうかは大変重要な事となるのです。文章や写真等に関しても同じことが言えるのです。自分のサイトをいかにして上手く使用を行っていけるかどうかは最終的にいかにして刺激やグッとくる文章等でお客様のシンパシーを引き出す事が大変重要な事となるのです。特化した商品をいかにして多くのユーザーに提案するかは大変重要な事となるのです。より素敵な毎日を刺激的な商品と共に過ごしていきたいと考える多くのユーザーの共感を得る為にはこのようなサイト構成でより多くのアクセスをランディングページでは引き出していく事が重要な事となるのです。自分の為にいかにして多くのLPを作っていけるかどうかを考える事でより素敵な毎日を楽しんでいく事が可能となるのです。デザインを自分で考える事でより素敵なページを自分で楽しんでいく事が可能となるのです。細かい文言等を上手く配置しながら素敵なページを自分で作っていく事が大変重要な事となるのです。普段の自分の為にはいかにして無駄の少ないページを楽しんで制作を行っていけるかが重要なLPの制作です。ファーストビューで他のサイトに行ってしまう方をいかに減らしていけるかどうかは大変重要な事となるのです。ランディングページではもっと素敵な自分らしいページを楽しんでいけるかどうかが大変重要な事となるのです。デザイン等に高い配慮をしたサイトを作っていく事でまずは多くのユーザーからあっと思わせるサイトを作っていく事が大変重要な事となるのです。試行錯誤が面白いのがこのようなサイトの特徴です。是非、多くのサイトを自分で作っていきましょう。頑張っていけばランディングページ一つでも勝負をかける事ができるのです。
タイトル
ランディングページにおける口コミの表記方法

ランディングページを制作するときに、多くのケースで採用されているのが口コミと言えると思います。この口コミというものはランディングページをデザインしていくときによく見るパーツと言えるでしょう。それくらいに定番となっているのです。しかし、口コミをランディングページに入れている例は多くあっても、その口コミの表記の仕方はそれぞれで違っています。よくあるのは年齢と性別などの情報を出して、そこに口コミの内容を文章で書いていくというものです。それにプラスして顔写真などをつける場合もあるかもしれません。それがよくあるランディングページでの口コミのスタイルになるでしょう。しかし、たまに見かける例では、そういったものにプラスして星の数による評価を付け加えている場合もあります。これはどういうことか?というと、星の数によって口コミの投稿者の満足度合いをより分かりやすく伝えるというものです。口コミの内容を見れば、満足しているのか?不満なのか?くらいは分かると思いますけど、どの程度満足しているか?不満なのか?というところまではつかめないでしょう。しかし、5段階評価くらいにして、星3つ、星4つ、星5つなどの項目も加えていくと、その本人の満足度合いがより理解できるので、口コミを読んだときにどのくらい期待できそうか?という部分もよりはっきりするのではないでしょうか?ランディングページをデザインするときにはここは重要になりますから、覚えておきましょう。したがって、あらかじめ口コミを集める段階でそういう5段階くらいの客観的な評価項目も作っておいて、そこに記入をしてもらうということもしていきましょう。そうやって集めたデータを公開すれば、他のLPと差別化にもなりますし、5段階くらいでの満足度という、より客観的な評価が加わったことで、結果的に購買意欲も上がるかもしれません。文章ではなんとなくしかわからない部分でも、こうやって段階的に数値化してあげることでより伝わることがあると思います。そういった読者にとってより魅力が実感できるような口コミのスタイルをとっていくと良いのではないでしょうか?LPを制作するときには、口コミというものを使うケースが非常に多いと思いますけど、その口コミについてはどうやって見せていくか?によって効果の程度も変わってくると思うので、口コミがあればそれで良いとは思わずに、より読者にとってためになる口コミの表記方法をしていきましょう。
タイトル
ランディングページで読者が迷う複数の選択肢の提示は逆効果?

