デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

初心者の方必見!リスティング広告の仕組みを解説!

2022.11.21
初心者の方必見!リスティング広告の仕組みを解説!
リスティング広告は、ネットで集客する際によく用いられる広告です。
2002年頃から日本でも普及するようになり、現在でも多くの利用者がいます。このリスティング広告は、どのような仕組みになっているのでしょうか。本記事では、リスティング広告で費用が発生する仕組みや、メリットとデメリット、リスティング広告の費用対効果などについて解説します。

目次

リスティング広告とは

リスティング広告とは
リスティング広告では、ユーザーがネットで検索したキーワードに、マッチした広告が表示されます。ユーザーが検索したワードに合う広告なので、クリック率が高いのが特徴です。テキストのみの広告なので、短い文章でいかにユーザーの心をつかめるかが重要です。

また、ユーザーのキーワードに合っている広告なので、すぐに結果が得られやすい広告でもあります。表示される広告文を自分で決めたり、広告費用の上限が設定できるので、比較的自由度の高い広告です。そのため、初心者でもすぐに使えて、結果を出すことができます。

リスティング広告の費用が発生する仕組み

リスティング広告の費用が発生する仕組み
リスティング広告の費用は、まず上限クリック単価を決めるところから始まります。
クリック単価は変動するので、1クリックでいくらまで払うのかを決めるわけです。この上限クリック単価によって、オークションが行われ、広告の掲載順位が決まります。わかりやすくいえば、同じキーワードであれば、上限クリック単価が高いほど、優先して表示されるので、ユーザーにクリックされる可能性が高まります。

ただし、広告掲載の優先順位を決めるには、広告の質も重要です。広告文の下にテキストを追加表示して、商品の説明をよりわかりやすくすると、広告の質が向上したとみなされて、優先して掲載される可能性が高まります。

費用はクリック課金方式

リスティング広告は、ユーザーがクリックするたびに課金されます。
つまり、広告が表示されても、クリックされなければ費用が発生することはありません。クリック単価の相場は、商品のジャンルや市場規模などによって変わるため、あらかじめ必要な費用を予想して広告予算を確保しましょう。

リスティング広告のメリットとデメリット

リスティング広告には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット

メリット

少ない予算で始められる

リスティング広告は、最低千円から始めることができます。そのため、「リスティング広告とはどんなものか、ちょっと試してみよう」といった使い方もできます。低予算で始めてみて、思った以上に成果が出れば予算を追加すればいいし、結果が悪ければすぐに撤退することも可能です。
また、広告予算の上限を自由に設定できるので、知らない間に予算をオーバーしてしまうこともありません。商品によっては、季節により売れ行きが変わる場合もあるので、商品の性質に合わせて季節ごとに予算を変えることもできます。また、広告の停止もいつでもできるので、自由に運用形態を変えられるのが特徴です。

見込み客にアプローチできる

リスティング広告は、ユーザーが使ったキーワードに合わせて表示されるので、その商品に興味を持つ人に、直接アプローチすることができます。そのため、クリックされやすく、成果に結びつきやすい広告と言えるでしょう。

キーワードや広告を配信するエリアを設定できる

キーワードを自由に設定できるのはもちろん、広告を配信するエリアを設定できるので、地域性の高い商品でも利用することができます。たとえば、防錆商品は海が近いエリアでは需要が高いのですが、海から遠く離れたエリアではあまり需要がありません。このように、エリアによって売れ方が違う商品の場合でも、エリアを絞ることによって、効率よく集客することができます。

成果がわかりやすい

リスティング広告は、いくら使ってどれだけの効果があったかすぐにわかります。そのため、次の広告戦略に役立てることが可能です。また、成果に応じて広告文やターゲット、予算などを自由に変更できるのも、メリットと言えるでしょう。

すぐに配信開始や停止、変更ができる

リスティング広告はすぐに開始できて、すぐに停止することができます。また、内容の変更も迅速にできるので、成果が出ない場合でも、すぐに次の手を打てます。

デメリット

デメリット
メリットの多いリスティング広告には、デメリットもあります。

運用にコストがかかる

リスティング広告は自由に広告費用を設定できますが、広告を掲載していくためには、ずっと経費がかかることになります。

見込み客以外にはアプローチが困難

リスティング広告は、ユーザーが使ったキーワードに連動して表示されるので、クリックされやすいのですが、その商品にまったく興味がないユーザーの需要を、掘り起こすことはできません。

