デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

webで集客するためのコツとは?業種に合った集客方法もご紹介します!

アクセス分析について
2022.10.14
webで集客するためのコツとは?業種に合った集客方法もご紹介します!
最近では、どの企業でもwebで集客することが当たり前になりました。
いまや、webでどれだけ集客できるかが、企業の将来を左右するほど重要になっています。webで集客する方法はいろいろありますが、webサイトの目的や業種、狙うターゲット層によって、適切な方法を選ぶことが大切です。本記事では、webサイトの集客について詳しく解説しましたので、ぜひ参考にしてください。

目次

Webサイトの集客におけるメリット

Webサイトの集客におけるメリット
webサイトの集客には、以下のようなメリットがあります。

幅広いユーザーをターゲットにできる

webサイトで集客すると、幅広いユーザーに向けて、アプローチすることができます。webサイトは、全国どこにいるターゲットにも、メッセージを届けることが可能です。日本国内に限らず、世界各地からwebサイトを見てもらうことができるので、取り扱い商品によっては、大幅に販路を拡大することができるでしょう。

コストがかからない

webサイトでは、SEOを使って効率よく集客することができます。基本的に、SEOにはそれほどコストがかからないので、簡単に取り組むことができます。しかも、SEOを駆使すれば、コストがかからないのに、高い集客数を達成することも可能です。SEOで検索順位を上げることができれば、集客は思いのままにできるようになります。

24時間365日集客可能

webサイトは、一度作ればいつでも閲覧することが可能です。webサイトを作るにはコストもかかり、時間や労力もかかりますが、一度出来上がれば、あとは勝手に集客してくれるのでとても便利です。SEOで集客する場合は、検索順位の上位に表示されている限り、集客数を確保し続けることができます。

顧客データ収集が可能

webサイトでは、アクセス解析ツールなどを使うことによって、サイトを訪問したユーザーの情報を、収集することが可能です。ユーザー情報をまとめれば、優良な「見込み顧客リスト」を作成することができます。見込み顧客リストは、企業のマーケティング戦略などに活用することができます。

ホームページで集客できない理由

ホームページで集客できない理由
ホームページを作成しても、なかなか集客には結び付かない場合があります。これはなぜなのか、理由を探ってみましょう。

1.ただホームページを作っただけ

現在では、多くの企業がホームページを作成しています。そのため、「我が社もホームページくらい作らないと恥ずかしい」といった理由で、とりあえずホームページを作成するケースがあります。これでは、ただ単に目的もなくホームページを作っただけなので、集客できないのも当然と言えるでしょう。 ホームページを作るには、目的を決めてから作らないと意味がありません。ホームページを作る目的は企業によってまちまちですが、売上アップや企業を広く知ってもらうためなど、目的をハッキリさせることが大切です。

2.ペルソナを設定していない

ホームページを作成する際は、ペルソナ像を設定することが大切です。ペルソナとは、企業がホームページを訪問して欲しい人物像です。ペルソナは、年齢、性別、職業、家族構成、趣味嗜好などを、細かく設定しなければなりません。 ホームページはペルソナ像を設定して、それに合った内容にする必要があります。つまり、ペルソナがホームページ作成の指針となるのです。しかし、多くのホームページでは、ペルソナがしっかり設定されていないのが実情です。こんなホームページでは、集客できないのも当然と言えるでしょう。

3.作ったまま放置している

ホームページを作れば、自動的に集客できるわけではないので、定期的に見直しをして、問題点があれば改善する必要があります。これを怠ると、集客できないホームページになってしまいます。

4.デザインだけを意識している

ホームページは見た目も大切ですが、それ以上に重要なのは内容です。見やすくきれいなホームページでも、しっかりしたコンテンツが配置されていないと、集客には結び付きません。

5.アクセス解析をしない

ホームページで、どのように集客できているかを把握するには、アクセス解析が重要になります。アクセス解析によってアクセス数がわかり、どのようなルートで訪問するユーザーが多いかもわかります。アクセス解析の結果を踏まえて、ホームページを改善すれば、集客できるようになるでしょう。

集客に強いホームページを制作するコツ

集客に強いホームページを制作するコツ
以下の方法を実践すれば、集客に強いホームページが作れます。

ペルソナを作る

ホームページで集客するには、しっかりしたペルソナ像を作ることが大切です。ペルソナ像を明確にすれば、ターゲット層が抱える悩みや問題点が見えてくるので、それに対応する内容のコンテンツを設置することによって、集客数も増えていきます。