ランディングページでは商品やサービスの販売をしていく中で、いくつかのプランやコースを用意していることがあるでしょう。それは読者のことを思って、そういったことをやっていると思います。複数の選択肢を用意した方が、選択肢が1つだけの場合よりもより自分にとって望ましいものを選べるはずですから。しかし、現実はそう単純なものではありません。ランディングページの制作をするときに、特定の商品やサービスにおいて複数のプランやコースを用意すると、その中から1つを選ばないといけない作業が発生します。元々1つしかないのであれば、選択する余地はないのですが、複数あることで1つを選ばないといけないというのは、ランディングページにおいては大きなポイントになるのです。問題点は読者が考えないといけないという部分になります。もちろん、そこに載っている商品やサービスを購入するか?利用するか?の部分からまずは考えますが、そのときにはどのプランやコースで購入や利用をするか?まで考えないといけません。つまり、考えないといけない部分が増えてしまうので、やはりランディングページを見ているときに購入や利用を決めづらいのです。とりあえずページを後にしてから考えるという行動をとるケースが増えるのではないでしょうか?しかし、基本的にランディングページというのは、そのページを見ているときに購入や利用を決断させるというのが1番理想的とされているので、そこから遠ざかってしまうということになります。すると、当然ですけど、コンバージョン率も下がるので、ランディングページにおいては痛手になるのです。LPを制作するときには、複数のプランやコースを用意しておくのが絶対にダメというわけではないものの、選ぶのに迷うようなものを複数用意しておくのではなく、値段やサービスの内容に段階をつけて、自分の収入や求めている条件からしてどれが1番マッチしているか?を選びやすいような状況にすべきでしょう。そういった場合にはLPで複数の選択肢を用意することが逆にコンバージョン率を上げることにつながる可能性もあると思います。ランディングページではデザインなども突き詰めて、やはりオシャレに演出していくことも重要にはなりますけど、内容面も重要です。特にランディングページを見ているそのときに購入や利用をしてもらうという部分は絶対に考慮しないといけません。そのためのデザインや構成にしていくことを考えていきましょう。
タイトル
ランディングページの肝は「ユーザー心理」を如何に紐解くか

<ランディグページに求められること>  普段私達が訪問するWebページにおける私達の役割は見るだけの見学者です。そのWebページを見終わったり、途中で飽きれば去ります。Webページも私達に対してそれ以上のものを求めてはいません。 しかし、ランディングページは違います。私達がただの見学者であってはランディングページとしては失敗です。ランディングページは私達を見学者ではなく、行動する者にする必要があるのです。サンプル要求や資料請求をする体験者、ページで扱う商品を手に取る購入者に。  簡単に書きはしましたが、これはかなり困難なことです。私達ユーザー側から見るとよくわかりますが、行動者になるにはそれなりの決断が必要となります。体験者や購入者になるためにはそれなりの個人情報を相手に渡す必要があるからです。ランディングページはその決断をユーザーに下させるようにするためのものでなくてはなりません。ただ写真や情報を羅列するだけではほとんどの人がそんな決断をしないからです。そのために最も理解しなければならないのがユーザーの心理であり、そしてそれを用いた工夫です。  ここで私があげるのは2つ。1つはWebデザインで勝ち取る信頼性。そしてもう1つはWeb制作での「SEO対策」による確率の底上げです。 <信頼を得るための写真やデータを用いたデザイン>  ランディングページの特徴として、写真・イラストが多い、文章が少ない、ボタンが大きいなどがあります。さてあなたはこの特徴を見てどう思いますか、そのページが個人情報を渡してもいいようなものに見えるでしょうか。初見のランディングページなど多くのユーザーは信頼を向けてくれません。  そんなユーザー対策としてWebデザインで前面に押し出す写真や情報に信頼できる情報を含ませるというものがあります。比較データや固有名詞の載った情報はユーザーが検索して調べやすいものです。それらの情報が真実だと知ることでその情報の書かれたWebページの信頼性を同時に上げるという手法です。  