競合が多いと割高になる

リスティング広告は、オークションによって単価が決まりますが、人気の高いキーワードの場合は、競合する業者が多いために単価が高くなります。

リスティング広告の費用対効果

リスティング広告の費用対効果
リスティング広告は、かけた費用に対する成果が管理画面で確認できるので、費用対効果がすぐにわかります。
広告は、費用ばかりかかって成果が出なくても困りますが、成果を上げるチャンスなのに、広告が追い付かずに、成果を逃しては意味がありません。リスティング広告の費用対効果を考えるには、以下の点に注意しましょう。

CPAを意識する

CPAとは、クリック1件にかかる広告費用のことです。クリック1件あたりの費用が予想以上にかかると、コスト割れしてしまいます。CPAを度外視して広告を出稿すると、費用ばかりかかって、成果が出ない結果になるので注意しましょう。

CVRを意識する

リスティング広告はランディングページと組み合わせて利用されることが多いです。
せっかくリスティング広告をクリックしてくれて、ユーザーがランディングページを訪れてくれたにもかかわらず、一瞬で離脱されてしまっては意味がありません。そこで、広告の成果のみで考えるのではなく、ランディングページでどれだけの人がCV(お問い合わせや資料請求など)をしたか、も併せて成果としてチェックしておきましょう。広告から訪れてくれた人のうちどれだけの人がCVしたか(CVR)も費用対効果を意識する上でとても重要な指標です。

ユーザーの関心を引くリスティング広告作成のコツ

ユーザーの関心を引くリスティング広告作成のコツ
リスティング広告で成果を上げるには、ユーザーの関心を惹くリスティング広告を作ることが大切です。そのためには、どんな点に注意すればいいのでしょうか。ネット上の広告は、ユーザーが求めているものにマッチすれば、大きな成果を上げることができます。

これは、リスティング広告にも言えることです。成果を上げるには、検索キーワードに秘められた、ユーザーの真意を読み取る必要があります。たとえば、「接客のコツ」というキーワードで検索したユーザーの場合、何を求めているのかというと、「接客によって営業成績を上げたい」ということです。

このように、キーワードそのものに着目するのではなく、その裏に隠されたユーザーの真の検索目的を、探り当てることが大切です。もちろん、ユーザーの真の目的は想像するしかないのですが、少しでも真実に近づけることができれば、成果に結びつけられるでしょう。

ユーザーの目を惹くタイトルや説明文の作成

タイトルは、ユーザーが検索に使用したキーワードに、沿ったものでなければなりません。もしキーワードとズレがあると、ユーザーはすぐに離脱してしまいます。ユーザーにとって、自分の意図と合わないサイトは見る価値がありません。

だからすぐに離脱して、別のサイトにアクセスします。こうなると他社に顧客を取られてしまうので、ユーザーの目を惹くタイトル作りは非常に重要です。タイトルと同様に、商品の説明文も、ユーザーの感性と乖離していると離脱される原因になります。

付加価値をつける

商品そのものの性能や、特徴だけで勝負するのは困難です。
なぜなら、同業他社も似たような商品を販売しているからです。そこで、同業他社との競争に勝つためには、付加価値をつけることが大切です。たとえば、「今なら3割引」とか「送料無料」、「まとめ買いならさらに割引」といった付加価値をつけることによって、他社との差別化をはかることができます。または、広告からリンクさせるLPの内容や作りで差別化をすることも可能です。

自社で制作出来ない場合はLP専門業者がオススメ

数千件の制作実績を誇り、LPに特化したデザインスキルと知識でLP制作をサポートいたします。 大手企業様からご依頼いただいた実績も多数公開しておりますので、ぜひ一度お問い合わせください。

まとめ

リスティング広告は、ユーザーがネットで検索したキーワードにマッチした広告が表示されます。
ユーザーが使ったワードに合う広告が表示されるので、クリックされやすいのが特徴です。リスティング広告は低予算で始められるので、気軽に試してみることも可能です。ただし、見込み客にダイレクトにアプローチできる反面、潜在的な顧客には、アプローチが困難というデメリットもあります。また、リスティング広告単体ではなく、その後ユーザーが訪れるランディングページのコンテンツの質も大切になります。広告から訪れたユーザーがCVするまでの動線を把握し、離脱がないコンテンツづくりをしましょう。
この記事を書いたライター
LPの制作に特化したデザイン会社(LP制作実績)。累計では数千LPデザインを手掛けております。すべて内製化しており、構成からデザイン、コーディングまですべてご対応可能です。各種サーバーのご対応はもちろん、楽天市場、ヤフーショッピングなどのモール系などへの反映もご対応可能です。
この記事の画像を作成したデザイナー
所属:株式会社Ryuki Design / 部署:デザイン部
※デザイナー一覧

小規模の会社からもっとデザインの幅を広げたいと入社。ターゲットに合った、見やすくわかりやすいデザインが得意で化粧品から健康食品系まで高クオリティなLP作成を行っているデザイナー!

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