デザイン会社が発信するLP制作情報メディア

効果的なSEO対策を実現させる方法必要なテクニックは何!?

SEOに関して
2021.5.19
効果的なSEO対策を実現させる方法必要なテクニックは何!?
インターネットの普及が著しい近年、ホームページやランディングページは多く存在しています。状況によれば競合するホームページで自社のホームページが埋もれてしまう可能性もあります。
そんな中で検索結果一覧に表示される順位を上位にし、クリック数を増やしていくためにはSEO対策が必要です。 Webマーケティング市場で欠かせないものとなってきたSEO対策ですが、一体何から行っていけば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

目次

そもそもSEO対策とは何か

そもそもSEO対策とは何か
「SEO」とは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の頭文字を取った略称です。
GoogleやYahoo!など大手検索エンジンで、検索ユーザーがキーワードを検索した際に上位に表示されるようにする対策のことです。

近年、消費者の行動はAISASと呼ばれるモデルで動いていると言われております。

Attention(注意)→Interest(関心)→Search(検索)→Action(購買)→Share(共有)

意思決定の真ん中には検索があり、検索で表示されるページの内容によって次の購買に繋がるかどうかが変わってきます。そのため検索結果の上位に表示されるようになると、購買意欲の高いユーザーを集客できる効果が期待されます。
1人でも多くのユーザーを購買まで繋げていけるようなページを作るためにも、SEO対策は重要なポイントです。ユーザーにとって利便性のある有益なコンテンツを作ることがSEO対策の目的です。

SEO対策は多くの施策がありますが、大きく2種類に分類することができます。

内部施策

ページを運営する企業や自身が修正や更新を行う施策のことです。ホームページの制作時に設定しておくと対策コストを抑えることができますが、後から変更しても効果は得られます。また、ページ数を増やす事でも内部対策となり「オウンドメディア」を運営する企業が増えています。

外部施策

外部サイトから被リンクを集める施策のことです。関連する業種のポータルサイトに登録すること、SNSを用いたコンテンツの拡散が挙げられます。

内部施策はユーザー目線が重要です

内部施策はユーザー目線が重要です
SEO対策では内部施策をしっかり行うことで、外部施策へとも繋がっていきます。
コンテンツの内容を検索エンジンのクローラーが巡回することで、ホームページに掲載されているコンテンツが検索ユーザーにとって有益かどうか判断し、検索順位を決定します。
有益な情報であれば、ユーザーが自らSNSで拡散する可能性もあります。コンテンツが評価されると、おのずと被リンクの増加が見込めます。

代表的な内部施策

・titleタグの設定
・metaディスクリプションの設定
・パンくずリストの設定
・コンテンツ数を増やす、または見直し
・ディレクトリ構造の整備
・ウェブマスターツールやgoogleアナリティクスを使用した状況把握 など

また全てを行う必要ありません。ページに足りないものを分析して、修正を加えることで順位や閲覧時間などの改善が見込めます。

①コンテンツの品質向上や文字数を確認する

まずは何と言ってもコンテンツが充実した内容になっていなければ、SEO対策は意味を成しません。文字数は多い方が検索エンジンの上位表示に有利とされていますが、必要な情報が伝えられる文章であれば文字数は大きな影響はありません。
コンテンツ数を増やして情報を追加し、不必要な情報を削除することでコンテンツ自体の質を向上させることが大切です。
専門性が高く、かつオリジナリティのあるコンテンツが高い評価を得ています。

②タイトルとディスクリプションの最適化

タイトルは検索エンジンによって表示される文字数が変わってきますが、最適文字数は32文字と言われています。
キーワードは前方に配置して簡潔にまとめると検索ユーザーへの理解度があがります。
さらにディスクリプションはスマートフォンとPCでの表示形式が変わってきます。スマートフォン表示では20文字前後で、PCだと120文字前後です。
ディスクリプションが自動表示されている場合やPCからしか表示を確認していない場合はスマホにも対応したわかりやすい内容に変更することをお勧めします。

外部施策の被リンクも大切!

外部施策の被リンクも大切!
被リンクとは外部サイトから対象のサイトやページに向けて設置されたリンクのことです。被リンクはサイトやページの紹介に繋がりやすいため設置されています。
検索エンジンにおいてはコンテンツの品質を調査するのはなかなか難しいため、被リンクが多いほどコンテンツの価値があるという基準に使用されています。現在ではSNSからの「いいね」が認知の向上に繋がり、実際の購入にも大きな影響を及ぼしています。しかし内容に関係のない被リンクを設置してしまうと、検索順位を下げてしまう可能性も出てきますので、注意が必要です。

SEO対策で重要なのは、ユーザにとって有益な情報を提供しているかどうか

SEO対策で重要なのは、ユーザにとって有益な情報を提供しているかどうか
SEO対策は、ユーザーにとって有益な情報を提供しているかどうかが何よりも重要です。
市場調査や競合調査を繰り返し、精査を行った上で、施策を行っていきましょう。
しかし、検索結果に上位に表示されていても、せっかくホームページにアクセスしたユーザーがすぐに離脱してしまうとコンバージョンに繋がりません。
内部施策から丁寧に行い、外部施策によって被リンクを収集して効果的なSEO対策を行っていきましょう。

LP制作.jpへのお問い合わせはこちらから

お電話でも承ります
050-3541-5719

    ※アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 
    調査期間:2020年8月7日~12日
    調査方法:インターネット調査 
    調査概要:デザイン制作会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査
    調査対象:全国の20代~50代の男女 1052名

    LPアーカイブ