多くのユーザーは自ら調べることで安全を確保するのですから、それらの行動を読み解き、ユーザーの心理から何に喰いつき、調べるかを想像してWebデザインを考えることでその信頼を勝ち取ることができます。 <SEO対策でユーザーを釣る>  ランディングページを制作する上で重要な要素が「SEO対策」です。「SEO」、略さずに言うと「Search Engine Optimization」、つまり「検索エンジン最適化」のことです。この対策が不十分だとランディングページに訪れるユーザーの数とその心理が大幅に違います。なぜなら「SEO対策」の基本である「キーワードの選定」を上手く行うことで、ページで扱う商品のために行動を起こす確率のあるユーザーの確保とそれらのユーザーがランディングページを訪れる確率を上げることができるからです。  そのために必要なこともまたユーザーの心理を理解することです。扱う商品、それに類似するものを手に入れたいと思うユーザーが検索で入力するキーワードは何かを予測し、そういうユーザーがランディングページに来るように仕組まなければなりません。  そしてキーワードをうまく生かすためにそれらを含んだタイトルや文章の占める割合を増やす必要があります。写真やイラストの多いLPですが、それなりにキーワードを増やすためには文章や文字が必要だと私は考えます。それと注意事項としてキーワードを増やしすぎて歪な文章にしないでください、ユーザーの信頼を失います。 <まとめ>  いいランディングページを作るコツはユーザー心理を基本とした事前のしっかりとした調査です。先の2つコツもユーザーがどのように行動するか予測することから始まっています。ランディングページは、不特定多数の人がページに来てからが勝負なのではなく、ページで扱う商品を購入する可能性のあるユーザーをいかにそのページに誘い込むかという段階からすでに始まっています。ページの外見だけに集中するのではく、顧客になるユーザーの立場になって考えてLPを作ってみてはいかがでしょうか。
タイトル
ランディングページでのメリットは優越性が大切

ランディングページでは商品を販売するにしろ、サービスを提供するにしろ、自社のものがどれだけ優れているか?をアピールしていくというのがメインになるでしょう。しかし、自社の製品やサービスがいかに優れているか?をアピールするためにランディングページがあったとしても、実はそれがアピールになっていない場合もあるので注意をしてほしいと思います。メリットであれば何でも良いというわけではないのです。ちゃんと厳選したメリットを載せていかないと意味がない場合もあるので、注意をしてほしいと思います。現実的にランディングページにおけるメリットというのは載せ放題というわけではありません。スペースにも限界がありますし、多く載せても読者が全部を読んで情報として正確に吸収するのは困難ですから。したがって、あらゆるメリットの中から厳選したものをランディングページに掲載していくというデザインになると思うのですが、厳選したメリットはメリットではあるけれども、それは大したアピールにならないケースが存在していて、そういう状況になっているランディングページというのも一部存在しているので、自分たちが制作するランディングページがそうならないようにしてください。では、それはどんなメリットを載せた場合か?ということになりますが、それは他社製品やサービスと比較して、優越性がないようなメリットになります。これはどういうことか?というと、例えば、「送料は無料」ということを大々的にアピールしても、そんなサービスは多くがやっています。だから、送料が無料になったとしても、ならないよりはマシだが、そんなに心をくすぐられるようなメリットとは感じないでしょう。送料無料をやっているランディングページは結構多いと思うのですが、そういったページの多くは送料無料とは書いているが、別に大々的にアピールはしていないはずです。それはあえてアピールするほどの内容とは思っていないからでしょう。LPを制作するときに気をつけないといけないのはそこになります。自分たちはこれをアピールすれば売れるんじゃないか?と思ってLPを制作していても、他社の作ったランディングページなどをよく調べてみると、どこもやっていることなのか?と気付くケースがあると思います。そういったものをアピールしても効果は薄いので、アピールする内容を厳選してデザインしていかないといけないランディングページにおいては、本当に他社と比べて優越するメリットを載せていかないといけないのです。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.