最新情報の発信

ホームページは常に更新されていないと、ユーザーにとって魅力のあるホームページとは言えません。そのため、常に情報を更新する必要があります。更新されず、放置したままのホームページで集客するのは、無理と考えましょう。

商品の特徴をしっかり伝える

集客に結び付くホームページを作るには、取り扱い商品の魅力やメリットを、しっかり伝えることが大切です。どんな商品なのか、その商品を買うことで何がどう変わるのかを、ユーザーは知りたがっています。

WEB集客で人を集めるための手段

WEB集客で人を集めるための手段
以下のような方法を活用すれば、集客が可能になります。

自然検索

ユーザーが、検索キーワードを使って流入するものです。ユーザーのキーワードと、ホームページのキーワードが一致すると検索上位に入るため、クリックされやすくなります。自然検索からの流入を見込む場合には、お役立ち情報などのブログコンテンツやECサイトなどが相性が良いです。

WEB広告

WEB広告とは、ネット上にある広告のことで、リスティング広告などがあります。リスティング広告は、ユーザーが検索に使ったキーワードに連動して、広告が表示されるため、ユーザーの関心を惹きやすく、クリックされやすいのが特徴です。特にリスティング広告は、ブログ型のコンテンツよりもランディングページのような1ページのサイトが相性が良いです。

SNS

最近では、LINE、Twitter、Instagram、Facebookなどの、SNSを活用した広告も増えています。SNS利用者数は年々増加傾向にあり、高い広告効果が得られます。SNSはすぐに情報を拡散できるので、広告にも高い効果を発揮することができるのです。

業種ごとのWeb集客方法

業種ごとのWeb集客方法
Web集客方法は、業種ごとに違いがあるので、具体的に紹介しましょう。

飲食店の場合

飲食店は数が多いので、競争の激しい業種です。飲食店で効率的に集客するには、ホームページに特色を持たせることが大切です。豊富なメニューの写真や価格表、店の雰囲気など、ユーザーが知りたい情報を掲載することで、集客に結び付けることができます。 広告を出稿する場合は、店の「売り」を前面に押し出しましょう。たとえば、「黒毛和牛」「朝どれ野菜」など、ユーザーが興味を持つワードを、ちりばめることが大切です。

美容室の場合

美容室も競合店が多いので、差別化をはからないと集客できません。代表的なヘアスタイルや、スタイリストを紹介する画像も必要です。美容師の腕がよければ、多くのファンがつきますが、できれば美容師全体の質が高いことを、売りにしたいものです。また、美容室は通うのに便利なことも必須条件となるので、駅から近いなど、立地条件がよければ、それも積極的にアピールしましょう。

ホテル・旅館の場合

老舗ホテルや旅館の場合は、それほど凝ったページ作りをしなくても集客が可能です。なぜならすでに、多くのリピーターがついているからです。しかし、老舗でなければ、料理やホテル・旅館内部の写真を豊富に掲載して、ユーザーの興味を惹くようにしましょう。

整体・鍼灸・整骨院の場合

何らかの痛みを抱えている人は、これらの治療院を検索します。いくら優れた治療ができても、遠方では通うことができないので、近場のユーザーしか集客できません。ユーザーが多く抱えている腰痛や肩こり、冷え性などについて、詳しく解説することで、集客につなげることができます。

まとめ

webで集客すると、幅広いユーザーをターゲットにすることができます。また、web集客はコストがかからず、いつでも集客できるのが大きなメリットです。また、web集客から顧客データを収集できるので、企業のマーケティング戦略に活用することも可能です。顧客の集客方法によって、相性の良いwebサイトの形は変わってきます。当社では広告との相性が良いランディングページの制作を承っております。web集客で力になれることがございましたら、お気軽にご相談ください。
この記事を書いたライター
LPの制作に特化したデザイン会社(LP制作実績)。累計では数千LPデザインを手掛けております。すべて内製化しており、構成からデザイン、コーディングまですべてご対応可能です。各種サーバーのご対応はもちろん、楽天市場、ヤフーショッピングなどのモール系などへの反映もご対応可能です。
この記事の画像を作成したデザイナー
所属:株式会社Ryuki Design / 部署:デザイン部
※デザイナー一覧

紙媒体のデザインからwebデザイン(LP制作・バナー制作)までオールマイティーにデザインが可能。
デザインだけではなく構成も得意なハイスペックデザイナー。毎回クオリティの高いデザインをクライアントに提供しています。

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ
    mitekaku