デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

ランディングページが持つ効果とは?作成時のポイントもご紹介!

LP全般に関して
2022.6.20
ランディングページが持つ効果とは?作成時のポイントもご紹介!
ランディングページの制作を予定している方の中には、どのような効果が期待されるのかいまいち言語化できていない方もいらっしゃるかもしれません。
せっかくこれからランディングページを作るのであれば、作成時のポイントや効果的に運用する方法について知っておきたいですよね。
そこで今回はランディングページが持つ効果、作成時のポイント、効果的に運用する方法、費用対効果の高め方の4つについてご紹介します。

目次

効果的なランディングページとは?

ランディングページとは、ユーザーのアクションを誘導することに特化した商品やサービスの紹介ページのことです。そのため、ランディングページはコンバージョンを獲得するための効果的なWebページでなければなりません。コンバージョンとは、Webページで獲得できる成果を示す用語です。

コンバージョンに結びつかない場合は、ランディングページとして効果を示しません。効果を示さないということは、だれにも見てもらえない埋もれたWebページになってしまいます。アピールしたい商品について、何をどのようにアピールするのか、何が伝わって欲しいのか、誰に伝えたいのかなどを吟味して運用することは重要であるといえるでしょう。いくつかのポイントを押さえた上でランディングページを作成すると、効果的なランディングページができます。

最低限押さえるべきポイントとは?

最低限押さえるべきポイントとは?
では、どのようなポイントを押さえると効果的なランディングページになるのでしょうか。ここでは押さえるべきポイントを6つご紹介します。

1つ目:ターゲットが明確であること

ターゲットは、男性なのか女性なのか、年齢はどれくらいなのかなどを明確にしましょう。ユーザーによって、ニーズは異なりますよね。自分にピッタリのページであると感じてもらえるようなページにしなければなりません。訪問したユーザー全員に向けた情報に加えて、ターゲットが欲している情報を付け加えましょう。

2つ目:コンバージョン導線が目立つように配置されていること

購入や申し込みへのアクションがわかりやすくスムーズにできる方が良いでしょう。購入や申し込みなどのアクションをするために、色を変えたり目立つようにしたりして目に留まるようなデザインにしましょう。

3つ目:瞬間的に効果がわかるようなビジュアルにすること

サービスや商品に対して、効果がわかりやすいページにすると良いでしょう。インターネット上では、対面で説明できませんよね。ユーザーが独自で判断してもわかりやすく、伝えたいことを明確にしたページにしましょう。

4つ目:無料のアクションには無料であることを明確にすること

無料と表記されていると、皆さんも興味を示しやすいのではないでしょうか。無料であれば、アクションする方が増えやすいといえるでしょう。また、無料と明記されていることで、ユーザーが安心してアクションする可能性が高まりますよ。このように、無料に限らずともユーザーが興味を持つきっかけになるキャンペーンなどを行うと、LPに訪れたユーザーにとってコンバージョンに至るハードルが低くなります。

5つ目:数字による権威付けをすること

満足感や合格率などを数字で表記すると、強みや印象を与えやすいです。例えば、何パーセントの合格率、何パーセントの方が満足したなどの表記があると、効果がわかりやすいです。そのため、ランディングページの見出しや本文に数字による権威付けを加えることをおすすめします。

6つ目:ユーザーにとっての便益を示すこと

機能を示されていても、実際どのような機能を感じられるのかわかりにくいですよね。機能ではなく、ユーザーにとっての便益を示すことによってユーザーがアクションしやすくなります。機能を示す場合は、ユーザー目線になって表記すると良いでしょう。

ランディングページを効果的に運用する方法とは?

ランディングページを効果的に運用する方法とは?
ここまで、効果的なランディングページにするために最低限押さえるべきポイントについてご紹介しました。しかし、ランディングページは作って終わりではありません。作ってからも効果的に運用しなければ、想定通りの結果を得られなくなります。そこでここからは、ランディングページを効果的に運用する方法についてご紹介します。

1つ目:データをもとに分析すること

ランディングページを開いた後は、必ずデータをとっておきましょう。データをとっておかないと、ランディングページの改善ができません。Goodleアナリティクスやヒートマップなどを用いてデータを集め、データ分析を行うと同時に、ページの改善に取り組んでいきましょう。どのような部分がユーザーにとって魅力的なのか、こちらの戦略通りの結果は出ているのかなどを分析できます。

2つ目:流入経路を増やすこと

ランディングページを効果的に運用するには、ユーザーを増やすことが重要です。ソーシャルネットワークを用いたり、リスティング広告を用いたりすると、ユーザーの訪問数が増やせるでしょう。

ソーシャルネットワークからの流入であれば、コストを抑えやすくなるでしょう。また、パンフレットやチラシを配る機会が多い商品やサービスであれば、これらの紙媒体にQRコードをつけておくとユーザーの訪問が見込めます。

データ分析と流入経路の確保を行いながら、少しずつランディングページのクオリティも改善していきます。ユーザーの流入に原因があるのか、流入はしてくれているのにコンバージョンに至らないのかによっても、改善すべきポイントは異なりますので、原因の追及と改善を繰り返してPDCAを回していきましょう。

費用対効果の高め方について

費用対効果の高め方について
さて最後に、ランディングページの費用対効果の高め方についてご紹介します。ここまで、効果的に運用する方法についてご紹介しましたが、費用対効果についても気になりますよね。そこで費用対効果の高め方を2つご紹介します。

1つ目:ランディングページの最適化を必ず行うこと

ランディングページの最適化によって、コンバージョンの獲得につながります。ランディングページの最適化は、先ほどご紹介したデータ分析が不可欠です。ランディングページを訪れるユーザーの動きを分析していきましょう。例えば、入力フォームで離脱が多い場合は、より簡略的なフォームに最適化すべきかもしれません。

2つ目:複数のランディングページを用意すること

複数のランディングページを用意するのは、ターゲットが複数いる場合です。ターゲットが複数いる場合、1つのランディングページだけでは情報が多すぎて見づらいページになってしまいます。また、作成も難しくなってしまうでしょう。統一感を持たせてユーザーに訴求できる力を持つためにも、複数のランディングページを作成しなければなりません。

コンバージョンを獲得しづらくなってしまう原因として、ターゲットとするユーザーが多いことが挙げられます。1つのターゲットごとに1つのランディングページを作成するようにしましょう。

まとめ

今回は、ランディングページが持つ効果、作成時のポイント、効果的に運用する方法、費用対効果の高め方の4つについてご紹介しました。今回の記事を参考にして、ランディングページを効果的に運用してみてください。ランディングページ制作や運用について、疑問点やご不明点がございましたら、当社までお気軽にご相談ください。

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ
    IT補助金