LP ノウハウ

条件指定
×閉じる

キーワード

検索範囲
カラー
× 閉じる
カテゴリ

× 閉じる
イメージ
× 閉じる
LP アーカイブ

コンバージョン率の改善

2019.1.16

コンバージョン率の目安はどれくらい?改善における3つのポイント

初めてWebサイトやランディングページを制作した場合、コンバージョン率の目標をどれくらいにすれば良いか悩むのではないでしょうか。せっかく作ったページであれば、しっかりと効果を上げたいと思うでしょう。
この記事では、以下のコンバージョン率に関わる事項を紹介します。

コンバージョン率とは

まずコンバージョンとは、Webサイトにおける最終目標に、ユーザーが到達したことを指します。例えば、商品の購入・サービスの利用申し込み完了がコンバージョンにあたります。

コンバージョン率とはコンバージョンに至った数を、目標に達する最初の段階に入った数で割った割合のことを言います。他にも成約率、コンバージョンレート、CVRなどとも呼ばれます。ECサイトや企業ウェブサイト、インターネット広告で効率を測るために用いられることが多いです。

例えばECサイトでは、商品を購入したユーザーの数を、その商品紹介ページを見たユーザー数で割ると紹介ページのコンバージョン率が求めることができます。
※商品ページ閲覧人数が100人、商品購入ユーザー数が20人とした場合、20÷100という計算式になり、コンバージョン率は20%になります。

メディアサイトのバナー広告では、バナー広告がクリックされた回数をバナー広告が表示した回数で割った値がコンバージョン率となります。

「最終的にどれだけの人が、設定した最終成果地点に到達したのか」という最終的な成果を示す指標です。

コンバージョン率の目安は?

コンバージョン率はどのくらいが目安となるのでしょうか。

コンバージョン率の平均的な数値というのは業種や目的によって大きく変わってきます。
目標地点をどこに置くかなど企業や案件によって変動するため、一概に目安を断言することができません。

ECサイトのコンバージョン率の平均は1%~3%と言われています。
これを目安にしてみるのも良いと思います。

自社のコンバージョン率の善し悪しを測るのはなかなか難しいので、広告代理店や運用経験者などに相談してみることがオススメです。

コンバージョン率が低い理由とは

コンバージョン率が低い要因となるものは様々です。
コンバージョン率改善のために、特に改善されている要因をご紹介します。

ページに問題がある

初めに考えられる要因として、制作したページ自体に問題があるということが挙げられます。情報量が多く閲覧しづらい状態や逆に空白ばかり目立つ・情報が古く、今現在も適応されているのか不明な場合など様々です。
欲しい情報がすぐに見つからなかったり、問い合わせフォームがなかったりする場合もあります。
これらはコンバージョン率の低下に加え、ユーザーがサイトから離脱する可能性も高まります。
まずは、ページの見直しを行ってください。

環境や市場による変化

リスティングやSEOなどの広告を出したいと思う企業は年々と増加しています。
それによってターゲットとしている顧客が分散してしまい、競争他社に負けてしまうというリスクが高まります。また、物価の変化による価格競争や需要の低下など、環境や市場による変化が要因となる場合もあります。

コンバージョン率を改善するには?

実際にコンバージョン率を算出してみて、コンバージョン率をもっと上げたい!と思った場合の改善方法をご紹介します。

リスティングの場合はキーワードの見直し

コンバージョン率を改善したいと思った時、一番初めにキーワードの見直しです。
・部分一致でキーワードを設定している。
・関連の無いキーワードが設定されて掲載されている
上記のような可能性があります。実際の検索クエリを調べて、成果や関連の無いキーワードやキーワードは思い切って削除しましょう。

削除するキーワードを選出する方法
半年ほどキーワードのレポートを作成します。
そこで獲得件数が0件で、目標CPA以上にコストがかかっているもの、または獲得件数が0件で目標CPA以下のコストであっても似た意味の掛け合わせワードが大量にある場合はワード群を削除しましょう。

見直しの作業時間は何時間もかからないほど簡単です。半年や一年に一度行うと良いでしょう。

ランディングページの工夫

コンバージョンに繋がるためには、リンク先のランディングページの中身が重要となってきます。少しの工夫をするだけでコンバージョン率がアップするなどといったケースはよくあります。

例えば、
・コンテンツ配置を調整してみる
・ボタンのデザインを分かりやすく変更する
・電話のコンバージョンタグを設置する
・フォームの入力項目を少なくする
など、工夫できるポイントはたくさんあります。

またページの表示までの待ち時間も振り返ってみてください。
ページ表示までの時間を短縮させるだけで、コンバージョン率が上がったなどケースもあります。

スマホに最適化

モバイル端末(スマホ)からの閲覧に最適化されているか確認してください。
近年のスマホの普及に伴って、スマホからの閲覧数も急激に増えています。パソコン用のページをそのままスマホ用に変換しているだけにしていませんか。
モバイル用のページをしっかりと作ることで、コンバージョン率が上がるという可能性があります。

パソコン用のページをそのままモバイル用に変換してしまうと、文字数や画像が多くページ自体が長くなります。情報量が多いと、ユーザーの離脱率が上がりやすくなります。またバナーなども指でタップしやすい形に工夫するなどするのもおすすめです。

まとめ

・コンバージョン率は企業によって業種や目的が異なる
・ECサイトの平均とされる1%~3%を目安としてみる
・広告代理店などに相談してみる

自社のコンバージョン率を知り、もっと上げたい!という場合はページの改善を試みてみましょう!

ランディングページの参考デザイン


LPデザインを探す方法

リスティング広告やディスプレイ広告のリンク先は、ランディングページデザインの場合が多く、かつ最新のデザインで制作されている事が多いので参考になる場合があります。

キャッチコピーを一覧確認

現在表示されているデザイン一覧のランディングページで使われているメインのキャッチコピーを一覧で確認する事ができ、キャッチコピー作成時の参考としてご利用頂けます。

次へ

お気に入り登録が可能!

このサイトのランディングページデザインをフォルダ毎に分けて自分が参考になるデザインだけを集めて利用する事ができます。

ランディングページ制作.jp
「伝わる」×「欲しくなる」を目指した結果の出るランディングページ(LP)のデザインに特化
どんなLPを作ったらいいかわからない…そんな状態でも一度ご相談のご連絡を頂ければ構成などもお手伝い致します
ライン
電話番号
営業時間:10時~18時(土・日・祝日定休日)
【大阪本社】〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-7-7 WAKITA堺筋本町ビル2階
【東京支社】〒107-0062 東京都港区南青山2-4-15 天翔南青山ビル3階
【福岡支社】〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-25 第二岡部ビル9階
ライン
Copyright © 2019 ランディングページ制作.jp
All Rights Reserved.