デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

lp制作ツールをお考えの方へ!lpを制作する流れをご紹介!

LP全般に関して
2022.5.20
lp制作ツールをお考えの方へ!lpを制作する流れをご紹介!
「LP制作ツールを利用するか制作会社に依頼するかで迷っている」
このようにお悩みの方は多いでしょう。そこでこの記事ではLP制作ツールを利用するメリットやデメリット、制作会社に依頼するメリットをご紹介します。

目次

LP制作ツールの特徴を解説します!

LP制作ツールの特徴を解説します!
LP制作ツールの特徴には何があるのでしょうか。

誰でも簡単にLP制作できる

LP制作ツールを利用すると、誰でも簡単にLP制作ができます。
LP制作ツールはテンプレートに沿ってデザインを作成していき、コーディングが必要とされていないからです。そのため専門知識を持っていなくても、簡単な操作でLP制作ができます。

更新や運用が簡単である

LP制作ツールを利用すると、LPの運用がスムーズになります。LP制作ツールではコーディングが必要ないため、管理画面上の操作だけでページの構成やデザインの更新を行えます。
そのため、制作会社にLPの制作を依頼する必要がなくなり、自社内で円滑に運用できるのです。LPの運用において、効果を測定し、いかに早く改善できるかが重要であるため、更新が簡単にできることは大きなメリットです。

低コストで制作と運用ができる

LP制作ツールを利用すると、コストをかけずにLPを作れます。
無料できるサービスも多くリリースされており、無料版から有料版に切り替えても、オリジナルのLPを外注するより低コストで作成できます。公開後の改善作業も自社で行えるので、運用コストも小さいです。

レスポンシブデザインに対応していることが多い

レスポンシブデザインとは、ユーザーが使用しているデバイスに合わせて画面サイズが最適化される仕様のことです。
レスポンシブデザインは制作するのに時間がかかるため、制作会社に依頼すると追加コストが必要になるケースがあります。しかし、LP制作ツールの多くはレスポンシブデザインに対応しているため、これを利用するとコストを抑えてレスポンシブデザインに対応したLPを制作できます。

LP制作ツールのデメリットをご紹介!

LP制作ツールのデメリットをご紹介!
LP制作ツールの特徴を解説しましたが、いくつか注意点も存在します。
ここではLP制作ツールの注意点を4つご紹介します。
これら4つのポイントを不安に感じる方はLP制作を制作会社に依頼すると良いでしょう。

1つ目:サービスの提供が終わってしまう恐れがある

LP制作ツール会社の経営方針により、サービスの提供が終わってしまうとランディングページが使えなくなります。
実際、「サービスの利用が停止になってしまうから全く同じページを制作してほしい」と制作会社に依頼する方がいらっしゃるほどです。
また、海外のツールの場合、日本でのシェアを撤退してしまうことも考えられます。
一年以上の利用を想定しているのであれば、サービスの提供が終わってしまう可能性がないか、運営会社のサイトを確認しておくと良いでしょう。

2つ目:オリジナリティが出しにくい

LP制作ツールでは、デザインのテンプレートが決められているため、オーダーメイドで制作する制作会社のように構成に沿ってランディングページを作ることができません。
そのため、他との差別化が図りにくくなってしまいます。

3つ目:設備費や人件費がかかる

テストサーバーの設備費用は自社で負担することになります。そして、新たに制作担当者を雇う場合は人件費がかかりますし、ウェブサイトのテストをするための人件費も必要です。
加えて、制作に必要なソフトやパソコンを新調しなければならないこともあるでしょう。
これらの費用は全て自社負担になってしまいます。確かにスペックが高いエンジニアが1人いれば、質の高いサイトに仕上げられるでしょう。
しかし、これはエンジニア個人に依存してしまうため、長期的に見て得策だとは言えないでしょう。

4つ目:工数や工程がはっきりしない

時間に余裕があるときに制作するという姿勢でいると、どの作業にどれくらいの時間がかかるのかがはっきりしないまま作業が進んでしまいます。
スケジュールを決めずに作業すると、公開・運用まで想定以上に時間がかかってしまうという結果になるでしょう。

LP制作の流れとは?

LP制作の流れとは?
LP制作は以下のような流れで進められます。

1:何を販売するのかを明確にする

LPは商品の売り上げを伸ばすためにありますから、この作業は必須です。
何を販売するのかがはっきりしなければ、制作の方向性が定まらないからです。

2:マーケットを把握してペルソナを設定する

前のステップで何を販売するのかが明確になったら、その商品を購入して欲しいターゲットを明確にしましょう。
その際に「ターゲットはどのような悩みを持っているのか」「ターゲットは何を求めているのか」を把握することが大切です。ペルソナを設定する際は年齢や性別、家族構成や収入、趣味などの項目について具体化すると良いでしょう。

3:キャッチコピーを選定する

キャッチコピーを設定するときには、商品やサービスを購入することによって得られるメリットを提示することが重要です。
また、そのメリットを得ることで、どのような未来になるのかをユーザーにイメージしてもらいましょう。

4:オリジナリティのある情報を考える

LPを通して商品の魅力を伝えるためには、情報にオリジナリティを持たせると良いでしょう。
どこででも手に入るような情報だと、ユーザーを惹きつけられないからです。他のサイトだと手に入らなかったり、そのサイトにしか載っていない情報を掲載したりすると、LPに独自性を持たせられます。

5:必要な素材の整理

写真やロゴ、テキストのようなLP制作に必要な素材の整理も忘れないようにしましょう。
LP制作を開始した後に素材を用意し始めると、想定以上に時間がかかってしまいます。LP制作をスムーズに進めるためにも、ある程度余裕を持って素材集めをしておくことをおすすめします。

LP制作をプロに依頼するメリットを解説します!

LP制作をプロに依頼するメリットを解説します!
LP制作ツールのメリットやデメリットについて解説してきました。
ここでは、LP制作をホームページ制作会社に依頼するメリットをご紹介します。LP制作会社に依頼するメリットは「質の高いLPを制作できる」「知識が無くても制作できる」「本業に集中できる」の3つです。

1つ目のメリット:質の高いLPを制作できる

プロは長い間、LP制作の経験を積んでいます。そのため、ユーザーに配慮した設計やデザインができます。

2つ目のメリット:知識が無くても制作できる

自分でLPを制作しようとすると、企画、デザイン、ライティング、コーディングなどさまざまな専門的知識をインプットするところから始めなくてはなりません。
一方でプロは、これらのスキルや知識をすでに兼ね備えているため、インプット期間なく質の高いLP制作ができます。プロに依頼することで、自分が知識をインプットすることなく質の高いLP制作ができるのです。

3つ目のメリット:本業に集中できる

「LP制作に時間を取りたくない」というようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。
制作会社にLP制作を依頼すると、はじめにLPに求めていることを整理して伝えるだけで、あとは本業に集中できます。

まとめ

LP制作ツールのメリットやデメリット、LP制作の流れやLP制作をプロに依頼するメリットをご紹介しました。
当社では、LP制作に関する全ての依頼を承っております。内容や写真からデザインやコーディングまで幅広く対応しておりますので、LP制作に不安を感じていらっしゃる方はぜひご相談ください。

LP制作ならリューキデザインにお任せください

数千のランディングページ(LPデザイン)商品ページの制作実績があるから出来る、低価格・格安費用。比較してみてください、相場よりも激安料金費用!

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ
    キューピッド